« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

【サポ】広島から水戸戦参戦計画を練る。

広島からだと遠い遠い水戸への参戦方法を考えてみた。
つか、水戸の翌々週にはさらに遠い山形だがなwほんとはそっちのが大変www


水戸戦は6月21日(土)13:00キックオフ@笠松

これで参戦プラン(仮)を立ててみると、

広島6:15→(リムジンバス)→7:00広島空港7:35→(ANA672便)→8:50羽田空港第二9:23→(東京モノレール)→9:42浜松町9:51→(JR京浜東北線)10:04→JR上野10:30→(フレッシュひたち17号自由席)→11:46JR水戸→(シャトルバス)→笠松運動公園陸上競技場


この往路だけで20,380円。

復路は22,380円。合計42,760円www

こんな遠征だれがするかー!!!(笑)


と、いうわけで、貧乏遠征しましょう♪

この夜バスですよw

広島駅新幹線口20:00→(夜バス)→8:30東京駅・・・

木曜日に夜更かしして自分を睡眠不足の状態にしておいて、金曜の夜は
バスの中で爆睡w起きたら東京ですwww


で、東京からは・・・


【関東発】水戸戦バスツアー【2台目編成】
http://www.sanfrecce.org/archives/2008/05/621.html


これですwww

【行程】
6月21日(土)
東京駅丸の内口 日本工業倶楽部ビル横 09:15集合 出発 09:30===(首都高速・常磐道)===11:30 笠松運動公園陸上競技場(13:00キックオフ) 15:45 出発===(常磐道・首都高速)===17:45頃 東京駅


これなら

往路夜バス(7,500円)
バスツアー(4,000円)
復路夜バス(7,500円)
合計 19,000円



ありかもー♪
関東発バスツアーって、いつも広島や関西方面から参加される方はいるし、今回も
数名いらっしゃるんじゃないかとw


そうかー。じゃ、自分も参加で ノシ ってひとがいてくれたらいいけど、
水戸戦(笠松)に魅力がないと、遠征するモチベーションにならんわな。

笠松は鳥栖スタじゃないからなー。


あ、でも水戸戦終わって帰ってきたら、バス出発まで時間もあるし下北沢のTREBLE
でも行くっていいじゃーん♪


いや、まーこんな遠征方法もありますよって話。
聞いてみたら残りは9席らしいwww

いそげーwww






遠征の所要時間・所要金額は「サン欠ブログ調べ」です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

【サポ】タオマフまわし

コーナーキックの時にタオマフを回そう!!!って始めたのは2003年9月23日の新潟戦

なのだが、去年のいつごろからだったか「選手入場時」にもタオマフ回すとかいう話あったよね?
その話って最近聞かんけどどうなったんじゃろ?
『smoke on the water』のテンポが速くなったとこからビュンビュン回す。
実際、回しているひともいるけど、回すひともいれば回さない人もいる、まったくのバラバラなんよね。


タオマフを回すって、タオマフ1本あれば誰でも簡単に参加できて、ビジュアル効果もある
応援方法だと思う。「スタジアムが紫に染まる」ということが選手のモチベーションを高める
なら、サポーターはスタジアムを紫に染めることをどんどん実践すべきだと思う。


現状は、「このタイミングでタオマフ回そうぜ!」とか呼びかけが足らんのだと思うんよね。
これはサポグループの人が試合前に前説をやって、サポーターに呼びかければいいと
思うし、個サポはそれに応えればいいし、タオマフ回しのタイミングを知らない人には教えて
あげればいい。

なにより、現状の回すひとがいて回さないひとが
いてっていうバラバラ感がすごくもったいない。


せっかくB6にひとは増えてきたのに。
回すなら回すでビッグアーチみんながやった方が、ビジュアルもいいし、ホームの雰囲気
出るし、サポーターも応援に”参加した”っていう感覚を持てる。

いま、サポグループのひとたちが「選手入場時のタオマフ回し」を推進しようとしてるのか
やめようとしてるのか伝わってこんし、分からんのんじゃけど、ボクはそのタイミングで
回すのはいい応援方法だと思うんよね。

応援はこうしなきゃいけないってことじゃなくて、こんな風にするといいよねって話。













| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

【トップ】劇場は勝利への激情(第16節vs草津戦@広島ビ)

この試合のことっつか、試合後の”劇場”のほう。
B6にひとが増えたのも劇場効果があるんだろうなーって思うわ。

…で?

============================================================================
5月25日(日) 2008 J2リーグ戦 第16節
広 島 1-0 草 津 (16:04/広島ビ/9,357人)
得点者:44' 槙野智章(広島)
============================================================================


今季から森脇良太が復帰して、柏木陽介と合わせ3人での劇場になったんだけど、
ホーム開幕の愛媛戦からC大阪戦、山形戦、横浜FC戦、草津戦と大盛り上がり(自分は
このうち2試合しか現地で体験してないけど)。彼らの呼びかけに応えるサポの声が山に
こだまするのを聞くとほんとテンション上がりますwww

サポの一体感が創出され、サポみんなが声を出す。そしてしっかりと楽しみ、「また来よう」と
思って帰路に着く。サポの中には「劇場を観たいから応援をがんばる」ってひともすでに
生まれてるんじゃないかと想像させるよね(笑)

や、それ正しいよ!!!!!w


これねー、サポグループや志あるサポーターたちが目指して行動してきたけどできなかった
ことよね?
(その人らの全てが目指したものじゃないかもしれんけど)

サポを盛り上げて熱くして厚くしてリピーターにするのは、選手だけじゃなくてサポの役目でも
あるとボクは思ってる。でも、選手がB6へやってきて、テンション高く呼びかけたらあっちゅ
ーまにこんな状態になっっちゃったwww


最初は劇場を楽しみつつも「選手主導ででB6を盛り上げる(≒盛り上げてもらう)なんて、
サポとして恥ずかしいことでもあるよな」って思った。
でも、これはこれで”肉マキカシ”の3人に乗っかって盛り上げればいいってことと割り切った。
実際、槙野がチャントを起こすのはサポグループに振っているし、トラメガとお立ち台は
もちろん「かぶり物」なんかもサポグループの仕込みw
槙野はYoutubeでサポ動画を漁って、仙台の『ロペスダンス』をパクってきた(←仮説ですwww)
選手とサポが一緒になってB6をビッグアーチを盛り上げる。いいじゃん。まずはこれで
いいじゃん。


さて、選手とサポグループがいろいろやってくれてるんだから、個人サポ(=個サポ)もそれに
乗っかって、盛り上げに協力するのはもちろんのこと、応援もがんばろうぜ!!!

肉マキカシの3人だって、劇場をやることが目的なんじゃなくて、『劇場をやることでサンフレッチェ
を楽しんでもらって、ビッグアーチに足を運んでもらって、共に闘ってもらって、J1復帰を
勝ち取りるんだ』って意図だと思うから。


これはボク個人の考えだけど、劇場を目の前で観れるB6は「楽しむ場所」じゃない。
「楽しくなるために”闘う”場所」だと思ってる。
楽しくなるために闘って、それが報われれば思いっきり楽しむ。そういう場所だよなと。

劇場効果で、増えたサポーターを巻き込んで一緒に声を出して、一緒に手を叩いて、
一緒に跳びはねて、ゴールが決まればハイタッチ!勝利のホイッスルが鳴れば健闘を
たたえ合い握手。で、そのあとメインイベント(?)の劇場ってことで(笑)


あー、ビッグアーチ行きたいー。



(ビッグアーチへ行けないひとへ)
肉マキカシ劇場を観るには…
・スカパーでは試合後に劇場を流してるので、そこで楽しめますよ!
広島公式HPでも劇場の動画がupされます。サンフレッチェクラブ会員ならロングバージョンも観れます。
・mixiに【肉マキカシ劇場】コミュニティがあり、動画をYoutubeにupしてくれたネ申なひとが
 いたときはその動画を貼っておりますのでー。URLはhttp://mixi.jp/view_community.pl?id=3194103






あ、言い忘れた。




タイトル、早野乙。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

【サポ】小さなことからこつこつと。

INFSさんからB6での応援についてこんなお願い。

【明日から第2クール&お願い事項】(INFS-Weblog)
http://infs.jugem.jp/?eid=38

ここに共に闘う仲間が集まり、強く熱い気持ちでサンフレッチェを後押ししていこう!
そのためにできるひとつのことって、こういう小さなことからなんよね♪

みんなもっともっとあーつーまーれー☆





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

【トップ】 罪 と 罰 (第15節vs横浜FC@広島ビ)

落ちてきてごめんなさい。
謝っても許されないんだけど、ごめんなさい。

=================================================
5月21日(水) 2008 J2リーグ戦 第15節
広 島 1-0 横浜FC(19:04/広島ビ/6,954人)
得点者:85' 平繁龍一(広島)
=================================================

広島は、日本代表経験選手・年代別代表経験選手を揃える選手層の厚さを持ち、J2の
他のクラブと比べれば年間予算だって桁が違うところもある。クラブの歴史だってあるし、
「格が違う」と言われれば確かにそうなんだと思う。
(参考)
・今季のJ2クラブの平均年間予算は10億2000万円くらい(岐阜・熊本を除く)。
・広島は27億6500万円で、今季J2クラブでは最高。
・年間予算が一番低いのは水戸(3億3800万円)。広島の1/7。

(資料は2006年なので、甲府・C大阪・広島・福岡は当時J1所属)
http://www.j-league.or.jp/aboutj/jclub/2006-7/pdf/club2007.pdf
日本代表経験選手には、下田崇・戸田和幸・久保竜彦・佐藤寿人がいて、年代別代表経験選手は
森崎和幸・森崎浩司、青山敏弘・柏木陽介・高柳一誠・高萩洋次郎・槙野智章・平繁龍一ほかいっぱい…



お金の話だけじゃなくて、鳥栖戦で分かってきたように、J2上位ですら自分たちのサッカーを
捨てて対応してくるほど戦力や戦術にも「差」があると見られているわけ。
都並監督の「選手層も含め、J1のチームだな、と思います」というコメントもそれを示して
いる。

サポの方から見ても、
おそらく、(昇格を本気で狙っている)J2クラブのサポからすれば、

広島がJ2にいることは迷惑

なんだと思う。昇格の1枠は広島が持っていく可能性が高いということで。

つかね、広島がJ2にいることは「 罪 」だと。
ボクは「広島は強い、別格だ」などと思っているわけじゃなくて、薄い選手層で億も1桁の
年間予算でこのJ2を闘っている他のクラブに失礼だ、という風に思ってる。
それだけの力を持ちながら


「 楽 観 」 と 「 怠 慢 」によりJ2に落ちてきて、


それでもJ2では上位で戦えるから勝ち点を稼ぎまくる。
広島はJ2荒らし。なんか申し訳ないね。




とか思ってたら、「罪」にはやはり「 罰 」が与えられるもので。やっぱりね。

ひとまわりする前から相手チームはこぞって広島に罰を与え始めた。


サッカーさせてもらえません・・・


守備を重視した闘い方で広島のやりたいことを邪魔することを選択。
この先は2003年と同じようにガチガチに守備を固められて、山形戦や仙台戦や鳥栖戦や
この横浜FC戦のような試合ばっかりになるだろう。

あー、しんど。
攻めて攻めて攻めて攻めて。
守られ守られ守られ守られて。
ポコンと一発決められるってのがJ2。
ほんと強い気持ち持って闘わんといけんね。

これまでの14試合以上に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

【トップ】鳥栖戦でさらにJ2が分かってきた

鳥栖戦で「やけにボール回せるなー」って思ったけど、つまりは鳥栖が前から来なかった
っつーこと。

ただ、上位にいる鳥栖(広島戦の前まで6勝3分3敗:勝ち点21,1.61/1試合)ですら普段の
戦い方をしてこないで「広島に対応してくる」んだなーと思ったことでJ2がさらに見えてきた。


うちが勝てるか負けるかを考えるにも、広島以外との対戦成績は関係ない。
そのチームが「広島対策」を成功できるか失敗するかだわ。


甲府は広島戦の前まで△△●△△○●(1勝4分2敗:勝ち点7,1.00/1試合)だったのに、
「イリアン封じ」によって広島に今季初黒星をつけた。
絶不調のどん底だったけど、広島にはきっちり対応し、勝利できた甲府と、上位をキープ
してきたけど、広島対策に失敗して今季ホーム1敗目を喫した鳥栖。

そういうことじゃないかなーと。



「カズの復帰」や「3-6-1」で、「イリアン封じ」は効力を失ったけど、他クラブはまた新たな
「広島対策」をしてくるんだろうなー。


その対策を破れなければ、うちにとっては敗戦なわけだ。

おそらく広島には1試合で勝とうとは思ってなくて、第1クールで広島の力量を測って、
第2・3クールで勝ち点を奪いにくるんだろうな。



そういうの、ぶち破っていかんといけんな。

そういうの、ぶち破っていく力を身に付けていかんと、J1上位には行かれんよね。


これが分かったからって、サポにできることってそんなにないんじゃけど、この意識は
持っておこうと思うわけですよ、ええ。











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

【トップ】喜びは想い入れに比例します(第14節vs鳥栖@鳥栖スタ)

「Jリーグなんか選手がヘタクソで観てられない。」
なんて言いながら海外サッカーしか観ないひとは、それでいいと思うんですよ。
だって、プレミアとかセリエAとかすげーもん。
別次元じゃん。技術があるから巧いだけじゃなくて速い。まじ速い。
そういうサッカーを観たい人なら、Jリーグじゃなくてもいいと。

===============================================
5月17日(土) 2008 J2リーグ戦 第14節
鳥 栖 0-1 広 島 (13:03/鳥栖ス/7,897人)
得点者:75' 佐藤寿人(広島)
===============================================

開幕戦で『勝っても喜べんわー』的なことを言ってたのだが。
いや、ゴールが決まった瞬間ってやっぱり嬉しい。ドローすら敗戦、昇格を逃すのは死に
等しいと思って闘ってるので、嬉しいっていうか


「 命 救 わ れ た ・・・ 」


くらいの気持ちになる。まじでw
自分、気ぃ弱いしw超ネガティヴやしwww


この試合も跳んで跳んで声出して声出して、体力的にも厳しかったのでゴールが決まったら
へたり込むかもーって弱気になっていたけど…でも75分、寿人のゴールが決まった瞬間
に雪崩ったwww
自分の意に反して体が弾けて、前方のフェンスまで飛びついたもんwww


やっぱりね、サポにとってサッカーは巧さや速さ、技術じゃないと。
いや、それも必要じゃけど、それは二次的三次的なものだなと思う。


愛するクラブ、愛する選手と共に闘い、
過酷な日程、過酷な試合環境を共にして、
「オレが勝たせてやる」と本気で思って100%でバモって、
それでゴールが決まったときのテンションって、そりゃ沸点超えます。
サポにとって重要なのは「想い」ですね。気持ち気持ち。


たとえばボクが、プレミアリーグのものすごいスピードでものすごいコンビネーションで
ものすごいテクニックで決まったゴールシーンを観てもそんなテンションあがらんもん。
テレビで観てるのと現地で観ている違いじゃなくて。

そこに想い入れがあるかどうかで、そこにどれくらいの想い入れがあるかどうかでその
感動、そのテンションは異なると思う。
だからJリーグのどのクラブにも想い入れがないひとで、巧いサッカーが観たいなら、そういう
ひとは海外サッカーを観てくれればいいと思う。

逆に、想い入れがあるひとは、サンフレッチェに想い入れがあるひとはもっともっとその
想いを強く大きくして欲しいなーって思う。その想いを今より強く大きくして、ゴールや勝利
のときの喜びも興奮もどデカくしよう。サンフレッチェのサポをやるなら同じ1勝でもできる
だけ大きく喜んだほうが幸福ですw


想い入れがあってこそ、幸せになれるですよ。ええ。







ここから蛇足w

まー、ボクはJ2だと喜びも少し控え目になってしまうのが正直なところではあるけど。
Jリーグ19位で満足するつもりなんかさらっさらないので。


ちなみにボクは海外のサッカーはほとんど観ないのですが、ミランの試合でインザーギが
ゴールを決めても



「うおー!!!寿人みたいじゃーーー!!!!!」



って喜ぶような広島サポですwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

【サポ】対戦相手を憎み恨むことがより良いサポートになるのか

カテゴリーは【他クラブ】じゃなくて【サポ】として。


【埼スタ無法地帯!サポーター大暴動】(スポニチ)
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2008/05/18/01.html
【5/17浦和レッズ対ガンバ大阪@埼スタの試合について】(G大阪公式)
http://www.gamba-osaka.net/news/newsrelease.php
【17日(土)ガンバ大阪戦での出来事について】(浦和公式)
http://www.urawa-reds.co.jp/tools/page_store/news_3957.html



この話を受けて記事タイトルのことを考えてみた。
G大阪サポの行為の中に浦和(サポもクラブも両方)に対する憎しみがあるんじゃないかと。

でも憎しみってサポートになるんかなー?
憎しみの気持ちを正しくサポートの力に変えるならそれもありかもしれんけど。

ただ、オレは対戦相手に「憎しみ」はないけどね。
例えば、浦和に対する嫌悪感はある。

でも敬意もあるよ。


サポーターってのは、相手を憎むことや罵倒することでしかモチベーション・闘争心を
高められないもの?
時にはあるけど、それだけじゃいかんと思う。

憎むってか、「あいつらよりもオレたちのほうが絶対強い!圧倒してやりたい!!!」と
腹に据えて闘えばそれでいいんじゃないかなー?
オレはそうすることでモチベーションや闘争心は高められるので。
つか、モチベーションや闘争心の高め方って、オレの中ではそれだけじゃなくて5つや6つは
あるけどなー。いやもっとあるか。


あ、でも、そもそもこの件のG大阪サポのひとは「モチベーションや闘争心」を高めるため
にあんなことやったんじゃなくて、「楽しい」からやったんだろうな。もともと「勝利のため」に
やったことじゃないんだから言及する必要はないねー。


このニュースをもとにこんなこと書いてるオレが空気読めてないってことよね。
あーそうか。そうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月17日 (土)

【トップ】ホーム力vsアウェイ力(vs鳥栖@鳥栖スタ)

ホーム負けなしの鳥栖とアウェイ負けなしの広島。
広島のアウェイ力が試されます(`・ω・´)!!!


【戦績比較】
●鳥栖(ホーム成績)
4勝2分0敗(勝点14)得9失3差+6

○広島(アウェイ成績)
5勝1分0敗(勝点16)得14失3差+11


データで見れば勝っとる。

けど、データじゃなくて鳥栖にホームでの今季初敗戦を味あわせてこそ「勝った」と言える。

ま、なにが言いたいかって、
「相手はホームでいい戦績をあげているチーム。気を緩めず闘おう!」

てことです。


鳥栖は鳥栖のサッカーで挑んでくるらしいので、それこそ広島のアウェイ力が発揮しやすいんじゃん!守りを固められた方がきつくなるもんなー(山形戦)。


ゴール裏1Fは座席なし。座席がないならそれこそ好都合!
選手に力を届けるべく密集し、びょんびょん跳んで、手を叩き、声をあげよう!

アウェイスタジアムは勝利の喜びも敗戦の悔しさも増幅させる。
試合終了のホイッスルが鳴ったとき、スタジアムの視界270度が沈黙し、自分達の周辺だけが歓喜の声に溢れる。アウェイの気持ち良さはこれですよね(*´艸`)。
増幅させるのは「喜び」なほうですよ!!!

そうッ!勝って喜びを増幅させて、試合後はおいしいグルメでおなかまわりも増幅させようぜ!!!(結局うまいもん目当てかwww)


ま、動機がそんなでもとにかく、

俺 は 闘 う 。


現地参戦のみなさんよろしくー!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

【サポ】試合以外に楽しみがあって、遠足気分で臨んだアウェイの試合って負けるパターン?

明日の鳥栖戦は「スタジアム目当て」 のひとも多いんじゃないかと思います。
すごくいいスタジアムですよね、まじで。
(鳥栖スタを紹介しているページがあった。写真すげー♪)
http://backstand.net/stadium/tosu/tosu.htm


鳥栖駅の「かしわうどん」も食べないといけませんね♪

15時ころには試合も終わるので、博多へ寄って「ラーメン」食べるってひとも
多いんじゃないかと思います(先週も行ったってひとは違うかもなw)

ボクは福岡1泊で行くので楽しみは鳥栖+福岡で欲張りまくりwww



だ が 。 

D・A・G・Aだが!

だがだがだがだがだが!!!



「スタジアム」の素晴らしさも

「かしわうどん」や「ラーメン」のうまさも



試 合 に 勝 っ て こ そ の も の 。 



鳥栖に負けてしまえば、スタジアムの印象は重苦しくなり、かしわうどんは味気なく、
ラーメンは胃に重たくなる。


スタジアム・かしわうどん・博多のラーメン、こんなに楽しみ満載の遠征は絶対に楽しみたい。
どんよりした気持りで帰りの電車に乗りたくないし、この先の戦いへの不安を抱えながら
ラーメン食べたくない!!!



「鳥栖スタいいねー。これ持って帰って第一球技場のとこの置いちゃろうや♪」「来る時も食べたけど、帰りもかしわうどん食って帰るか~♪」「新幹線に乗る前にラーメンも食うぞ~♪」「福岡の市場で海鮮丼♪」「屋台屋台♪」「中洲中洲中洲♪」「S・A・G・Aサガ!!!(懐)」



と、気持ち良く遠征を楽しむなら、絶対に勝たないといけない。


勝って帰るのが遠征。

勝って帰れなければただの遠足。


オレたちが明日やるのは「 遠 征 」 ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

【トップ】”5”じゃなくて”森”(第13節vs福岡@博多の森)

やっぱりここは「博多の”森”」でした。
「レベル”ファイブ”スタジアム」での背番号5:槙野智章のゴールは観られず、

29分:崎浩司
72分:脇良太
81分:崎浩司


” 森 ” だ ら け www


ここに盛田さんも絡んでくれたらよかったのになー。

===========================================================
5月11日(日) 2008 J2リーグ戦 第13節
福 岡 0-3 広 島(13:03KICK OFF/レベスタ)
得点者:29'森崎浩司(広島)72'森脇良太(広島)81'森崎浩司(広島)
===========================================================

現地に行ってないのでとくに言うことはないなー。

うちがゴールしたあと、やけにうちのチャントが聞こえてきて福岡側からのコールやチャント
が聞こえなくなったのが気にはなったけど。
あと、いりあんが交代した理由と攻められまくった時間の守備が気になるなぁ。録画で観てみるけど。
いりあんが下がったら槙野が上がれんじゃんって思った。
槙野はマイクさんを抑えんといけんし。ほんままじで。


しかしまー、良太は槙野大好きなんだなw見事な祝砲でした♪

でも槙野は「あー、森脇くんに取らせちゃったー。くそー」って思ってるはずwwwww



では、これから湘南vs鳥栖@平塚をスカパー観戦するとする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

【他クラブ】工藤浩平のゴールシーンにゾクッときた

今季0勝2分9敗で迎えた第12節京都戦。
スカパーの実況・解説ともに「千葉のサポーターがすごかった」って言ってたけど、
ほんとそうなんだったんだろうな。
監督も解任したし、この状況で闘えないならどうなりゃ闘えるんだ?って状況まで追い込まれ
てたわけで。


この試合のハイライトで、ビジター側から観たゴールシーンの映像を観てゾクッときた。
1分28秒くらいからゴールシーン。






FWレイナウド(10番)のループシュートがポストに弾かれて、そのボールがゴール前に
走りこんできた工藤浩平のど真ん前に跳ね返ってきたわけ。


ま さ に 完 璧 な パ ス で す よ 、 あ れ は 。


で、
弾かれたボールがなぜ工藤浩平にとって絶好のポイントに跳ね返ってきたかって、



あ れ 、 サ ポ の 声 の 力 で す か ら 。 


目には見えないチカラですよ。
でも、ボクもあなたも持っているチカラですよ。
そのチカラを知ってはいるけど目の当たりにしてゾクッときた。

「サポーターの武器は声と手拍子」と、口では言いながら、シュートがポストやバーに当たった
瞬間には「あー」と溜息ついているサポが多いと思う。サポのど真ん中なのに。
他クラブのサポにそう話したら「え?真ん中が???」って驚かれたぞwww

前節、仙台戦のリュウのシュートがポストに弾かれたシーンも、サポの声が足りないから
相手DFの前に跳ね返ったんだと。
もちろん、あの12月8日の槙野だって同じ。


サポは試合が始まると、手を叩き、声を出し、跳び、念じるくらいしかできない。

ならば”それくらいのこと”はやりきろう。

それをやりきることが勝利につながると本気で信じると90分間声を出せるようになる。
ハッと息を飲むような瞬間にもコール・チャントを止めずに声を出せるようになる。



サポーターの武器は声と手拍子。

それを止めるのは、盾を降ろし、剣を鞘に収めるのと同じことだ。






千葉サポには友人がいっぱいいますので、ここを使うけどw

みんな、ひとまずおめでとー♪
====================================================
5月10日(土) 2008 J1リーグ戦 第12節
千 葉 1-0 京 都 (16:03/フクアリ/10,178人)
得点者:68' 工藤浩平(千葉)
====================================================
追記:
アフターゲームショーでののさんが「運」の話をしてたけど、運を引き寄せる力って選手
だけじゃなく、サポーターも持ってるから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【サポ】槙野のチャントが出ない件

4月29日の徳島戦後に寿人がサポに対して「槙野の応援歌(チャント)を作って欲しい」と
言ってたわけですよ。
(動画の1:00くらい以降です)





 

今、広島で個人チャントを唄われてるのは「浩司・カズ・寿人・公太」のみ。
それなりの活躍をしてからじゃないとチャントを唄ってもらえないわけだ。


例えば、寿人が初チャントを唄われるまで、どれくらいかかったかというと…
=================================================================
(2004年)
J2仙台でエースとして活躍(20得点)

12月24日
広島への完全移籍加入が発表される。

(2005年)
3月5日 第1節清水戦@日本平
開幕戦にスタメン出場(でもチャントなし)

05月01日 第9節新潟戦@広島ビ
広島で公式戦初ゴール(それでもチャントなし)

11月27日 第33節神戸戦@神戸ウ
ハットトリックを決め、日本人得点ランクトップに立つ(ここでやっと初チャント!!!)
==================================================================

と、こんなに待たされたのですよwww
久保が移籍して以降、常にエース不在で闘ってきた広島サポにとって、この神戸戦での
初チャントはそれに相応しいタイミングだったと思うけどね。

要はこのくらいの活躍をしないと個人チャントは出さないんでしょ?
で、槙野はまだ「広島での活躍・実績が足らない」ということでしょ。
それはそれで「スタンス」としてはありかな。「スタンス」としては。


ただ、寿人に頭を下げられてるんだから、槙野チャントを出さないなら「出さない理由」
を、そのスタンスが大事ならその「スタンス」を選手のほうに伝えてあげないとなぁと思う。


寿人も「頼んだのになんで作ってくれないんだろー」って思っちゃうよ。
寿人って純真な男のコだから「頼んだら作ってくれるもんだ」って信じてそうな気がするwww
選手とサポの間に「なんでやらないの?」「なんでやってくれないの?」は残さないほうがいい。

寿人ってサポを仲間として見てくれるひとじゃん?
2005年終盤の「自信を持って勝利を掴め」というダンマクについて「”掴め”じゃなくて”掴もう”だと
思います。」と言ったり、2007年の終盤も「共に闘おう」と呼びかけたのは寿人だし。
寿人のキャラクターやサポへの想いを考えれば、寿人の願いには応えたほうがチームには
プラスだと思うなぁ。


あと、励まして乗せてあげればどんどんあがっちゃう槙野のキャラを考えれば、チャント唄って
あげた方がいいと思うんじゃけどねwww
もちろんチャントを唄って応援されることが、”それなりの責任を負うもの”だということも
理解してもらいたいけどね。
ま、槙野はそういうのを分かってくれる男ですよ。


「活躍したらチャントを唄って応援してあげる」のか「活躍して欲しいからチャントを唄って応援する」のか。
これのどっちが絶対正しいとかじゃなくて、その両方だと思うんよね。


それらを踏まえて考えても、槙野チャントは早くお披露目になって欲しいなと。


つか、チャント出さざるを得ないくらい活躍して目立ってくれればいいよ、槙野www





| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

【トップ】GWといえばロスタイム決勝弾だが(第12節vs仙台@広島ビ)

ビッグアーチまで来るアウェイサポは少ないから、20,000人も入れば
「ホームの雰囲気」を創れるよ。
とかボクはずーっと言ってきたんだけど、13,000人でもホームの雰囲気創れたよね?
今季ホーム6試合だけで判断はできんけど、ビッグアーチは良くなりつつあるんじゃないかと。
ま、現場で見た感じだともっとみんなできると思うけど!!!!!
もっと声出そう。もっと躍動感出そう。もっとサポーターの存在感をピッチに伝えよう!!!

==================================================
5月6日(火) 2008 J2リーグ戦 第12節
広 島 0-1 仙 台 (16:04/広島ビ/13,116人)
得点者:89' 中原貴之(仙台)
==================================================



いやしかし、

GWはロスタイムで決まると信じて猛烈にバモったのだがー。



5月3日(木) 2007 J1リーグ戦 第9節
広 島 2-1 大 宮 (16:04/広島ビ/13,220人)
得点者:'40 小林慶行(大宮)、'42 佐藤寿人(広島)、'89 駒野友一(広島)
http://www.chugoku-np.co.jp/Sanfre/2007/Ss200705030466.html


5月6日(土)2006 J1リーグ戦 第12節
広 島 1-0 福 岡 (17:06/広島ビ/12,466人)
'89 駒野友一(広島)
http://www.chugoku-np.co.jp/Sanfre/2006/Ss06050601.html



駒ぴょんがいないとダメなのか(笑)





次節は今季から背番号5のひと、頼むわ。


自分の誕生日は自ら祝えとwwwww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

【トップ】勝つのが楽しい→勝たせるのが楽しい(第11節vs山形@広島ビ)

「サッカーって、なかなか点入らんけおもしろーないんよ」って言われたりするけど、
オレはこういうの好きですよ。
なかなかゴールできない展開を耐えて耐えて耐えて耐えて、
なんとかゴールに押し込む為に応援して応援して応援して応援して、
やっっっっ…とのことでゴールを決めた瞬間の歓喜。

ま、この試合のゴールの時は「歓喜」っつーより「安堵」だったけどw


================================================
5月3日(土) 2008 J2リーグ戦 第11節
広 島 1−0 山 形 (16:04/広島ビ/14,332人)
得点者:68' 佐藤寿人(広島)
================================================

「 勝 つ 」っていいねー、ほんと。
今季ここまで11節を終わって「10試合(7勝2分1敗)勝ち点23」の成績。
14,000人の観客も入って、試合後の『ニクマキカシ劇場』も盛りあがったねー。
ビッグアーチにあんなに声が反響するなんて気持ちいいよ、まじで。

今季はJ2だから、J1復帰できる前提で言えば、20数勝はすることになると思う。

勝つって気持ちいい〜!!!
勝った後にみんなで歌うの気持ちいい〜!!!
勝った後のビールうまーーーーーーーい!!!

なんていっぱい体験したいよねw

「 勝 つ っ て 楽 し い 」

まずはこれですwww
勝つのが楽しいからスタジアムに来るってひとが増えるといいなって思う。


で、そのあとだが。

広島サポはもっともっと試合に参加して、その勝利に関わって、自分たちの応援で
勝たせるってことを体験できたらいいなって思う。
サポーターの応援がどのくらい試合結果に影響するかはデータが出るわけじゃないし、
思いこみだったり、自己満足だったりするんだけど、「オレたちの応援で勝たせた」と心の底
から思えたり、選手が「サポーターのおかげで勝てた」とコメントしてくれることで測っても
いいとボクは考えてる。


「勝つ」のが楽しいってサポは勝てなくなると離れてしまう。

でも、

「勝たせる」のが楽しいということを知っているサポは、勝てなくなったら「勝たせるために」
スタジアムに通う
ようになる。
そして「勝たせるために」声を出し、跳び、手を叩く。


「勝つのが楽しい」と「勝たせるのが楽しい」は似ているようで全然違う。
前者は受動的で後者は能動的。


この先の戦いが苦しくなったときにチーム・選手を救えるのは能動的なサポだと思う。
だから「勝たせる楽しさ」を知っているサポを増やして行きたいと、この苦しい試合を闘い
終えて、改めて思ったんよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

【サポ】サポのお兄ちゃんお姉ちゃんは子どもたちのお手本になろう

サポートの大前提は「チーム・選手のための行動」だと考えてます。
と、いう前提のもといつも思うんじゃけど、試合中に傷んで倒れた相手選手に
「早よ立てやぼけー!」などとヤジが飛ぶのっておかしいよなーと。


もちろん時間稼ぎで倒れてたりしたらそれにはブーイングが必要であり、
審判に「時間稼ぎだろ!」とサポからアピールするのも必要。
(ただ、スタンドからはほんとに傷んでいるかどうかが分かりづらい時は多いと思う)


でも、徳島戦みたいに3−1でリードしてる状態で相手が倒れてるときに
「早よ立てやぼけー!」はやっぱりおかしいってwwwww
オレらが勝ってるんだから相手には寝ててもらえばいいんじゃない?
時間だけ使ってもらって。リードしたまま時間がたてばありがたいじゃん(笑)
3−1はセイフティじゃないと思ってるし、オレはそう思うけどなー。


そういう余裕を持って、徳島サポが黙っちゃってるときに、うちの選手に対してコールを
入れて集中を保ってもらうとかするのがサポートだと思う。ヤジって遊んでるなんて
その時間を無駄にしとると思うんよねー。
あの日は暑かったから、その時間を利用して「じゃー、いま水飲んで〜。オレらもまだまだ
応援してもっと点獲らせようぜ!!!」ってサポを盛り上げてもいいよね。


今日からゴールデンウィークのホーム2連戦なんでね、観客に子どもたちも多いという
予想もある。
相手を圧倒するのと相手をバカにするのは違うんで、子どもたちが変な応援を覚えないように
せんとねー。


子どもたちから、

サポのお兄ちゃんお姉ちゃんたちはすげーな!かっこいいな!!!

って言われたい。







サポのおじちゃんって言ったらしばく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

【トップ】J2には気を付けろ、まじで(第10節vs徳島@鳴門大塚)

やはりJ2には注意が必要だわ…
J1での遠征とはキツさがちがう、ほんと。

080429  

 

 

 

 

==========================================================================
4月29日(火) 2008 J2リーグ戦 第10節
徳 島 1-4 広 島(13:04/鳴門大塚/7,254人)
得点者:9' 森崎浩司(広島)、10' 佐藤寿人(広島)、12' 西河翔吾(徳島)、14' 森崎浩司(広島)、86' 佐藤寿人(広島)==========================================================================

■アクセス
徳島空港に降り立って、徳島公式HPから印刷したスタジアムアクセスを見た。

役に立たんwww

バス、本数が少ない!!!w
ひとまず鳴門駅。しかし観光案内所なんぞない!!!w
駅前にコンビニもないwとりあえず歩く!!!
まず、こんな調子で試合後に「空港にどうやって帰るか」が心配になったよwww
もう「来なくていいよ。てか来るな」と言わんばかりのスタジアムアクセスとその案内です。


■スタジアム
トイレは「再入場券」をもらって外部階段を降りたところにあるというw
ポカリスエットスタジアムは結構新しめな感じなのに、そこらの設計が不便すぎー。
ビジター側の売店もちっちゃくて、貧相。この日のビジター席の広島サポは980人ほど
だったらしいので、あんな売店じゃーきついでしょー。
バモるひとは生死に関わるので飲み物は購入してからスタジアムに入った方がいいと思う。


■電光掲示板
ただでさえ選手の名前も分からんのに、電光掲示板がしょぼかったりする。
長良川なんて、ミスターサンフレッチェ槙野智章の「槙野」が表示できずに


マ キ ノ 


って、カタカナ表記だったしなwww


■運営
選手がウォーミングアップに出てくるころまで、かわいいチアリーダーが踊ってたw
もうそんな時間だから、うちのサポもコンコースからチャント唄いながら入ってきちゃったよwww
それ見て「今は始めたらまだまずいんじゃない???(汗)」って思ったけど、選手がアップに
出てくる頃には普通は始めよるもん。そんな時間までイベントやってる運営側にも問題があると思うなぁ。



■試合内容


言わずもがな。



■いまの順位や立場
首位じゃない。19位だ。
J2の中では現在首位でもオレはJリーグ19位と捉えてます。
目指すところはもっと高いなら、J2で首位ってことに安心しちゃいけない。
広島が強くなったとか、広島サポは数で圧倒してるとか、それはここがJ2だからなだけ。
たとえば徳島へ行って「徳島サポ少ないねー(笑)」と思ったかもしれないが、J1に戻れば
他のJ1レベルのサポーターから


「広島サポ少ないね(笑)」


って思われるんだから。

そもそも、J1でやってきたくらいの資金力もあって、代表経験者を抱えるこの選手層で、
Jリーグ元年から参加してきたのに、「なんでJ2になんか落ちてきたの?(笑)」
と、笑われても仕方ないのはオレたちのほうだと思うんだけどな。

いまの立場を誤解しちゃいけんね。
遠征の厳しさだけじゃなく、このリーグのレベルにも注意しよう。
J2に馴染むと成長できんよ。このレベルに慣れて自分たちの立場を間違えたら
J1に帰ったときに周りのレベルに圧倒されてしまう。まじで気を付けよう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »