トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

【サポ】オレたち闘う男同士

【千葉戦。】(KOJI STYLE)

http://www.footmedia.jp/koji/archives/2007/10/post_71.html

でも、試合後、サポーター席に挨拶にいったとき、みなさんの対応がうれしかった。

ブーイングされるのが当然の結果だったのに、「顔をあげろや」っていう声がたくさん聞こえてきた。

あの励ましがうれしく、何よりもこれからへの励みになる。

============================================================================ 

 

ちょっと残念だな。浩司さん。

 

あの千葉戦のあと、サポーターからブーイングでなく熱い言葉、優しい言葉をかけられて、

男なら 「 悔 し い 」 と思って欲しいけどな。

ま、これは人それぞれのキャラクターで、浩司さんはそういう男なのかもしれんけど。

そういうことなんだろうな。うん。

 

でも、それが励みになるというのなら、次の試合の闘う姿でオレたちを熱くさせてくれ。

いや、浩司さんが熱い姿を見せてくれるより先に、オレたちの熱いサポートを見せるつもりじゃけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月30日 (火)

【サポ】残留争いは足し算だ。

どんな負け方をしても勝ち点を減らされることはないじゃん。

「負けた」と口をついてしまうようなドローでも勝ち点1を重ねているわけで。

 

1試合を戦って3歩進むか、1歩進むか。

自分が1歩進むうちにライバルが3歩進んでいるってこともあるけどね。

でも、その歩みをなかったものにされることはないんよね。

ならば、敗戦だって、引き分けだって積み重ねないと。

 

その試合の意味を。

あの失点の意味を。

オレらが93分闘った意味を。

 

その意味をしっかり噛みしめ、次の戦いのために活かしていける者たちが

この厳しい残留争いを勝ち抜けるんよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【トップ】 いまのオレたちが闘っているのはなんだ(第30節千葉戦@広島ビ)

1027日(土) 2007 J1リーグ戦 第30

広島 2 - 2 千葉 (13:04/広島ビ/9,680人)

得点者:31' 佐藤寿人(広島)、65' 駒野友一(広島)、89' 新居辰基(千葉)、89' 山岸智(千葉)

試合が終わって選手がバックスタンドの観客に挨拶をするころ

B6から「サンフレッチェコール」が起こった。

それは選手たちがバックスタンド・B6・メインスタンドと挨拶を

して、ロッカールームへ帰って行く、つまりスタンドから姿が

見えなくなるまで続いた。

 

あのコールには、不甲斐無さすぎるドローに対する怒り、

いくら闘っても勝てない悔しさ、それでもチームを支えたいと

いう愛情。それらが込められていたんだろうし、もはやそれ

以上のものかもしれん。

怒りとか悔しさとか愛情とかじゃなくて。

 

感情なんか超越して、ただ「勝つために」起こしたコール。

勝つために、選手に力を与えるためには自分たちがなにを

するのがいいかを考えた結果のコール。

 

選手だって分かってくれているはず。

サポーターが怒りや悔しさを押し殺し、溢れそうになる涙を

こらえてコールし続けたってことの意味を。

 

いま、オレらはただのひと試合を闘ってるんじゃない。いまの

オレらが闘っているのは「残留争い」。

だからロスタイムに2失点して勝利を逃すような試合をしても、

それを受けてなにができるか、なにをすることが残留に近づくのか。

 

もうね、ひと試合の結果に怒り狂ったりへこんだりしてる段階じゃないよ。

 

この残留争いを勝ちきる術を考えて動こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

【広島】食べて帰る。

【広島】食べて帰る。
そばライすじこんカレー。


ドローだったけど行ってきた。

試合結果に感情的に怒るとか、めっこりへこむとか、もうそんな段階じゃないね。


まだまだ考えないと。


帰りの夜バスは4列シート。


隣の席は千葉サポさんです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

【トップ】寿人のシュートはオレが押し込む(第30節千葉戦@広島ビ)

「サンフレッチェ、応援してるんですか?」

って訊かれたら答えるのが恥ずかしいんですよね、なんか。

「応援してる」ってなんか恥ずかしいw照れるwww

 

オレ、応援してるっていう感覚があんまりないです。

オレはね、闘ってるんですよ。

一般人からしたらそう答えるほうが恥ずかしいんだろうけど、

サポって逆よね?

「オレ、闘ってますんで」って本気で言うよね(笑)

 

まー、「闘ってる」なんて言っても、サポは実際にピッチで走ることもボールを蹴ることも

シュートすることもできんけど。武器となるのは声と手拍子・拍手くらいだけど。

 

今日、前日練習のあとに寿人に会って「オレらの声で(シュートを)押し込みます」

って話してきた。

湯川先生(『ガリレオ』フジテレビ(月9))に言わせると「それは論理的じゃない」と

言われるじゃろうけど、サポってそんなもんよね?

 

撃たれたシュートがゴールネットに突き刺さるか、枠を逸れるかっていうシーンで

ボールをゴールに押し込むのは「オレらの声」と思ってないと闘えんことない?

 

ゴールキーパーの手を弾いてゴールに入るか掻き出されるか。

ポストに当たったボールが跳ね返ってゴールに入るか、弾き返されるか。

放たれたFKがグインッと曲がり枠内に収まるか、それとも枠を外れるか。

 

願った通りの結果にするのはオレらの声。

オレは声を上げてボールを押し込むよ。

ここんとこ、オレの声が足りなかったと、認めたくはないけどそうだったと言うしかないね。

じゃけど、

明日こそ、押し込んでやる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【広島】みんな大好きひらの。

【広島】みんな大好きひらの。
ひらの行ってきた。

そばライチーズカレー。

 

おばちゃんに今日の練習のこと聞かれたー。

やっぱりみんなが心配してるわけだ。

明日は13時キックオフじゃけー帰りのバスに乗る前に寄りたいなー。

おばちゃんに「勝ったよー!」って報告したいわー。

 

そばライすじコン…

 

食べてから帰りたいし(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

【サポ】明日一日を勝利のために過ごそう!

【サポ】明日を勝利のために過ご
新宿じゃ。

いうて、写真撮るの忘れててしもうたわ。

おのぼりらしく都庁でも撮りゃあえかったんじゃが。

しょーがないけ、新宿で見たナビスコ杯の看板写真を貼ってみようかの。
川崎じゃ・・・

 

明日は休みをもらえたけ今から夜バスで広島入りじゃ。

前日練習から行くけぇの。

ひらのも行きたいんじゃがの。

 

まー、おそらく多くの広島サポが明日は仕事や授業やら身が入らんのんじゃろ。

昼くらいにはJ'sGOALのプレビューはまだかー言うてクリッククリック。

そういう自分に気付いたら

「どんだけヘコんでも一週間たちゃまた試合の日が来る」

いうことを改めて考えてみんさい。

勝っても負けても同じ6日間。

勝つためにいかに過ごすかいうことよ。

わしの明日の行動は、全て土曜日の千葉戦に勝つためのもの。

前日練行くんもそこで陽介にキュンとなるんもひらの行くんもじゃ。

 

みなさんも、

明日はサポとしてええ一日を!!!

勝利のために。

 

ほいじゃあの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

【サポ】ネタなんかなんだっていい。とにかく闘う準備をすること。

2004年 926日(日) 2ndステージ第7節@広島ビッグアーチ

ndステージを1勝23敗。前節新潟戦の結果を受けてサポーターが「応援自粛」した試合。

広 島 (3-0) 東京V 

2005723日(土) 第18節@広島ビッグアーチ

7月の6連戦「HOT6」を12分け2敗。力の差を見せつけられ0-2で完敗した浦和戦の次の試合。

広 島 (3-0) 東京V

20061028日(土) 第29節@広島ビッグアーチ

残留を争うC大阪に2-4で完敗。直接対決に敗れたショックを持ったまま臨んだ試合。

広 島 (3-0) 横浜FM

  

    

心を砕かれるような敗戦のあとのホームでは「3-0」で勝っている実績。

(J1復帰後に広島が「3-0」で勝利したのはこの3試合のみ)

って、オレは「千葉戦は3-0で勝つと思うよ♪」なんて言いたいんじゃないよ(笑)

こんなデータを自信に変えるとか、方法はなんでもいい。

「土曜の試合、強い気持ちでB6に立つ準備をしろ!」ってこと。

ネガティヴな気持ちでビッグアーチに来んなよ!

ネガは伝染するけーの。

サポにも選手にも。

来てほしいのは闘えるヤツ。

 

 

そゆこと!!!

 

 

 

 

 

 

 

まーだグジュグジュ言ってんのは・・・

どこのどいつだ~い?

 

 

 

 

 

 

  

陽介だったりして!!!w

 

 

だいじょうぶかなー?あのネガティヴ2号は…。

苦笑の連続『陽介ブログ』も更新されてないしなぁ…。

 

前日練習へ行って励ましてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

【サポ】生きようとする意志

さて、月曜日です。チームはお休み。

明日からトレーニング再開です。

サポも動き出せよ、おらおらー。

 

まだ死んどらんよー。

戦う権利がある以上戦い抜かんとね。

戦う時間がある以上戦い抜かんとね。

これはもちろん広島も、大宮も甲府にも言えることで、

「戦い抜く」ことを実践できた選手とサポーターが、来年もJ1で戦うことが

出来るんだと思う。生きようとする意志をどのチームが一番強く持っとるかね?

「生きている」と「生きようとする」は意味は違うし、それぞれが残すものにも差を生む。

前節大宮戦に関しては、広島の選手やサポは「ただ生きて」いて、大宮は

「生きよう」としていたということか。

その差を見せつけられたってことだな。

 

さて、すぐにまた試合の日がくる。

1試合が持つ重みをさらに、さらに重苦しいほどに増しながら、リーグ戦は

続くよ。

さぁ、みんな、“生きようとする意志”を増幅させろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

【トップ】盾は構えたままで(第29節大宮戦@駒場)

1020日(土) 2007 J1リーグ戦 第29

大宮 1 - 0 広島 (14:00/駒場/11,038人)

得点者:81' 若林学(大宮)

失点シーンはこんな感じ。

デニスマルケスがドリブルで右サイドを上がってきてゴール前へクロス、

平野が左足でシュート、(下田が右手で触って?)ポストが弾く、小林大悟

左足シュート、その撥ね返って浮き上がったボールを若林右足でシュート。

情けないことに、この混戦時に、サポの真ん中が声を失ってた。

やばいと思って「声止めんな!」って後ろに声をかけた次の瞬間にスタンド

の反対側で歓声が聞こえた。

ゴールシーンは見てないけど、口をぽかーんとあけた広島サポの顔は見た。

あんな顔してりゃ、そりゃ入れられるわい。

守備の時、サポーター声は「盾」。

絶対に降ろしちゃいけない。

盾を降ろせば殺られるよ。

声を止めれば殺られるよ。

オレらの「声」はスタジアムという戦場ではそういうものなんだ。

「共に闘う」ってのが口だけじゃないなら、殺られそうな瞬間に絶対「盾」を

降ろしちゃいけない。

声を止めちゃいけない。

観戦者から参戦者へとなるためには、まずこれが大事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

【トップ】「次だ!ホームで勝とう!!!」と叫び合いたい(第29節大宮戦@駒場)

「次だ!次!!ホームで勝とう!!!」寿人がサポーターに向かって叫んだあのシーン。

2005年第33節神戸戦@神戸ウイング。

後半に逆転されるも寿人がロスタイムにハットトリックを達成して劇的勝利。

ヒーローインタビューを終えた寿人がサポーターの前まで走ってきて、胸のエムブレムを

掴んで叫んだんよね。

オレが叫ぼうと思った言葉を、オレより先に寿人が叫んだ。

気持ち、同じだった。

あれを、明日の駒場でやりたい。

ホームでは、820日(土)の大分戦のあと勝ってない。

明日、大宮に勝ったとしてもホーム広島のひとたちに勝利を届けることが大事!

オレはそんな気持ちだし、寿人だって同じだと思う。

なんとしても勝ちたい。

鹿島戦、磐田戦と内容は良くなってきた中で勝ちきれずに、連敗は「5」までになった。

それを止めて、選手とサポーターが気持ちをひとつに固めて残りの試合を戦っていく。

みんなの気持ちを固めて、ビッグアーチに繋げたい。

オレらの明日の戦いはこの先の戦いに大きく影響する1試合。

「ホームで勝とう!」と選手とサポが気持ちを確認するためにも明日の勝利が絶対必要。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【はじめまして】ブログ開始!!!

今日からはじめまーす♪

サポもできること増やしていかないと!

なんて考えたんで。

ブログでできるサポート活動もあるかなーと。

はい。

ブログでどんなことするかはこれから徐々に見せていくですよ。

うざい日記とか書きます。

ギャルっぽいのとか書きます。

サッカーは詳しくないのでサポ目線でいろいろと。

あーじゃこーじゃと書いたりしますよ。

よろしくどーぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

テスト

ケータイメールでテスト

|

テスト

ケータイからテスト

|

テスト【参戦観戦見学予定計画妄想対策(2007年10月)】

■:参戦観戦見学予定・済
□:参戦観戦見学予定計画妄想対策中
×:参戦観戦見学予定取消断念失敗
※:その他
======================================================

×10/06(土)J1 広島-磐田(広島ビ)14:00
■10/06(土)ユース 広島(3延長2)名古屋(国立)12:00
■10/06(土)ユース 浦和(1-4)流経大柏高(国立)14:30

■10/07(土)練習 広島ユース前日練習(埼玉ス第4)13:00
×10/07(日)J1 横浜FC-川崎(国立)14:00

■10/08(月・祝)ユース 広島(0-1)流経大柏高(埼玉ス)13:00

×10/13(土)J2 東京V-湘南(西が丘)13:00
×10/13(土)ナビ杯 川崎-横浜FM(等々力)15:00

×10/14(日)サテ 柏-仙台(柏)14:00
×10/14(日)サテ 横浜FM-FC東京(MM21)14:00

■10/20(土)J1 大宮-広島(駒場)14:00
□10/20(土)J1 横浜FM-清水(日産ス)19:00

□10/21(日)大学 立命館大-大阪産業大(原谷G)11:45
□10/21(日)大学 関西学院大-龍谷大(原谷G)14:00
□10/21(日)サテ 横浜FC-横浜FM(戸塚G)
□10/21(日)サテ 大宮-新潟(川越)14:00
□10/21(日)ユース 大宮-横浜FM(川越)10:30
□10/21(日)ユース FC東京-山形(深川G)

■10/27(土)J1 広島-千葉(広島ビ)13:00
×10/27(土)J1 柏-神戸(日立台)14:00
×10/27(土)J1 横浜FC-大宮(三ッ沢)14:00
×10/27(土)大学 東海大-中央大(川口)12:00
×10/27(土)大学 明治大-国士館大(川口)14:10

□10/28(日)J1 FC東京-川崎(味スタ)14:00
×10/28(日)サテ 千葉-仙台(  )
×10/28(日)サテ 横浜FM-水戸(MM21)14:00
□10/28(日)大学 順天堂大-筑波大(西が丘)12:00
□10/28(日)大学 早稲田大-青山学院大(西が丘)14:10
×10/21(日)ユース FC東京-山形(深川G)13:00
×10/28(日)ユース 大宮-横浜FC(駒場)14:00
×10/28(日)ユース 湘南-甲府(馬入)14:00

|

【テスト】高円宮杯U-18決勝 広島-流経大柏高@埼玉ス

テスト記事

◇高円宮杯第18回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 決勝
2007年10月8日(月・祝)@埼玉・埼玉スタジアム2002 13:00キックオフ
サンフレッチェ広島ユース 0-1(前半0-0) 流通経済大学付属柏高校
[得点]
0-1 52分 小島 聖矢(流通経済大学付属柏高校)


前にも書いたと思うけど、ユースを見ていていつも思うのは
「 決 勝 戦 を 経 験 し て ほ し い 」ってこと。
試合終了のホイッスルが鳴ったときに生まれた、あのコントラスト。
最少の得点差で、最大の「差」が生まれた。

あれを経験してほしいんですよ。
もちろん準決勝以下でもコントラストは生まれる。でも決勝戦こそ最大だもんな。


あの歓喜を経験し、自信をつけて「もう一度頂点を掴もう」と頑張れたり、
あの悔しさを経験し、さらなる努力を以て「次こそ頂点へ」と意欲を燃やす。


試合に勝ったのは流経大柏高で、負けたのは広島ユース。
でも、オレが思うに、

この勝利に慢心せずに、さらに成長してこそ真の勝者で、
この敗戦の悔しさを糧に、もっと成長してこそ真の勝者。



この試合メンバー全員が、この先で「勝者」になれますように。

|

テスト

てすと

|

トップページ | 2007年11月 »