2024年5月25日 (土)

乗り越えて強くなる 第15節 vs京都@サンガス

=================================================
明治安田J1リーグ 第15節 2024年5月19日(日)14:00
サンガスタジアム by KYOCERA (12,753人)
京 都 0-5 広 島
得点:9'川村拓夢(広島)、12'新井直人(広島)、25'新井直人(広島)、55 '松本泰志(広島) 、69'新井直人(広島)

240519
=================================================


開幕からリーグ戦11試合負けなしからの2連敗。すると負け無しがひっくり返って6試合勝ち無しになってなかなかしんどかったけれど。
ただ、強くなるというのは勝ち続けることだけではなくて、負けないことじゃない。負けたり勝てない状況をいかに過ごすか対応するか、その状況からどうやって勝つかを掴んだ時に強くなっているものだと思う。

選手たちも苦しかっただろうし、サポーターもしんどい時期を過ごしたけれど、それをみんなで乗り越えた。

たぶん「これは不味いぞ」と不安感や危機感を持ったのはアウェイの札幌戦って人が多いんじゃないかと思うけど。サポーターの方も勝てなくて負けてしまってという時期にどのように試合結果を捉えて、どう対応(応援)したかをよくよく覚えておくといいと思う。人によってはそれを自信にしてもいいと思う。

あの状況を乗り越えてひとつ勝ったことで選手だけじゃない。サポーターもきっと強くなってる。


あと、自分たちの応援は伝わっているんだなって思える経験ってめちゃくちゃでかい。
あなたの応援、声や手拍子、視線だって掲げるタオルマフラーやゲートフラッグ、届いてるんすよ。ますますがんばらろうって気持ちになりますね。

| | コメント (0)

2024年5月17日 (金)

諦めてないヤツの可視化 第12節 vs名古屋@エディピ

=========================================================
明治安田J1リーグ 第節 2024年5月6日(月・祝)15:00

エディオンピースウイング広島(25,193人)
広 島 2-3 名古屋

得点:2'パトリック(名古屋)、18'稲垣祥(名古屋)、23'越道草太(広島)、48'中野就斗(広島)、84'オウンゴール(名古屋)
=========================================================

DAZN参戦でした
新潟戦のあと高崎・横浜に宿泊していて、この試合時間に新幹線に乗り込むスケジュールでした。
グリーンポイントを使ったグリーン車で新横浜駅で買ったお寿司もお肉も食べて快適な時間になるはずだったのだが・・・

240506 
まぐろぉぉぉぉ!!!
新幹線のwifiだしたびたび通信途切れてしまったけどコッシーのゴールととオウンゴールは見れました。

 

諦めてないヤツ
なかなかしんどい試合展開だったけど、ゴール裏がんばっていて現地に行けていない自分としては本当にありがたく頼もしい存在と感じてた。突き放された後の試合最終盤でも飛び跳ね応援を続けるサポーターもいて。

「サポーターってなんで跳んでるんですか?」という問いの答えはいくつかあると思うけど、ひとつは「諦めてないヤツの可視化」があるかもしれない。試合展開や状況にもよるけど。
跳んでない人が諦めているという意味ではなくて、「諦めていない人が見えやすい」ということ。選手がそれに気づくかどうかは分からないけど、諦めない気持ちを動きにして伝えるという意思は込められる。伝わるかどうかはその次の話で。
ただ、こういうとき思うのは選手に伝えるためよりも隣に立っているサポーターにまず伝わるようにってこと。それが伝播して広がってゴール裏5,000人が飛んで跳ねてたりしたら?選手にぜったい届くよ??

自分はそんな状況を作りたいと思ってる。



これでブーイングできる
これは試合後に知ったことだけど、試合中のもりしへのブーイングも多かったようで。
そのブーイングに効果があってもりしのプレーが上手くいかないなら良かったんだけど、効果はなかったと見るしかないか。
なんつーか、大活躍じゃんwくそう!!!ww

いやこれでね、これでオレはこの先やっともりしにブーイングできるわけですよ。「おう、もりし!おまえやってんな!でも今日は何もやらせんからな!!」って言える。移籍先で活躍してないとそういうの言えない。活躍していてこそそんな風に称えられる。自分としてはブーイングするならそんな感じ。
なんだけど、本人まじで広島サポからのブーイング嫌がってそうじゃない?(プレーに影響はさせてないようだけど)、こっちの気持ちが伝わらないならブーイングできないよなー、つまらんのう。などと思っております・・

 

ただ憎いだとかの感情でオレは自分にひとつしかない口を使いませんので。



| | コメント (0)

2024年5月 2日 (木)

狂った応援 第10節 vs川崎F@エディピ2024,04.28

===============================================================
明治安田J1リーグ 第10節 2024年4月28日(日)14:00
エディオンピースウイング広島(26,051人)
広 島 2-2 川崎F
得点:38'大橋祐紀(広島)、65'小林悠(川崎)、74'山田新(川崎)、75'加藤陸次樹(広島)
240428

===============================================================

手拍子が屋根に反響していい雰囲気は作れたと思うんですよ。
勝てなかったけどあの雰囲気を体験した人がもう一度同じ体験をしたくて、いや次はああいう雰囲気の中勝ちたい!と思ってまたスタジアムに来てくれたらいいなって思います。勝ったらもっとすごいので。勝ってもっとすごいことにしたい。





でも勝てなかったことよ
り「もったいないな」と思ったことがあって。


それは逆転されてから陸次樹がゴールを決めるまでの時間にゴール裏中心部の声が薄くなっていたこと。逆転されて嬉しい人なんていないと思うけど、そこでスイッチが入るヤツってのがゴール裏にはいくらか存在した。
そんなちょっと頭の狂ったサポーター大勢がそれまで以上の声を出して飛び跳ねて、選手たちを鼓舞しゴール裏全体へ応援の熱を伝えていってゴール裏の応援が膨張して、そして陸次樹がゴールを決めたのなら「陸次樹にゴールを獲らせた」「陸次樹と一緒にゴールを獲った」という高揚感も得られたと思うんだ。

ゴール裏中心部ではコールリーダーからの話もあって試合前から陸次樹にゴールを獲らせたいという想いを出してたからなおさら。


あの場面のゴール裏は声・応援が薄くなっていたし
「加藤陸次樹選手がゴールを獲ってくれました。サポーターは加藤陸次樹選手にゴールを取ってもらいました。」という、自分としてはそんな感覚だった。おしい。獲った感、獲らせた感が無い。取ってもらった感覚。


ゴールが決まって狂ったように歓喜するよりも、狂ったように応援してゴールを決めてひと仕事したぜと充実感を得たいって自分は思ってる。
「ゴールが決まって」と「ゴールを決めて」はサッカーのスコアは同じでも体験としては別物。サポーターが応援でゴールを獲らせるなんて勘違いなんだけど、そんな勘違いができるほど狂った応援やっていきたい。

 

 

| | コメント (0)

2024年4月11日 (木)

タオマフ掲げたい みんなで掲げたい アツいの掲げたい 第7節vs湘南@エディピ2024,04.07

======================================
明治安田J1リーグ 第7節 2024年4月7日(日)14:03

エディオンピースウイング広島(25,515人)
広 島 2-0 湘 南 
得点:52'大橋祐紀(広島)、90+6'大橋祐紀(広島)

240330g

======================================

試合前にサポグループの人が「選手入場のタイミングでタオルマフラーを掲げよう」って説明していたけど、そうなんすよね。それをやりたいんすよね。実際にはどんな感じに見えていたんだろう?

選手入場時にタオルマフラー(以下、タオマフ)を掲げるクラブってJリーグにもたくさんあってまぁまぁお決まり演出。みんなで応援を揃えることで醸し出せる迫力がありますからね。自分たちの選手にはホームスタジアムの力を感じてもらい、対戦相手の選手にはここは敵地なんだぞと圧をかけて飲み込むような。


タオマフ掲げたいってその一番の理由は、体力や出せる声の大きさにあまり影響されずスタジアムに集う多くの人が参加可能な応援だから。90分飛び跳ねる体力や腹から声を出すことも必要とはしないですからね。ひとりひとりの小さな応援の集合体でホームスタジアムの力を増幅させることができるわけです。選手の心を動かすような。

 



1.FCケルンのこれすごい。
すごいけど、これ一人一人がタオマフかかげている”だけ”なんですよね。ここまで到達するのが簡単だとは言わないけれど、それ”だけ”なんですよ。


いつも思うんだけど、広島のスタジアムでのタオマフ所持率だいぶ高くない?7割は超えてない?体感だけど(広島の家庭にキリンビールの栓抜きが必ずあった昭和の時代に似たものを感じる)。そんだけ持ってたら第一段階クリアだし、てゆか自分はいつも近くにタオマフ持っていない人いたらお貸しできるように予備持って来ているしそういう人見つけたらコーナーキックのタイミングなんかを見計らって「一緒に回そう~」ってタオマフ押し付けたりしてきたしw
タオマフを使ってホームスタジアムの応援をもっと強くできるんじゃないかと。広島の可能性すごく感じるっすよ。


「良い応援」って何かと問われると自分は「参加感がある応援」って答えている。”参加感”ってなんだよ?って言われるようなあえて変な言葉で答えてる。つまりは多くの人、色んな人が応援に参加しているのが理想ってこと。
体力がある、声量が大きい、長い年月サポータやってる、たくさんの試合に現地参戦している、そういうのじゃなく誰もが参加しやすいのが
良いと思うし、誰もが参加しやすいことでゆくゆくは大きく強い応援になるんだって信じている。

タオマフを掲げることは一例なんだけどその小さな応援を発端に、サンフレッチェを観に来た人がスタジアムから帰る時にはサンフレッチェを応援しに来た人になっていますように。

 

| | コメント (0)

2024年4月 9日 (火)

いくつか重ねたあとなんだろう 第5節vsG大阪@エディピ2024,03.30

======================================
明治安田J1リーグ 第5節 2024年3月30日(土)
エディオンピースウイング広島(25,683人)
広 島 1-1 G大阪
得点:76'ウェルトン(G大阪)、78'新井直人(広島)

20240330
======================================

熱戦でした。G大阪の強さもあり、G大阪サポーターがビジターゴール裏を埋めていて、頭上で打ち鳴らす手拍子も美しい。アウェイながらも”北面ゴール裏”なせいか彼らが活き活きして見える・・・くそう。ホームで応援負けたくない。

「まだホームスタジアムの実感がない」というのが自分の正直な感覚。このエディオンピースウイング広島を満員にしてスタンド全体が紫に染まったのを見たとしてもそれだけではまだホームを実感するに至って無い気がする。頭では分かっているし、雰囲気も良いし、選手に力を送れているとも思うけどまだ足りない。


それを感じられるようになるのは・・・
ゴール裏のサポーターがこの街を揺らしてメインスタンドとバックスタンドの両翼屋根に手拍子が響いて、相手を圧倒したり劣勢をひっくり返しての心が震える勝利をいくつか何度か重ねた後のことなんだろう。



ビッグアーチでやってきたことをここでもやって、繰り返して、その先だ。
そのための一歩一歩をいま踏んでいるのだ。その道を踏み固めるようにしっかりと進んでいこう。

 

| | コメント (0)

2024年3月11日 (月)

未来に希望しかない 第3節 vs鳥栖@エディピ2024,03.09

======================================
明治安田J1リーグ 第3節 2024年3月9日(土)
エディオンピースウイング広島(25,503人)
広 島 4-0 鳥 栖
得点:18'塩谷司(広島)、31'川村拓夢(広島)、51'ピエロス・ソティリウ(広島)、90'+6中野就斗(広島)

240309
======================================

こけらおとし、リーグ開幕&初勝利ときて、3試合目は開門時間に到着してすぐに中には入らず周辺をウロウロ、入場してもコンコースをグルグル、試合中にスタジアム内をアッチコッチしてみました。あらためて良いスタジアムだなーと思いながら。
歓声の聞こえ方やその厚みもすごく心地いい。自分はまず「サッカーをやっている場所にいるのが好き」なので、コンコース歩いているだけでも幸せな気分になれるんですよね。

240309_20240311233601

竣工してから試合の無い日も来たりしているし、ここへ来るの何回目か数えにくくなってきた。試合ももう3試合目。それでもまだ口から漏れるのは「はぁぁーすげええええ」「いやまじでばりええわ・・・」ばっかり。
まだ気付けてない良さもあるだろうし、今から感じる魅力もあるはず。そしてこれから自分たちでもっと良くしていくことができるであろうってことが幸せだなぁって思います。やっほい!


ホームゴール裏の上のほうは空席が見える状況になっているものの、それなりに紫の壁には見えるしなかなか壮観。自分は「新スタになったらゴール裏は今(エディオンスタジアム)のバックスタンドみたいになると思う」と予想していたので、これは外れましたね。思ったほどではなかったっす。

240309_20240311233501

これから1シーズンやったら今よりももっと紫で、躍動感も声の厚みも増すはず。まだ焦らないです。
応援の部分、何かをやってそれを続けていくらかの効果を感じるには1シーズンかかるものだと思っているのでまだ焦らないです。

未来に希望しかない。

| | コメント (0)

2024年2月26日 (月)

やっと来るんだって 第1節 vs浦和@エディピ2024,02.23

待望の新スタジアムでのリーグ開幕戦おめでとうございます。
初勝利もあげられておめでとうございます。
これから我らのホームスタジアムを作り上げていきましょう。

======================================
明治安田J1リーグ 第1節 2024年2月23日(金・祝)
エディオンピースウイング広島(27,545人)
広 島 2-0 浦 和
得点:45’大橋祐紀(広島)、55'大橋祐紀(広島)
240223
======================================

■大迫敬介が人間をやめた日
人間ってあんな反応できるん?
前半6分のプレー凄くて、それ以降も止めまくってた。



走行距離だけじゃなくてその他のデータもすごくて球際に攻守の切り替えもすごいハイテンションでした。ボールを奪われても即時に奪い返しにいくからボールを奪われたからってサポーターがため息ついている暇もないですほんとに。





広島で、新しいスタジアムで戦うということを力にしてくれている選手が揃ってるんだって捉えています。みんな頼もしかった!試合後の大橋選手のコメントも嬉しかったです。あんなん好きになっちゃうでしょ!!


totoGOAL2で「広島3-0浦和」「名古屋0-1or3鹿島」を買っていたのでだいぶ惜しかった。敬介もすごかったけど周作もすごかったんだわ。しゅうさくとめすぎ。
西川周作。このスタジアムが実現するのに、先に靄がかかっている中で一歩を踏み出させてくれた選手の一人。早々にここのピッチに立ってもらえてよかった。
なんて思ってたら広島の『INSIDE SANFRECCE』にも出てきてくれた!収録中の敬介に絡んで来てくれて。感謝の気持ちが消えることは無いね。


ポンチョが絶大な力を発揮。来場者プレゼントのポンチョが優秀でした。暖かさに加え、スタジアムを紫に染めあげることもできて素晴らしかったです。

240216
2/23(金・祝) vs.浦和《ホーム開幕戦》エディオンプレゼンツ『オリジナルフリースポンチョ』来場者プレゼントのお知らせ | サンフレッチェ広島 オフィシャルサイト (sanfrecce.co.jp)

試合後の広島の街にもポンチョ姿の人たちが行き交ってて、PSMのG大阪戦の試合後同様に広島の街に紫が溢れていることに感動していました。入ったお店の先客に試合帰りの人がいて今日のことを話していたり。ポンチョは経済効果の可視化もしてくれてた。すごくいい。


サンフレッチェが話題になり、メディアでも発信され、日常の会話にのぼる。試合があればアウェイサポーターが広島に来て観光してくれたり、試合の日は広島の街に多くの人が行き交う。ずーーーーーーーーっと妄想していた景色が今、見られ始めた。

それを実際に見ることができたことでボクは思うんですよ。
広島において、サンフレッチェが正当な評価を得られる時がやっと来るんだって。
ほんとにありがとうございます。ますますがんばらねば。

| | コメント (0)

2024年2月22日 (木)

応援の形は多種多様で(大旗の話)

2402102

当面の間とはいえ大旗が使用できないということで。

詳細とかその理由などはサンフレッチェ広島公式のこちらをご覧ください。

エディオンピースウイング広島 観戦ルール&マナー変更(大旗禁止)のお知らせ | サンフレッチェ広島 オフィシャルサイト (sanfrecce.co.jp)


自分は大旗振らないし、自分個人としてはこれによってスタジアムでの応援行動がマイナス方向に変わるわけではない。でも応援の文化になっていると思っていたし、応援における大旗の良さもある程度知っているつもり。

我々の応援が力となってゴールを生んだその瞬間に、スタジアムの新鮮な生命を吹き込まれたかのように舞う大旗。その生命が自分と一体であると感じられる感覚。それが自分は好きなんだ。


大旗は自分の応援行動・スタイルではないけれどその存在には敬意を持っている。大旗自体もそれを活用する人のことも。自分がやらない・できない応援行動を取る人にはみんな敬意を持ちますよ、そりゃ。どんな応援行動もそれぞれ労力やお金がかかるものだしね。


応援の形は多種多様で幅広く奥深い。それを大切にするサポーターでありたいし、我がクラブ・サンフレッチェ広島はそういうクラブだった。これからもそうあって欲しいと願ってる。

誰もがクラブ・チーム・選手の力になりたいと自分なりの応援をしていると思う。声出す、旗振る、グッズ買う、練習見学行く、DAZN観る、マスコット愛でる、クラブに利がある行動はみんなサポートだと思うし、各々の応援行動がスタジアム他いろんな場所で行われてその力が発揮されたらいいなと。
大旗は調整が付くまでしばらくお休みかもしれないけれど全ての旗(フラッグ)が使用できないわけではないから他の旗での応援もがんばればいいし、旗以外の応援だってみんなでがんばる。


旗の応援について不要だというご意見もあるようだけど、自分は様々な応援行動を肯定的に見るようにしている。自分とは異なる応援行動を否定していくと、いつか自分の応援行動が否定される時が来るかもしれない。
いろんな応援の形があることで、我々サポーターの応援の総量・総力は大きくなっていくものなので。そういう未来をつくっていきたいなと思います。

| | コメント (0)

2024年2月12日 (月)

「なんで登里享平の話をしているのか」PSM vsG大阪@エディピ

==================================================
プレシーズンマッチ 2024年2月10日(土)14:00
広 島 1-2 G大阪
得点:48'ピエロス・ソティリウ(広島)、58'岸本武流(G大阪)、88'倉田秋(G大阪)

240210psmg 
==================================================


■生命を吹き込みに

【新スタさんぽ】と称してエディオンピースウイング広島の建設地を散歩し続けていました。ついにこの日を迎えたので新スタさんぽで何度も通った横川駅からのルート(このたびビクトリーロードという名前が付いた)でエディピへ。

画像
JR横川駅(山陽本線・可部線)赤いのは反対側から見てみてね
画像
横川から来るとこの見え方
画像
新スタさんぽいつもの位置から

いよいよスタジアムに生命を吹き込みに行く。そういう気分で歩きました。



■写真撮ってない
開門した後もスタジアム内を眺めたりうろうろしていましたけど、写真全然撮ってないんですよ。目の前が素晴らしすぎて直肉眼で見ているばかり。

画像
オープニングイベント

試合前にアオ・シオがゴール裏に来てくれたの嬉しかったねぇ。
開幕戦は周作が来ると思うけど、周作も2012年の初優勝・2013年の連覇メンバーでスタジアム建設に繋がる活動と活躍をしてくれた選手。ゴール裏まで来てくれたらなぁ。この試合みたいにアオやシオと一緒ならとてもいい。



■新スタジアム初ゴール
初ゴール決めたぞという喜び <<< 奪われないで良かったという安堵。
ピエたんさすがだわ。弓矢パフォが美しすぎてまた撃ち抜かれました。

(誰か写真もらえませんか!)

初ゴールは陸次樹を予想していたけどちがったー。
リーグ開幕戦のほうこそ陸次樹で予想。相手が浦和だし。

 

■そのあとは逆転負け
試合結果は残念。試合結果だけに意味があると考えなくていいとも思うけど、やっぱりね。このスタジアムが多くの人の支援やご協力、長く望んでいた人も多くて色々なタイミングもありつつ実現したものなので「感謝」の気持ちを示すというか・・現地にいた人その他多くの人が喜べる結果であればもっとよかったなと。

ま、スタジアム初ゴールは獲れたしそれだけでも最悪ではないと思えるくらいに安堵したし、いつここで初黒星を喫するかと怯える気持ちももう持たなくていい。リーグ開幕すればなるべく平常心でいつものように一戦必勝でやっていけばいいかなと思います。



■宇佐美貴史選手の話
試合後のツイートや動画も見られたけど、G大阪勝った時にやるガンバクラップは無しということで。「相手(広島)のこけら落としで招待された試合だから」という宇佐美キャプテンの提案(判断?)のようです。
「とりあえず有名な選手にブーイングする」輩もうちのサポーターにも多くて試合前は宇佐美選手に対するブーイングも多かったのよね。でも宇佐美キャプテン粋じゃん。ちゃんとしてる。自分なんて「べつに宇佐美にやられたことなんか無いのにブーイングとかwやられてすらないわwww」などと言ってたのに・・すみません!

この日「何もしない」をしてくれた宇佐美貴史選手。敬意を感じちゃったりして来月の対戦時にはわたくし小さく拍手しちゃうかも。



■岸本武流選手と登里享平選(川崎フロンターレ⇒C大阪)の話
何もされてない選手にはブーイングする気も起きないですが、エディピの北側のゴールを最初に決めた岸本武流選手については根に持ちますのでよろしく。今後もたくさん対戦しましょう。こういう選手がまた広島相手にゴールを決めるとそれも面白いのでね。いやまて面白くないって。

セレッソで育って水戸や徳島にも期限付き移籍して清水へ完全移籍、徳島の絡みでポヤトス監督呼ばれて今季からG大阪と。なるほど面白い経歴。え、今季からってことはG大阪での初ゴール、サポーターへの挨拶代わりのゴールじゃないですか!!なんだよ、喜ばしいじゃんかクソぅ・・・


なんか思い出したわ2009年の広島。等々力で0-7で負けたことあってその時に登里享平選手にJリーグ初ゴールを奪われているのですが、7失点もくらったメタメタな試合だったので「どさくさに紛れて初ゴール奪っていった登里」みたいに今でも言うくらい根に持ってますw

あー、でも分かってくれるサポーターの人もいるとは思いますがこれは敬意。自分たちに対して初ゴールを奪った選手が長く活躍するとか嬉しいっていうかなんというか、あーあの選手にやられたよねって思い出語るのもサポーター人生の楽しみ方なので。敬意を持ちますよ、そりゃね。ほんとそう。ほんで有名な選手相手だとしたら「あー、あの選手良い選手だよね。でもオレたち別にやられてないし」と鼻にかけられるのもまた楽しいのです。サポーターやっててそんな楽しみ方もあると思っております。


あ、そうそう登里選手は今季からC大阪に移籍。また対戦するだろうね。楽しみですね。
って、なんでG大阪戦でC大阪の話してんだって。なんだこの文字数。記事の中でバランス悪すぎて恥ずかしいわ!

このへんにしときます。では!!!!

| | コメント (0)

2024年2月 9日 (金)

新スタ・最初の声(PSM vsG大阪@エディピ) 

エディオンピースウイング広島でのプレシーズンマッチG大阪。

広島のサポーターがそこで何に驚くか。


ピッチの近さか
240203_20240208233801


スタンドからの眺めか・・
240203_20240208233901


屋根と空の美しさか・・・
240203_20240208234201



ボクの想像では




「自分たちの声」




だと思う。

これまでの広島サポーターが敵地や中立地で屋根に反響する自分たちの声援を聞いたことがあっても、ホームスタジアムでのそれはまだ無い。誰もが未経験なんですよね。

でも、ついに来た。やっと来た。いよいよ明日。

楽しみすぎる・・・




あ、でも、、

エディピで最初に響き渡る声が



「ガンバ!ガンバ!

 おおさかガンバ!!!」



だったらすごい嫌だなw

先を越されないように早めに準備して整えてワクワクして待つことにしよ~











スタグルも魅力的で食べに行きたいけどファーストコールに乗り遅れないように気を付けなくては!!!w

・・・楽しみすぎる

 

 

| | コメント (0)

2024年2月 4日 (日)

エディオンピースウイング広島内覧会(2月3日(土))

今までたくさんサッカースタジアムを見てきたので、ピッチが近くてスタンドの勾配が良くて屋根もあって、そういうのは多数経験済みなので驚きはないんですよ。
ただ、目の前のここが自分たちのホームスタジアムになるんだと思うと・・・それは感覚が追いつかなかったっすよ。。




でも、同じような感想の人もいて自分だけじゃないようで安心したw
これからホームスタジアムにしていく。自分たちで、ってことですよね。これからです。これからです。


今週末、2月10日(土)にはプレシーズンマッチG大阪戦。
そこでたくさんのサポーターに会えるだろうし、それが楽しみ。
新しいスタジアムでのスタートをお祝いしましょう。

あ、ところでこのスタジアム「エディオンピースウイング広島」を通称としみんななんて呼んでます?w

| | コメント (0)

2023年5月 8日 (月)

駒ぴょんと・・・拓夢もコッシーも(第12節vs福岡@エスタ)

==============================================================
2023年5月7日(日)13:00キックオフ
明治安田生命J1リーグ 第12節
広 島 3-1 福 岡
エディオンスタジアム広島 入場者数:10,415人
得点:30'山岸祐也(福岡)50’ピエロス・ソティリウ(広島)72’オウンゴール(広島)89’川村拓夢(広島)
230507b6 
==============================================================

■あのゴール、今日のゴールに繋がって
川村拓夢選手のサンフレッチェ初観戦が2006年5月6日(土)の雨の福岡戦だったんですよね。1-0で勝った試合。それから17年経って同じスタジアムで同じ天候で同じ対戦相手にサンフレッチェの選手としてゴール決めるんだからこの人かっこよすぎるでしょ!!!

初観戦、忘れられぬ歓声 MF川村拓夢(23)【エディスタの記憶 1993~2023】①
https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/288737

その時の試合でゴールを決めたのは駒野友一選手。それを観ていた拓夢少年が今はサンフレッチェの選手。
今日の拓夢のゴールをスタンドで見た子が、あの歓声を覚えて成長して将来のサンフレ戦士になったり・・・なんていうストーリーを夢見ちゃうわ~。



■あの駒ぴょんの指導、今日のゴールに繋がって
同点に追いつくピエロス・ソティリウ選手のゴールをアシストしたのはコッシーこと越道草太選手。 

DAZN実況の江本一真さんのツイートによると、




駒ぴょん!!!!!
コッシーにアドバイスをたくさん!!!
これは嬉しい話だなぁ。えもさんコッシーの話教えてくれてありがとうううう。




拓夢の話とコッシーの話。サンフレッチェ広島が広島で歴史を重ねていることが分かります。
この2選手と駒ぴょんのエピソードで気持ちあったかくなるっす。

 

 






また次の試合で!

| | コメント (0)

2023年4月19日 (水)

ル杯GS4節 vs神戸(エスタ)

==========================================================
2023年4月19日(水)19:00キックオフ
ルヴァンカップグループステージ 第4節
広 島 2-1 神 戸
エディオンスタジアム広島 入場者数:5,877人
得点:'69リンコン(神戸)、'73佐々木翔(広島)、'82中野就斗(広島)
==========================================================

■グループステージ2位以上は確定やたー!(ですよね?)
GS突破に前進してる。残りの横浜FC戦と名古屋戦でしっかり勝点を獲ることよな。

GS第5節 5月24日(水)19:00 vs横浜FC@三ツ沢
GS第6節 6月18日(日)18:00 vs名古屋 @豊田ス

結構、間が空きますね。次節は5週間後でさらにその3週間後が最終節。
そこでまた成長したチームとサポーターで戦いたいですね。


■みんなゴール決めよ決めよ。誰が決めても嬉しいの。
今のチームには「ゴール決めて欲しい」と強く思う選手多いわ~。そりゃみんなに決めて欲しいけど、頑張ってるのが分かるのでとにかくゴール願う願うって感じ。ドグ兄とエゼ弟のコンビでゴールをたくさん獲っているのでエゼ自身にも決めて欲しいと思うし、今のチームを上手く回してくれているモリシもそう。
右WBでコッシーが特長を発揮してアシストも記録しているこの状況で、同期加入になる山﨑大地もゴール決めたしってとこでNAKANO!!!今日のゴールに気持ちが熱くなりました。なかのやったよ、なかの。やたー!!!
なんか嬉しさの種類が、2012年シーズンにノリ(石川大徳選手)がゴール決めた時の感じに似てた。はぁ、うれしい。




■もう中2日ですぐにホームFC東京戦。
以前は、FC東京戦と言えばホームで勝てずに味スタで快勝!!!という時期があって「ホームで負けても味スタで勝つ!!!」とか負け惜しみも言えたんだけど、気付けばここ10シーズンは5勝4分け11敗戦。ホームで5シーズン勝ちなしなんすよね。もうね、そんなデータ関係なくシンプルに勝ちたい。

この週末は日曜日にレジっちの試合もある!がんばりましょう~うおおおお

| | コメント (0)

2023年4月18日 (火)

第8節 vs横浜FC@三ツ沢

=============================================================
2023年4月15日(土)14:00キックオフ
明治安田生命J1リーグ 第8節
横浜FC 0-3 広 島
ニッパツ三ツ沢競技場 入場者数:3,935
得点:'49東俊希(広島)、'73:オウンゴール(広島)、'76:ドウグラス・ヴィエイラ(広島)

230415_20230418213301
※崎陽軒はじめて食べた
=============================================================

■3年ぶり雨中バモ
3年ぶりに濡れながらバモったわ。ホームでは年パス屋根下で過ごしてきたし、もう濡れ方を忘れかけてたっすよw
コロナ禍の制限下でのバモって自分は受け入れ難くてですね、制限解けないとゴール裏に戻ることはないかなーと思ってはいたけど、昨季のカップ戦決勝時期にちょっとずつゴール裏復帰しつつ徐々に徐々に。まずはアウェイゴール裏でリハビリ。この前の吹田ス、三ツ沢ときて次はどうしよう淀工桜かなぁ。また屋根が無いわw


ヘイッキさんがこんな風に言ってくれてたけど



まだ全然ウザさは出せてないからなー。自重していますよさすがに。こう見えて空気は読むつもりではいるし、読んだうえで砕けさせていきたいなーって思っているだけです。砕けさすだけではなくてコロナ禍でかなり雰囲気は変わっているのを、今の良さを活かしたり受け入れるしかないものは受け入れれたり、それでもサポーターの充実感とか勝つために良い応援の雰囲気を作りたいなーなどと思ってます。
コロナ禍のもっと気持ちが熱くなれた時に戻りたい。


■まだまだリハビリ途中だけど
雨でも広島サポーター多かった。1500人だと。雨の中みんなえらい!がんばった!選手たちがそれに応えてくれるがまたほんとうれしい!
ただ・・・自分の本音ではもっと圧倒したかった。人数が多いだけで満足できないんですよね。こんだけの人数だからできる応援もある。声量も応援の圧も。いわゆる激しい応援って意味じゃなくて。雰囲気ですよ、圧ですよ。対戦相手のサポーターや選手が「ホームゲームだけどいつものホームじゃない・・」と感じるような、たじろぐようなそんな応援の雰囲気作りたいなーって思ってます。
まだまだ満足できません!!!

ホームでもアウェイでもみんな来れる試合に集まって良い雰囲気創りましょう。
ずぶ濡れでもたくさん歌えて楽しかった。イージュー歌って広島へ帰ろう歌って。やたー。

ではまたー!!!



| | コメント (0)

2023年4月 2日 (日)

フジーはまた次の機会に(第6節vs鹿島@カシマ)

=============================================================
2023年4月2日(土)15:00キックオフ
明治安田生命J1リーグ 第6節
鹿 島 1-2 広 島
県立カシマサッカースタジアム 入場者数:15,414人
得点:'69:知念慶(鹿島)、'86:ドウグラス・ヴィエイラ(広島)、'88:ドウグラス・ヴィエイラ(広島)
=============================================================

■お、この話題ひさしぶり!
これも声出し応援が出来るからこそなんだけど。ブーイングの是非を語るとかとても懐かしい感じですね。そんな懐かしい感覚を思い出させてくれてサンキューフジー、サンキューな!
左サイドをササショと志知男で制圧していて、とても嬉しかったですな。ここはやらせねー!って。
フジーの移籍が決まった時「ブーイングするほどの対象では・・まだない」というのが残念って感じで、手に負えない脅威とは思っていなかったんですよね。というか実際にはうちの左サイドが強かったので、対戦してみてブーイングはまた次の機会にって感じでしたね。



■今回こそか次の機会か
あ、いやいや「次の機会に」ってのはブーイングの意味の持ち方で異なりますね。サポーターそれぞれ。単純に「出ていった選手にはブーイング」という考え方の人は今回こそブーイングなのかもですね。自分は本当に脅威だったり広島戦で仕事をされて相当痛い思いをした選手にしかブーイングしないので、広島を出た選手にブーイングすることがほとんど無いですねぇ。やられてないし。ほぼ。
これ、意味の持ち方なので「次の機会に」はそれボクの感想ですよねってことで。



■他者の否定より賛同者を増やすこと
フジーへの対応も、集まっているサポーターすべての人が同じ思いや考えなわけじゃないし、鹿島戦の試合後にはブーイングもあれば拍手もあるでしょう。その両方があるからそれもまたよしな部分もあるし。ゴール裏・スタジアムは社会と同じでいろんな考え方の人がいますからね。「拍手を送った方がいいだろう」と思うならまずは自分が拍手を送る。拍手を送る雰囲気を作る。拍手を送る人を増やす。それをやればいいんだろうし。自分と考え方の異なる人を否定するよりも同じ考え方の人が増えるようにすればいいんでないかなーと思います。



■粋か無粋か

自分はサポーターの行為を考える時の基準に「善か悪か」の道徳的な見方じゃなくてを「粋か無粋か」を用いることが多いので移籍していった選手へのブーイングもあれば拍手もあると思っております。なんですが、この試合のフジーはうちの左サイドで完全に制圧されちゃってたんでまったくもって微妙。粋も無粋も無い。自分としてはヌルめの拍手しかなかったかなーというふうに考えてます。
現地じゃなかったんで現地のその場の温度は感じ取れてないんですけどね。


Photo_20230402232701 
※あれっ?いたのか


拍手を送るサポーターもやさしいし、ブーイングでも反応を示すサポーターもやさしいですよね。
ホームでの対戦も楽しみ。3か月後。フジーがバージョンアップして厄介なプレーしてきたらめんどくさいわ~フジーめんどくさいわ~

あ、鹿島サポからはたくさんフジーコールされていて微妙に嬉しかったな、あれ。
自分らのとこから出た選手は行った先で愛されてほしいですもんね。

思いが濃かったり、いろんなこと考えちゃうからちょっと語り切れないですよね、こういう思い。サポーターだからだよな。応援してたからだよな。期待してたし期待しているから、かもなぁ。




 

| | コメント (0)

«声と言葉とガヤとポジティヴが戻ってきつつある(第5節vs柏@エスタ)