« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

【トップ】2009年のサンフレッチェを漢字で表す

[ ゆく年くる年:今年の漢字 広島 ]
http://www.jsgoal.jp/photo/00055300/00055388.html
0912312009jsgoal主力中の主力といっていい森崎和幸・浩司兄弟が病気のため長期離脱。
後半はストヤノフやミキッチ、青山敏弘までがケガのために試合に出られ

ない。しかし、それでも広島はひるまず、昨季J2を席巻した「自分たちの
サッカー」を貫いた。自分たちの意思でボールを自在に動かし、仲間たち
のために走りながら20数本のパスを繋いで相手の守備ブロックを突破、
ゴールを奪う。ピッチの上で若者たちは快活に躍動し、その躍動の開放感
にサポーターもまた躍った。J1復帰初年度クラブの最高位=4位まで躍進
した広島は、来季はより高い場所を目指す。もちろん、ベースとなるのはペトロヴィッチ監督と選手たちが4年間、大切に育んできた「自分たちのサッ
カー」だ。Text by 中野 和也




なかのさんは【 躍 】だそうで。


自分も考えてみた。

うーん。

これかな。

0912312009_2














2009年サンフレッチェ 今年の漢字は【 越 】

■過去の記録越え
2005年からの通年制になってからの最高順位に到達と最高勝ち点獲得。

■浦和戦10年ぶりの勝利
1999年を最後に勝てなかった浦和にナビ杯とリーグ戦ホームで勝利。
超えられなかった壁を越えた。

■J1復帰クラブ初年度の最高順位と最高勝ち点
まー、これは降格があってのものだから嬉しいことではないけど。
過去の記録を越えたってことで。

■リーグ戦4位に入り、ACL出場に可能性を残して年越し…
もしかして…来年はオレたち海を越える???


来年は、躍進とか越えるという「下のランクからの…」を意味しない漢字を選びたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)

【移籍】大分サポさんの想いを背負うような気持ち

北京五輪代表でもあるけどオランダWユースだって出てた。
J1でも、もう118試合も出てるんだな。すげー。

【西川周作選手 大分トリニータより移籍加入のお知らせ】(広島公式
http://www.sanfrecce.co.jp/news/release/?n=3412
このたび、大分トリニータからサンフレッチェ広島に移籍することになりました。魅力ある
サンフレッチェのサッカーにひかれたことが、広島への移籍を決意した一番の理由です。
ペトロヴィッチ監督の下、楽しいサッカーをしながらも、しっかりと結果を求めていきたいと
思います。広島のサポーターの前で、早く自分のプレーを見せられるように頑張ります。
応援をよろしくお願いします。


【西川周作選手 サンフレッチェ広島へ完全移籍決定のお知らせ】(大分公式)
http://www.oita-trinita.co.jp/information.php?_mode=detail&id=4153
◆大分トリニータ西川周作選手のコメント
 「大分でユースも入れて8年間本当にお世話になりました。試合に出場した時はもちろん、
ケガをした時や成績が悪い時も応援をしてくれたのは、大分のサポーターの皆さんでした。
今回、このような形で移籍をすることは、自分にとっても大きな決断でした。これまで皆さん
からいただいた恩を忘れずに、新天地となる広島で日本代表という目標に向かって努力し、
大分のサポーターの方にも僕の活躍で喜んでもらえるように頑張ります。常に大分で育った
という気持ちを胸に、一プロサッカー選手として成長した姿を見せたいと思います。そして、
いつか大分に成長した姿で戻ってくる日を楽しみにしています。これからも西川周作を応援
してください。ありがとうございました。」




いろいろ記事はあったけど、ついに決まったねー。
この移籍の経緯を考えるとちょっとした悲しさもあったり。
大分の経営の問題があり、降格があり。
もちろん周作の加入は嬉しいんだけど。

経営の失敗によって生え抜きの主力選手を手放さなくてはいけなくなるとか、悲しすぎる。
将来うちがそういう状況にならないように、今回の移籍についてはただ戦力upということだけでなく、
覚えておかなくてはいけないことがあるなーと。

Jr.ユースから在籍したクラブを離れることはかなり大きな決断だと思う。
自身が望んだ移籍じゃないかもしれないけど、移籍したからにはここで成長しないとね。
その後押しをオレらもやってかないとな。大分サポさんの想いを背負う感じだ。
広島でのコメントには「日本代表」や「W杯」という言葉は入れてないけど、当然それは強く意識
してると思うから、そこを目指して頑張って欲しいね。


イリアンから右サイドのミカに精度の高いロングフィードがスパーーーーン!!!と通るシーンが
今季見られたけど、周作なら同じようなことやっちゃうんかな???w

まー、とにかくすごい補強だわ。これは。











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

【トップ】2009年最も印象的なゴール=MIG(The Most Impressive Goal)

毎年勝手に選んでるMIG(・∀・)!!!

MOTTOMO INNSYOTEKINA GOAL(Most Impressive Goal)ですよー♪
( もっとも     印象的な     ゴール )

候補は公式戦77ゴール(リーグ53・ナビ杯17・天皇杯7)の中から、まー色々ありますが。
「美しさ」とか「カッコよさ」ではなくて「印象の度合い」で選びますよ!!!
で、今年は無理やり順位を付けてみようかなと。



■3位 J1第1節 横浜FM 2-4 広 島(日産ス) 槙野智章
J1復帰3分で早速失点した後に同点に追いついたゴール。よっしゃやったるでー!!!
という気持ちを持つことができた貴重なゴールだったなと。

■2位 J1第28節 清 水 1-1 広 島(日本平) 佐藤寿人
最後の4試合(1ヶ月間)ゴールの無かった寿人のために「声でゴールに押し込んだる」と
仲間と言い合った試合。帰宅して映像を見ると、GK山本海人の脇辺りに触れながらグンッ
と押されたようにゴールの中に転がり込んだゴール。これゾクッとしたわ。はい言霊力。

■印象的ではあるが外す J1第34節 広 島 4-1 京 都(広島ビ)佐藤寿人(2点目)
悲しすぎるゴール。てゆかゴールパフォーマンス。ごっそり持っていかれたわ。あれで空気が変わった。


■2009年Most Impressive Goal
 J1第17節 浦 和 2-1 広 島(埼玉ス)佐藤寿人


やっぱりド・アウェイで決めるゴールは格別。このゴールね、赤く染まる埼スタゴール裏に
向かってぶっ刺した感じのゴールなんよね。しっかり腰を入れて正拳突きを喰らわしたっつうか、
槍でぶち抜いたっつうか。オレらが寿人と一緒にゴールにぶち込んだ錯覚をするようなゴール
だったんよなぁ。向こうのゴール裏の赤が沈黙。最高に気持ち良かった。粘ってボールをキープ
してアシストした陽介にも感謝。
このゴールが寿人の広島在籍での公式戦100ゴールってのもあり、猛烈に感動した。
寿人のこれまでのゴールシーンのいくつかがその瞬間に思い出された。不思議とその中で
一番鮮明な映像を思い浮かんだのは2005年33節の神戸戦3点目だったわ。
寿人のチャントを初めて唄ったあの試合。このゴールの時も真っ赤な埼玉スタジアムで誇り
高く寿人のチャントを歌うことができた。この先、何度も何度も唄うことになる寿人のチャント。
できるだけ多くそのチャントを唄えるよう、これからもサポートを頑張らんとな。



来季も多くのゴールを選手と一緒に決めていきたいっすね。
さらにさらに頑張りましょう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ユース】Jユース杯のネタ駄々流す

Jユース杯のことをあとちょっと。
なんか最近うまく文章がまとまらんので駄々流しになるけど。


■長居に仔熊OBたち
実はJユース杯の楽しみのひとつであるw
関西圏に進学した仔熊OBが毎年誰か来てくれたりするので。

091227jsgoal











http://www.jsgoal.jp/photo/00055500/00055528.html

池田康平(東海大)、宮原大輔(広島大)、宮本将(関西大)。
あ!!!うっちーゴメン!!!wなんだ[次のフォト]ってwwwww
金山隼樹・松田直也(立命館大)の2人も来てた。
大輔の爽やかさは相変わらず。将が今風のモデルみたいになってたりw
短いながらもちょっと喋れたりして嬉しいもんだ。
金山くんとも話したんだが、「吉田町の人にも挨拶したいっす!」って。
お世話になった人たちにちゃんとご挨拶に伺う立派な大人になってます。

中には大人しく観戦できないOBもいるけどな。



■佐藤寿人強化部長も視察に
しかも寿人さんまで来てるw
ほんとこの方はどんだけ広島が好きなんだろうかと。
最優秀育成クラブ賞は広島が受賞すべき(`・ω・´)!!!の人だからな。
うちの育成の部分も気に入ってくれていて、本当にありがたいお方だ。
つか、たぶん寿人は引退後にユース監督の座を狙ってるんじゃないのかとw


■ユースを応援するサポが増加増加
長居スタジアムに響く広島サポの声。
広島から、関東やその他の地域からサポが集結。
どの試合にも来れるわけじゃないけど、さすがに決勝戦なので多くのサポが集まった。
サポグループからも何人か来てくれて応援も締まるしね。
・・・と、決勝だけではなく普段の吉田での試合でも仔熊を応援してくれるサポが増えてるみたいで。
今大会2回戦の川崎戦@吉田や準々決勝の東京V戦@ベアスタで仔熊を応援したサポの
存在は、なかなか吉田や九州方面まで行けないボクにとって本当にありがたい存在。
ユースの応援って、どこまで踏み込んでいいんだとか難しい面も多いけど、育成に力を入れる
クラブのサポとして、ユースに関心を持つ人が増えるといいなーと思う。


■3年生にはチャントを唄ったり

3年前くらいからか、「3年生だけチャント唄ってあげたいねー」なんて隊長と話してたりしてた。
でも、作ってもゴールシーンだけでしか唄ってなかったのでみんなに唄うってできてなかった
んだけど、今年はユースを熱烈に応援してくれてるサポの方々が3年生向けにチャントを創ってくれてたw
基本的に、みんなが知ってる覚えやすい「トップチームの選手の使いまわし」なんだけどねw
でも、ああやってチャント唄って応援することが仔熊たちのモチベーションになればいいなーと
ちょっと望んでるw


■サンスタートニック杯はガラス製だった 

広島サポなら何も言わずとも分かるだろう…
  

091227jsgoal_2  

 

 

 

 

 

 



割 り た い w



あ、「割りたい」って言っちゃったねwww







ありがたい動画をupしてくださってました。
【2009年12月27日サンフレッチェ広島ユース森山佳郎監督の挨拶】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

【ユース】これが広島ユースです(2009)(Jユース杯決勝 vsFC東京U-18@長居)

「これが広島ユースです。」
多くのサッカーファンにこの言葉を誇らしげに語りかけたくなる。
この試合もまた、そんな気持ちにさせられた。

091227

====================================================
12月27日(日) 2009Jユースサンスタートニックカップ 決勝
FC東京 2-0 広 島(13:33/長居/2,252人)
得点者:26' 重松 健太郎(F東京)、80' 三田 尚央(F東京)
====================================================


「このサッカーを決勝の舞台で見せられないことが何よりも悔しい」
これは主将:チャジ(茶島雄介)の高円宮杯準決勝(磐田戦)敗退後のコメント。
ボクも同じ気持ちだったからこのコメントがすごく印象に残ってる。
すごく広島ユースらしい試合をしていたんだけど、後半ロスタイムにCKで追いつかれてしまう。
延長戦では決着が着かず、PK戦で敗れたあの磐田戦。

Jユース杯準決勝で磐田に勝ち、やはりこのコメントを思い出した。
「自分たちに足りないものがあったから負けた」、その相手である磐田に勝ち、Jユース杯の
決勝の舞台に立つことができた。

その決勝では、前半のうちに森保翔平が退場になってしまい、10人であのFC東京U-18の
連中を相手しないといけない展開になったけど。
それでも「これが広島ユースです」という闘いを見せることはできたと思う。
数的不利をそれほどは感じなかったもんな。

ほんと思うよ。このコたちはすごいなと。
広島ユースって、毎度毎度苦境に強いなと。


そういう広島ユースのサッカー、広島ユースらしさを決勝の舞台で多くのサッカーファンに
観てもらえたのはよかったなーと思う。

まー、ただ、「決勝の舞台で広島ユースのサッカーを見せる」というのは、決勝戦を迎えたチャジにとって、
もうすでに大きな意味を持ってなかったかもしれないけど。
たぶんチャジも広島ユースのみんなももっと大きな目標に目を向けてるだろうから。

今年の3年生のほとんどが大学へ進学するようだけど、ひとつひとつ目標を達成して、4年後に
向けた大きな目標を達成する力を付けていって欲しいなと思うわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

【他クラブ】大分のポポヴィッチ監督は退団

ポポ帰っちゃうのか(ノД`)
とても残念。

【ポポヴィッチ監督の来季契約について】(大分公式)
http://www.oita-trinita.co.jp/information.php?_mode=detail&id=4095
◆ポポヴィッチ監督のサポーターへのコメント
「大分の素晴らしい人たちに感謝致します。私は家族のように皆さんと関われたことを幸せに思います。そしてどんな形になっても、誰が監督になっても、私と同じようにスタジアムに応援に来て下さい。私は、スタジアムに「ポポさんスピリット」を残していきます。私の心にはこれからもいつも大分があります。約束として、日本にまた帰ってきます。私が必要ならどんなことでも、そしていつでも私は助けに来るつもりです。『一緒に勝ちましょう(日本語)』、『今までありがとう(日本語)』」

【大分トリニータ ポポビッチ監督 退団 借金完済&J1復帰「3、4年で」】(西日本新聞)
http://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/140332


降格は早く決まったけど、31~33節(対横浜FM・川崎・千葉)の3連勝を含んでリーグ10戦
を無敗で戦い抜いたのはサポにとっても勇気を与えたと思うんだけど。


広島を去る時も、大分を去るときも、ポポにとって日本を去るときはいつも悲しいな。
サッカーの監督も選手も退団するときはその大方が悲しいもんだけど、広島の時も今回も受け入れやすい悲しみではないだろうから。

先週、JCBホールでポポに手を振ることだけはできたんだけど。
大分サポに混じって絡みに行くことはできなかったな。
それは彼らの大切な時間だったから。


またポポを日本に迎えられたらいいなと思います。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

【サポ】ACLの準備ってなんだ?

天皇杯でG大阪が優勝すればうちにACL出場権が回ってくるわけだけどもー。
この時の目標達成となるのは素晴らしいこと。「棚ぼた」と感じる人もいるし”質”の違いはあるけど目標達成には間違いない。決まればもちろん嬉しいよ。
選手がACL出場を望んでいるんだからサポーターとしても同じようにそれを望むというのは当然だしね。

ただし、ACLに出場するならそれなりの覚悟が必要。
Jリーグ開幕よりも早く、2月24日にACLのグループリーグ第1節が行われて、Jリーグと並行してACLのグループリーグを闘う。中国・韓国・オーストラリアのアウェイ3試合を含んで。
賞金や補助金もあるとはいえお金の心配がなくなるわけではないし、何よりハードな日程のためにリーグ戦に悪影響がある可能性も考えられる。
シーズン初戦も2月末で準備も急がないといけないし、Jリーグ序盤戦で、ACLを並行して闘うためにコンディションが整わず残留争いに巻き込まれるなんてことも頭をよぎりますな。
(今年の大分がロサンゼルスでなんかの試合をするためにキャンプ期間が短くなったみたいで心配)

まー、ここで「ACL出場はネガティヴ」と言いたいわけじゃない。
ACL出場を願うなら、来季なかなか勝てないとしてもACL出場を願ったサポならば、そういう時こそ力振り絞りサポートしようぜってこと。
ACLの疲れがなんだかんだと愚痴ばかりこぼすサポは見たくないもんな。

まだ出場も決ってないのに「ACL!ACL!」と大騒ぎ。

その影響でリーグで勝てず残留争い圏内。

サポーター意気消沈して愚痴こぼす。


これはカッコ悪いw
ACL出場を楽しみたいんじゃない。ACLを闘う選手をサポートしたいんでしょ。

パスポートも遠征資金も必要だけど、心の準備も。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

【トップ】味覚障害(第34節 vs京都@広島ビ)

4位?

賞金6,000万円?


============================================================================
12月5日(土) 2009 J1リーグ戦 第34節
広 島 4-1 京 都(15:33/広島ビ/19,303人)
得点者:8' 佐藤寿人(広島)、42' 盛田剛平(広島)、52' ディエゴ(京都)、60' 槙野智章(広島)、
65' 佐藤寿人(広島)
============================================================================


残念ながら、その味を感じることができんかったわ。


ま っ た く の 無 味 。 


試合のあとはこんな感想。








昨日(12/7)は仕事を無理やり切り上げて新幹線乗ってJCBホール行ってきた。

陽介に会えた。ゲーフラ持参。握手して声をかけた。

オレに気づいてゲーフラ見てくれた時の陽介の笑顔を見て、なんかもーいろんな考えや想いが
湧いてきたし、さらにいろいろと情報が入ってくることで、自分の想いを文章に書き表す
ことも困難な状態になってきたので、試合の後に「喜ぶべきものを心から喜べなかった」と
いうことだけ、ひとまず書き残しておこうかと。


書きづらい想いがありありありすぎる。


陽介がユースの時から(って2年生からしか見てないけど)のあらゆるシーンが思い出されたり。


まー、あと言いたい事があるとすれば「サポは動いとけ。やるだけやっとけ」と。
陽介が広島に残らなくともそれには意味がある。

それだけ。





あ、いや、もう一個あった。




>◆最優秀育成クラブ賞 ※2009年度より新設
浦和レッズ

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00093530.html


よいよ、どーなっとんなら(´д` )ほんま。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

【サポ】オレたちの(意外な)勝利の女神

思いも寄らないところに「勝利の女神がいるもの」なのである・・・

自分がライヴに行ったりするから気づいたことなんだけど、2005年末からの活動再開以降、
この”アーティスト”がライヴを行うのとサンフレッチェの試合が同じ週末に重なると、


うちは【8試合:7勝1分無敗】なのだw



早速明かすけど、そのアーティストとは

Mylittleloverakko_2



















MY LITTLE LOVER(マイリトルラバー)
世間ではマイラバファンというのは 絶 滅 危 惧 種 のように見られ、
だいたいの人から『Hello Again』よく聴いてました~♪なんてお決まりのように言われるんだがwww

いやしかし、ほんとライヴの日の戦績と試合内容がすごい。
(うちの試合と被った日のみ記載)

■2006年http://natalie.mu/news/show/id/625
05/06(日)【東京】広島1-0福岡○ (87分、駒野のフリーキックが決まる!!!)

■2007年http://www.mylittlelover.jp/acoakko/
05/06(月)【渋谷】大分1-2広島○(ぴちぶーのPKゲットで勝利!誤審もあったりw)
05/19(土)【千葉】千葉0-3広島○(ピチブーのハットトリック!さらに後半30分からの豪雨www)
05/26(土)【京都】広島2-1清水○(戸田和幸と柏木陽介のゴールで快勝!!!)

12/01(土)【福岡】広島2-2G大阪△(主力を欠きながら、ロスタイムの槙野のゴールで追いつく!)

■2008年http://www.mylittlelover.jp/acoakko/index_aco05.html
11/22(土)【広島】広島4-3草津○(ロスタイムに2ゴールを奪って逆転勝ち!!!)
11/29(土)【福岡】熊本1-2広島○(87分、陽介から寿人で土壇場の勝ち越しゴール)

■2009年
11/28(土)【仙台】磐田0-1広島○(1-0の辛勝。槙野ハンドはお咎め無しwww)


誤審あり、ハットトリックありの、ロスタイム同点どころかロスタイム逆転とかいろいろ劇的すぎるwww

試合内容からしてもネ申がかっていると思わずにはいられん。
特に去年の草津戦なんてロスタイムに2点獲って逆転じゃけーねwww
試合後、時間がなくて劇場は観られなかったが、気持ちよくライヴ@クアトロに行けたのだ♪
そして今季も継続中。先週の磐田戦もなんとか勝てたしね!

しかも今夜は広島でのライヴなのだwwwww


オレは行かれんけど(´・ω・`)マニアワン。
ビッグアーチが市民球場の場所にあれば・・・


今日は「負けなし」ではダメで、実際のところ「勝利」が必要なんだけどね。
でも、このデータから考えれば、どんなに苦しくても力の限り闘うべきだよな。
87分とかロスタイムにゴールを決めてる試合も多いし!!!

よっしゃー。
今日もがんばるー!!!
勝つぞう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

【サポ】最終節京都戦どうのこうの

広島サポって優しいなーと思うんですよ。


12月5日(土)2009年J1最終節
広島-京都@広島ビッグアーチ


この試合に勝って「リベンジ」なんていう言葉を聞くことについて。


そ の 程 度 で い い の ? ? ? w


と思ったりするオレはドS。


オレらはホームスタジアムで2万人の広島サポが見守る中でJ2に降格した。
あの落胆、あの叫び、あの涙は忘れられない。
やっぱり、京都を降格させるといっても、ヤツらのホームでJ2に叩き落としてこそリベンジだと思うんだよなw超ドS(笑)

やられたらやられた分くらいはお返ししないとねー。
(京都のJ1残留は前節決まってしまったけどw)



まー、ただまじめに話すと、オレらは京都に落とされたわけじゃなくて、オレらの力が足りなかったってこと。2007年の降格はフロントや監督の責任も大きいけど、サポにも力が無かったと思うし。そこは忘れちゃいけない。
「京都に勝つことで踏み出せる一歩がある」のは真実だと思うけど。


あと、2007年の入替戦でJ2降格したことはビッグアーチの汚点だと思ってる。
オレたちはビッグアーチの歴史を汚してしまったと。
その汚れを完全に拭い去ることはできないんだけど、その汚れを遥かに凌駕するような輝きをビッグアーチにもたらしたい。プレゼントしたい。「ビッグアーチ」という名前が誇らしく感じられるくらいに。

どうすればいいのか?

「ビッグアーチでのタイトル獲得」だとオレは思っている。」

つまりは『J1制覇』だよな。国立でのナビスコ杯や天皇杯じゃダメ。


今の広島にはものすごく高いハードルだと思う。
でも、オレにとってあの屈辱を晴らすには、ビッグアーチに詫びるには「2007年どうのこうの」とか「京都どうのこうの」ではなくて、もっとまばゆい光に包まれるような、天に昇れるような気持ちになれるような世界・・・そこへ到達すること・・・なんだよな。
贅沢かな?
でも、そこを見て、そこを求めて闘いたいと思ってる。


明日、もちろん勝つ。
そして、また一歩踏み出そう。
みんなで行こう。先へ。その先へ。上へ。もっと上へ。
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

【トップ】山岸智、得点王あるよあるよ。

黒津じゃなくて山岸だよ!!!
広島キラーを取り込んで失点を減らす作戦は続行中だったのかwww

【元日本代表の川崎・山岸獲得へ 両サイドこなすMF】(中国新聞)
http://www.chugoku-np.co.jp/Sanfre/Sw200912030175.html

山岸といえば、広島サポにとっては脅威の存在だからな。
で、こんな会話があったんだよな。
千葉サポの友達とは「山岸、いい加減にしろwww」ってネタにしてたんだけどw

【スポーツ快楽主義 チケットぴあトークバトル】ジェフユナイテッド市原・千葉Vol.3
http://t.pia.jp/feature/sports/talkbattle/jef03a.html
============================================================================
水内:どっか好きなスタジアムは?

山岸:僕は広島の。

水内:広島ビッグアーチ? 

山岸:ビッグアーチが好きというか、相性がいいというか。
あそこにここ何年か行くと絶対点を取っていて。


水内:広島が好きなんだ?

山岸:広島も好きですね。

水内:「も」って。アウェイで広島だったら結構ルンルン気分で?

山岸:そうですね。ルンルンですね。 

============================================================================

そりゃビッグアーチを好きにもなるわw
ほらこれwww

2004年 1st3節(04/03)広 島(1-3)千 葉 88分:山岸智
2005年 22節(09/03) 広 島(1-1)千 葉 74分:山岸智
2006年 14節(07/22) 広 島(2-4)千 葉 48分、74分:山岸智
2007年 30節(10/27) 広 島(2-2)千 葉 89分:山岸智


2004年から4試合で5ゴール。

そのなかでも2007年のアレは印象深い。
現地では誰が決めたのかよく見えてなかったけど、試合後にケータイ速報を見て

やっぱり山岸か・・・il||li _| ̄|○ il||li

って、へこんだのはよく覚えてる・・・。

1試合あたり1.25ゴールか。
1.25(点)x17(試合)=(年間)21.25(点)

広島に来たら得点王あるなwww



前のポジションで勝負したいっていうコメントを見たけど、広島のWBは5バックに対応しないといけないからなー。
ま、5トップにもなって、右WBのクロスに左WBが飛び込むなんていうシーンはよくあるし、
それも広島の特徴だけど・・・。

まー、山岸が広島に来てくれたとしてもトルコキャンプで左ストッパーになってないことを祈るwww

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

【トップ】我慢し続けた後のゴールの味は格別(第33節 vs磐田@ヤマハ)

13分、右サイドからピッチを横切った駒野が左足で撃ったシュートが広島ゴールを襲った。
そこからのオレたちは「サンフレッチェコール」と「広島オレ」を繰り返すことになった。完全に
磐田ペース。セカンドボールを拾えず、パスを回され、攻められっぱなしになった。

======================================================
11月28日(土) 2009 J1リーグ戦 第33節
磐 田 0-1 広 島 (14:05/ヤマハ/14,486人)
得点者:22' 佐藤寿人(広島)
======================================================

でも、そこを広島サポは耐えた。

19分、コールリーダーが「HIROSHIMA NIGHT」を入れた。
ある意味しびれを切らしたのかもしれないが。
広島サポはその歌をゆっくりとしたテンポで唄い、手拍子を響かせた。

21分、1トップの寿人が最終ラインにまで戻ってボールを奪うディフェンスをしたところから、
広島が盛り返す。寿人と盛田でボールを保持すると、そのあと20人連続で広島がボールを
動かして21人目・寿人のゴールに結びつけた。
(参考:19-7-8-24-5-24-10-24-35-19-8-24-8-10-8-35-7-8-35-10-11)


7分くらい続いた、磐田に支配された難しい時間をオレらはよく耐えたな、と思う。
あの時間を耐えたからゴールを奪えたとも思うくらい。
そう、我慢したことがこんな風に実を結ぶんだな・・・という実体験・充実感を得ることができた。
これはサポだけじゃなくて、選手もだったんじゃないかな?


「我慢する」って口で言うのは簡単だけど、実際の現場での応援では劣勢になると声が少し
ずつ少しずつ小さくなっていくことは多い。また、手拍子も頭の上では叩けず、胸の高さに
まで下がり音が響かせられなくなったり。
声と躍動感が、”優勢時には出せても、劣勢時には出せない”なんてのは、応援の中心部では
あってはならないことだよな。


我慢すれば必ずチャンスが来るわけじゃない。
でも、チャンスが来ると本気で信じることが我慢を続けるための力になる。


今後の試合で、苦しい時間帯があっても、この場面のようにしっかりと強い気持ちを持って闘おう。
大きな声援で選手に力を届けよう。声を途切れらせないことで周りのサポーターを勇気づけよう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

【サポ】磐田サポのブーイングに安心したり。

ヤマハでの試合後のこと。

広島サポが駒野のチャントを唄いあげ、それに対して磐田サポからブーイングされる。
そして磐田サポの駒野コールwww

磐田サポが本気で反応してくれてよかったwww


「オレたちの駒野だ!お前らなんかに返さねーよ!!!」


磐田サポがそう思ったかどうかは分からんけど、そういう気持ちを籠めたブーイングとコール
だったなら嬉しい。
駒ぴょんが磐田に在籍するならば、磐田サポから愛されていて欲しいってずっと思ってる。

磐田サポがその愛情から、広島サポへのブーイングを発したなら嬉しいし、それが健全だと思うわ。



確かに、広島サポは空気読んでないけどなwww


でも、「駒野Welcomeback!!!」の気持ちを表すにはここしかなかったんでー。

しかしまー、サポがやれるのはこのくらいでしょ。
これで駒ぴょんが広島復帰を選択してくれなくても、しょーがないと諦めもつくわ。
寿人のためにも駒ぴょんの復帰を叶えてあげたいけど、あとは寿人強化部長本人の仕事www


あ、でも駒ぴょん本人が「・・・ああいうの…やめて欲しいッス」って言うならばオレは謝らないといけんけど…(汗)

古巣なので許して欲しいとも思うけどw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »