« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月28日 (木)

【トップ】クラブの歴史の一部であろう(ナビ杯1回戦-2 vs川崎@等々力)

昨日の等々力での応援が選手の心とサポの心を動かしたなら、このナビ杯敗退は我々にとって「後退」でも「衰退」でもなく確実な前進。
負けてなお前に進める敗戦があることを、ボクらは知っている。


=============================================================================
7月27日(水) 2011 ヤマザキナビスコカップ
川 崎 3-1 広 島 (19:00/等々力/11,067人)
得点者:10' 小林悠(川崎F)、39' 佐藤寿人(広島)、54' 登里享平(川崎F)、62' 小林悠(川崎F)
110727

=============================================================================

5年振りの等々力でのゴール。
うちも盤石じゃないけど川崎だって盤石ではなく、自分の抱く勝たせたい気持ちが「あれだけゴールを獲れなかった等々力でゴールを奪えた。歴史動かした。今こそ扉をこじ開けよう」と、そう思わせた。
結果的にはその後得点できず、失点を重ねて敗れた。攻めながら決めきれないというこれまで何度も見た形。直接の敗因はこれだろう。


チームのピークと思われる今季、3つのタイトルのうちひとつを獲り逃した。
こうやってチャンスを逃し、また低迷し、復調しても”いいチーム”止まり。この先10年も、いや、50年、100年繰り返すんじゃないだろうか?そんな風に思いませんか?


もし、そう思うならそれでいいじゃん。

100年後の広島サポーターが、今のボクらと同じような「無冠の情けなさ」を感じなくて済むように頑張ればいい。その土台を創る作業に徹すればいいじゃん。”自分が楽しむ”ことを諦めれば冷静になれるよ。
完敗も惜敗も惨敗も、すべて「100年後のサポーターが歓喜を味わうため」と思えば受け入れられる。
ボクのサポーターとしてのスタンスでは「自分が楽しむこと」のプライオリティは低い。
観客を楽しませたいし、ファン・サポーターにも楽しんでもらいたい。そして選手にも喜んでもらいたい。そして広島の街が盛り上がればいいなと。自分個人よりそっちのが重要。
自分が楽しむことを割り切って捨ててしまえば、昨日くらいの選手と共に闘えた実感が残る試合ならば怒りも湧いてもこない。自分がサンフレッチェ広島の歴史の一部になったという事実を噛みしめるだけだ。
ただし、それが確実にクラブ・チーム・サポーターとしての「前進」であることを強く望む。それだけだ。
そのくらい割り切って、強い気持ちで続けていくことが、歓喜を味わうことを100年後から50年後、30年後、10年後と手繰り寄せることに繋がるんだと思うんよね。


クラブの歴史は足し算です。

積み上げたものは、選手を引く抜かれようが、収入が落ちようが、2部へ降格しようが全てが積み重ね。積み重ねたものは選手やお金みたいな表面上のものを失っても、クラブの歴史として残っていく。
J2に降格した経験を以て、今のクラブ・チーム・選手・サポーターの力になってるじゃないか。
そういうことだ。

自分がその歴史の一部であることを大切に思おう。
その歴史の積み上げの中で、歓喜を得られる機会に立ち会えた時、この歴史の一部であることがきっと誇りになるから。





( 追 記 )
最近「2007年に似ている」とよく聞くけど、ボクらがなぜあの経験を深く胸に刻んでいるのか。

不安を煽るためか。
心の準備をするためか。

ちがう。

同じことを繰り返さないためだ。

TSSサンフレッチェ広島(選手コメント)より
http://www.sanfrecce.co.jp/community/mobile/index.html
「内容は悪くないとは、結果が出ていないといいづらい。バラバラになるのが一番いけない一人一人がチームのために一生懸命やれば、結果はついてくるサポーターも励ましてくれているし、サポーターのためにもしっかりと切り替えて闘いたい。」(カズ)

「2007年に降格した時も、前期よくて後半よくなかったって聞いている。そういう意味では、みんなアタマをよぎることもあるだろう。自分自身、逆境の中で落ち着いて、精神的な部分でもできることはやっていきたい。その時とは違うってところを見せられればいい。」(中島浩司)

カズはもちろん、 ナ カ ジ ま で が こんな風に言ってくれてるんだ。
2007年を経験したサポこそ、少なからず不安になっているサポを勇気づけ、不満に思っているサポを前に向かせるべきだと思う。

あのシーズンを経験したサポこそ、今を闘おう。
今を闘えてこそ、だ。




| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月27日 (水)

【サポ】サポ人生初を実行してみたり(ナビ杯1回戦ー2 vs川崎)

=======================================
7月27日(水)ヤマザキナビスコカップ
川 崎 ー  広 島(19:00KICK OFF/等々力)
=======================================


ボクも試合ではユニ着て応援してるんだけど、ユニを着るのはいつも試合直前なんです。開門よりも前に着ることはないです。
ユニ は戦闘服なので闘いの時に纏うもんだと。戦国武将だって毎日甲冑を身に纏って生活してるわけじゃないと、

いつも言い訳していますwww

実際のとこ、ユニに着替えるのを試合への気持ちの切り換えに利用していることもあるし、
あと、夏場は汗かいてユニからにおいを発するのを防ぐためwそんな理由だったりwww、

と、まぁいつもはそんな感じなんだけど、今日は等々力ですからね。
今までのサポ人生で勝ったことないとこに挑むんだから、今までやったことないことを実行して、勝ちたい気持ちを表してみるかと。

家からユニ着て出発しましたw
新幹線も乗ったったわ!!!

家からユニ着て試合に行くなんて、人によっちゃ当たり前なんだろうけどね。
でも、個人差があろうとそれぞれの「初めて」を実行することで勝ちたい気持ちを表現するのもいいじゃないかな♪
多くの広島サポの勝ちたい気持ちが重なって掛け合って、それが勝利を呼び込めるように。


今日の試合後にサポ人生初のことを掴みたいのです。ほんとに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

【トップ】続ける中にある(第6節 vs名古屋@瑞穂陸)

1試合ごとだけでの楽しさを求めているんじゃないので。

============================================================================
7月23日(土) 2011 J1リーグ戦 第6節
名古屋 3-2 広 島 (19:03/瑞穂陸/11,904人)
得点者:6' 李忠成(広島)、15' 田中マルクス闘莉王(名古屋)、67' オウンゴ-ル(名古屋)、80' 増川隆洋(名古屋)、86' 青山敏弘(広島)
============================================================================

次の試合までに、悪くとも来週のホーム清水戦までに、少しでも復調のきっかけになる試合にできるように。そういう想いでサポートしようと決めていた。
それはできたと思う。個人的にだけど。

勝ち点無しに終わったこの試合。
次に勝てた時にこの試合の意味を創れると思うんよね。
意味を創りたいから続けますよ。

次の試合、勝てたら瑞穂で共に闘った成果もそこに含まれるんだと思う。
楽しみや充実感は1試合じゃなくて、継続した中にこそあるもんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

【サポ】その経験を(第6節 vs名古屋@瑞穂陸)

==================================
7月23日(土)J1 第6節
名古屋 vs 広島(19:00KICK OFF/瑞穂陸)
==================================

2007年の名古屋戦。これは豊田スタジアムだったけど。
名古屋は開幕から4戦全勝、ホームで5連勝を狙う試合で。
実際、試合が始まると圧倒されて「これ・・・勝てんぞ(汗)」って思うほどだったんよね。
駒ぴょんとピチブーで追い付いても突き放されてこりゃほんといかんとw
でも、なんか藤田俊哉がなんでかPKくれて勝っちゃったんよなぁ。
試合後、「今日・・・なんで勝てたんかね・・・?」ってサポ同士で言い合いながら帰ったなぁ。

相手に猛烈な勢いがあって、一見勝てそうにない試合で勝つってこと、そんなに頻繁じゃないけど・・・あるんよなぁw


その1年前は瑞穂での名古屋戦。水曜ナイトゲームで現地じゃなかったからドキドキしながらテレビ観てたんだけど。
2006年って、小野監督が辞任してモチさんが中断期間まで指揮を執って、6月にミシャが来て、リーグ戦再開の試合がこの名古屋戦だったんよね。順位もまだ15位だか16位で、「ここから勝っていくぞ!」と思いつつもこれからどうなるんだか読めない状況でねぇ。
新しい布陣、ワンボランチにリーグデビュー戦となる青山。まだ20歳。その試合も、その先のリーグの展開も予想するとかそんなもんできる状態じゃなくて、「やるしかない」って状況。オレらの立ち位置ってそういう位置だったんよね。

で、勝っちゃうんだな、この試合w
不器用な様ながら、川島をちんちんにしてピチブーが2ゴール。取って取られての3ー2だったけど。
http://www.sanfrecce.co.jp/info/result/?n=79

勝つとか負ける以前に、オレらこれからどうなるんじゃろ、もう分からんわ!とにかくやるしかねーわwっていう試合で勝つってこと・・・あるんよなぁw


試合前、「今日は勝てる」と言うための根拠なんか無かったのに勝っちゃう。いつもは使える「勝たせる」という表現も使いづらい状況だった試合で勝つ。あるんよな、こういう試合が。


いやいや、この2試合を例にあげて「今日、勝てるかも?」なんて言うつもりはないですよ。
ただ、こういう試合もあったよっていう話をしてみた。

何年かサポやってれば、良いときも良くないときも経験する。
でも、その経験をいかに有効活用するかが大切。
良くないときの経験を例にあげて自分のネガティヴな感情を撒き散らすか、良くないときの経験を例にあげて、自分をポジティヴにするか、強く保つか。あわよくば、周りのサポをもポジティヴにするか、強い気持ちにするか。

何年サポやってるとか、何試合観てきたとか、そんなのほとんど関係ない。
何年とか何試合とか、どんな経験をもって、今いかにサポートできるかがサポーターとして重要なこと。
オレの経験と、薄っぺらいサッカーの知識では、上に挙げた2試合の話くらいしかできんのだけど、オレは絶対に自分の経験をネガティヴな方向に発信するつもりはないので。
実際のとこ、うちのサポは新しい人が多いよね。
そういうサポを不安にさせたり、イライラさせたり、興味を無くさせたりするようなことをしないように。
自分の経験をできるだけいい方向に発信して、活用するよ。

今日、11試合負け無しの名古屋とアウェイで対戦するけど、なんかオレ、ポジティヴな気分で今日を迎えられたんよね。
がんばります。がんばりましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

【移籍】ザキさん期限付き移籍。山形アウェイは最終節か。

ザキさんは来た時も突然だったけど、去る時も突然過ぎるな。


【山崎 雅人選手、モンテディオ山形へ期限付き移籍のお知らせ】(広島公式)
http://www.sanfrecce.co.jp/news/release/?n=4648

ザキさんのコメントの通り、考えてみれば確かに「1年半」なんだな。
この1年半って、ACL出場やナビ杯決勝進出なんかもあって濃かったからもっと長く居てくれた感じするけど。
去年の11月7日(日)の浦和戦で、アディショナルタイムに決勝ゴールを決めた寿人に出したパス。あれ素晴らしかったわ。最近では新潟戦の寿人のゴールを導いたパスもだし。
あと自転車パフォw
ベテランらしく、途中出場が多かったけどその時間に必要なプレーをしてくれるいい選手。
ありがとうザキさん。



いやしかし、今日この話を聞いた時は動揺した。うちは大丈夫なのか?って。
名古屋戦は先発もあるかなんて思ってたのに。

動揺と不安。
オレがザキさんの移籍によって、こんなに動揺して不安になっている意味を、若い選手には分かって欲しいねぇ。

そして、それを求めると同時にね、これからチャンスを掴むかもしれない、チャンスを掴まないといけない彼らをね、熱く分厚く支援していこうと思うよ。

さ、誰もが頑張らないとね。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

【トップ】そんなサポーターなら不要なんじゃないですか?(第5節 vs福岡@広島ビ)

昨日の試合を受けて、いや浦和戦も等々力も山形戦も万博もNACKもC大阪戦も日立台全てを受けて思うんじゃけどね。

====================================================
7月18日(月・祝)2011第5節
広 島 0-0 福 岡 (18:04/広島ビ/9,864人)

====================================================

勝ってる時はいいサポート・応援ができる。そんなの当たり前なんよね。

勝てない時にどういうサポート・応援ができるか。それが大切じゃろ。



チームの調子がいい時だけいい応援ができて、チームの調子が悪い時にいい応援ができないなら、

そういうサポーターなら要らんのんじゃないかなー?って。



つーか、今のチームそんなに悪いかなぁ?
日立台、そんなに悪かった?
NACK、試合は猛烈に面白くなかったけど、あんな試合で勝ち点3を獲った選手に感謝したよ。
万博、すげー悔しかったけど、試合後の選手を励ます価値も意味もあると思ったよ。

知ってる人は知ってるし、覚えてる人は覚えてるし、分析できてる人は分析できてると思うけど、本当にやばいときは、もっとやばいよ?w


たしかに、今のチームには波がある。
得点できるが失点する。失点ゼロに抑えれば得点できない。
工夫、余裕、粘り、思い切りの良さ、ポジティヴが足らない。


でも、そういう状況でいかに応援するかが大切じゃん?
今日勝てなくても、この勝てない期間をできるだけ短くして勝てる時期に変換するか。
実際のとこ、勝てる時はサポーターの応援が足らなくても勝つよ。
勝てない時にいかにその期間を脱出するか?よね。


サポーターの力の出しどころってそこだと思う。オレは。
増えて欲しいのは、勝てない時に力を出せるサポーターなんだよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

【トップ】こういう時がサポから選手へ期間(第4節 vs柏@日立台)

スカパー!のこの試合、実況は倉敷さん、解説はオレたちの名波さん。
視聴料は同じなのに、ホームゲームを質のいい実況・解説で楽しめる首都圏クラブと、色々ごにょりな地方クラブの差。サッカーの見方や楽しみ方の幅がどんどん開いていく気がする。
ま、見方や楽しみ方の幅を産み出すのはサポの役目でもあるんでね。ボクも頑張って、そこにも力注いでいきますよ。

============================================================================
7月13日(水) 2011 J1リーグ戦 第4節
柏 3-1 広 島(19:03/柏/7,887人)
得点者:7' 佐藤寿人(広島)、10' レアンドロドミンゲス (柏)、55' 北嶋秀朗(柏)、90'+3 工藤壮人(柏)
110713_2

============================================================================

いや、しかしまぁなんですなぁ。サッカーって怖いね。
柏と広島にこの先を悲観させるほどの差はないとは思うんだけど、結果は「逆転での3失点負け」。
あれほどファンを楽しませてくれたチームでも、見方次第で面白味も無くて、行く末の不安を感じさせるチームになってしまう。怖い怖い。

でも、サッカーって1シーズンでも1試合のでも、いい時期とよくない時期、いい時間帯とよくない時間帯があるもの。よくない時期やよくない時間帯をいかに闘うか、やり過ごすか、乗り越えるかが大切なんだと思う。これは選手だけじゃなくてサポだって。

今、明らかにチームは苦しい。そのチームを見てサポがどう行動するか。それによってこの先が決まる。「面白くなくなった」とチームを蔑むのか、苦しいならば耐えつつ勝ち点を奪うための応援をするのか。今のチームの問題点を羅列してサポ同士で共感することで傷を舐め合うのか。気持ちが落ちているサポを元気付ける言葉を掛け合うか。2009年終盤のサポは「上」が見えていたこともあって、力強い行動をとれていたと思う。それが選手たちと一体になって4位に食い込む力になったんだと思う。そして元日には神様からのお年玉も戴けたし。
※2009年9月26日の新潟戦で10試合負け無しを阻まれ、リーグ戦で4試合勝てず。
  2-0から追い付かれたG大阪戦や等々力での0-7もこの期間に含まれる。

ゴールを決めた選手たちが、なぜB6やゴール裏に走ってくるのか。 バクスタにもメインスタンドにもサポーターはいるのに。
そこには、楽しさを共に味わうだけじゃなく、苦しさをもチームと共に受け入れることを厭わないサポが多く居るからなんだと思う。

2008年は天皇杯ベスト8、2009年はリーグ4位とACL出場権獲得。2010年はナビ杯決勝進出。
シーズン単位で言えば、うちのサポは選手たちから色々な歓喜や誇らしさや高揚感を与えられてきた。
今くらいの苦しい期間ぐらい、サポが選手たちにお返しすればいいじゃんって思う。もらってばかりじゃなくてね。
苦境を抜けたときに、選手たちが自分らサポーターのところへ来てくれるように。
例えば選手が「苦しい時にサポーターの声援が力になった」とコメントしてくれた場合、その”サポーター”に自分が含まれているように。

ここ最近は、広島サポは選手に色々与えてもらった。かなり楽しませてもらってきた。
今はサポが選手に与えるターン。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水)

【サポ】今夜、誰もが現地参戦したいはず(第4節 vs柏@日立台)

首位決戦になるなら、是非とも現地参戦したいなーと。
桜戦の前は思ってました。


第4節 柏 ー 広 島(日立台)


でも、桜戦の後は違う理由で是非とも現地参戦したいと思うようになった。


なんとか新幹線に乗り込んだわ。
予定より1本遅れたのでゴール裏にたどり着くのは後半の途中だがw


みや長の前説を聞けないのは仕方ないけど、みや長ならきっとうちをいじってくれるのでは・・・
なんて期待してもいたんだが。

『いやー、広島さん、前節は散々でしたねwww』

『今夜はさらにSUNSUNな思いをさせてあげますよ!オホホ』


的なwww


みや長って、相手を煽ったりはしないんだっけ?

煽りでもなんでもいいから、いじられたいわー。


さて、やっと大宮を過ぎました。


今夜、広島のために自発的に行動できるすべてのサポーターよ。

日立台へ想いを束ねろ↑↑↑


例の投票(クリックぽちぽち)よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

【トップ】笑顔もサポート行為(第2節 vs大宮@NACK)

内容がちょっとアレでも、試合後のサポの笑顔は最高でした。

================================================
7月3日(日) 2011 J1リーグ戦 第2節
大 宮 - 広 島 (19:03/NACK/8,526人)
得点者:49' 盛田剛平(広島)

110703

================================================

等々力で悔しい想いをした関東在住のサポーターが、この試合を楽しんで、この勝利を味わってくれたなら、満足です。
なにより、関東在住のサポーターが勝利を体験できるようにと願って闘ってたんで。
試合内容はひとまず置いといて、ほんと良かったなと。

等々力の惨敗を見せられて、大宮にも来るのは足取りが重かったかもしれんけどねw
でも、等々力で負けた直後の関東の試合は勝つってのはうちの仕様です。
2009年の等々力の直後のNACK、2010年の等々力の直後の味スタ、選手たちは勝利をプレゼントしてくれるんよなぁ。

試合後にサポーターのところへ挨拶に来てくれた盛田さんは「サポーター最高!」って言ってくれた。カズもブログでサポーターの応援について触れてくれている。コルリも試合前にNACKに大挙して集結したサポーターについて言及してくれたし、試合後も「最高の応援だった」って言ってくれた。自分は自分で精一杯で、周りを見る余裕はなかったけど、選手やコルリがそう言うならいい応援が出来たんだろうね。
いや、つーか試合中はほんとキツくって、いい応援だとか考える暇も無かったわw


あ、でもね。
いいなーって思ったのは試合後の選手を迎える時にうちのサポーターがみんな笑顔になれてること。一緒に闘った周りのサポをハイタッチをして、肩を組み、唄って跳んで、雄たけびを上げる。みんな笑顔。

笑顔ってね、選手たちに力を与えることができるとオレ、信じてるんですよ。
昨日の周作の笑顔を見て「応援してよかったぁぁぁぁぁ!!!」と思えるのと同じように、選手たちもサポーターの笑顔を見て「頑張って、勝って良かったぁぁぁぁぁ!!!」って思ってくれているんじゃないかな。
それが試合の疲れを少し癒す。次の試合へ向かう力を生む。

選手に対して、笑顔を見せるってこともひとつのサポートだと思う。
ゴール裏のど真ん中にいようが、端っこにいようが、スタンドの上の方にいようが、スタジアムにいる全ての広島サポができるサポートだと思う。
アウェイの日曜ナイトゲームでありながら1,600人のヴィオラが集まった。あれだけのサポーターの笑顔なら、選手にとっての力になれたと信じていいと思うんよね。

うち、最近は決して調子いいとは言えないし、今後も厳しい闘いが続くことが予想できる。
でも、オレらサポーターの存在、行動、想いはきっと選手に届いていると信じていいよ、ほんと。






| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

【トップ】共に在るかどうか(第18節 vsG大阪@万博)

オレたちが何を求めて選手をサポートしてるのかって話だ。

=============================================================================
6月26日(日) 2011 J1リーグ戦 第18節
G大阪 5-3 広 島 (18:03/万博/16,845人)
得点者:3' 中澤聡太(G大阪)、34' 遠藤保仁(G大阪)、45'+3 森崎浩司(広島)、55' 平井将生(G大阪)、74' 中島浩司(広島)、78' 佐々木勇人(G大阪)、85' 高木和道(G大阪)、90'+4 ムジリ(広島)
=============================================================================

ボクは選手たちと「共に在りたい」。何よりも第一にこれです。
勝つとか負けるとか、 「共に在る」 ことと比べればちっぽけなこと。

つーか、勝つことを求めてサポやってるんであれば2007年でサポーターやめとるわ。
自分のサポーターとしての想いや行動が、選手に届いているか?選手の力になっているか?がなにより大切なこと。
つまり「自分が選手と共に在るか?」ということ。

去年の同じようなこと書いたけど。

【サポ】なぜ行くのか?オレは。(第20節 vsFC東京@味スタ)
http://inhale-sanfrecce.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/20vs-ba75.html

こういう感じ。

等々力では、優勝だとかタイトル獲得という言葉を発する者とは思えないようなプレーをした選手にがっかりしたし、とてもじゃないが等々力で自分たちの想いと選手たちの想いが「共に在る」とは思えなかった。だから試合後は厳しい言葉も放った。

でも、5失点したとはいえ、万博は違った。
立ち上がりの失点と、いつも通りのセットプレーでの失点は残念だけど、前半のうちに1点を返し、後半立ち上がりは何度もG大阪ゴールを襲った。
その後、1-3、2-3、2-4、2-5、3-5という点の取り合いになったんだけど、2点目も3点目も選手とサポーターが一緒になって意地を見せて獲ったと思う。2点目はともかくアディショナルタイムのムっさんのゴールは2点差を付けたG大阪の集中力が緩んだためのもので、1点差の緊迫した場面なら獲れてないゴールかもしれん。でも、そこはあんまり関係ない。「あのゴールに選手とサポーターの同じ想いが込められていた」ことこそが重要なんだと思う。
そこに意味がある。次に繋がる。この日のマイナスを埋めてプラスを生むことができる。


試合終了後、選手が挨拶に来てくれた時、等々力と同じように自分の気持ちを放った。
「気持ちが出てればいいんだ!大丈夫!次へ行こう!!次!!!」
等々力での厳しい言葉とは違って、選手を鼓舞するポジティヴな言葉。
ボクは心からそう思ったし、こういう闘いが先に繋がると信じることが出来たから。
「同じ気持ちで闘えた」と感じたから、猛烈に悔しいけど、気持ちが折れるようなことはなかった。


ま、こんなことは何度もあったしね。
この前の等々力みたいな惨敗も経験してきたし、この万博のような完敗も経験したきた。
引き離されても選手たちは喰らいつき、サポーターは応援を続けた。その応援に応えて、選手たちはボールをゴールにねじ込んだ。選手とサポーターが同じ想いで最後まで闘った。
これは惨敗ではない。自分たちは決して惨めではなかったと思う。むしろこの万博の一戦は「誇らしい」部類に位置づけできる。

共に闘えた実感が、充実感を生み、誇らしい気持ちに繋がる。
そこに必ずしも勝利が必要なわけではない。
ボクはそう思ってます。
もちろん勝利できたほうがいいけど、勝利の前に「共に在る」ことが大切なんですよね。
うちの選手たちは、たまにダメな日もあるけどwそういうことを強く、何度も感じさせてくれる素晴らしい選手たちだと思います。







【きっと同じだったと思う。】(森崎浩司公式ブログ)
http://www.footmedia.jp/koji/archives/2011/06/post_200.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »