« 【サポ】オレたちを邪魔する者(第24節 vs山形@NDスタ) | トップページ | 【ユース】ユースの応援こそサポートの基本(高円宮杯GL vs大分@西が丘) »

2009年9月 2日 (水)

【トップ】8月が終了し、立ち位置や目線を確認する(第24節 vs山形@NDスタ)

8月終了時をボクは目安にしてたんだけど。
【トップ】浮かれずに”目安”を確認(第18節 vs千葉@広島ビ)
http://inhale-sanfrecce.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/18vs-ac48.html

残り10試合で、16位との勝ち点差を「10」を付けるという目安は十分達成。


3位 広 島 勝ち点40
 ・
 ・
 ・

16位 千 葉 勝ち点22



残り試合は「10試合」で、勝ち点差は「18」。
これをひっくり返されることはまず無い。

ネガティヴなボクがそう言えるくらいの状況まで来れたわけだから、ポジティヴな人は来年の
ACL出場へ向けてパスポートの期限を確認したり、申請なんかしてるでしょうねwww


=============================================================
8月30日(日) 2009 J1リーグ戦 第24節
山 形 1-2 広 島 (18:04/NDスタ/10,206人)
得点者:62' 高柳一誠(広島)、71' 古橋達弥(山形)、80' 佐藤寿人(広島)
=============================================================


ナビスコ杯であんな悔しい敗退の仕方をしたため、公式戦の無い週末が来ますね。
気を張り詰めて闘ってきたサポも、山形戦の振り返りと、ここでひと休みして今の広島のことを考えてみるのもいいかなと。


■勝ちたい気持ちを比較
試合前に比較してみた。
「対面の山形サポ、あいつらと今のオレとどっちが”勝ちたい”と強く思ってるだろうか?」
「6月末からの3連敗(京都・磐田・浦和)の後の自分の”勝ちたい”という気持ちは今の自分とどっちが強いだろうか?」
今の順位と、ここ数節の戦績のせいで”勝ちたい”という気持ちが弱まってないかと。
「勝った後のメンタル」が鍛えられてない広島サポにとっては今の状況は危険と感じたんだよな。
”勝ちたい”気持ちが負けてたら勝てない。今の順位は5位なのに、そんな気持ちで負けるようなサポーターでは選手に申し訳ない、恥ずかしいと。
ただ、自分の周りの数人に声をかけてみたけど、わざわざそんなこと言うまでもなくみんなギンギンに気合入ってたわ。
よく我慢して、サポートしてしっかり勝ちを掴むサポートをできたと思う。
これからも勝ちたい気持ちを強くし続けて闘っていこう。


■手拍子
試合中に思ったんだけど。
アウェイでサポの人数も少なかったせいか、手拍子がうまく合ってたと思う。
チャントを唄ってる最中の、アップテンポとスローテンポの切り替え。手拍子⇔跳ぶの切り替えも。
やっぱりそれらが揃った方が一体感も出るし迫力も増すよね。

普段、こういう切り替えがうまくいかない理由に「サポがピッチばかり見てる」ってことがあると思うんよね。
広島サポって、バモってる最中に「コールリーダーの動きや周りのサポの動き」を見てない人が多い。
それを見て、そこに気を配れば、応援を合わせることもやりやすくなるんだけどね。
周りのサポを見て応援を合わせよう。


■あとひと押し
前半はシュートが2本で、数自体が少ないんだけど、今後も守備を固めてくる相手は増えると思う。
でも、ボールを持てる分、攻めている時のチャントやコールが長く続くこともある。
山形戦で気づいたのは、ずっと攻めてシュートを撃って、跳ね返されてボールを持ち直してまたシュート撃ってっていうシーンで、徐々に声を失うサポーターもちらほらいたりする。
ああいう場面で止めんなよ、声を。押し込もうぜ、声で。
実際のとこ、声でゴールは決まらないんだけど、「オレらの声でゴールに押し込んでやる!!!」という気持ちで最後まで出し切ると「ゴールが決まった」じゃなくて「ゴールを決めた!!!」と思えるんだよな。選手と一緒になってゴールを決めた感覚はやばいクスリですよwもう離れられないwww
そう、オレらの声で、選手の頑張りに「あとひと押し」をしてやろう。


■上と下の勝ち点差
3位に上がりました。
4位清水とは勝ち点で並び、得失点差でも並び、総得点を1点上回っての3位です。
それでも首位の鹿島とは勝ち点差「10」ある。残りは10試合。
下の順位に勝ち点10差というと、14位大宮なんだけど。
1試合平均2.08点の勝ち点を積み上げる鹿島と、それが1.25点である大宮とはこの先の獲得勝ち点も違うだろう。
1試合平均勝ち点で計算すれば(中位のダンゴ状態もあり)、大宮に追いつかれる可能性はそんなに高くは無い。
でも、1試合平均2.08点を稼いでいく鹿島に追いつける可能性はもっと高くない。
直接対決も終えているので、差を縮めるのは他者にも頼らないといけないわけで。
残留争いは考えなくても良くなったけど、優勝争いは ” ま だ ” 現実的ではないと思う。


■我慢したのは選手だけ?
ケータイサイトのミシャのコメントを見て笑ったわw

「一歩前進するために違う領域に行こう。つまり、しっかりと守りができるチームであることを証明しよう、と。」

や っ と か w w w w w 

「2年間も待たせやがって…」という木暮のセリフが口をつくくらい待ちくたびれたぞw
「もうちょい守備の練習すれば…せめてセットプレーだけでも…」と思い続けたけど、やっとここまで来れたのかw
ミシャは選手たちに「我慢しなさい」と言い続けてるみたいだけど、サポもかなり我慢してきたと思うぞwwwww


■チュンソン加入・2年以内のタイトル獲得の条件
1月にこんなこと書いてた。

【トップ】新加入選手コメントで思ったことを書いてみる。
http://inhale-sanfrecce.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-88e3.html
>この2年でタイトル獲得、ACL出場権獲得を実現しようとすると、今季は残留だけでは間に合わない。
>内容の伴う勝ち方をして、Jリーグのなかでも注目されないといけない。
>「広島でプレーしてみたいな」と他クラブの選手たちから思われるようにならないと。
>そうでなければ今季終了後の有力選手の獲得も思う通りにはいかんしな。

今季終了後まで待たずにチュンソンの加入。これでひとつ目の成果を出せたと判断していいと思う。
このコメントを読んだときは心が震えたもんな。

Q:この時期に柏からの移籍を決断するには、様々なことを考えたと思うのですが、最終的に移籍を決断した理由を、もう少し詳しく教えてください。
「いろんな要素がありますが、今思うに、自分は前から広島のサッカーが好きだったし、個人として広島のサッカーが一番合うんじゃないか、と思っていたんです。もしJリーグの中で移籍するのなら、広島に行きたい、と。(J'sGOAL)
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00088321.html

タイトル獲得へ向けて選手層の面でも成長しているという実感がある。
一誠も今季3ゴール目を決めたし。ツバちゃんもたびたび試合に出てくるようになったしね。


あ、チュンソンのコールは「イ! チュン!! ソン!!!」でしたね。ハンジェと同じだが。
小耳に挟んだ話だと本人の希望なんだとか。




まー、浮かれないように意識しつつ、幸せを感じられる状況にあると思うんよね、今の広島サポは。
ただ、広島サポが意識しないといけないのは「選手を幸せにすること」。

今季の陽介の頑張りには本当に頭が下がるし、なにより寿人をどうにか日本代表に復帰させたいんだよなー。まずは得点王に押し上げて…。
ビッグアーチを紫に染めて、大観衆の中でプレーさせてあげて、お給料も上げてあげたいし…。天皇杯も勝ち進んで若手選手の試合出場機会も増やしてあげて、タイトル獲得経験もさせてあげて…、そろそろうちの選手も「はーいやべっち」を越えて「なべっちF.C.」もなー。

まだまだやることいっぱいだ。
今くらいでほわほわ幸せに浸ってる場合じゃないよね。



|

« 【サポ】オレたちを邪魔する者(第24節 vs山形@NDスタ) | トップページ | 【ユース】ユースの応援こそサポートの基本(高円宮杯GL vs大分@西が丘) »

トップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【トップ】8月が終了し、立ち位置や目線を確認する(第24節 vs山形@NDスタ):

« 【サポ】オレたちを邪魔する者(第24節 vs山形@NDスタ) | トップページ | 【ユース】ユースの応援こそサポートの基本(高円宮杯GL vs大分@西が丘) »