« 【トップ】「熱さ」を間違えちゃいけない。新たなステップへ(第21節 vs神戸@神戸ユニバ) | トップページ | 【サポ】ビッグアーチは日本一 »

2009年8月21日 (金)

【トップ】足並み揃えて(第22節 vs大分@広島ビ)

選手とサポーターが引っ張り合ったり、押し上げ合ったり、励まし合ったり、喜ばし合ったりという
素敵な関係が今築かれつつあるような気がする。
サポーターは試合内容に不満はあれど、納得し、共に闘えている実感はあるのではないだろうか?

======================================================
8月19日(水) 2009 J1リーグ戦 第22節
広 島 1-0 大 分 (19:04/広島ビ/10,951人)
得点者:22' 高柳一誠(広島)
======================================================


京都戦・磐田戦・浦和戦の3連敗のあと、現実的な(広島らしくないと言うひとも居るかもしれない)
闘い方を選択できるようになり、以降5試合を3勝2分(勝ち点11)。
常に主力選手の誰かが欠けている状況でよく凌いでいるし、いや、凌ぐどころか1試合あたりの
勝ち点は2.20点だ。
試合については、各個人の感想としてどう思われるかは別として「サンフレッチェはひとつステージを
上げた」と考えていいと思う。
(この試合で16位との勝ち点差が「12(残り12試合)」。今季はもう”残留”よりも上を見て闘っていい。)


前節・神戸戦では、拍手も無しで選手を迎えるスタンスの人もいたし、もちろん、選手を拍手で迎える人もいた。サンフレッチェコールで選手を見送ることもできた。
各々のサポーターの「下位相手に取りこぼしてたら上に行けないんだ!」も「このチーム状況でよくやってる!」という想いどちらもその通りだと思う。
ここで選手を叱り付けるような声をかけるのも、選手に「これでいいよ」と賞賛するのもベストじゃない。
難しい状況だと思ったし、事実、自分もどう対応するかは悩んだ。



今のサンフレッチェの状況なら、まずは「選手と想いを共有する」ことを優先するといいと思う。
選手は今、自分たちの状況に手ごたえを感じている。
まずは、サポーターもその手ごたえを共有しよう。
「よくやっている。成長を感じる。」と。
そこをひとまず共有した上で、次のレベルを求めよう。
リーグ戦およそ半分とナビスコ杯を経て、(やっと)1つステージを上げたところだ。
そこで間髪いれずに「もっとレベルアップしなきゃ!!!」と発破をかけるのは闘うものとして間違いじゃないが、段階をすっ飛ばしてる。
気持ちを揃えるべき。足並みを揃えるべき。


「自分たちの成長を認めてくれているサポーターがいる。」

ということが選手に伝わってこそ、

「そのサポーターが自分たちのさらなる成長を求めて応援してくれる。」

と正常なステップを踏んで進んで行ける。


さあ、次のレベルを目指そうぜ!!!と。

幸い、選手も今の状況に対して手放しで喜んでないし、改善しようと意欲を見せている。
このウザイ系ブログの毒者の方なら試合後の選手コメントは目を通していらっしゃるだろうけど、
選手がその試合、今の状況をどう感じてるかと読み取りながら、選手とともに進むためには
どういうサポートをするのがいいのか?どういう声をかけるのがいいのか?を考えていこう。
いかなるサポートで選手を気持ち良くさせて、選手のモチベーションを高めるか?

ひとつの手ごたえを感じられる今だから、選手の気持ちを知り、選手の考えを知り、選手の意欲に対してサポートを足してあげる。そういう足並みの揃ったサポートをしよう。
チーム状況は苦しいけど、こういう考え方をしていいほど、ボクは今の選手とサポーターの関係は
良好だと感じている。


中2日でもう明日は試合だ。
また、選手たちとともに、広島サポーターの仲間たちとともに一歩進もう。











|

« 【トップ】「熱さ」を間違えちゃいけない。新たなステップへ(第21節 vs神戸@神戸ユニバ) | トップページ | 【サポ】ビッグアーチは日本一 »

トップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【トップ】足並み揃えて(第22節 vs大分@広島ビ):

« 【トップ】「熱さ」を間違えちゃいけない。新たなステップへ(第21節 vs神戸@神戸ユニバ) | トップページ | 【サポ】ビッグアーチは日本一 »