« 【槙野】ちょっと出れたwセルビア戦 | トップページ | 【サポ】言っちゃ、行けない(第6節 vs川崎@広島ビ) »

2010年4月 9日 (金)

【トップ】「いい応援」を山形サポから学ぶ(第5節 vs山形@NDスタ③)

山形には覚悟がある。監督にも選手にも、サポーターにも。

========================================================
4月3日(土) 2010 J1リーグ戦 第5節
山 形 1-0 広 島 (16:04/NDスタ/7,019人)
得点者:74' 田代有三(山形)
========================================================

■覚悟をキメているか?
「オレたちはこうやって闘う」という覚悟があり、だからこそその闘い方を徹底できる。
サポーターも自分たちのクラブがどういうクラブか分かっている。そのクラブをサポートする覚悟がある。選手層は厚くないし、補強にかけられる資金もあまりない。下部組織の充実はまだまだこれから。
それでも自分たちのクラブを愛し、苦しい試合もしっかりとサポートしている。
外から見た感じだけど山形にはこんな感想。

>去年はシーズンの途中から「我慢」が必要だった。
>今年はシーズン開幕時点で「覚悟」が必要だ。
http://inhale-sanfrecce.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-649f.html

今季の広島はいきなりこれなんよね。
主力選手数名が離脱している。それは昨シーズン・開幕前時点で分かっていたこと。
ACLでの疲れがある。これは1月1日の夕方には分かっていたこと。
相手チームが守備的に挑んでくる。去年もすでにそうだったじゃん。
周作とDF陣の連携がまだ取れてない。代表合宿に呼ばれた時点で想定していたこと。

うちがどういうクラブか?今季、うちがどういう闘いの舞台に立っているのか?
それを知って、覚悟を決めているサポなら今さら騒がない。



■いい応援って「参加型」のことだ
山形サポはゴール裏をしっかりと青く染めているし、応援も揃ってていい感じ。
後半の途中で横揺れやってたしなwまだスコアレスのあの展開でwww「そんなのありか!!!」って思ったわ。
でも、ゴール裏の上の方のサポまでみーんなやっとんじゃもん。すごいよ。
「みんなが揃った応援=いい応援」だとは思わない。でも、彼らには応援のスタイルがあると感じた。
そこはもう広島サポより上だわ。
うちは「どういう応援をするのか」なんて分からないままB6にわらわらと人が集まってるだけ。
うん、山形サポのほうが明らかにJ1レベルだよ。

NDスタのゴール裏は着実に人が増えている。うまいことやってサポ増やしたんだろうなー。
J2で10年かけて土台を造ってきたからこそ、J1に上がったことを好機に新しいサポを増やせたんだと思う。「応援の土台」が無いまま人だけ増えてもダメなんよね。新しいサポーターが乗れる土台ができてないとダメ。そゆことだわ。

動画見つけた。
これ見て気づいた。



「みんなが揃ってるのがいい応援」ってわけじゃない。
でもいい応援って、みんなが参加してるんだよ。

そう。 「みんなが参加してるのがいい応援」なんだな。
オレはそう思うわ。

NDスタゴール裏が揺れてる。オレらもビッグアーチを揺らしてみたい。



■応援を広げることに、自らが参加型で
サポーターの人数が少なかった頃は、どんな風に応援するか?ってのは明確に示してなくてもなんとなく伝わって共有できたんだと思う。「こんなふうにやろう」って説明なんか必要もなかった。だから今でもそういう行動が出来ないまま。
でも、今の広島って新しいサポがどんどん増えている最中。だから、最近からB6やアウェイゴール裏に来た人に「どんな風に応援したらいいか?」を知ってもらう必要が出てきた。

まだまだ広島のサポーターは「こんなふうに応援するよー」って先導が必要な段階だ。
指揮官がいないとまともに火縄銃も撃てない戦国時代の鉄砲隊みたいなもんで。
その段階を踏まずして、Jリーグの他のクラブのような力強い応援はできない。
その段階をすっ飛ばしてカッコ良さだけ求めても絵に描いた餅でしかないんだと思う。
現にB6って、声も躍動感も足らんじゃん。

やはり、ど真ん中から「こんな風に応援するよ!」って伝えていくこと。
それをせずに応援が広がるわけがない。
コール・チャント集がビッグアーチで配られてる。それでコールやチャントを広めるとか、タオマフの揚げ方とか回し方とか知ってもらうなんていう大まかなとことや、手拍子を頭の上でするとか、バンデーラの持ち方とか、跳び方とか、そういう細かなところも広めていく。
隣のサポ同士だけでもいいや。近い人から広めていこう。

あとは、やっぱりサポグループの人らの考えをサポみんなが理解して、彼らのやろうとしている応援のスタイルを知り、そのスタイルを広げていかないといけないんだと思う。
サポグループ任せではなく、応援の中心部に近いところにいる個サポがもっと積極的に関わって、そこだって「参加型」が大切じゃけーね。



アウェイはやっぱり勉強になるね。他サポを見て感じて学ぶことっていっぱいある。
山形サポを見たのは初めてじゃないけど、今回もまた新しい感想も持てた。
で、試合の晩は温泉宿に泊ったから夜中はサポ同士激論交わしたしな。「この現状から今、自分に何が出来るか?」をいっぱい考えた。
広島サポの現状をじっくり見極めて、今の広島サポに対して有効で必要なアクションは何か?それを考えてサポート活動をしていくよ。
選手たちの成長に相応しい、サポーターの成長を見せていきたいもんね。

|

« 【槙野】ちょっと出れたwセルビア戦 | トップページ | 【サポ】言っちゃ、行けない(第6節 vs川崎@広島ビ) »

トップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【トップ】「いい応援」を山形サポから学ぶ(第5節 vs山形@NDスタ③):

« 【槙野】ちょっと出れたwセルビア戦 | トップページ | 【サポ】言っちゃ、行けない(第6節 vs川崎@広島ビ) »