« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

【トップ】オレたちがまず示すべきもの(第15節 vs仙台@ユアスタ)

ユアスタには勝ちに行ったんだけどな。

=======================================================
7月27日(火) 2010 J1リーグ戦 第15節
仙 台 1-1 広 島 (19:05/ユアスタ/12,139人)
得点者:26' 関口訓充(仙台)、78' オウンゴ-ル(広島)
=======================================================

78分に槙野で追いついた。
槙野のクロスが相手のクリアミスを誘い、オウンゴールで同点!!!
試合時間もあと15分くらいはある!
まだ行ける!
試合前からの目標の通り「勝ち点3」へ!行くぞ!!!


…のはずだったんだけど、広島サポは同点になったことでワーワーワーワーと大喜び。

オレは「2点目行こう!!!」と叫び、一段後ろではshimizuさんが「もう1点!!!」と声を上げていたのに。
いや、いいよ、喜ぶのは。広島サポなら喜んで当然。

で も ” 真 ん 中 ” が そ れ で い い の か ? 


0-1での後半開始前、BADBOYSのコールリーダーは「逆転しよう!」と言った。オレらはそれに「オウ!!!」と応えた。当然だ。勝ちに来たんだから。「アウェイでは勝ち点1でOK」というところを狙ってなんかいない。

たしかに試合展開によっては、その試合の目標が「勝ち点3を獲る」ことから「勝ち点1の確保」に変わることもある。でも、仙台の運動量も落ちて、広島の闘志が優ってたあの時間帯で追いついた。時間は80分に差し掛かる頃だったし、この勢いで逆転すれば逃げ切れる可能性も高い時間でもあった。同点で大喜びするシチュエーションではない。勝ちを狙っていいシチュエーションだ。
サポの真ん中は「ゴールひとつくらいで喜ぶな」という意味じゃない。試合展開によっては喜びを表現することよりも優先することがあるんだと言いたい。

あとひとつ言いたいのは、なんであのシチュエーションで槙野のチャントを唄っとんか分からんってこと。
勝ち点3獲得に向かうためのチャントの選択として適していたのかどうか。
オレはサポーター中心部の

勝 ち 点 3 獲 得 へ の 執 念 が 弱 い 

と感じた。
2008年7月のC大阪戦みたいにサポーターが勝ち点3への強い想いを表現出来ていれば、この試合、あともう1点獲れたと、逆転できたと、オレは思うんだよ。ほんとに。


「J1上位に立つ」とか「ACL出場権獲得」というのが言葉だけじゃないと示すならば、まずオレたちは勝ち点3獲得への執念を示さなければならない。
相手がどこだろうが関係ない。どこに勝ちたいとか関係ない。目の前の敵を倒す。全て倒す。それだけ。
勝ち点3を欲せ。求めろ。
そしてその気持ちを声にしろ、躍動感に替えろ。
それができるサポーターが上位クラブのサポーターだ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

【サポ】またひとついくよ。(第15節 vs仙台@ユアスタ)

【サポ】仙台


2010年 7月27日(火)19:00キックオフ
J1 第15節
仙 台 - 広 島 (ユアスタ)


どこそこに勝ったことないとか、どこで勝ったことないとか、どこに何年勝ててないとか、そういうことを意識しないでいいクラブになりたいね。
どこのクラブでもそういうものは少なからずあるもんだけど。

ほんとに強い、上位に立つチームってのは敵がどこだろうが「全て倒す。それだけ。」みたいなチームだと思う。

広島はまだそこには程遠いけど、少しずつでも近づきたい。
もちろんサポーターのメンタルも。

まー、実際のとこは、ひとつひとつ勝つことで、気づいたらそうなるってもんかもね。



今日、まずそのひとつね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

【サポ】今日のオレら

【サポ】今日のオレら
埼スタで勝つ他クラブのサポを見て、埼スタで勝ったことないオレは彼らをすごく羨ましく思ってたんだけど、今日のオレらがそれなんだよなぁ、なんてしみじみ思ったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

【サポ】またイラッとする発言をしているwww(第14節 vs浦和@埼玉ス)

寿人祭のせいで陽介のこと考えるの忘れてたw

=================================================
7月24日(土)J1 第14節
浦 和 - 広 島(18:00KICK OFF/埼玉ス)
=================================================

陽介のなにが好きかって、オレは攻守の切り替えと運動量なのだ。
陽介との対戦がどんな風になるのかってすごく興味あるし、わくわくするw
敵である陽介は、また違った見え方がするんかなー?
まー、とにかく陽介には「脅威の存在」になって欲しい。
鹿島の小笠原、G大阪の遠藤。求めるのはそのレベル。
だって、広島の「10番」を脱いで出て行ったんじゃけ、そのくらいになってもらわないと。
そういう存在になれたらブーイングしてやるわ。
今日は無理。あんなへなちょこな陽介にオレのブーイングはもったいないわ。

・・・と、フラグ立てるのはこのくらいにしとくかw


しっかし、陽介が相変わらずなのであるw
コメント、くそワロタwww

=============================================================================
「向こうに苦手意識はないと思う。去年は埼スタで(広島が)負けたけど、支配して勝てなかったという感じ。チンチンにしたし、相性はよかった」とは柏木の浦和評。
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00104091.html
=============================================================================

陽介www
浦和サポにとっちゃ感じ悪いぞwww

いや、まー、去年は確かに圧倒した時間は創れたしなw
にしてもやっぱり浦和に行っても口が悪いのであるwww
ユースのころ、高校生とはいえ「こいつイラッとすること言うなぁwww」って思ったもん。
かわいい顔してイラッとする発言をするとこが危なっかしくてかわいいのだw

て、なんだこの試合前の陽介ラブ日記は!!!
今日は陽介ラブの日じゃないwww

間違えんさんな!!!寿人祭よ!!!wwwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

【サポ】だから「移籍する・しない」じゃないんよね。

オレの寿人に対する行動基準は常にこれなのだ。
去年このブログでも書いたこれ。

【トップ】寿人が超本気。
http://inhale-sanfrecce.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-d7ce.html
これまで寿人にはいろんなものをもらってきて、サポは
もらったぶんお返しできてないと感じているし、これから
いくらお返ししようにも追いつかない気がしている。



なんとかもらったぶん返したいじゃん。
寿人を喜ばせたいじゃん。
寿人に幸せを感じてもらいたいじゃん。

寿人のこれまでの発言や行動から考えて、今オレたちがどういう行動をすることが寿人を喜ばせられるか?この考えのもと、自分は行動しようと思ってる。
なんつーか、今ね、寿人にちょびっとでも返せ(た気にな)るチャンスなんよねw

最初っから言ってるけど寿人が「移籍するかどうか?」が重要なんじゃないってこと。
ひとつ前の記事のコメントに対する返事でも書いたけど、そゆこと。


そして「寿人あいしてる!」は「寿人、移籍しないで!」ではない。
オレだって、海外でプレーする寿人は見てみたい。ただ、それは自分の立場を考えて言わないだけ。寿人の移籍を認めないってことじゃない。

ただ、今このタイミングで寿人に改めて愛情であったり感謝であったり、サポーターとしての気持ちを伝えることは大切なことだと思うんよね。

感謝しても感謝してもし足りない寿人に、傍から見たら大げさなくらいの気持ちを伝えられるいい機会なわけですよ。
それで寿人が喜んでくれたら最高♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

【サポ】寿人が移籍しない・移籍できない「11」の理由

「寿人が移籍するかどうか?」ってことが重要なんじゃないと思う。広島サポにとっては。

============================================================================
”クロアチア名門”ザグレブが寿人獲得へ…広島(スポーツ報知) 
http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/soccer/jleague/news/20100719-OHO1T00096.htm
クロアチアの名門で99年には三浦知(横浜C)も在籍したディナモ・ザグレブが、FW佐藤寿人(28)=広島=の獲得に乗り出していることが18日、分かった。ペトロヴィッチ監督を通じて、調査が入ったという。ザグレブは、今オフに、エースとして活躍してきたFWマリオ・マンジュキッチが、長谷部が所属するドイツのヴォルフスブルクに移籍したため、手薄となったFWの補強に乗り出しており、Jリーグで6年連続2ケタ得点を記録している佐藤をリストアップした。
============================================================================


記事を読んでまずtwitterに書いたけど、

>寿人へのディナモザグレブ獲得オファーについて。これは寿人が移籍するかしないか?
>よりも、広島サポが寿人に対していかに気持ちを伝えるかが最も重要なこと。 #sanfrecce

>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

【サポ】新しいお客さん(第13節 vs横浜FM@広島ビ)

新しいお客さんの取り込みがうまいサポが多いとW杯効果をプラスにできるんよね。

===============================================
7月18日(日)J1 第13節
広 島 - 横浜FM(19:00KICK OFF/広島ビ)
===============================================

集客2万人です。
mjd???
ほんとかどうか知らんけどそんな数字が一人歩きしておりますw

W杯効果かなんかでほんとに新規客増が期待できるなら、明日は楽しんでもらいたい。
「また来よう!」と思って帰ってもらえる試合にしたい。
それには選手も頑張ってもらわないといけないし、サポもがんばらんとね。

初めてBAへ行くひとが「あ、あのひとに付いて行けばいいやw」と分かりやすいように紫を身に着けて移動するとか、自宅からユニ着て行くとかね。アストラムラインの中では『紫熊倶楽部』を広げて「こんな雑誌があるよアピール」を実行。「ポケット日程表」なんかもチラチラ見ていれば「それ、どこでもらえるんですか?」なんて聞かれたりするかもよ?w
まー、実際そういうことがあるかどうかは分からんけど、そういう意識を持っていることが大切よね。
タオマフを余分に持って行って、持ってないひとがいたら貸してあげるとか。CKで振り回したあとに「あ、自分も買ってくればよかった(´・ω・`)」と思ったその直後に「よかったらこれ使ってよ!」って渡してあげるとグー。
明日の天気予報は降水確率30%だったからBAなら降ると思ってもいいwwwカバンを雨から守るためのビニールのゴミ袋をひとにあげれるように数枚用意しておくといいよね。初めてBAに来る人はBAの雨率知らないだろうからwww
こういう参戦玄人の優しさに喜んでもらえたり、知恵に感心してもらえたりするわけ。
もちろん他にもいろいろあるよ!!!
応援経験の少ないサポにも、チャントやコールが分かりやすいよう大きな声を出してみるとかもね。


ボク自身もゴール裏に来始めたころ、先輩サポさんからいろいろ優しくしてもらったのだ。
それは新たな世代に還元していかないとね。

明日は新しいお客さんがたぶん来てくれるはず。
BAが楽しい場所だと感じてもらえるよう、ボクらは優しくポジティヴな心で明日の試合を創り上げましょう♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【トップ】上位を本気で目指すチームへのサポート(第11節順延分 vsC大阪@広島ビ)

中断期間が終わってしまった。
この中断期間に色々と発信したいことがあったのに、猛烈に仕事が忙しくてサポ活動が全然できんかった(´・ω・`)まじしょぼんだわ。
ブログネタとしても「序盤戦の感想」、「ユース出身選手への応援」、「応援のスタイル」、「BAバクスタ」、「サンフレッチェTVと槙野」などなどいっぱいあったのに。
仕事は徐々に落ち着い・・・落ち着きつつ・・・ある・・・ようなので、まー発信したいことは試合に合わせて、試合の合間に出していきます。
この僻地ブログを読んでくださっている少数派の方、今後ともyd(←よろしくどうぞ)


========================================================================
7月14日(水) 2010 J1リーグ戦 第11節(順延分)
広 島 0-5 C大阪 (19:04/広島ビ/5,334人)
得点者:54' 家長昭博(C大阪)、74' オウンゴ-ル(C大阪)、79' アマラウ(C大阪)、83' 高橋大輔(C大阪)、85' 播戸竜二(C大阪)
========================================================================

去年、ナビ杯GL最終節@鴨池で磐田に負けた悔しさと反省から試合前にひとつ記事を書くようにしていて、ただ今回は時間創れず書けなかったんだけど。
「上位を本気で目指すチーム・選手へのサポート」について書くことに決めてた。
序盤戦はACLが絡む連戦で、離脱選手も多かったので「我慢と覚悟」を以って耐えた。「アウェイは勝ち点1でいい」と臨んだ試合もあった。でも、上位を本気で目指すなら中断明けからは同じような試合してちゃダメだと。大宮戦の試合後に「ただ、再開後も同じようにこんなんじゃー怒るよwww」と書いているけど、やっぱりそういうこと。

織田強化部長が「コンスタントに6位以内」と言っていて、選手も「来季もACLに出たい」と言っている。サポーターもその基準を上回るためのサポートをしないといけない。残留とか一桁順位が目標じゃないんだから、応援はより熱く、より厚く、叱咤激励もより厳しくなるべき。選手への労いもある程度はできているとは思うけど、そこももっともっと増していきたい。


と、こんなことを書こうとして書けなかった試合で「ホームで0-5の大敗」なのです。


スカパー参戦だったので、いくらゴールを決められようとも声も上げずに冷静に観てたんだけど、うちはひどかったなー。人数いるのに決められるとかまじダメだわ。家長のゴールとか驚きもしない。あれは決められて当然。

テレビ画面で観るのと、現地で腹筋と背筋を駆使して声を上げて跳んで手を叩いてるのでは感じ方も違うだろうけど、「これ、現地にいたらオレ、試合後になんて声かけようかなぁ?」と考えながら観てた。「ACLに出たい」と言っているチームがああいう闘いをして、ホームで「0-5」なんじゃもん。選手は「次がんばろう」と切り替えればいいけど、サポが「次勝てばいい」と済ますわけにもいかんし。実際のとこは次勝てばいいんだけどサポからの発信がそれでは想いが弱いと思うんだよな。選手とオレらが目指す場所にたどり着くにはホームで負けちゃだめってのがひとつの基準だろうし。
ただ、考慮するのはこの試合が「中断明けの1試合目」で、「中3日で次節」、そして「その試合はホームゲーム」ってこと。すぐに挽回するチャンスが用意されていると捉えてチームとして揚がってきてもらうために働きかけるほうが短期的に必要だろうなと、オレは思うんよね。
だから「(負けたのは)10人じゃけーじゃないと思うで!次もホーム、勝とうでー!!!」選手が試合後に近くに来たときにそう声かけただろうなと(現地にいたらまた感じ方も違う可能性はあるけどね)。

・今日の負け方はひどい。
・でも敗戦はもう済んだこと。
・挽回のチャンスはある。

それを込めたつもり。オレは現地じゃなかったので、この声は届けられなかったけど。


B6(の全員じゃないだろうけど)からは『ヴァイオレットパッション』が選手に向けられていて、それはスカパーの放送にも載っていた。各々のサポが唄ったそのチャントに込めたか意味は、プロの選手なら分かるでしょ。

選手が分かってるなら、選手が応えようとしてくれるなら、それが実現するようにオレの最大のサポートを送るよ。
鞠戦の現地参戦を決めていたオレGJ。このタイミングで現地参戦できるなんてサポ冥利に尽きる。


悪天候の中、BAに集い、試合後の選手たちを叱咤激励してくれた全てのサポーターに感謝。





















| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »