« 【ユース】気持ちには引(ry | トップページ | 【トップ】一歩前進した広島”サポ”(天皇杯準々決勝 vs柏@桃スタ) »

2008年12月18日 (木)

【ユース】これが広島ユースです(Jユース杯決勝T2回戦vs名古屋)

ゴールを決めた後、ベンチメンバーと一緒にもみくちゃになって喜ぶ広島ユースのみんな。

ゴリさんまでその中に混じってたしwww

======================================
Jユース杯決勝トーナメント 2回戦
名古屋 1-3 広 島(13:00/刈谷/500人)
得点 : 37'砂川 優太郎(広島)
得点 : 54'板倉 大地(広島)
得点 : 77'宮原 大輔(広島)
得点 : 83'西部 将成(名古屋)
======================================


クラブの色ってあるじゃん。
広島ユースの色が出た試合っていうのはこういう試合のことだなと。

淳矢と不老くんが前半早々に負傷交代して、明らかに苦しくなると思われたのに、
観ていて苦しい感じはせんかったな。
あ、いやいやもちろん、ピッチのみんなは必死で力振り絞ってたと思うけど。


ハイボールの競り合いに勝つ勝つ勝つ勝つ。

セカンドボール拾う拾う拾う拾う。

身体ぶつけるぶつけるぶつけるぶつける。



気 合 い と 根 性 。


この言葉が「時代遅れ」と思うひとは、広島ユースの試合を観て欲しい。


気 持 ち に は 引 力 が あ る 。


この言葉が「非科学的」と思うひとは、広島ユースの試合を観て欲しい。


時代遅れだろうが、非科学的だろうが、ボクはこれで勝ってきた広島ユースを観てきたし。

いままでこの言葉を体現する試合を見せてもらったから、この言葉を否定することなんかできない。




GWの吉田や、夏休みのクラブユース選手権、そして高円宮杯を観て、まだまだ”らしさ”が
足らないなーと感じてたけど、いよいよ広島ユースらしくなってきたんじゃないかな?


思いだすのは2006年の代。
遊佐克美・平繁龍一の代ですな。2年生に中野裕太・横竹翔・篠原聖・佐藤拓ら。

この2006年の広島ユースは、守備陣の怪我が相次いで「今年は弱い」と言われた代。
でも、シーズン最後のJユース杯で優勝した代。




あんな風になればいいなーって思うし、そのために力添えができるならできる限りの
応援をしようと思うよ。


天皇杯の柏戦とかぶってしまったから、準々決勝は行けないんだが!!!
準決勝の長居第二、決勝の長居スタジアムに行けるよう、念を送ります!!!!!


081214



















ちなみにこれ、優勝したときの動画もまだ観れるんじゃね♪
http://www.jsgoal.jp/2006jyouthcup/

|

« 【ユース】気持ちには引(ry | トップページ | 【トップ】一歩前進した広島”サポ”(天皇杯準々決勝 vs柏@桃スタ) »

ユース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ユース】これが広島ユースです(Jユース杯決勝T2回戦vs名古屋):

« 【ユース】気持ちには引(ry | トップページ | 【トップ】一歩前進した広島”サポ”(天皇杯準々決勝 vs柏@桃スタ) »