« 【サポ】寿人の日本代表についてのコメントが微妙(第8節 vs新潟@東北電ス) | トップページ | 【サポ】うちは育成型なので、こういう試合はかなり楽しめる(ACL 第6節 vs浦項) »

2010年4月25日 (日)

【トップ】これぞビッグスワン。これぞビッグスワン(第8節 vs新潟@東北電ス)

ビッグスワンの観客動員が減っていると言っても、この試合の観客数は「24,146人」。
やはり「ビッグスワン」は「ビッグスワン」なんだ。

============================================================================
4月24日(土) 2010 J1リーグ戦 第8節
新 潟 2-2 広 島(19:04/東北電ス/24,146人)
得点者:5' 佐藤寿人(広島)、13' 曹永哲(新潟)、68' マルシオリシャルデス(新潟)、90' 山岸智(広島)
============================================================================

同点に追い付かれた時は時間が浅く、新潟サポの勢いはそれほどでもなかった。
「まだまだこれから」。広島サポは当然そう思ったし、新潟サポもそう思ったんだろう。
でも、68分の逆転ゴールは違った。
うちの選手に当たったボールがゴールへ吸い込まれると判断できた時、眠っていた大きく脅威ある生き物が目を覚ます、今がまさにその瞬間だという覚悟をした。
スタジアム全体が震動するような歓声が起こる。「スタジアムがひとつになる」と言うが、あれだけの観客数で同時に気持ちを爆発させて歓声を上げれば、スタジアムが「ビッグスワン」という生き物のようになる。

「ああ、ビッグスワンにさせちゃったな…」と思った。
以前ほどじゃないけど、その「ビッグスワンらしさ」を体感して思った。

「これぞビッグスワン」。


でも、「ビッグスワンの中」に立ってこそサポーターは燃える。
サポーターはもうひとつの「これぞビッグスワン」を知っているから。

前半から飛ばし気味だったサポーターも「負けて帰るわけにはいかない。負けると選手の疲労が余計に溜まる」という思いで、気持ちを強く持って、時間が進むごとに熱さと激しさをさらに増していく。
サポーターは『Hiroshima Night』を唄い続け、選手も新潟の攻撃をはじき返し続けた。
DFが振り切られても周作がいくつものピンチを救った。
75分を過ぎると、公太に替えて淳矢が入り、フォーメーションも分からないような総力戦となり、何度かの危険なシーンを堪え続け、85分を過ぎる。
コールリーダーがサポーターを鼓舞して『Great Escape(大脱走)』が入る。今、ここにいる自分たちが選手に力を届けるしかない!!!
ここからさらに声が増す。力が増す。ほんとに増す。サポーターが発する力の響きを身体で感じられるほどに。「負けたくない」という気持ちをみんなが噴出させていた。


90分。
『大脱走』を唄っていたのは覚えてる。
でもピッチがどうなっていたかは覚えてない。
記憶にあるのはサトルが抜けだした瞬間から。
以前オレたちが脅威に感じていたサトルが、オレたちの忌まわしい記憶と同じような形で、オレたちを救ってくれた。
一瞬の雄たけびを上げるも唄い続ける『大脱走』。サトルがオレたちの歌声に握り拳をあげて応えてくれた。

オレたちも全力で闘っていた。もうこれ以上の声も出ない、跳べないというほど闘ってた。
でも、同点に追い付く前よりももっと声と手拍子の音量が増していたように思う。
それは、「ビッグスワンが委縮した」からだ。
同点に追いつかれたビッグスワンは羽根を羽ばたかせる力を失ったかのように”音無しく”なった。
『大脱走』を唄い「サン!フレッ!チェッッッ!!!」と声を上げた直後、広島サポの声が途切れる瞬間もビッグスワンの歌声と手拍子の音はもう聞こえてこなかった。その音は在ったのかもしれないけど、広島の声と手拍子がビッグスワンを完全に制圧した感覚になっていた。実際にどうかは分からない。テレビで視聴してどうだったかは分からない。でも、少なくとも現地ではそんな感覚だった。

自分たちの声だけが響くビッグスワン。一時はその力に圧倒されかけたビッグスワンを黙らせて、広島サポの人数が少なくても、新潟サポに負けない力を選手に届けられている実感。

「これぞビッグスワン」。

正確に言うと「これぞビッグスワンでサポートする醍醐味」だ。
これが、もうひとつの「これぞビッグスワン」なんだ。

サポーターはビッグスワンの怖さを知っている。
でも、サポーターはビッグスワンの楽しさも知っている。
その怖さを知っているから、そこで闘う選手たちをサポートしたくなるし、その楽しさがビッグアーチや、他のスタジアムではあまり味わえないから、そこでのサポートをしたくなる。
ビッグスワンのような「アウェイ」を感じるスタジアムは、サポーターの経験を積むのに良いスタジアム。この試合で広島のサポーターはまたいい経験を積んだ。
「怖さ」と「楽しさ」のどちらか、時にはその両方を味わえるビッグスワンは、サポーターをより強くする。




|

« 【サポ】寿人の日本代表についてのコメントが微妙(第8節 vs新潟@東北電ス) | トップページ | 【サポ】うちは育成型なので、こういう試合はかなり楽しめる(ACL 第6節 vs浦項) »

トップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【トップ】これぞビッグスワン。これぞビッグスワン(第8節 vs新潟@東北電ス):

« 【サポ】寿人の日本代表についてのコメントが微妙(第8節 vs新潟@東北電ス) | トップページ | 【サポ】うちは育成型なので、こういう試合はかなり楽しめる(ACL 第6節 vs浦項) »