« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月26日 (金)

【サポ】試合後はオレたち同じ顔(第15節 vs京都@西京極)

今節の京都戦ほど難しい試合ってないね。

サポのモチベーションも大きく異なるし。

=========================================
6月27日(土)J1 第15節
京 都 - 広 島(13:00KICK OFF/西京極)
対戦成績:10勝2分4敗(アウェイ4勝1分3敗)
=========================================

やっぱり広島サポにとって京都戦は特別で特異な試合になる。
入替戦で京都に敗れてJ2降格したわけだし。

「因縁の」という言い方をされてしまうし、そう思ってるサポも多いしみたいだし。
「京都には絶対負けられん。京都に絶対リベンジしたる」と燃えているんだろうな。

でも、「あの時は自分たちが弱かったから落ちた。京都を特に意識しない」とか「リベンジなんて
関係ない。もっと上に行くために目の前の相手を倒すだけ」と冷静なサポもいる。


まー、どっちだっていいよーw




大切なのは、オレが思うにはこの3つ。


■どんなモチベーションでもいい、”今日ここで勝つ”サポートにつなげよう。
特別な試合と捉えるサポが多いなら、ゴール裏の雰囲気も そ れ な り のものになるだろう。
激しく燃え上がり声を上げるもの、静かでもその瞳を燃やし近寄りがたい雰囲気を出す者。
ゴール裏に立つサポーターは、やはり一人一人の人間だから、気持ち・考え方・動機(モチベーション)
は似てはいても全く同じとは限らない。
でも、なによりも重要な「今日、ここで勝つという想い」だけは 共 有 しよう。
そのためのサポートをしよう。まずは、それができてこその広島サポーターだと思う。


■そのサポート行為は”チームのため”のものであれ。
サポの想いが「自分の鬱憤を晴らす」とか、「因縁の京都に対して怒り・恨みをぶつける」など、
そこに終始してしまうなら、それを良いサポートとオレは思えない。なぜならそれは「自分のための
行動」
で完結してしまうから。
モチベーションの核が「鬱憤を晴らしたい」でも「怒りや恨みをぶつける」でもそれは個人の自由だ。
ただし、サポーターの集合した場所に立ち、サンフレッチェ広島のサポーターとしてそこに立つならば、
自分のサポート行為は”チームのための”ものとして行動していこう。
モチベーションの核はなんでもいいけど、”チームのため”というサポートの足場は踏み外さずに闘おう。


■オレたちの”過去と未来”をつなげよう。
オレたちは京都に勝つためだけに降格した後の天皇杯やゼロックス、そして去年のJ2を闘ったのか?

それは違う。

サンフレチェが強くなるため闘ったんだ。Jリーグで上を目指し頂点に立つために、J2を闘いながら
その先を見据えて闘ったんだ。クラブも選手もサポーターも。

ならば、明日も同じだ。

あの入替戦の雪辱だけを考えて闘うべきじゃない。
もちろん「京都に勝つ」というのは重要なことだ。
でも、それもサンフレッチェが強くなるため、頂点に立つためのステップと捉えて闘おう。


過去は未来のためのもの。
過去は未来に活かしてこそ意味がある。



明日、西京極で京都に勝つことによってサンフレッチェはどうなるのか?オレたちサポーターは
どうなるのか?

京都にリベンジ?過去の屈辱を払拭?


そ れ だ け で い い の か ?
 
た っ た そ れ だ け で い い の か ?

こ こ ま で オ レ た ち が 頑 張 っ て き た の は そ ん な に 

安 っ ち ぃ  も の な の か ? 



あの入替戦の敗戦とJ2降格に対し、ひとつの区切りを付け、

上を見て闘えるステージ

に上がって行こうじゃないか。




あの入替戦での敗戦やJ2降格を、これからの未来のためのものにしよう。
その明日、その未来は誰かに切り拓いてもらうものじゃない。選手たちとともに、オレたちサポーターの
一人一人も参加して、みんなで創り上げていこう。




明日の試合に向けてモチベーションの低い広島サポなんかいない。
モチベーションの種類や高め方がちょっと違うだけだ。
みんなが「今日ここで勝つ!!!」と思い、90分どんな状況でも闘い抜けば、試合後にはきっと、
オレたち広島サポは、全員が同じ笑顔になっているはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

【トップ】自虐と誇り(第14節 vs神戸@広島ビ)

広島サポが腹を括るのにふさわしい試合だったなと。

===========================================================================
6月21日(日) 2009 J1リーグ戦 第14節
広 島 4-3 神 戸 (13:04/広島ビ/14,514人)
得点者:1' 服部公太(広島)、44' 槙野智章(広島)、46' 大久保嘉人(神戸)、50' 石櫃洋祐(神戸)、
66' 茂木弘人(神戸)、84' 柏木陽介(広島)、85' 佐藤寿人(広島)
===========================================================================

2点差つけても「勝った」と思っちゃいけないし、

そこから逆転されても「負けた」と思っちゃいけない。

オレたちのサンフレッチェはそんなチーム。

自虐でもあり、誇らしくもあり・・・ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ







ま、こういう試合はまたあるでしょー。

この試合の経験をもって、この先も強い気持ちでサポートしていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

【ユース】ユニバ代表にキハラくん

キハラくん入ったー!!!

【全日本大学選抜】第25回ユニバーシアード競技大会メンバー及びスケジュールについて
http://www.jufa.jp/modules/news/article.php?storyid=33


メンバー貼っちゃいますよ!

≪PLAYER≫ (20)
GK(3)
4年 河田 晃兵 福岡大学
4年 林 彰洋  流通経済大学
3年 岡 大生  駒澤大学

DF(8)
4年 中川 裕平 早稲田大学
4年 中山 友規 駒澤大学
4年 藤川 祐司 神奈川大学
2年 比嘉 祐介 流通経済大学
2年 山村 和也 流通経済大学
3年 森本 良  中京大学
3年 内野 貴志 びわこ成蹊スポーツ大学
3年 田中 雄大 関西大学

MF(6)
4年 木原 正和 阪南大学(←ココ)
4年 高橋 秀人 東京学芸大学
4年 千明 聖典 流通経済大学
4年 中町 公祐 慶應義塾大学
3年 山田 大記 明治大学
4年 伊藤 大介 順天堂大学

FW(3)
4年 三平 和司 神奈川大学
4年 三島 康平 駒澤大学
3年 永井 謙佑 福岡大学


できるだけ多く試合に出て活躍してほしいですねー。


ちなみに、メンバーを地域で分けると

関 東 (14名)
東 海 ( 1名)
関 西 ( 3名)
九 州 ( 2名)

こんな感じ。

関東が圧倒的におおいなー。

関西方面もがんばれー。


仔熊たちも関東の大学へ進学してるコも多いので、観に行きたいのう。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

【トップ】モチベパラドックス(ナビ第7節 vs磐田@鴨池)

「絶対に ” 1 位 で ” 突破したい」というモチベーションからして失敗だったか。

=============================================================
6月13日(土) 2009 ヤマザキナビスコカップ
磐 田 2-1 広 島 (14:01/鴨池/5,660人)
得点者:17' 前田遼一(磐田)、53' 前田遼一(磐田)、74' 佐藤寿人(広島)
=============================================================


■この試合では、それは浮わついたモチベーション。
高い所を意識することで、モチベーションを上げるという方法は確かにある。
でも、この試合において、「グループリーグを突破できるのが前提」で気持ちを高めるのは
間違いだったな。
まだ何も手にしてなかったのに。

ゴール裏には「イケるんじゃない?イケるでしょ?」という空気があったし、それに気付いて
いながら空気を変えられなかった。

ポジティヴに上を見てモチベーションを上げるのはいいが、この試合ではそれが浮わついた
モチベーションになっていた、と猛烈に反省している。


■芝生席+高い気温+勝てる気分=敗戦
という式は、自分にとってもこの鴨池が初めてじゃない。
2006年のC大阪戦@長居第二もそうだった。
J1残留を争う直接対決だったけど、広島は徐々に勝ち点を伸ばしJ1残留を掴みかけてた頃。
C大阪との勝ち点差も「11」。
「勝てるでしょ」、「残留できるでしょ」という”ぬわ~っとした空気”がゴール裏を支配してた。

この試合の記事を読み返して思い出したけど、C大阪戦の前の試合はホームでFC東京を
0-2からの5得点で逆転勝利した試合だったわ。
ホームで大勝していたってのも似てたわけだ。

鴨池でも、ホームの大宮戦(7-0)・新潟戦(5-1)を体験したサポが「勝てるよね♪」という雰囲気を創ってしまった。


■勝った後のメンタル
先月書いたこの記事と同じようなことを言いたい。

【トップ】広島のメンタルは強くなったのか?(第12節 vs山形@広島ビ)
http://inhale-sanfrecce.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/12vs-5485.html

ここで「勝ったあとのメンタルを鍛えよう」と述べたけど、鴨池はそれができてないいい例だったと思う。
広島サポは”逆境でのメンタル”は強くなったが、好調時は勝利を貪欲に目指す強いメンタルを
保てずに「勝てるでしょ?」と弛んでしまう。
鴨池の前の大宮戦・大分戦・新潟戦を2勝1分という好成績を収めたことで、広島サポは強い
メンタルを保てなくなった。
鴨池のゴール裏では、湧きあがり地を揺るがすような勝利への想いも闘志も感じられなかった。
来たくても来れなかったサポに申し訳ない。


■モチベーションパラドックス
帰りの車で、モチベーションを上げるパラドックスを考えた。

負けているとき→ポジティヴに気持ちを高める。

勝っているとき→ネガティヴに気持ちを高める。


不調の時は色々考えるとネガティヴな方向に沈むので、逆にポジティヴに気持ちを高める。
「オレらの声で勝たせてやろうぜ!!!」などと声でゴールが決まるわけでもないのに根拠も
ないことを言って戦意を高める。
でも勝ててないときはそれでいいと思うんだよな。

勝てているとき、好調の時は、ちょっと立ち止まって考える。
今日はどういう状況?どうやって勝つ雰囲気を創る?どんなサポートをする?

勝ってるときはそんなことを考えなくても勝てる気がするもんだ。
でも「勝てる気がする」ことこそがもっとも危険なことなんだ。

「自分たちのサッカーができなければ負けるかもしれない」と、敢えてネガティヴに考えてみて、
そうならないためにサポーターはどのように選手をサポートするか、サポーター同士で
どのように励まし合うか
イメージするんだ。
勝ってるときはそれを忘れがちで、試合中いざ劣勢になってからだと勢いを取り戻せないから、
鴨池みたいになってしまう。

やはり広島サポが「勝ち慣れ」にたどり着くには遠すぎる。


■鴨池はこういう入り方でもよかったのでは?
冒頭で自分の失敗を述べたけど、広島サポのこれまで反省を踏まえて試合に臨んでいたなら
違うモチベーションの高め方もあったと思う。

・何人かの選手を欠きながら、GL突破を自らの手で掴めるとこまでこぎつけた。
・若い選手の多い広島がこの状況であることは素晴らしいことだ。
・しかし、まだ何か大きなものを手にしたわけでもない。
・思い返そう。
・「ここを勝てば」という試合を、今までいくつも落としてきた。
・いくつもの悔しい想いを、今日ここで晴らそう。
・あの悔しさをみんなが忘れずに今日を闘えば、オレらが目指す場所に一歩近づけるぞ!!!
・さあ、みんなで選手を後押しし、試合後に勝者である選手たちを迎えてやろうぜ!!!

広島がけっして選手層の厚い強豪ではないことを認識する。
でも、その広島がGL突破に手をかけている。
さらに、自分たちが「ここぞ」というときに弱かったという経験を思い返し、今日はそうならない、そうさせないという気持ちを強く持つ。
その気持ちを持てば今日ここへ来た目的は達成され、さらに上に行く権利を得られるということを
心に据える。
そして、それができたあとの試合後をイメージ。到達したい目的地のイメージ。


マイナス思考からのプラス思考。

ネガティヴを基盤としたポジティヴ。

そして過去から未来。



こういう気持ちの高め方と固め方をしてもよかった。
いや、そうするべきだったとオレは思う。


■自分がなにをするか?
だから、こういうモチベーションの上げ方や、試合前の雰囲気の創りを自らがやるべきだと思う。
誰かに熱くしてもらうんじゃなく、自分がまわりを熱くするつもりで。
そんなに簡単なことじゃない。
でも、せめて自分に近いサポ仲間とくらいはこういう気持ちを高める言葉を交わし、試合前に十分に熱くなる必要がある。

問題点だけを挙げて、愚痴るだけのサポは嫌いだ。そんなダメサポちゃんとは本気で意見を出し合えない。
自分も愚痴るだけのダメサポちゃんにならないために、自分が何をやるかを考えた。


試合前のモチベーションを上げるために、以下の3つを実践する。

「今日の試合って、こういう試合だよね」
(現状を把握して、この試合を闘う意味を考える)

「だから今日はこういうサポートをしよう」
(この一戦を闘うのに、いかにサポートするかを考える)

「そして、試合後はオレたちはこうなっていたいね」
(そのサポートによって、試合後の目指す姿・風景をイメージする)


前述の鴨池での入り方は、この考え方を基にイメージしてる。
まず、自分がこの3つを実行する。まわりのサポが弛んでいようが、自分のモチベーションくらい
自分で上げるわ。
そして、自分に近いサポ仲間なら試合前にこういう想いを出し合って、考えや気持ちを共有できたらいいと思う。
すべてのサポが同じ想いになる必要はないけど、闘う気持ちを高め合うことはゴール裏ど真ん中では
義務だと思う。
完全にサポ全員の想いが一致することはないにしても、最小公倍数である「勝つんだ!!!」
というモチベーションをみんなが持てれば、広島サポは強くなれるはずだ。


「闘う気持ちで負けた」とか、「ふわっと試合に入ってしまった」というような選手のコメントを
今まで何度も聞いてきたけど、試合後のサポーターからも同じようなセリフを何度も聞いてきた。
二度とこんな言葉を聞きたくない。
少なくともこれからの自分は、試合後にこんなこと言わない。絶対に。

鴨池の日から今日まで考え抜いたことを今回の記事にした。
ここで述べたことを自分が実行できれば、この試合に意味を創れたとも思うし、選手にも
許しを頂けるかと思う。


■ウザくてごめんなさい。
これからの試合でオレの近くに来た人は残念ながらオレのウザさに嫌気が指すかもしれません。
でも強い気持ちで闘いたいってひとは一緒にバモりましょう。
本気で闘うひととならウザさとウザさと掛けて超ウザいバモを実行できるだろうし、それで選手にも
 サ ポ ー タ ー に も 影響を与えられると思うので。

さあ、今週末からリーグ戦再開だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

【トップ】自分が言えることこれだけだわ(カズのこと)

1日かけていろいろ考えたけど、このくらいしか言えない。


これからは「カズがいたら」という言葉は遣わなくてもよくなった。


カズが離脱したあとも「カズが戻ってきたら」ということを考えたりもしたけど、
もうそんなこと考えてる場合じゃないや。

もう腹くくってチームのサポートをするしかないなと。
特に若手を。


心を強く持って待つしかないしな。



「カズがいたら…のに」なんて言い訳にして闘うことはしない。


ひとまず今、自分が言えるのはこれだけだわ。


あと、なんか願掛けでもするかな。




【森崎和幸選手について】(広島公式)
http://www.sanfrecce.co.jp/news/release/?n=3042

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

【他クラブ】しょぼーんvs寿人

この場面を見てすぐに「誰か動画upしてくれんかのうwww」って思ってたんだけど、
見つけたー♪


3/25(水)ナビ杯 広島(1-0)浦和@広島ビより
【ナビスコ杯 直輝vs寿人】




直輝くんwwwww




直輝くんwwwww





直輝くんwwwww









(´・ω・`)





こ の 顔 w w w w w 
 






まー、普段から

09  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうなんだけどw



しょぼーんな顔でプレーは超デンジャラス。
危険なエリアにスパーッ!!!と入ってくるよね。
G大阪のシュートシーンは危なかったもんなー。

7月の対戦が楽しみではあるけど、、、

山田直樹・・・おそろしいコil||lii

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

【トップ】洋次郎の聞き流せない言葉(ナビ第6節 vs新潟@広島ビ)

この試合後のコメントで、洋次郎が軽くは聞き流せないことを言ってる。

============================================================================
6月7日(日) 2009 ヤマザキナビスコカップ
広 島 5-1 新 潟(13:00/広島ビ/9,473人)
得点者:4' 松下年宏(新潟)、7' 高柳一誠(広島)、13' 中島浩司(広島)、44' 柏木陽介(広島)、
72' 佐藤寿人(広島)、86' 大崎淳矢(広島)
============================================================================

●高萩洋次郎選手(広島):
今は、自分が高校2年の時の(黄金時代だった)広島ユースの時と同じような感じ。点もとれているし、
チャンスもつくれているし、楽しくサッカーをさせてもらっている。続けてやれればいいけれど、
そんなに上手くはいかない(笑)。



> 広 島 ユ ー ス の 時 と 同 じ よ う な 感 じ 。



洋次郎が言うのは2003年のことだと思うけど、クラセンとJユース杯の2冠を獲った年よね。
その翌年は洋次郎がトップ昇格した後だけど、クラセンと高円宮杯の2冠。
「黄金時代」というのは観る側の勝手な表現だけど、この2年に在籍したユース選手は「自分たちの強さ」「どうやれば勝てるか」を知っていて、そして「日本一の味」を知っている。

2003年、2004年の両方もしくはどちらかを経験してる選手は、洋次郎・一誠・良太・昭大・くわしん、
槙野・陽介、りゅう。
今のトップチームにはこれだけいるんだけど、そのことが生むメンタルを持ってJ1を闘えれば、
強くなれる。



まぁ、洋次郎が言ってるとおり、


>続けてやれればいいけれど、そんなに上手くはいかない(笑)。


んだけどねwww


しかし、まぁ、彼らにはあの頃の感覚やプライドをしっかり持って闘って欲しい。



まだ若いけど、彼らがチームの中心として闘うことがサンフレッチェが強くなることに繋がると
オレは思うんよね。

この洋次郎の言葉が、彼らみんなの口から出るようになるのが待ち遠しい!!!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

【槙野】今日も明日も売り出し中!!!

広島サポには有名な話だけど、代表に選ばれることで再び語られるエピソードw

6/9【槙野は隠れ”岡田チルドレン”】(中日スポーツ)
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/soccer/news/CK2009060902000126.html
 広島でプロ4年目を迎える槙野だが、プロでの初試合は“岡田マリノス”で迎えていた。槙野が広島ユースから昇格した06年、開幕前の練習試合で対戦した横浜Mにけが人が出たため、出番の無かった槙野が急きょ横浜Mにレンタルされ、出場することになった。当時、岡田監督が指揮をとっていたマリノスで、思わぬ形で“プロデビュー”した槙野は、本来のチームメートを相手に好プレーを連発。試合後、岡田監督から広島の小野剛監督(現育成担当技術委員長)に「ぜひマリノスにきてくれ」と獲得オファーを送られるオマケもついた。 今回の代表招集で、4年ごしのラブコールが実現。岡田監督も隠れ“岡田チルドレン”との再会に「あの時の選手はお前だったのか」と驚いたという。


>あの時の選手はお前だったのか



岡田さん、覚えていたわけではなかったのかwww



【槙野】岡ちゃんのあの言葉がいよいよw
http://inhale-sanfrecce.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-0901.html
岡田監督就任の時点で槙野の日本代表召集期待してたオレは先走りすぎだったんだなw




そしてもうひとつ。
俊輔さんとの絡みはすでにブログでも語られ、J’sGOALにも写真が載ってたけど、闘莉王との絡みが記事にもなってないので心配してたんだけど、やっときた。


6/9【槙野、闘莉王魂でレギュラー獲り/W杯予選】(サンスポ)
http://www.sanspo.com/soccer/news/090609/scc0906090503002-n1.htm

代表常連のDF闘莉王からも、「闘魂」を注入された。アーリークロスからのヘディングシュートでは、大先輩と決定数を勝負。「真の『DFW』を決めようと、闘莉王さんにもちかけられました」。『DFW』とは、FW並みの得点能力を誇るDFのこと。6ゴールずつで引き分けたが、昨季J1で11得点、代表通算4得点の闘将の実力を肌で感じ取った。

 岡田監督は「ポジショニングとかまだ、なじんでいない。若いから慌てないでいい」と槙野を評しながらも、「攻守ともにポテンシャルを感じる」と期待する。闘莉王も「ハートの強い選手。まだまだ伸びるよ」と古巣・広島の後輩にエールを送った。

>「真の『DFW』を決めようと、闘莉王さんもちかけられました」。


つД`)・゚・。・ ・*:.。




>闘莉王も「ハートの強い選手。まだまだ伸びるよ」と古巣・広島の後輩にエールを送った。



つД`)・゚・。・゚゚・*:.。




憧れの選手から・・・

闘莉王、おまえ(ちょっとだけ)いいやつだな・・・



試合に出てなくてもこんなふうに記事になるなんて、槙野ってほんと「毎日が特売日」みたいな男だと思うわw




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

【槙野】日本代表トップクラスであるはずのポジショニングに問題があるだと?

U-18~20の頃も「試合に出なくてもコメントが載る」槙野でしたがw
A代表になってもその立ち位置を築きつつあります???w

つかJ’sGOALの中のひと誰???



前回の記事で槙野のポジショニングは日本代表トップクラスだと書いたのに、
http://inhale-sanfrecce.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-b11a.html
岡田監督にとってはそうではないようだ。



【ワールドカップアジア最終予選 日本 vs カタール】6/8練習後の岡田武史監督(日本代表)コメント(09.06.08)
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00083994.html

============================================================================
(Q:槙野智章選手<広島>コメント の伸び具合について)
まだ初めてですし、公式戦で使うチャンスがなかなかない。ディフェンスのポジショニングに問題があるが、若いので焦る必要はないと思っています。
============================================================================


>ディフェンスのポジショニングに問題があるが、

>ディフェンスのポジショニングに問題があるが、

>ディフェンスのポジショニングに問題があるが、

>ディフェンスのポジショニングに問題があるが、

>ディフェンスのポジショニングに問題があるが、



>ディフェンスのポジショニングに問題があるが、  



言 わ れ た w w w 


まー、代表でそこを学んで来てくれればこれほどありがたいことはない。
1対1の強さはあるんだから、ポジション取りがうまくなったらほんとに代表ですよ。


============================================================================
(Q:槙野のムードメーカー的な役割について)
当然チームにとってありがたいが、ムードメーカーだからといって代表にはなれない。プレーで評価している。その中で明るいということです。
============================================================================


>プレーで評価している。


よしよし。嬉しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

【槙野】槙野は日本代表でトップクラス

こ の ポ ジ シ ョ ニ ン グ の 素 晴 ら し さ w 

 

楽しそうに水かけてるw 
090606_5

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

日本代表W杯1番乗り!4大会連続出場決める (サンスポ) 



後列ながらほぼセンターゲットwww
090606jsgoal  

 

  

 

 

 

 

 

 
(J'sGOALフォトニュース) 

髪が赤いからこそ発見できるwww
090606jsgoal_3   

 

 

 

 

 

 

 

  

 

(J'sGOALフォトニュース)

ここで俊輔の隣ってwwwww 090606_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(J'sGOALフォトニュース)  

この写真撮りにウズベキスタン行ったん???wwwww



どれもこれもすごい(ベンチ外の選手がここまでw)。

日本代表に呼ばれていろんなものを吸収し成長していく槙野。


すでに 位 置 取 り については日本代表トップレベル。


サ ッ カ ー に 活 か し て く だ さ い ( 笑 ) 



最終予選はあと2試合、目に見えるほどの成長を遂げて帰って来ておいでー!!!





※なんだこのお調子者は!!!とお怒りのみなさまへ
2006年アジアユースで、翌年のU-20W杯出場権を獲得した試合でメンバーがサポーター
と喜んでる中で自分だけドーピング検査に呼ばれたため、その歓喜の輪に入れなかった男です。
かわいそうなヤツなので、このはしゃぎっぷりは大目に見てやってくださいー!!!

ほら、この写真槙野いないwww
061106




  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【トップ】底上げおっさん祭(ナビ第5節 vs大分@九石ド)

やっぱり強いクラブになるのに、控えにまわってるメンバーの成長・充実は重要。

いい自信を持てたと思うわー。選手もサポも。

===========================================================================
6月3日(水) 2009 ヤマザキナビスコカップ
大 分 2-2 広 島 (19:30/九石ド/9,771人)
得点者:30' 家長昭博(大分)、39' 橋内優也(広島)、59' 平繁龍一(広島)、78' ウェズレイ(大分)
===========================================================================

だいたいこんな布陣だったんかな?

----丸谷----
--航平--一誠--
楽山-----ハンジェ
--トモ---つば--
盛田--中島--橋内
---- 原 ----

HT  丸谷→りゅうたん
64分 航平→淳矢


普段がんばってる男が成果を見せてくれるのはほんと嬉しい。

で、それをチーム全体で喜んでいることがさらに嬉しい。

底上げ底上げ。おっさん祭。


ウェズレイにおめでとうって言われたハシはほんとよかったなー。


これが後々に活きてくるよー。

クラブにもチームにも選手にもサポにも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

【槙野】初代表のキリンカップ行ってきた。

や っ ぱ り 出場なしかw

「もしかしたら…出るかもw」くらいには期待してたんだけどwww

============================================================================
5月31日(日) キリンカップサッカー2009
日 本 4-0 ベルギー (19:20/国立/42,520人)
得点者:21' 長友 佑都(日本)、23' 中村 憲剛(日本)、60' 岡崎 慎司(日本)、77' 矢野 貴章(日本)
090531
 

 

 

 

 ============================================================================

朝4時起きで国立に向かい、7時半に国立(代々木門)着。
シート貼りをして、朝ごはん。9時半に列整理で一度戻り、列整理後はまた都内をぶらぶら。
スタバに寄ったりしてたんだけど、そろそろ国立に戻ろうかとしたころから雨脚が強くなるw
代々木門の列に戻ると水たまりwww
開門まで1時間は雨の中。開門後は席も一列目を取れてコンコースで雨宿り。
いやー、ここまでで十分長い一日でした(ノ∀`)


アウェイ側で3人で観てたんだけどアップする槙野は遠くてよく見えなかった。
でも、なんか張り切ってアップしてる感じがしたので、
『もうベルギー側で出ればいいんじゃない?』
『それで、ベルギーの監督から「うちで修行しないか?」と声をかけられるとかwww』
なんて話してたわけだ。

試合後の挨拶のときは槙野を近くで見れたよー。
090531_2  

 

 

 

   

他の選手と笑顔で話しながら歩いてたぞ♪これは山田直輝くんとKYさん(笑)だろうか???
KYさんには同部屋でお世話になったようでw


いやー、でもほんとすごい、槙野が代表なんてw

槙野ほんとにここにいていいの???って感じがまだ拭えないwww


で、何気に感動したのがこれ。

090531_2 

 

 

 

 

 

 

槙  野  幕(日本代表)  

090531_3    

 

 

 

 

 

 

  

満 員 の 国 立 に 槙 野 幕 ( 日 本 代 表 ) が !!!

ここ張っていいの?ほんとにいいの(*´д`* )???

って感じだった(笑)

この日本代表槙野幕は2005年(U-18)時代から出してもらってるもので、アジアユース@インド・
U-20W杯@カナダにも出てた幕。
自分が初めて観たのはたぶん2005年のSBS杯の時だったと思うんだけど、あの幕がこの
満員の国立に張らせてもらってるなんてつД`)感動・゚・。・゚゚・*:.。
自分が出してるわけじゃないけどなwww


キリンカップの2試合では出場機会は与えられなかったけど、オレはかなり感動してるw
間違いなく槙野が前進してるので。







さて、この試合のあとネット上でよく目にした書き込みだが「使わないなら呼ぶな」なんて
オレは思わんけどな。


隊長が4行で書いているけど、オレは文章も下手だしうまくまとめられないのでダラダラ書いちゃったり。


槙野が代表の場で学び、自分を成長させている。代表選手とコミュニケーションを取って
自分をアピールしている。これはこの先も代表に選ばれ続けるための彼自身の努力。
”使わないなら”という前提で言うにしても 「 呼 ぶ な 」 というのは彼のそういった
努力を否定してるのと同じじゃないか?


槙野自身のコメントがこれ(J'sGOAL)

●槙野智章選手(広島):
「非常にいい経験をさせてもらっている。今までトントントンときていた時に、こういうところ
に呼んでもらって、ここで、このままじゃいけないと教えてもらっている。自分の鼻をへし
折られていて良い経験になっている。全ての面でへし折られている。もうワンランクツーランク
あげていかないといけないと思う。ベンチにいても学ぶことが多い。チームで出れないのと
代表で出れない状況では、意味合いが違う」
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00083557.html


コメント読んでワロタw
この試合を一緒に観戦した友達のおんなのコふたりが試合直後に、このコメントのまんま
のことを言ってたんだからwww
このコらは本当に槙野のことを思ってくれてるなーと感心&感動w


槙野お得意のよそいきコメントかもしれんけど、本人の頭の中にはこういった考え方が
あるということ。
こういう考え方ができるひとは成長するよね。
試合に出ようが出まいが成長する。
もちろん試合に出ずとも得られるものと試合に出て得るものは異なるだろうけどね。




ここからは サ ポ ー タ ー と し て 突き詰めた話だけど。

そもそもね、「使わないなら呼ぶな」という理由はなんなんだろー?

例えばこういうものかな?

■槙野を見たいんじゃーボケー!!!
「自分が見たいから出せ。出さないなら呼ぶな」とはなんと自分本位なwww

■試合に出てこそ成長するんじゃーボケー!!!
そんなことお前が決めんなw

■フィールドプレイヤーで槙野だけ出場ナシって嫌がらせか!!!
日本代表にそんな余裕ないってwwww
それをそう捉えるかwww


こういうのはどれもサポーター的じゃないんだよなー。

考え方の基準は

この状況が 槙 野 に と っ て どうか???

ということで、「どうか?」を判断する一番手は槙野本人だよ。

そしてオレはこの状況の槙野を応援したいと思う。


前述のおんなのコサポふたりはこれが分かってるわけだが。

つか「あたしら別にサポじゃないしw」って絶対言われると思うけどwww

(自称)ギャルサポらしいからwww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »