« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

【トップ】ほしほしー(ナビ杯第4節 vs大宮@広島ビ)

あー、もったいないw
大勝したのに観客数が7,000人を切ってるなんてーwwwリーグ戦での平均の半分だわ。
ナビ杯って観る方としてはモチベーション下がるんかなー。

遠隔地サポとしてはサンフレッチェを観られるだけで羨ましいのにねー(´・ω・` )


============================================================================
5月30日(土) 2009 ヤマザキナビスコカップ
広 島 7-0 大 宮(14:00/広島ビ/6,921人)
得点者:4' 佐藤寿人(広島)、12' ストヤノフ(広島)、35' 柏木陽介(広島)、53' オウンゴ-ル(広島)、
56' 柏木陽介(広島)、67' 青山敏弘(広島)、89' 横竹翔(広島)
============================================================================


タ イ ト ル 欲 し い 。 



関東だと試合の帰りの電車で他サポさん複数名に遭遇する。

で、その他サポさんたちのユニには「 ☆ 」が付いてたりするんだよなー。

09_12



 

 

 

 

 

横浜FMは3つも「 ☆ 」がある。さすがトリコロール。
4つ獲るとバランス悪いから当分このままでw

09_13  

 

 

 

 

 

鹿島は10冠獲って小さい「 ☆ 」から大きな「 ☆ 」にしたみたい。
うちが負けた天皇杯決勝で11冠目じゃなかったっけ?基準が分からん。

09_14  

 

 

 

 

 

埼玉・群馬と住んできたボクが一番出くわしてしまうのはやっぱり浦和サポ。
試合じゃない日もユニ着てるのが浦和サポの仕様。

09_15

 

 

 

 





磐田
は襟の後ろに「 ☆ 」が!!!

09_16
 

 

 

 

 

 

は赤い星。太陽だからかな?

09_17  

 

 

 

 

 

京都も天皇杯を獲ってるから「 ☆ 」が付いてる。
ちなみに矢部さんにとって「紫のクラブ」は広島。

09  

 

 

 

 

 

千葉は2つともナビスコ杯での「 ☆ 」ですね。

09_2   

 

 

 

 

 

去年のナビ杯優勝の大分も当然「 ☆ 」付きユニになりました。
胸スポンサーも付けてあげたい・・・



いやー、とにかくうらやましいつД`)ホシィヨゥ…

他サポさんたちの「 ☆ 」を目にするたびに、タイトルへの欲求がどんどん強くなる。

ユニに「 ☆ 」を付けるのはJ1リーグ・ナビスコ杯・天皇杯を獲った時ってのが通例っぽいけど、
実際はJリーグとして明確な基準があるわけでもないみたい。クラブによってはナビ杯や
天皇杯を獲得してもユニに「 ☆ 」を付けてないクラブもあるようだし。
うちもタイトル獲った時にどうするかは分からんけどね。





ナビ杯を利用しての「若手育成」は当然。
でも、やっぱりタイトルを獲るチャンスがあるなら本気で狙いたい。
クラブも「タイトルを獲る」って言ってるんだし。
この二兎を追うくらいじゃないとこの先のJ1には残って行けないんじゃないかと。


ユニのエムブレムの上に「 ☆ 」付けたいー。

Jリーグに初年度から参加して3大タイトル(J1・ナビ杯・天皇杯)獲ってないのはうちだけだし。

あー、星ほしー。





| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

【槙野】あの地、ヴィクトリアからのつづき

「 な ん で こ の チ ー ム を 終 わ ら せ る ん ? ? ? 」

敗れた直後に神様に問うた。2007年U-20W杯決勝トーナメントラウンド16チェコ戦。
負けたらこのチームは解散するってことは分かってたけど、受け入れられんかったんだよな。
彼らが日本のサッカーを見る目を変えると思ったし、言っちゃ悪いがU-22五輪予選代表よりも
強いと思ってた。
最初は”柏木くん”と”槙野くん”目当てで観に行ったU-18だったけど、ほんとにいいチームに
なったもん。選手のプレーに個性があって、選手同士も仲が良くてお互いを高め合ってるように
見えた。そういうところにぐいぐい引き込まれた。
立ち上げからけっして順調だったわけじゃないけど、U-20W杯本大会では自分がどういうプレーを
したいか、自分たちがどういうサッカーをしたいかが明確で、魅力的だった。


U-20W杯で日本がグループリーグと決勝トーナメントR16を戦ったカナダ・ヴィクトリアでも
試合ごとにこのチームは人々を魅了していった。街なかでも日本を応援する言葉をかけられ、
スタジアム内には日の丸が徐々に増えた。決勝T・R16でチェコに敗れはしたものの、選手たちは
スタジアムを一周。ウイニングランとはならなかったけど、自分たちを応援してくれた、自分
たちを好きになってくれたヴィクトリアの方々に最後の挨拶をして周ったんだよな。


ヴ ィ ク ト リ ア は ホ ー ム だ っ た 。


だからボクは2007年W杯の世代を「ヴィクトリア世代」と呼んでいる。

そんな呼び方をしてるのはオレだけなんだけど(笑)


ちなみに最後になったチェコ戦のスタメンはこんな感じ。

---森島--河原---
----ー柏木-----
-梅崎------田中-
-----青山-----
安田--------内田
---福元--槙野---
----- 林 ------

【U-20 cry for future】




このチームの中心は槙野。
キャプテンは福元洋平(現:千葉)だけど、立ち上げから常時呼ばれ続け、新たに召集された
選手と既存メンバーとの融合に活躍した槙野。国内で最後の合宿はA日程・B日程の2組に
分かれて行われたのに、なぜか槙野はA・B日程の両方に呼ばれていたのは槙野のコミュニ
ケーション能力を評価されてのものじゃないかとwww
また、合宿や試合のインタビューに槙野のコメントはいつも載っていたし、時には自分が出て
いない試合なのに試合後のコメントが載っていたり。どこにいても槙野の声が聞こえるチームだったよ。

いずれ槙野が日本代表選手となって、このヴィクトリア世代からも代表選手が出て、また
同じように魅力的なチームになったらいいな、と期待は膨らみまくってた。



「サンフレッチェ広島DF槙野智章、日本代表初召集」について、ヴィクトリアでのことを思い
出さずにはいられない。

赤い髪については

「ま、またやりやがった!!!!!www」

とは思ったけど、槙野にとってあのヴィクトリアで一旦途切れた道を今回の代表入りで
再び歩み始めるという気持ちなんだろう。



「なぜ、あの試合であのチームは終わらせられたのか???」

ボクはいまだにその答えが分からないし、自分がその意味を創ることもできない。
でも槙野はもう、それが見え始めてるんだろうな。
そして槙野本人が道を切り開き、その意味を創り上げていくんだろう。

頼もしいし、その槙野の姿を見られるという幸せを感じる。
槙野が加速度的に進み始めた。それが今ほんと、すごく嬉しいんだわ。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

【トップ】ナビスコ杯GLの状況を考えてみる

水曜日、ナビ杯で鞠に負けたのはショックだったけど順位表を見てほっと胸をなで下ろしたw

このダンゴ状態w
3節終わってこれならまだまだ決勝トーナメントに行ける(2位以上の)可能性高いね。

もちろん気を抜いてちゃ絶対ダメなんだけど。

【2009年 ヤマザキナビスコ杯 順位表(A組)第3節終了時】
090523  

 

 

 



■首位大宮とは直接対決(5/30(土))があり、しかもホーム。
直接叩くチャンスがあるのはいいこと。
以前はホームの方が勝てない印象があったけど、今季は公式戦ホーム4勝:アウェイ2勝。
B6全体としては激ヌルなんだけど、サポグループが前列に並ぶことでいい効果をあげてると
思う。
サポグループの努力に個サポがまだ付いてこれてないだけ。
ホームでしっかりと勝って上位争いに食らいつきたい。


■現時点での上位(大宮・横浜FM・浦和)は3試合消化済み。
今季のナビ杯は7クラブX2組に分かれていて、グループリーグは7節6試合。
広島はすでに「休み節」を終えているので残り試合は「4」。
上位クラブはこれから1節ずつ休みがあるので、自分たち次第で追いつく追い越すことはできる!!!


■残り4試合のうち、2クラブが今季2度目の対戦。
まー、リーグ戦を13節まで消化していればそんなの当たり前かw
でも、広島は他クラブから研究されているのがありありと見えるじゃん。3節横浜FM戦の1失点目
なんて「広島のGKへのバックパスを狙え」という広島攻略が見事にハマった場面だしね。
と、なればこっちだって対策を施したいところ。
ただ、監督が相手に合わせて何かするというタイプじゃないからなwww


■磐田との対戦が”中立地”であり、6月であること。
鹿児島ですね、鴨池。
まー、完全なる中立地ではないけど、磐田にとってもヤマハでやるのとは違うでしょ。
高速1000円効果を考えても広島サポのほうが多いかもしれない。
鴨池をホームにしちゃおうぜ!!!
あと、これは現時点ではよく分らんが・・・

5/10【磐田イ・グノ6戦6発!でも24日がJ最終戦?…J1第11節】(スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20090510-OHT1T00012.htm

イ・グノがいるのといないのではそりゃー全然ちがうでしょー。
主力が抜けた相手に負けちゃうのがうちの仕様だとしても、グループリーグ突破を賭けていたら
対戦したくないよ、イ・グノwww




と、ポジティヴに並べてみたけどー。
まぁ、鞠に勝てなかったときはショックだったけど、まだまだやれるねーっちゅう気持ちの切り替え
にこんなこと考えてみたよ。
槙野の代表招集もあるんだけど、まぁそこは仕方ない。
他のクラブだってそうだし。

ポジティヴになるためならなんだって利用するぜー!!!!!!




【ヤマザキナビスコカップ】(Jリーグ公式)
http://www.j-league.or.jp/yncup/




| | コメント (2) | トラックバック (0)

【トップ】おまえの「共に闘おう」という言葉はその程度か?(ナビ杯第3節vs横浜FM@日産ス)

千葉戦と同じ過ちを犯してしまった。

川崎戦じゃないのか?

うん。ちがうよ、5/9(土)第11節千葉戦。

============================================================================
5月20日(水) 2009 ヤマザキナビスコカップ
横浜FM 3-1 広 島(19:30/日産ス/9,545人)
得点者:2' 渡邉千真(横浜FM)、35' 佐藤寿人(広島)、38' 渡邉千真(横浜FM)、81' 田中裕介(横浜FM)
============================================================================

後半30分、いよいよ負けちゃうかも・・・という雰囲気になってきてから、やっとサポーターの声が出てきた。

苦境に陥ってからのメンタルが強いだけじゃ上に行けない、タイトル獲れないんだよ。
もっと早い時間から「勝たせる!!!」という気持ちを表したかったなー。


千葉戦では、前半から「今日はやばい」と感じつつも周りを盛り上げられなかった。
(「勝てるでしょ?」っていう雰囲気を変えられなかった)

その反省があったから、この試合では60分の時点でギアを上げた。
オレ、サポの2段目(コールリーダーを0段目として)にいたんだけど、後ろのサポの応援を「促す」から
「煽る」に変えた。

ピンチが続いた後にボールがラインを割った時、2段(?)後ろの左の方のヤツに「ここがんば
ろう!!!」って声をかけたら



「 半 笑 い 」 



されたけどな・・・。


これじゃー勝たせられん。ゴール押し込めんよ。

まー、オレがハードル高いことをやっちゃったのがいけないんだけど。


サポーターの声がもっと欲しい。
サポーターの手拍子がもっと欲しい。
サポーターの躍動感がもっともっと欲しい。

オレが100%の力を出し切って、腹の底から声を出して、躍動感が出るように飛び跳ねてもも限界はある。

ひとりひとりがもっと、声を上げて、頭の上で手を叩き、跳んで躍動感を出す。
それはただ歌って、ただ手を叩いて、ただ跳んでるんじゃなくて、
選手がサポーターの存在感を感じて力を絞り出してくれればという願いであり、勇気出して闘え
という檄でもある。

選手に「闘え」と言うならサポも闘わないといけないし、「気持ち見せろ」と言うならサポも気持ちを見せないといけない。
その闘い方や気持ちの見せ方が、バンデーラ(タスキ)の中ならば、声・手拍子・躍動感だとオレは思うんよね。


選手の気持ちを動かすためにも、もっとそれが欲しいわ。
オレはもう毎試合100%出してるので、「まだ100%までは出してないな」「自分はまだ、もうちょっとできるな」と思うサポはさらなるバモを出して欲しいなと。

100%バモのサポに115%バモを求めるよりは、60%や80%バモのサポに75%や95%のバモを
求める方が短い時間で効果(選手に力を与えられるバモ)が出せると思うんだよな。


こういう声かけやお願いはネット上じゃなくてやっぱり現場で想いを発信してなんぼなんで
現場で
引き続きがんばって行くけどね。

オレの「がんばろうぜ!」にポジティヴな反応をしてくれたサポには試合後できるだけ声を
かけていくし!!!
(うざいけど!!!!!w)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

【トップ】東城さん大喜びwww

これ「今日イチ」のネタになると確信してたんだがなーw

【090516サンフレッチェ広島VSモンテディオ山形(再編集)】



この試合の主審東城さん。

洋次郎のゴールが決まる前から超よろこんでるwwwww


寿人が倒されたのを「流した」からだと思うけど、どうみても喜んでるようにしかwww


スカパーのリプレイでは東城さんを正面から見れたんだよな。
そのときの口を開けた表情がまたwww



ベストゴールの投票はまだ間に合います!!!
http://soccer.skyperfectv.co.jp/Jleague/relation/index.html

J1 第12節 高萩洋次郎でよろー♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

【トップ】広島のメンタルは強くなったのか?(第12節 vs山形@広島ビ)

このシチュエーションから言えば、うちにとって「勝てる試合」だったんですよ。
前節は低空飛行を続ける千葉に敗れ、今節はうちの要のカズが欠場。
敗戦のショックも残り、さらに苦戦必至というドM大喜びなシチュエーションw
我に七難八苦を与えたまえ???

============================================================================
5月16日(土) 2009 J1リーグ戦 第12節
広 島 3-1 山 形 (16:04/広島ビ/9,479人)
得点者:8' 柏木陽介(広島)、10' 槙野智章(広島)、44' 高萩洋次郎(広島)、67' 秋葉勝(山形)
============================================================================

ええ、うちは 選 手 も サ ポ も ド M なんですよ。

逆境こそ燃える。
追い込まれたときに強さを出せる。

去年だって、岐阜で自分たちのサッカーを出せずサポーターからおもくそブーイングを浴びた
次の試合(C大阪戦C大阪戦)を4-1の快勝。
カズが声を荒げた熊本戦、の次の徳島戦、自滅というべき敗戦の甲府戦のあとの福岡戦など、
「絶対に負けられない」という試合に勝つという強さが身についてきた。
こういう試合に強く気持ちを持ち、臨むことができるサポも増えてきた。


でも、「絶対に負けられない」という試合に「強い気持ち」を持って臨むことは”当たり前”以外の何でもない。
サポだってそう。サポーターを自認する者ならば、苦しい状況や絶対に負けられない試合
に「強い気持ち」を持って臨むことなんか当たり前。強い気持ちで臨んだだけで「自分は熱く
サポートしてる」とか自己満足してるのはダメサポちゃん。



サポについての話。
たしかにサポーターも負けた後や苦境に立ち向かうメンタルが強くなった。


でも、広島サポが持ち得ないメンタルは、勝った後のメンタルだ。


これがないと「勝ち続ける」ということができない。
現に、今季オレたちは「連勝」がない。

これ、サポが”1勝”したあと気持ちを緩めてるからでしょ?

横浜FM戦の後のホーム開幕大宮戦や、GWのFC東京戦の後の千葉戦はそのいい例だった。
風船企画で盛り上げたつもりが「お楽しみモード」から抜けられなかったサポ。
ドロー沼から抜け出した安堵感で瑞穂や清水戦の時の「勝利への欲求」を忘れたサポ。
「絶対に負けられない」とか「絶対に勝ちたい」という気持ちが周りのサポから感じられんかったもん。

勝った後に「次も勝つぞ!」とならないといけないのに、それは口先だけで心の中では
「勝てるでしょ(笑)」な感じ。広島サポってそんなゴール裏を創っちゃう。いつも。


上位にいるクラブのサポは「勝ち続ける」ことの重要さを知ってる。
広島サポのほとんどがそれを知らない。知る機会すら少なかったのもあるけど。
去年はJ2でその疑似体験はできたけど、それはあくまで疑似体験だ。


勝った後のメンタルを強くしよう。
苦しくなってから頑張っても「-3」を「±0」に戻しただけなんじゃもん。
広島サポはそんなのを繰り返してるから上に行けないんだよな。
勝った後も、勝利への欲求を持ち続けて試合に臨むことが大切。



広島サポの苦境に立ち向かうメンタルは強くなった。
でも、”上に行きたい”ならば、そこに満足しちゃいけない。

これからのオレたちは、「 勝 っ た 後 の メ ン タ ル 」を鍛えよう。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

【サポ】スーツで応援しナイトwithメガネ☆(5/20(水)ナビ杯横浜FM戦)

去年の「浴衣☆ナイト」に続いて今年はひとまず「スーツ☆ナイト」!!!

(去年の記事)
【サポ】関東在住広島サポの浴衣で応援しナイト☆

http://inhale-sanfrecce.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_fa14.html
【トップ】「浴衣で応援しナイト☆」(第28節 vs横浜FC@三ッ沢)
http://inhale-sanfrecce.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/index.html

==============================================
5/20(水)ナビ杯第3節
横浜F.マリノス戦-サンフレッチェ広島@日産スタジアム
==============================================


平日開催だけどキックオフは19:30だから仕事終りでも間に合うかもよ!!!

日産スタジアムは新横浜駅から徒歩15分くらい♪
開幕戦で来た人は分かるよね!
【スタジアムマップ】(横浜F.マリノス公式)
http://www.f-marinos.com/game/stadium/index.html


いつもとちがうスーツ姿で応援に駆け付ける!
仕事をがんばって終わらせて、おまえらを応援しに来たぜ!!!
なんて熱さアピールをしてみよう(笑)

普段の、ある意味”生身”なオレらの姿で選手をサポートするぞー!!!

レプリカユニの半袖と長袖のカッターシャツのぎこちなさw
首元にはネクタイがちらりと見えてww
靴だって皮靴だから跳びにくいかもなwww


就活中の大学生はリクルートスーツなwww

高校生は制服でwww
(試合終了が21:30頃だから「帰りが遅くなるよ」っておうちの人に言っとくんだぞ!!w)

もともとスーツで仕事してないひとはメガネだけでも着用よろしく!!!

むしろ、普段スーツを着ない人がこれをネタにしてスーツ着てみるとかwww



平日水曜のアウェイでも、広島サポがこんなに集まったよ!!!

ってのを選手に見てもらいたいんだよなー。

日産スタジアムはバカデカイじゃん?
あれを埋めるのは無理だけど、「いっぱい来てくれたなー」って感じてもらうためには
ちょっと演出しちゃらんとね(笑)


まー、なんにせよ5/20(水)は仕事をどうにかして日産スタジアムに集合!!!
広島からは来れる人少ないだろうから関東在住サポはがんばろー♪







あと、浴衣☆ナイトは7/25(土)FC東京戦(味の素スタジアム)18:00で開催予定です!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

【サポ】敵はすべて「敵」でしかない(2009年第12節vs山形)

【トップ】敵はすべて「敵」(天皇杯4回戦 湘南戦@鳥取バード)
http://inhale-sanfrecce.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/4_37d5.html
【サポ】敵はすべて「敵」(2008年)in秋田
http://inhale-sanfrecce.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/2008in-da72.html



いつも天皇杯初戦で使うこの言葉を、あえて次の試合を迎える前に発してみる。

「目の前の敵を叩く。潰す。それだけ。」

こういう気持ちで臨みたい試合なんよね。


千葉戦でのゴール裏、「相手は調子の上がらない千葉。勝てるでしょ?」そんな臭いがプンプンしてた。
その臭さが消えたのは「このままじゃ負ける…」という雰囲気になった後半30分を過ぎてからだった。


相手がどこだ、相手が下位だなんて言ってるうちは絶対に強くなれない。


鹿島のサポーターが「次は広島戦だから勝てるねw」なんて言ってると思うか?

思わんよ。

あいつらにとっては、相手が広島だろうが浦和だろうがG大阪だろうが


「勝ち点3を奪う対象」


でしかないんだ。







なにを言いたいかというと、次節の相手が山形ということで ヌ ル い 意 識 を持たないようにしようってこと。


「J2上がりの山形だけには負けられない」

とか、

「去年”4-0”で快勝した相手じゃんwww」

とか、

「山形(7位)がうち(10位)より上ってありえねーよw勝って追い抜こうぜwww」

とか、



こういうヌルヌルな雰囲気は無しにしよう。
ヌルい対抗意識なんか下に引きずられるだけだぞ。


山形”だけ”には負けられない?


んなこたねーよwww

いつまでJ2なんだよ、オレたちwww



たしかに山形が相手となると、去年のことを思い出したりして、何かしら思うことはあるだろう。


でも、


敵はすべて、ただ「敵」でしかない。


いまオレたちは混戦の真っただ中。必要なのは勝ち点3。
相手がどこだろうと勝つだけなんだよ。



そういう気持の持ち方ができなければ、オレたちはまた同じような歴史を繰り返すぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

【トップ】アウェイなのにホームのようだった。(第11節 vs千葉@フクアリ)

「 勝って くれる だろう 」じゃ勝たせられんよね。

===============================================================
5月9日(土) 2009 J1リーグ戦 第11節
千 葉 2-1 広 島 (16:05/フクアリ/14,182人)
得点者:11' 高萩洋次郎(広島)、39' 深井正樹(千葉)、44' 巻誠一郎(千葉)
===============================================================

前節FC東京戦の勝利でドロー沼から抜け出したことが影響してるのか「勝ってくれるだろう」という
空気がうちのゴール裏にはあったように思う。

しかも、うちらしいゴールで先制できたから、先制後に何度攻め込まれても「だぶん大丈夫」って
いう雰囲気だったし。
サポの「攻→守」の切り替えが緩かったよ。

前半30分くらいかなー?2節の大宮戦(広島ビ)を思い出してた。
千葉がいくら攻めてきても「なんとなくやられる気がしない」って雰囲気が似てるなーと。
「勝ってくれるだろう」って。



てゆか、帰り道でハッと気付いたんだけど


「今日のゴール裏はホームみたいだった」と。


なんかサポーターが「勝つのを観に来てる」感じ。


アウェイ自由席全部なんて、現時点では言わないが、サポの真ん中(バンデーラのあるエリア)
くらいは「勝たせるために来る」サポで埋めたいよね。


まず、気持ちが「勝たせる」というモードに入らないと、そのための行動につながらない。


・劣勢の時にこそ声が出る。
・より響く手拍子の仕方ができる。
・跳んで躍動感を出す。
・シュートを撃たれた瞬間も声を止めずにゴールを守る。
・シュートを撃ったら押し込むために声を出し切る。
・その他いろいろ


広島サポがこういうサポートをするには、「勝たせる」という気持ちになることがまず必要。


選手に「気持ち」を求めるならば、サポーターもそれにふさわしい「気持ち」を持とう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

【トップ】試合”中”よりも試合”前”(第10節 vsFC東京@広島ビ)

劇場にカズが登場!!!あの『ドクトルTシャツ』を着てwww
完売したらしいね。よかったわー。
オレとしてもカズに「ドクトルTシャツ買ってください!!!」って
言われなくてよかったw
いや、あれ・・・オレの感覚だとやっぱカッコ悪いwカズには申し訳ないけどwww

090505fc
















========================================================
5月5日(火) 2009 J1リーグ戦 第10節
広 島 2-0 FC東京 (19:04/広島ビ/15,342人)
得点者:22' 高萩洋次郎(広島)、74' 佐藤寿人(広島)
========================================================


FC東京サポのスタイルで、彼らは試合前にチャント歌ったりってしないんだよな。
アップに出てくる選手を拍手して迎えたりはするけど、試合前からガンガンバモらない。
ま、ホーム(味スタ)ではゴール裏からバックスタンドまで『You''ll never walk alone』の大合唱
があるからホームの雰囲気は創れるんかもしれんけど。
この試合、瓦斯サポのみなさんは雨宿りをしてたのか分からんけど、選手が出てきても試合前は
姿を見せんかったねw
あれで闘う雰囲気を創れるんかなぁ???
彼らのスタイルなんでしょうが・・・。他人のことなんであまり言わんほうがいいね。



おかげでオレらのほうが「ホームの雰囲気」を創りやすかったと思うし、試合前から試合終了まで
「ホームらしく」闘えたと思う。


実際のとこ、サポートって一番大事なのは「試合中の声」よりも「試合前の声」だ。


試合中に「ここ、がんばろう!!!」とか「もっと声出そう!!!」と声を上げ、「サポの声量
が上がる」という効果を生むには試合前にサポの気持ちを高めておかないと難しい。
サポの声量ってのは試合展開に左右されるんよね。
気合の入ったサポは苦しい時ほど声が出るんだけど、優勢になれば声が出て、劣勢になると
声が出なくなるってのが普通の人。まー、人間なんだからそういうもの。
苦しくなってから気持ちを上げるのは難しい。だから苦しくなっても声量が落ちないように試合前にサポの気持ちを高めるんだ。
コールリーダーが前説をしてくれたり、サポ同士で「勝とう!がんばろう!」と声を掛け合う。


サポが試合が始まる前に「密集」してサポの塊を創るのもそう。
試合が始まってから「密集しよう!前に詰めよう!!!」って声をかけても遅い。
試合が始まる前にサポの隙間をなくしてお互いの気持ちを固めるが如くサポ同士が塊を創る。


そうやって試合前に「ここは闘う場所なんだ」という雰囲気を創ることが重要。
苦しい時間も勝利目指して「オレたちみんなで闘い抜こう」という気持ちを共有し合う。


広島サポが集うB6やゴール裏はそれが足らない。


アウェイではエリアも狭くて人数も少ないから、なんとかなってる。
でもホームはエリアも広くなるし、人数も多いから、そういう雰囲気を創り、気持ちを共有するには
もっともっと多くの声や気持ちの熱さが必要だ。


その声を上げるのは、B6・ゴール裏を熱くするのは、サポーターひとりひとりだ。
この想いを持ち、少しずつでも実践できるサポが増えれば広島サポはもっと良くなる。




オレは広島サポをもっと良くしたいし、強くしたいので、やっていきますよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

【トップ】選手にシュートを撃たせるためにサポーターができることは?(第9節 vs清水@広島ビ)

相手のサポや選手・監督から「広島はいいサッカーをする」とか言われても全然うれしくない。
でも、試合後にそういうことを言わせることができないとそれも面白くないって気づいたわw
なんだ、オレほんとは「いいサッカーするね」って言われたかったのかwww
ただ、試合後の長谷川健太の広島ホメ殺しは気持ち悪いwww

==============================================
5月2日(土) 2009 J1リーグ戦 第9節
広 島 0-0 清 水(16:04/広島ビ/14,584人)
==============================================


■「止まる」じゃなく「止める」
疲れはあるなー。瑞穂の前半よりはよかったけど、疲れを否定することはできんわ。
乗り越えることならできるかもしれんけど。瑞穂に続いて天気よかったしねー。オレもふくらはぎの
張りが残ったままだわ。
ま、そんな厳しい状況であってもやるしかない。
連続引き分けが「負けで止まる」のと「勝ちで止める」のは全然違うよ。


■強がれよ、もっと。
がっかりしたのは清水がヨンセンに替えて永井を投入したとき。
「えぇぇぇぇ・・・」とか弱い声出しすぎなダメサポちゃん多数。
永井にいやな印象はオレだってあるよ。でもそんな声出したら周りのサポみんなが弱気に
なっちゃうだろ?そんなときこそ、気持ちを締め直して闘おうや。強気じゃないと嫌な相手を
止められないぜ?


■相手だって寿人が怖い。
そのすぐ後だったと思うけど、青山(直)が寿人をファールで止めたじゃん。
オレらが永井をを恐れるのと同じように、清水のサポも選手も寿人を恐れてるはず。
コールリーダーが寿人コールを連発したけど、寿人にコールを送るだけで終わらすだけじゃだめ。
寿人に大音量のコールを送ることでサポ全体を盛り上げる、寿人本人も燃えさせる、そして
そのパワーを相手への圧力にする。「広島のエース佐藤寿人」を向こう側にヤツらに意識させてやろう。それで腰を引けさすことがサポの役目だ。


■選手にシュートを撃たせるためにサポーターができることは?
って、この試合のシュート数が少ないわけじゃない(広島17:11清水)けど、広島サポが
もっと強くなるためにこの話題。

もっとサポの躍動感を出そう。特に後半は。

後半は選手がサポのいる方へ攻めて来ることが多い。自分たち側に選手が向かってくるって
ことは攻めてるときの選手の視界にはオレたちが入りやすいってこと。
選手の闘う気持ちが強まるのはどんな景色だろうか?

空席<観客<サポーター<躍動するサポーター

だと思う。

これだけ多くのサポーターが一緒に闘ってくれてるんだ!!!って選手に”視覚で”感じてもらえば
シュートの意識や攻める意識が強まると思うんだよな。

悔しいけどオレいっつも想像してしまう。
赤いサポーター1万人がうごうごと上下動している埼玉スタジアムのゴール裏に向かって
ドリブルで突き進む気持ちを。
きっと”吸い寄せられるような感覚”を得られるんじゃないかなー?

「このままゴールを決めてサポのもとへ突っ走るぞ!!!」なんて思う選手もいるんだろうな。
それが浦和の選手の推進力だと思う。

ビッグアーチのB6ゲート下でも、ああいう躍動感を出して視覚によるサポートをやりたい。
シュート数が増えるとか積極的な攻めになるとかはオレの妄想だけど、選手の気持ちを
盛り上げるって効果は間違いなくあると思うので。


頭の上で手を叩くのは、音を響かせるためでもあるし、選手によく見えるようにという意味もある。
跳びながら応援するのは足を踏み鳴らす「ザン!ザン!!!」という音を出すだけじゃなく
選手にサポーターが躍動する姿を見せるためでもある。

これはひとりのサポができることじゃないんだけど、”勝たせる”ためにそういうことができる
サポーターが多く集まることで、本当に「サポートでチームを勝たせる」ってことにたどり着けるんだと思う。


増やしたいjね。そういうサポ。
ま、地道に隣のヤツ、その隣のヤツ、そしてその隣・・・からだなw

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »