« 【サポ】さらにチャント(新・リニュ)大宮戦に向けて予習 | トップページ | 【サポ】「無力」と「微力」(引き続きサポ的思考にて) »

2011年3月12日 (土)

【サポ】今の日本をサポーター的思考で考えた(東北地方太平洋沖地震)

会社も自宅も無事。ボク自身は被害はほとんどなかったです。怖かったけど。
揺れている最中に怖くて建物の外に出ちゃう人も多かったんだけど「外に出ると危ないですよ!」とも言えない。電柱や看板が倒れてきたらどうしようかとホント怖かったわ。でも屋内の方が安全とも責任持って言えんもん。屋外も屋内も何が倒れてくるか分からん。何か人にアドバイスする勇気が出ませんでした。
※追記
1回目の地震の時は群馬県高崎市にいました。取引先の会社で鉄筋コンクリートの建物の1Fでした。


当然サッカーどころじゃないので、普段から僻地なブログのここを見てくれる人は少ないでしょうが書いておきます。

昨晩、20時半ころ帰宅してからテレビとtwitterに張り付いています。0時を過ぎて就寝。余震に負けずできるだけ寝て、朝6時に起きてまたテレビとtwitterに張り付くと。
情報収集と、元気や勇気の出るツイートができればな、という思いで。
福島県は毎年夏にクラブユース選手権(Jヴィレッジ)でお邪魔する。思い入れもあるし、言うまでもないけど他人事じゃないもんね。

■inhalesfc(twitter)
http://twitter.com/#!/inhalesfc


テレビで流れるのは被災地の悲惨な映像ばかり。もちろんそれも必要な映像ではある。
でも、今必要なことは他にもある。
今、日本国民が「何をするべきか」だったり、「何をしてはいけないか」だったり。
それをテレビやネットで収集して、吟味して広めることも大切だなと思う。



先日の記事で「チャントを創るのがサポグループの仕事でも、広めるのは個人サポの仕事」と書いた。こんな一般人の理解しがたいサポーターをいう人種の思考を今の日本の状況に当てはめてみた。

するとこうなる。


情報を出すのが政府やメディアの仕事でも、広めるのは国民みんなの仕事。被災者側が受信できるかどうかは分からないけど、困っている人になんらかの方法で届くよう、自分のできることをやろう。


ってことだ。

ネットが通じる環境は確保できているひともいるようだし、テレビがダメでも一般人が何らかの方法で情報を飛ばせる。自分ができるサポートをやればいいんだと思う。

ひとまず節電。必要でないコンセントはすべて抜いた。空気清浄機・電子レンジ・炊飯器・エアコン・プリンター・暖房便座などなど。節電くらい屁でもない。便座はちょっと「冷たッ!」ってなるけどねw
今晩はもうすぐ照明も消して布団に入るよ。1日中テレビとネットで疲れたし、すぐに眠れそう。

被害に遭ってるひとたちに「がんばって」なんて言えない。だから被害を受けていないボクらができることをがんばる。頑張らされてる人たちにこれ以上頑張らせないために、ちょっとくらい頑張れるボクらがちょっとずつみんなで頑張る。その積み重ねが日本国民の大きなチカラになる。


「がんばれ東北(被災地)」なんていう状況じゃない。
今、ボクらは「がんばろうニッポン」のど真ん中にいる。








※追記
部屋を暗くして生活するほどの節電は返って怪我などを招き危険です。
普通の節電を多くの人がやればいいなというのがボクの思いです。

|

« 【サポ】さらにチャント(新・リニュ)大宮戦に向けて予習 | トップページ | 【サポ】「無力」と「微力」(引き続きサポ的思考にて) »

サポ」カテゴリの記事

コメント

きのりさんがご無事でよかったです。
地震があった時、私は社内で研修中でした。
終わってから地震のことを知り、あわてて東京の実家に電話したのですが、
皆無事だったので、ホッとすると同時に涙が出ました。

帰宅難民であふれる東京の街をTVで見た時はとてもショックでした。
(私も徒歩で帰宅するシミュレーションをしてみたことがありましたっけ・・・)

なんかもうサッカーどころじゃなくて、福島原発のこととか、まだまだ続く余震とか、
心配なことはたくさんありますが、これ以上被害が広がらないように願うばかりです。

きのりさんもくれぐれもお気をつけて・・・

投稿: MH | 2011年3月13日 (日) 00時11分

>MHさん
ありがとうございます。
ご実家のご家族もご無事でよかったです。

いまのこの状況をみんなで乗り越えていきましょう。少なくともこの2日間、日本人すごいと思えたり、サポーターすごい(笑)とも思えました。

今できることは多くはないですが、できることをやるのと、この先もできることあればそれをやればいいなと。

投稿: きのり | 2011年3月13日 (日) 18時59分

きのりさん、こんばんは。日をおうごとに明らかになる現状に言葉もありません。今自分になにができるのか…なんとか力になれないものか…もどかしい気持ちでいました。そうですね、正しい情報を見極めて、小さなことでもいいから、自分にできることをやっていきます。まだまだ落ち着かない日々が続くと思いますが、きのりさんも気をつけてくださいね。

投稿: 蹴人 | 2011年3月13日 (日) 22時24分

>蹴人さん
こんばんはー。
厳しい状況ですね。金曜の晩からずっとテレビとtwitterに張り付いて、疲れましたw
でも、自分ができること考えながら過ごして、この週末にも意味はあったと思います。
日本全国、ひとりひとりができることをやれば、その積み重ねで日本は良くなるはず。この状況を乗り越えられるはず。
それを信じて、みんながちょっとずつがんばりましょう!

投稿: きのり | 2011年3月13日 (日) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【サポ】今の日本をサポーター的思考で考えた(東北地方太平洋沖地震):

« 【サポ】さらにチャント(新・リニュ)大宮戦に向けて予習 | トップページ | 【サポ】「無力」と「微力」(引き続きサポ的思考にて) »