« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

【他クラブ】味スタホーム側へ行ってきた

天気予報が雨っぽかったので、屋根のあるスタジアムへ行こうって決めて味スタへ。

『You'll Never Walk Alone』も騙し騙し歌えるようになりましたよ(笑)



ただ、掲げるタオマフは


TOYO』じゃなくて『TOYO』だがな!!!!!!


080330

 

 

 

 

 

色が似ているので、
 

080330_2  

 

 

 

 

こんな感じに紛れるけど、


080330_3  

 

 

 

 

実はカープぼうやが付いているwwwww



いやしかし、FC東京の10周年記念マフラーがおしゃれなので買ってみようかと。
東京のグッズはおしゃれですよね。いつも。グッズ売り場とか楽しいもん。



まー、スタジアムとか観客数とかサポの声の響き具合とか、


「J1っていいなぁ~」って


思ったわ。





試合は、FC東京 3 - 3 京 都 だったけど、試合が終了すると「トーキョー!トーキョー!」と
コールが起こり、試合後に『You'll Never Walk Alone』。去年は試合後に歌ったことはなかったって。
昇格組の京都にホームでドローでも、東京サポは城福東京への期待感があって、怪我人が
多くベストメンバーが組めない中で健闘していて、大竹洋平のようなフレッシュな選手も
出てきていることもあり、ポジティヴに受け止めてるらしい。

そういう風にサポも共通認識を持ってクラブ・選手をサポートしてるのに憧れますね。


うむ。
やっぱりサポも「今季はこんなふうにサポートして行こうぜ!」って共通認識を持つのは大事だな。
うちの場合は「とにかくJ1復帰」なんだが、そのためのサポート活動方針っつか。
サポも力を合わせて闘っていかないとJ2を勝ち抜くのは厳しいもんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

【広島】木村カエラの前世は広島人

木村カエラ姉さんの広島愛って、

広島で2番目に安くて美味いよね!!!



【Perfumeがついにテレフォンショッキング初出演】
http://natalie.mu/news/show/id/6252
明日3月27日(木)、フジテレビ系列「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングの
コーナーにPerfumeが初出演する。

これは本日26日に登場した木村カエラからの紹介を受けての出演。Perfumeの3人は
昨日もカエラと会っていたとのことで、電話を受けたあ~ちゃんは「昨日鯛焼きありがとう
ございましたー!」といつも通りのテンションでトーク。タモリからは「(Perfumeは)若い
お坊さんに人気がある」という意味深なコメントも飛び出していた。
====================================================================





『奥田民生』でありw


『カスタムメイド10.30』でありww


『 む さ し 』でありwww

>なんでこんなにおいしいんだろうか。。。



広島と縁があるし(東京出身じゃけど)、

広島好きよ、姉さんはきっとwwww



そしてついに『Perfume』をいいともに呼んでくれたよ!!!!!!


カエラ姉さんは『Perfume』をどこまで連れて行ってくれるん!!???(笑)



ありがとうカエラ姉さん!!!カープかつ贈っときますけー!!!


広島のいろいろを好きになってくれて、広島のいろいろを全国に紹介してくれて、
ほんまありがとー!!!!!

広島人として、姉さんに足を向けては寝られませんwwwwwww





こんなに広島のいろんなものを愛してくれるならついでにサンフ(ry


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

【トップ】勝ち点「1」を「1」で終わらせるな(第4節vs水戸@広島ビ)

3月23日(日) 2008 J2リーグ戦 第4節
広島 2-2 水戸 (16:04/広島ビ/6,677人)
得点者:55' 西野晃平(水戸)、67' 久保竜彦(広島)、79' 赤星貴文(水戸)、89' 森脇良太(広島)
============================================================

連勝は伸ばしたい、無失点も続けたい。でもそれより大事なのは「連勝が途切れそうに
なったとき、無失点が途絶えたときに選手がいかに闘い、サポがいかに闘うか?」だと思っていた。
そこに焦点を合わせれば、まずは選手とサポを労いたい。まずそれだわ。

この試合は下北沢TREBLEでの応援会に参加していたんだけど、85分くらいからはテレビ画面
に見えるB6に


あそこでオレも跳びたい!!!!!!!!!!


と、思いながら念を飛ばしていた。


テレビからでもサポーターの歌声はしっかりと聞こえたし、6600人が手をたたく音も
よく響いていた。
バモっているやつらは当然ずぶぬれ。座って手を叩いているひとだって、体を濡らしながら
手拍子してるわけだ。経験のあるひとは分かるだろうが、ポンチョを着ていたって手拍子を
すると袖から雨水が入ってきて手も腕も濡れてしまうんだ。

ピッチだけじゃなく、スタンドの過酷な状況も想像できていたからこそ試合後は



サ ポ ー タ ー 乙 !!!!!!!!!



と心から感謝した。勝ち点をもぎ取ったサポーターに最大の感謝。
ソースは2ちゃんとmixiではあるけど、メインスタンドでも手拍子が続き、ビッグアーチの
一体感が強まり、その雰囲気はすごかったらしい。

■森脇良太選手(DF24)
こんな大降りの雨の中、ずっと90分間、声を出し続けてくれたサポーターが
いるんだし、負けるわけにはいかない。そういう気持ちで頑張りました。
■佐藤寿人選手(FW11)
2点目をとられた時は、さすがにしんどかった。でも、サポーターの声援がすごくて…。
あれは本当に大きかったし、その声援に少しでもお返しできてよかったと思います。
(以上J'sGOAL http://www.jsgoal.jp/news/00062000/00062532.html
■青山敏弘選手(MF6)
サポーターの声援がすごくて、雨の中で本当に自分たちのサポートをしてくれました。
■槙野智章選手(DF5)
今日は、サポーターから元気をもらった試合でした。失点した後も自分たちを奮い立たせ
てくれた。勝ち点1はサポーターのおかげです。
(以上TSSサンフレッチェ広島 http://www.sanfrecce.co.jp/info/mobile.html




選手たちも分かってくれてる。みんなサポーターのことに触れてくれているし。
だから、いろいろ言いたいあれこれそれどれよりも、この試合、ビッグアーチで
サンフレッチェを応援したみんなに大大大感謝!!!!!!!!!!
(リンクの”あれこれそれどれ”は非常に大切なことが書かれているのでサポのひとはぜひ跳んでください)


さて、次の試合は、イリアンも洋次郎もいないアウェーの岐阜戦。
勝ち点3を獲り、また連勝をスタートさせよう!!!
あ、その前に来週はリーグ戦休みなので、去年から改善されていない問題、さらに出て
きている問題をしっかりクリアーしていかないとなw







あ、最後に・・・ふと思ったことだが・・・
試合後に肉マキカシ劇場が観たくて必死でバモったひとも6,677人のうち5人くらいは
いたんじゃなかろうかw
(肉マキカシ劇場:正しくは広島ビッグアーチ劇場?)



現地に行っていれば、間違いなくオレはその一人だwww

ま、それも最後まで闘うモチベーションになるんならいいじゃないかなwwwww


3、4年前くらいは敗戦濃厚になると応援やめてた  サポも多かったんだから。






この試合、サンフレッチェは引き分けだった。水戸相手に勝ち点「1」。連勝ストップ。
自滅とも言える引き分け。
でも、サポーターを含めた「サンフレッチェ広島」は大きな経験をしたと思うよ。

この勝ち点「1」を胸に刻みこみ、このシーズンを闘い抜こう。J1復帰を勝ち獲ろう。


経験は単なる思い出じゃない。
経験は自分の胸の中に残し、未来へ活かすための力だ。

この勝ち点「1」を「1」 で終わらせるか、それとも数字では語れない「広島サポーターの
大きな力」に増幅させられるか?

それは我々サポーターの”信念”によって決まる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

【トップ】試合後の楽しさを味わい続けるために(第3節vs湘南@平塚)

3月20日(木) 2008 J2リーグ戦 第3節
湘 南 0-2 広 島 (16:03/平塚/4,027人)
得点者:21' 森崎浩司(広島)、77' 槙野智章(広島)
============================================

風上に立った後半は押しまくった。
その戦いを楽しんでいるサポも多かったと思う。
でも、オレはかなりの心配症のびったれ野郎なので「1-0」の状況では”なにか”が
起これば同点という”じめ~っとした感覚”を持ちながらサポートしてたわ。小心者ですねwww
で、槙野のオーバーヘッドのゴールが決まってからは「槙野をヒーローにしたい。なんとか
無失点で勝利して槙野を心の底から喜ばせたい」と思ったらビクビクしてしょうがなかったw

ま、オレ個人がそんなびったれでも、広島サポは楽しくサポートしていたわけです。


2-0で勝っている試合の終盤、残り10分くらいだったと思うけど、相手のスローインに
なったときに「早く投げろーぼけー!」という感じの野次が飛んだ。
当然笑いが起こったw

そうwそこは、投げなくていいのであるwww


2-0でリードしていて、残り時間は10分程度。
スローインでも時間を遣って頂いて、リードしたまま時間が経てば
それでいいのであるwww

なんていう当たり前の判断能力を奪われるほど広島サポは楽しんでいたんだろう(笑)



ま、そこには文句はない。
「サッカーの応援が楽しい」ってことは重要だ。
こんな試合でもストイックに闘う気持ちは、サポーターのど真ん中の一部のサポが持っていれば
いいことだと、オレは思うので。




願うのはひとつ。

「勝つのって楽しいwww」

この試合でそう感じたひとは、この先のサンフレッチェがもし苦境に立たされたとしても
その楽しさを勝ち取るために一緒に闘って欲しい。

先制されて苦しい試合展開になっても、
ビハインドのまま残り時間が少なくなっても、
負けている状況でのロスタイムだって、

試合終了後に、勝利の楽しさを味わうために、どんな時でも闘って欲しい。


ゴール裏には、勝つのを楽しみに来る人も必要だが、それよりももっと必要なのは


”勝たせるために”そこに来る人だ。





・・・ま、3連勝中なので熱くてうざいいのはこのくらいにしときましょうかw

いまこんなこと言ってもしょーがないわww


苦しくなってきたらもっと暑苦しいことだらけになるから、このブログwww

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

【トップ】愛してねぇよ、まだ愛してない(第2節vs愛媛@広島ビ)

3月16日(日) 2008 J2リーグ戦 第2節
広 島 3-0 愛 媛 (14:04/広島ビ/17,250人)
得点者:23' 高萩洋次郎(広島)、74' 高萩洋次郎(広島)、89' 佐藤寿人(広島)
=================================================================

17,250人てwww
なになに?Perfumeでも来たんですか?ホーム開幕イベントで???
すげーな、J'sGOALのケータイサイトで観客動員を知って三ッ沢のメインスタンドで噴いたwww

観客がいっぱい入った試合ってあんまりポジティヴな印象がない(笑)
①いつも勝てない(この試合は勝ったけど)
②声を出すひとの割合が減り、声援が弱くなる(試合後はぶち出とったみたいじゃけどw
③試合終了後のビッグアーチはゴミだらけになる。


今日はこの③のことを書いてみるよ。
どのスタジアムでもゴミはある。でも、ビッグアーチは特にゴミが多いと思う。
オレが行くのがいつもアウェーだから?んー、でも首都圏のスタジアムに行っても
ビッグアーチみたいにゴミがゴミ箱を囲んでいるスタジアムは見たことないなー。

や、ゴミ箱にゴミを捨てるならまだいいけど、スタンドに忘れられたゴミがほんとに多い。
食べ物の残りとか、紙コップ。コンビニのビニール袋などなど。


サーファーが海・浜辺を汚さないのと同じでサポーターはスタジアムを汚さないはずなんだけどな。
サーファーにとっての海とサポーターにとってのホームスタジアムって同じ感覚でしょ?
自分たちのホームスタジアムは綺麗に使いたいじゃん。


去年、リーグ戦ホーム3勝という数字が示すとおり、
うちがホームで勝てないのは、
ビッグアーチへの愛情が足らんのだよ。

ゴミを置きっぱなしにして帰る人が多いから、
ビッグアーチがはぶてて、”ホームの力”を発揮して
くれんのんだって!!!!!



もっと愛そうぜ、ビッグアーチを!



たしかに ビッグアーチは遠いし、ピッチまでも遠いし、スタンドの傾斜も緩すぎるし、
帰りは混むし、屋根もないし、飲んで帰れないとかいろいろ問題はあるけど、
でも、せめて綺麗に使おうやー。
問題だらけのビッグアーチに「汚い」という問題をオレらが付け加えんでもいいじゃんか(笑)

クラブ側にもやってもらうことはあるけど、ひとりひとりがゴミをゴミ箱に捨てたり、
車で来ているひとはゴミを持ち帰ってもらってもいいと思うけどな。



愛媛戦ではサポのひとたちがクリーンサポ活動を行ってくれたみたい。
でも、聞いた話だとその活動も大変だったみたい…。

かなりのゴミが置きっぱなしで、捨てるの大変だったって。


もしかして、

「ゴミ拾いしてくれる人たちがいるから、ゴミはここに置いとけばいいよね♪」

なんて誤解されてんじゃないだろーか?????


そう思われてるんだったらなんのための告知なのかってことになるよね。
ホームスタジアムを愛し、自分たちのホームだからこそ自らの手でゴミを拾い集め、
綺麗にしてるんだっていう想い
が伝わらんと効果はないんだろうな…。

試合後に何十分もゴミ拾いに時間は使えない。
でもひとり数十秒で自分がいたまわりのゴミを拾って帰ればそれで済むことなんだけどなー。


今年は、クラブも選手もサポーターも成長する1年にしたいし、このゴミ問題についても
1年かかってでも改善していきたいですね。



LOVE BA!!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

【サポ】三ッ沢で思ったこと。

080316fc




 

 

草津戦でなんとなく分かったJ2が、メインスタンドから客観的に観ることで
また少しずつ分かってきた。


J2、シュートが枠に飛ばんしwww



素早くプレスに行かんでも、相手が外してくれるんじゃもん!

J1ならプレスに行かないと決められちゃう。決められないにしても枠に行く。
それがCKになったり、弾いたボールを押し込まれたりってことになるんじゃけどねー。


なんてw
うちもそんなJ2なんだがなwww


去年、プレスに行けずに軽々とミドルを叩きこまれてた広島がJ2に慣れちゃったら
いつまで経っても上に行かれんな、と思った。これはいかんよ!


サポ的に考えてみても、危険なシュートを撃たれた瞬間にチャントを止めてしまっても
枠を外してくれるなんていう環境でサッカーしてたらサポも成長できんな。うむー。



シュート撃たれた瞬間にチャントが止まってるとか、広島はよくあるからなぁ・・・。
声で闘えてないっつー問題。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

【サポ】声の出しどころ

J1浦和-名古屋を観た。
今節もうまくいかない浦和が0-2で敗北。

前半14分での1失点目はヨンセンのヘッド。
でも、この失点のあとの浦和サポが唄うチャントがキックオフ時より大きかったんよねー。

失点したからこそ、選手を元気づけるための声を出せるサポを増やしたいね!
その声は、声を失いかけたサポをも元気づけることにもなるんだし!



と、こんなことを考えていたのに…2失点目のあと、

テレビに映った茫然と立ち尽くす浦和サポ。すでに手を叩き唄い始めているサポも
いるのに苦い顔をしたまま突っ立っている浦和サポがちらほら。
浦和のゴール裏も細かく見るとこんなもんなんだなって思った。
0-2になったくらいで、そんな顔してちゃ勝たせられるわけがない。
声を出せば勝てるわけじゃないけど、声を出さずに選手に力を与えられるかっつの。
そこ、ゴール裏ですよ?

まー、浦和のことは知ったこっちゃないし、浦和サポのひとも広島サポからこんなこと言われたくないだろうけど。



オレらが今季闘っているのは、負けの許されない42試合。
たったひとつの失点で闘う力を弱めている暇なんかない。悲しんでる時間なんかない。
愚痴るならば試合後。文句いうのも精一杯のサポートをやりきってから。
クルバのサポーターなら失点した次の瞬間には、ゴールを奪うための行動を起こしてないといけない。
そこにいるってことは、勝つのを観に来ているんじゃないだろ?
勝たせるためにそこに立っているんだろ?

選手も強くならんといけんけど、サポも強くならんと勝ち抜けん。
勝たせるためにどういうサポートをするべきか?
それを考えながら闘っていこう!!!






あー、しかしヨンセンのゴールはうまかったなー。
後ろから来たDFを右手でブロックしてるように見えけど。
もともと動き出しからヨンセンが勝ってはいたけど、2人のタイミングが微妙だとあの右手が
勝敗を分けていたのかも?


うちの選手にもああいうの身につけて欲しいなぁ…


寿人?

いや、できればいいけど、


りゅう?

うむ、まー、いずれね。



つか、その2人じゃなくて、、、





そ こ は 槙 野(10ゴール) で す よ wwwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

【サポ】発信が大切ですよ。

コアサポと呼ばれるひとたちが、ライトなサポから” ネ ッ ト 上 で ”叩かれたり、
文句言われたりするのは、いくつか理由があると思うのですよ。

そのひとつは「コアサポからの発信が少ない」ことがあると思う。
コアサポって、スタジアムで、自分らだけ紫じゃない格好をして、自己満足な応援を
していて、見た目怖くてちょっと近寄り難いひとたち…みたいな印象なんだろうね。


たとえばB6なんかは、応援の中心にいながら、紫じゃない格好をしているひとがいる。
そもそも応援と言っても、他者から認められない限りは自己満足なもんだ。
で、ちょっと近寄りがたいってwwwたしかに否定できない風貌なひともいるwww

見た感じで、理解されにくいもんで、その行動の意図も、ライトなサポには伝わりにくいことも
あるだろうことは想像が付く。


そういう現状なんだから「オレたちは、こういう気持ち・考えでサポートしていますよ!」という
情報発信を増やしたほうがいいと思うんだよなー。
これはサポグループだけじゃなくて、B6やゴール裏の真ん中に近ければ近い人ほど。スタジアムで
存在や行動が目に留まりやすい人ほど。

「何を考えているのか分からない人が、何を考えてるのか分からない行動を取られる」のって、周りの人からしたらいやなもんなんだよ、やっぱり。



なんてことをオフの間に考えたりしてたら、最近INFSのブログの更新が多くて、彼らの考えも
発信されている。

サポグループのひとっていうと、一般のサポとは違うひとみたいなとらえ方をされてることが
あるかもしれんけど、サンフレッチェが好きで、サンフレッチェを勝たせたくて行動を起こしているのはライトなサポと同じ。
その行動に違いはあるかもしれんけど。


こういうコアっつか、サポグループのひとたちの発信を受けて、いっしょにサンフレッチェを
盛り上げていくといいと思う。
サポグループのひとたちも「応援を広げたい」と思ってるみたいだし。
みんながひとりひとりできることを増やして、行動していけば、J2の1年だって成長できると
思うんよねー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【ニュース】検索ワードがこんななのでw

「柏木陽介」 「ジャンク」 「槙野智章」

「放送日」 「ジャンクSPORTS」 




このブログの検索ワードでこういうのがいっぱいあるんすよw


だからちゃんと改めて書いておかないとねwww



陽介が出演する『ジャンクSPORTS』(フジテレビ)は

3月16日(日)19:58~です☆






検索ワード・フレーズって結構おもしろいけど、


「槙野 サンフレッチェ 喋る」

「口のスーパースター」




とかウケルwww




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

【ユース】敷島にユースがいっぱい

いい写真だなぁ~。
【平繁 果敢に初ゴール】(中国新聞)
http://www.chugoku-np.co.jp/Sanfre/Ss200803090341.html

080309_2  

 

 

 

 

 

 

 

ゴールを決めたりゅうと、かぶさってくる森脇と洋次郎。
また森脇が一番かよ!!!槙野はどうしたんだ!!!w
録画を見れてないので槙野がどうだったか未確認っす。

つか、ユースだらけなんよね。この試合。
浩司はちょっと先輩だけど、
高萩洋次郎、森脇良太、槙野智章、平繁龍一と藤井大輔(草津)っていっぱいいるー。
洋次郎は高校2年でトップ昇格したのだが、残りの4人は2004年の高円宮杯優勝メンバー(てゆかスタメン)。
これに高柳一誠や佐藤昭大までピッチに立っていたらすごいことだよw

ユース好きにはこれだけで嬉しいのに、りゅうがゴールまで決めちゃうんだもんなー。
この試合、群馬に遠征に来ていた広島ユースが観戦してたんすよ。
メインスタンドにずらーっと並んで座ってたわ。
後輩仔熊の前で、いいとこ見せたね、りゅう♪

TSSケータイサイトによると、セットプレー時には藤井くんが槙野のマークについて
『「おまえには絶対やらせない」とか言って、やたらと引っ張ってくるんです(笑)』だったとかw


森脇にしても、洋次郎にしても、もっともっとできると思うんよね。
洋次郎もあそこでシュート打たんてwww
一誠・くわしん、そして陽介が同時にピッチに立つ日は今年のうちにあるかもしれんよな。


あ、槙野槙野!槙野を忘れるとこだったwww
槙野は相手の選手からかなりガツガツやられていて、サポの目の前で悪質なファールを
受けた時はサポがフェンスまで雪崩て大ブーイングだったもんな。
通常のブーイングじゃなかったもん。あの瞬間まじ殺気立って空気が変わったのが分かった。
気づいたらオレの親指は下を向いていたw
サポになって初めてじゃないかなそんなことしたの!??
いくらブーイングするにしても、そこまではせんとこうって思っていたので。
でもその自分の行為と、広島サポの殺気を感じつつ、「槙野愛されているよ槙野!!!」とも思ったw
さすがミスターサンフレッチェ(仮)wサポーターも槙野を「ミスター」へ育てるべくサポートしていますwww


そういえば『サッカーai』に槙野と青山隼くん(名古屋)の対談記事があったな。
男には手に取りにくいサッカー雑誌だが、恥ずかしがらずに読んでみるといいよwww
http://ai.nikkansports.com/archives/2008/03/aihero_check084.html


試合後にバス待ちをして、ゲーフラを掲げてみたんじゃけど、槙野気づいて親指を立てて
「ぐー!」って決めてくれたぞwww

『今年はオレの時代@槙野祭』

みたいな感じでwww
さて、愛媛戦はビッグアーチで槙野祭。
その次は平塚で槙野祭開催予定っす♪


あ、ユースの話だったのにまた槙野の話になっちゃったwwwww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【トップ】勝利体験をしてサポ成長!(第1節vs草津@群馬陸)

080309  

 

 

 

 

3月9日(日) 2008 J2リーグ戦 第1節
草 津 0-2 広 島(13:04/群馬陸/6,974人)
得点者:44' 青山敏弘(広島)、71' 平繁龍一(広島)
============================================

喜べんわー、Jリーグ2部。

あおのゴールが決まって、『グランデ!ヴィオラ!広島!!!』っつっても、
試合の内容を観てれば「(え?この程度で?)」って思うのが正直なところ。
もちろん、サポートの空気を創っていくのにコールリーダーがそれを出したならオレはついていくけど。
試合後に『LA Hiroshima』を唄ってみても、無理やりな感じなんよね、オレ個人的には。


…しかしまー、そんなこと思いつつもおもくそ嬉しそうに跳びはねてたのは、まーなんだ
かんだあと41試合はオレたちが戦う場所はJ2なわけで、この1年の間にサポもどれだけ
成長できるかだから。
この試合、前橋まで駆け付けたサポーターと勝利を喜ぶことで、次の試合へポジティヴに進める
んだし、ここで初めてサンフレッチェを体感したひとに勝利を楽しんでもらいたいっていう気持ちも
あって、なんか引っかかる感情はひとまず置いといて率先して騒いでみました(笑)


でも、考え方を変えてみると、
仮にJ1復帰できるとするならば20数勝することになるわけで、去年(のリーグ戦)ホーム3勝、
アウェイ5勝ってのと比べれば勝利体験できる回数は多いはず。
それだけ勝てる保証なんかはないけど、広島サポのみんなが「自分が応援して勝った」と
いう体験を数多くすることで、サポーターとしての成長があると思うので。


「勝つ=喜び」なのは誰でも同じ。

「勝ちたい=喜びたい」というのも誰だってそう。

これが、

「勝って喜びたいから選手と共に闘う!」

と思うようになってこそ、サポらしい考え方だと思う。



勝利を積み重ねる過程で、そういう気持ちで闘えるサポーターを増やす1年にしていきたいなと
思うのですよ。
サポーターが成長してこそこの1年に意味を創れる


さー、みんなで一緒にがんば…



って、


なんかやっぱり無理やりだな、この記事もwww



オレもなんかまだエンジンかかってないわwwwww

湘南戦までに上げていきま~す。




ホーム開幕の愛媛戦は下北沢TREBLEでの応援会に行くか、三ッ沢へ行って横浜FCvs湘南を
観ようかなーとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

【トップ】ゼロックス杯 鹿島-広島@国立①

翌日が引っ越しのため、せっかくカップを獲ったのに仲間と祝杯をあげられず…
荷造りを諦めた、23:30ころ缶ビールで乾杯しましたw
ま、なんとか引っ越しもある程度完了。今月から「”北”関東サポ」としてがんばりますよー。

完全に乗り遅れてゼロックススーパー杯のお話w
いくつかのネタを順番ばらばらで。
===================================================================
3月1日(土) 2008 ゼロックススーパーカップ
鹿 島 2(3PK4)2 広 島 (13:35/国立/27,245人)
得点者:49' 本山雅志(鹿島)、52' 野沢拓也(鹿島)、80' 久保竜彦(広島)、85' 佐藤寿人(広島)
===================================================================

■槙 野、まさかの敗北!!!
「敗北」ってなに?ってかこの写真だってば!(asahi.com)
http://www.asahi.com/sports/fb/TKY200803010194.html
5asahicom080301  

 

 

 

 

「ゴールを決めた選手に駆け寄る速さはワールドクラス」の槙野が森脇に負けている!!!
槙野が寿人に抱きつくその前に、すでに森脇が”両手で”寿人を捉えている!!!
実は、07年シーズンの槙野が試合に出ていた時間でのゴールシーンをDVDで見返したら、
ほとんど(特にシーズン終盤)のゴールシーンで槙野が一番にゴールした選手に駆けつけ
ているのだが。天皇杯G大阪戦では、寿人がゴールを決めたシュートを打った瞬間はセンター
サークルにいた槙野がおよそ8.9秒で53.5m(推定)の距離を猛ダッシュして寿人に跳び
かかっているのだが。
森脇良太…彼のスピードについても検証する必要がある。
そういえば、「槙野くん、森脇くんが帰ってきてよかったね!喋り相手にもなるし」と、話を
振ったら『そうなんすよ。ボクが話すのを抑えないといけないくらいですから(笑)』と言っていた。
この2人の争いはまだ始まったばかりだw

ピ ッ チ 内 外 で www



■これがひとつ目だ。
イリアン・ストヤノフのコメント&写真(J'sGOAL)
http://www.jsgoal.jp/photo/00031100/00031199.html
>8月に加入した時、私は『サンフレッチェがカップをとるために、やってきた』と言った。
>これが1つめだ。
Jsgoal080301_3 

 

 

 

 

 

いりあん、カコイイ!!!!!
去年、千葉戦@BAからの復路夜バスで千葉サポさんと隣の席になって、いりあんの話を
したのだが、そのひとがいりあんに惚れこんでいるのが分かってくるコメントだな!


■井上陽水奥田民生久保竜彦
オレは2003年からのサポなので、サンフレッチェの久保竜彦を応援したのはこの試合が初めて。
これまで生で観た久保は、日本代表として活躍する久保だったり、日産スタジアムで広島を
襲う久保だったり、天皇杯で仙台を蹴散らす久保だったり、そして東戸塚でひとり黙々と
トレーニングする久保だったんじゃけど。
そんなオレが言うと、久保ヲタのひとから「おまえに何が分かるw」と言われるかもしれん
けど『久保はいるだけでいい』という言葉の意味が分かった気がするわ。
写真(J'sGOAL)
http://www.jsgoal.jp/photo/00031200/00031205.html
Jsgoal080301_2  

 

 

 

  

 

久保がピッチに入ると鹿島GK曽ヶ端がなんかおかしくなったし、寿人のゴールも久保の
働きがあってこそ。ボールの扱いもうまいし、DFラインとの駆け引きを観るのも楽しかった。
「ありがとう」の意味を込めた背番号『39』だけど、今シーズン終了後にオレらのほうから
最大の「ありがとう」を久保に贈れたらいいな。そうなるようにがんばろう!
久保のチャントはほんともうこれをチャント風にアレンジしてwww



【トップ】ゼロックス杯 鹿島-広島@国立② へ続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

【トップ】確かな一歩を踏み出すべく

降格が決まったあと考えとったんじゃけど、リーグ開幕前にプレシーズンマッチを1試合やりたいと。

「自爆」と表現されるべき、サポーターの多くが「悲しさ」よりも「怒り」を覚えた降格。
そのあとに、J2で戦う現実を受け入れて、チームとサポがひとつになって闘っていくために『よっしゃ、腹くくったわ。1年みんなでがんばろーで!』となれる機会が欲しかった。

幸せなことに天皇杯決勝の舞台ががそういう意味合いを少し持たせてくれたと思うけど。


チームとサポの関係が明らかに悪かった柏も『ちばぎんカップ』をターニングポイントにしてJ1昇格へ歩み始めたんだし。
柏のどの選手だったかは忘れたけど、千葉に負けてサポに挨拶行く時、ブーイングを受けると思ってたら『今日みたいな感じで1年闘っていこうぜ!』とサポから言われ、そこでひとつになれる気がしたと。
その後の柏は知られてるとおり。


今日の広島は、厳しい戦いになるだろうけど、ただJ1復帰に向けてチームとサポがひとつになり、確かな一歩を踏み出せる試合にしたい。


勝利でも敗北でも、3000万円でも2000万円でも、上に立てても下から見上げることになっても、希望は『J1復帰のための確かな一歩』ただこれを踏み出すこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »