« 【トップ】「次だ!ホームで勝とう!!!」と叫び合いたい(第29節大宮戦@駒場) | トップページ | 【サポ】生きようとする意志 »

2007年10月21日 (日)

【トップ】盾は構えたままで(第29節大宮戦@駒場)

1020日(土) 2007 J1リーグ戦 第29

大宮 1 - 0 広島 (14:00/駒場/11,038人)

得点者:81' 若林学(大宮)

失点シーンはこんな感じ。

デニスマルケスがドリブルで右サイドを上がってきてゴール前へクロス、

平野が左足でシュート、(下田が右手で触って?)ポストが弾く、小林大悟

左足シュート、その撥ね返って浮き上がったボールを若林右足でシュート。

情けないことに、この混戦時に、サポの真ん中が声を失ってた。

やばいと思って「声止めんな!」って後ろに声をかけた次の瞬間にスタンド

の反対側で歓声が聞こえた。

ゴールシーンは見てないけど、口をぽかーんとあけた広島サポの顔は見た。

あんな顔してりゃ、そりゃ入れられるわい。

守備の時、サポーター声は「盾」。

絶対に降ろしちゃいけない。

盾を降ろせば殺られるよ。

声を止めれば殺られるよ。

オレらの「声」はスタジアムという戦場ではそういうものなんだ。

「共に闘う」ってのが口だけじゃないなら、殺られそうな瞬間に絶対「盾」を

降ろしちゃいけない。

声を止めちゃいけない。

観戦者から参戦者へとなるためには、まずこれが大事。

|

« 【トップ】「次だ!ホームで勝とう!!!」と叫び合いたい(第29節大宮戦@駒場) | トップページ | 【サポ】生きようとする意志 »

トップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【トップ】盾は構えたままで(第29節大宮戦@駒場):

« 【トップ】「次だ!ホームで勝とう!!!」と叫び合いたい(第29節大宮戦@駒場) | トップページ | 【サポ】生きようとする意志 »