« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月27日 (火)

【トップ】敵はすべて”敵”でしかない(第27節 vs福岡@レベスタ)

================================================================
9月25日(日) 2011 J1リーグ戦 第27節
福 岡 2-1 広 島 (16:03/レベスタ/12,540人)
得点者:40' 末吉隼也(福岡)、75' 成岡翔(福岡)、90'+1 水本裕貴(広島)
================================================================

「最下位相手になにやっとんや!」だとか言う人は「最下位のクラブには勝たないといけない」って思ってたってことでしょ?

ちがうね。

オレらは目の前の敵、全てに勝たなければいけなかったはず。
選手も「残り試合を全部勝つ」というコメントを出してた。

相手が順位なんか関係なく、対戦相手の全てに勝つという気持ちになれてないから「最下位相手に・・・」なんていう言葉が出てしまう。
これが広島サポの本心、広島サポのメンタル。

鹿島のサポが「最下位相手に・・・」なんて言うか?
鹿島のような、毎年タイトルを争うクラブのサポは相手がどういう順位だろうが、目の前の敵を全て倒すってことしか考えてないんだよ。

うちのサポとの差はそういうところにある。


腹の底から本気で「全てに勝つ」という気持ちで闘いに挑めるサポーターになろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

【サポ】もう一度みんなで本気になりたい(第27節 vs福岡@レベスタ)

『奪取』は本気です。

==================================================
9月25日(日)J1 第27節
福 岡 ー 広 島(16:00KICK OFF/レベスタ)
==================================================

でも、リーグが厳しくなり、ナビ杯も敗退。サポーターのなかにももう本気じゃない人と、まだ本気の人がいるんじゃないかなあ?残りは8試合で、順位表を眺めるとさすがにリーグ戦のことは言いづらいけど、天皇杯はまだ始まってもないわけで。

ま、一時期は「天皇杯獲得」に目標を切り替えるなんて、リーグが厳しくなって、ナビも敗退したクラブの現実逃避でしかないような時期もあった。
でも、磐田・福岡・神戸と連勝で行けば、「天皇杯獲得」という言葉を自信を持って言える状況にできるかも。再びサポーターみんなが「奪取」に本気になれるかも。
さらには日産スでの横浜FM戦に勝利して4連勝したなら、うちのサポーターみんなで「ACL行こう!」って言えるんじゃないかな?


ただの算数で勝ち点計算するのは好きじゃないけど、そこに意欲を燃やしたい。
ACL出場権も獲得したいし、天皇杯も獲りたい。
でも、その前に今、存在する希望。


もう一度みんなで本気になりたい。


我らが最後に何を手にできるか?
答えはその先にこそある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

【サポ】延々と同じチャント唄う

そりゃ「3−0」になりゃ浮かれるし、そこから追いつかれて逆転されたらへこむわw
応援の中心に立つサポーターなら、それじゃダメだと思うけど。
C大阪戦の話をまだやりますよ。
実際、あんな経験をしてサポーターとして何か変われなければいつ変わるの?どんな負け方したら変われるの?って話ですからねぇ。
ま、この機会にいろいろサポートについて考えを深めようと♪



しかしねー、そこに立ってるからって、そんなみんながみんな強いわけじゃないし、あんな経験初めてだろうし、普段から「自分のサポート」を持ってない人は思考が止まったり、どうしていいか分からなくなったり、声も出なくなるもんかもしれない。うつろな目でピッチを見て、手拍子も止まって、口は半開きで声なんか出てない。そんな状態になっちゃう。

だから、周りが声をかけ合う必要があると思ってる。「ここ頑張ろう!」とか「落ち着いてしっかり後押ししよう!」、「苦しい今こそ声出そう!」とか。
でも、そういう声を出したりしても個サポの限界を度々感じるんよね、いつも。


試合終盤は『VIVA!HIROSHIMA』を長回しで唄ってたんだけど、失点するたび、時間が経つごとにどんどんどんどん声も躍動感を失い、音無しくなっていった。あれをずっと唄えるのって応援の中心部でも僅かな人数だと思う。

ま、声を失うのが普通の人ですよ。広島のゴール裏にいるのはだいたい普通の人なんです。
展開によっては失点・得点してもチャントを止めないとか、常に周りを鼓舞する声を出せるような”うざい”くらいの応援をするサポーターは多くない。
だから、ああいう時はコールリーダーにはみんなに一声かけてもらいたいなと。チャントを延々と唄ったって、試合展開が悪ければどんどん声量も手拍子も落ちていくだけじゃもん。気持ちが沈んで躍動感を失うだけじゃもん。
そこで「もっかいがんばろう」と思わせる一声をかけて欲しい。
ゲームが進んでても一回チャントを止めてでも。

「流れを引き戻すために、オレたちの声を選手に届けて、選手を落ち着かせよう。今踏ん張ることが大切だよ。今しっかり声出そう」

なんてね。
その「10秒」があるだけでいいと思う。
ほったらかしでサポにチャント唄わせてても、実際のところみんながみんなは唄えてないし、声も出てない。それくらいなら「10秒」チャント止めてでも、その後ちゃんと声を出してもらう方がいい。
まー、コールリーダーもキャラなので、やる人やらない人、できる人できない人、それがはまる人はまらない人があるかもしれんけどなw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

【サポ】チャント『紫の悪魔』

そりゃ前半で「3-0」にしたら浮かれるよねー。
てゆか正しくは、「浮かれた振り」をしますわな。

3-0にして唄ったチャント『紫の悪魔』って、浮かれて唄ってる印象を持たれてるかもしれないけど、実際はそれだけじゃないと思うんよね。

もちろん、楽しく唄ってサポーターに楽しさを感じてもらう意味もある。
でも、オレこのチャント唄う時って笑ってないからねw笑顔を作っているけど、半笑いってかw
広島サポが楽しげに唄い、タオルマフラーを振り回す姿を相手サポに見せて「相手の心をへし折る」つもりで唄ってる。

まさしく悪魔の心でwwwふははははw

『紫の悪魔』って、楽しいだけじゃなく、実はドSなチャントなんですwふひーwww



「勝つために相手の心を折る」という”勝つために”という意味も含まれたチャント。

創ったのオレじゃないんで、自分の勝手な解釈と使用方法ですけどねー。

サポーターって、行動のひとつひとつに、「ただ自分が楽しいから」だけじゃない意味があるんだと思う。行動にしてもチャントにしても、そこに込められた意味が大切。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

【トップ】サポーターだもの○○○(第25節 vsC大阪)

寿人が決めた4点目で大歓声が上がり、寿人はさらなる得点を目指してボールを拾いセンターサークルに走った。サポの声はそこから再び大きくなった。
ごめんね、寿人。
その大きな声援をもっと早くからピッチに届けていれば、もっと早く点を取れたかもしれないし、追いついたかもしれないし、再逆転できたかもしれない。

=============================================================================
9月10日(土) 2011 J1リーグ戦 第25節
C大阪 5-4 広 島(18:04/もうオレたちのホームじゃない長居/20,160人)
得点者:22' ミキッチ(広島)、33' 高萩洋次郎(広島)、44' 佐藤寿人(広島)、46' 清武弘嗣(C大阪)、55' 播戸竜二(C大阪)、57' 播戸竜二(C大阪)、72' キムボギョン(C大阪)、77' 播戸竜二(C大阪)、90'+1 佐藤寿人(広島)
=============================================================================


「長居はオレたちのホーム」って言うけど、ホームのように応援で圧倒してこそそう言えるんよね。
試合前から、いつもの「長居の楽しさ」によるぬるい空気はあった。でも、それを否定するよりは気持ち良くなってる方々には「今日勝てるよね!」というポジティヴな空気を持って試合に臨んで頂いた方がよろしいのかなとも思った。

実際のところ、C大阪サポーターの人数は少ないし、声に迫力は無い。それに対してこっち側は野次るわけだ。 「声小さいぞ!」とか「聞こえねー!」とか、「真面目に唄え!」とか。誰がそういうこと言ってたかってのは分からんけど、自分の後ろの方からはそんな声が聞こえて来てた。

ただね、威勢よくそういう声あげてたヤツの声。後半出てたんかな?聞こえんかったなぁ。もしかして劣勢になったから後半は帰っちゃったんかな?お客さんなら帰っちゃうかもね。
はぁ・・・まー、後半も居たとして、

試合前にそういう野次を飛ばしてたヤツが、C大阪サポーターよりも声小さかったんじゃないかな?


つまり、オレたちは「しょぼい人数の、声も聞こえない、(C大阪の蔑称:自主規制)」に撲殺されたクラブのサポーターってことになる。
以前も同じようなことで敗北を感じたけど、今回は勝負でもサッカーでも負けたんだから情けない。

【トップ】広島サポの視線は何に向いていたのか(第38節 vsC大阪戦@長居)
http://inhale-sanfrecce.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/38vs-9a20.html


野次ったっていいよ。戦意を高める効果のある野次とか、センスのある野次なら。サポの雰囲気が高揚することにも繋がる。
相手を馬鹿にしたっていいよ。「馬鹿にしたからには絶対勝たねばならん!」という責任を持てるなら。「絶対勝たせる」という気概で闘えるのなら。


しかしよ、必要な時に声をさせなくて何がサポーターだよ。
勝ってる時だけ声出して、何がサポーターだよ。
必要な時にこそ、声出そうや。

劣勢の時、押し切らないといけない時、選手を落ち着かせる時、選手を称える時、選手に気持ちをぶつける時。

そういうサポーターの声が必要な時に、声出そうや。
それが出来ているサポーター、広島には本当に少ないと思う。


負けている時や劣勢時は元気が出なくなる、声も出なくなる、
頭上の手拍子も下がってくる。

にんげんだもの みつを 


負けているからこそ、劣勢時だからこそ、気持ちを強く持って声を出す、
頭上で手拍子を打ち鳴らす。

サポーターだもの ○○○


応援の中心部に立つサポーターなら、ここに自分の名前を入れて、これからの試合に臨もう。
必要な時にこそ、声をあげられるサポーターになろう。
必要な時にこそ、選手を支え援けることができるサポーターになろう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

【サポ】寿人のゴールを生むものは(第25節 vsC大阪@長居)

狼なんか怖くない。怖いのはジャッジだけ。
って、石野真子さんも言ってます。
つーかまー、ジャッジでやられてるのはホームでの試合なので気にすることはないかー。

=================================================
9月10日(土)J1 第25節
C大阪 - 広 島 (18:00KICK OFF/長居)
=================================================


残り10試合です。残り試合数が少なくなって、上との勝ち点差が広がってくるとサポーターのほうも目標を共有しづらくなる。みんながそれぞれのラインを引いて、そのラインに到達できればいいというある意味で「妥協」の目標を立てる。そうなると組織ってダメよね。行動も人それぞれがバラバラになる。
「勝てそうにないな」と思って試合中に諦めてしまったり、早々に「勝った」と思って気を緩めてしまったり。これサポの話ね。どこが目標なのかを共有するのが大切。

選手から「残り全部勝つ」というコメントが出ている。
それは簡単なことではないし、これまでの闘いを振り返り、あえて予想するなら不可能ではないけど達成可能とも予想しづらい目標。
でも、「残り全部勝つためにどう行動するか」が大切で、結果なんてその行動の後にあるもの。
特に目標を持たず、特にアクションも起こさずに出た結果なんて自分のものじゃない。
自らの目標達成のために、それに相応しい行動を取り、出た結果こそが自分のもの。
目標に到達してもしなくても、それこそが自分のものなんよね。


あと、言葉の持つ力を信じるボクはこれも大切だと思ってる。

「残り全部勝つ つもりで 闘う」



「残り全部勝つ ために 闘う」

は意味は似ていて違うからね。
これを強い気持ちを持って、意識して闘い抜こう。
これからの残り試合をいくつ勝とうが勝てまいが、「残り全部勝つためにどう行動するか」の結果、を我々が自分のものとして納得して受け入れられるよう闘い抜こう。



あと、最後に寿人の話。
今季の寿人は怪我もあったし、チームとして得点が取れてないし、寿人自身も6ゴール。
やっぱりね、寿人の活躍あってこそ、上位に食いこんでいけるんだろうし、寿人のゴールでこそサポーターもより盛り上がる。誰のゴールよりも寿人のゴールって気持ちが上がる。空気が違う。
寿人にこれまで、どれだけのゴールで喜ばせてもらっただろうか?
寿人にこれまで、どれだけのゴールで助けてもらっただろうか?
寿人にこれまで、どれだけ勇気を奮い立たせてもらっただろうか?
「オレたちには佐藤寿人がいる」という絶大な安心感を与えてもらったし、佐藤寿人はオレらサポーターが信じるに足る特別なFWなんだ。
寿人のゴールの少なさを嘆くより、不満に思うより、寿人の効いているプレーを味わい、讃え、そしてゴールを願い、ゴールを 決 め さ せ る のがサポーターの役目だと思う。


寿人に獲らせたい。

寿人に獲って欲しい。

てゆか、オレらの想いでゴール押し込んでやるよ。



そんな気持ちで、今日寿人にゴール獲らせようよ。



佐藤寿人のゴールは、寿人の技術と好判断と、 オ レ ら の 想 い で生まれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

【サポ】「女子会チケット」で思ったこと

10月のホームゲーム、神戸戦と柏戦を対象に「女子会チケット」が販売されているのです。

【10月開催ホームゲーム対象「女子会チケット」販売のお知らせ】(広島公式)
http://www.sanfrecce.co.jp/news/release/?n=4726

110907


おんなのコって、「ひとりで、じゃなく友達を誘って」ってのが多いじゃん。クラブにとって女性客が増えるメリットってのは、ひとりじゃなく複数名で来てくれることってのがあると思う。一人来るより「誰か連れてくる」ことが多いもんね、おんなのコって。
だから、女性対象の4枚つづりのお得チケットってのはアリだなと。

時々ビッグアーチに行くコが一人いて、そのコがビッグアーチへ行ったことのあるコを誘う。
これで「2人組」が出来あがり。となれば、その2人組にビッグアーチに来たことのないもうひとり・ふたりがくっつくことはそんなに難しいことじゃないんじゃないかなー。おんなのコって横のつながりがとっても大切だから、「2人組」が存在するならそこには加わりやすいし、加わらないといけない空気ってのもあるかもしれないw「3人組」まで出来ていれば”あとひとり”だっていけるはず!!!?

ただ、おんなのコの特性だけで語れるほど、サッカーもサンフレッチェもビッグアーチも甘くはないw
土・日なんてもともと予定があるものだろうし、もし予定が無くても「空いている日」にサッカー観戦を入れるなんてのはちょっとストレスがあるのも理解できるし、つーか、ビッグアーチへのアクセスが最悪なんだしwww
今くらいの告知でちゃんと広島のおんなのコたちに知ってもらえてるんだろうか?とか、対象試合が2試合だけってこととか、対戦相手が神戸と柏で、あまりJリーグを観ていない人にとっては微妙・・・
柏のメンバーに林くんが入ってたらそれだけで(*´Д`)ハァハァできそうだが・・・

0903_3

林くん(*´Д`)キュゥゥゥゥゥゥ…ン(東京京V時代の写真だけど)


しかしまー、1回来てもらうこと。そして2回目の可能性を創ること。ですよねぇ。
おんなのコがビッグアーチに来て、何に魅力を感じるか?ピッチ上の選手、ピッチ上じゃない時の選手、スタジアムグルメ、スタジアムの雰囲気、サポーターの応援、試合自体、試合の一部…?もしかしたら既存客である我々には想像できないところに魅力を感じてもらえたりするのかも!?自分が初めてサッカー観戦した時の気持ちって忘れちゃいけないんだよなー。
その楽しみを提供できるスタジアムをクラブと一緒にサポーターも創り上げていきたいですよね(・∀・)♪


想像だけど、サッカー観戦したことないおんなのコって「うちらが行って大丈夫なのかな?サッカー分かんないしw」って思ってたりするんじゃないかな?「大丈夫!サッカー分かんなくたっていいんだってば!」って伝えたい。ルールとか分かんなくたって、スタジアムに来て、観て楽しめることを知ってもらいたいっす。見方はいろいろ。見どころもいろいろっすよ。
イケメソサッカー選手から入るってパターンは王道だと思うし、選手が時々サービス(←違)で見せてくれる腹筋にドキドキしてもいいと思うし、上半身裸で抱き合う選手たちを観て脈拍上げるのだってありでしょ!!!そして、目が肥えてきたらCBの守備の時の下がり方に萌えるとか、そイケメソDFの手を使ったファールスレスレの守備に萌えるとか、ウォーミングアップも気合十分でやてるのに出番がなかなか来なくて哀愁漂わす選手をなぜか応援したくなるとか、異様に目が充血しているあたまもじゃもじゃの選手に目が釘付けとか、そんなんで十分。

→それでキャアキャア言ってくれたって、それもサッカーの楽しみ方だと思いますよ(*´∀`*)
そういえば、新潟戦の待機列でボクの前にいたのは、選手のコたちと同じ歳くらいの息子がいそうなお母さんたちだったんだけど、やっぱりそのくらいの年齢の方だと選手を息子のように観ちゃうんだろうか?それとも、選手と同年齢くらいになった気分でキャアキャアいっちゃうんだろうかwww



で、さまざまそんなことを考えながら思ったのは、今回の「女子会チケット」ってバックスタンドのチケットなんだけど、女性客をバックスタンドに「このあたりですよ、ポンッ」って入ってもらうよりも、女子会エリアを作って入りやすくするといいと思ったんよね。

いやね、ビッグアーチのバックスタンドって

観やすくて 広くて カ オ ス ですよねw

で価格の安いサポーターズシートのゴール裏なんかより確実に年パス保持者とかリピーター客が多いよね?たぶん。野次なんかもひどいし(´・ω・`)

果たしてバクスタって、女性客にとって入りやすいのか?居心地いいのか?という疑問を持ったんだけど、どう?そのエリアにはそれほど詳しくないので…。
でも思うに、ちょっとそこを気遣って「女子はうちらだけじゃないじゃん♪」という雰囲気を創ると、安心して入って来てもらいやすいんじゃないかなー。
男の目が周りに無いほうが女子だけで楽しめるでしょ?それが「女子会」じゃん!
女子が気兼ねなくキャアキャア(*´艸`)できるのって大切だと思うなぁ~。

ちょっと気合入れて女子会向けマッチデープログラムを作成するとか、レディースの方々が「見どころ(←人それぞれのw)」を紹介してくれる時間があったりするといいじゃーん♪もちろん「サッカーをちゃんと観たい」おんなのコもいるだろうから、ルールなんかもちょっと教えてあげられるとかあるといいよね。そんな暇は無いのかもしれんけど。
そしてクラブ主導じゃなくて、サポーター自身が行動したっていい、ってかサポーターがもっと行動するべき。「おんなのコサポ増やしたいよー」って意志のある人がそれぞれ出来る限りの行動を起こせばいいじゃんね。フリーペーパー作成して配ってみたいわ~。
オレでもできるかもしれんけど見た目が男だから駄目なんだよな(←見た目がってwww)


あと、余談っぽいけど、お手洗い設備ってどうなんだろビッグアーチ。
男子トイレはまー、やっぱり古いし、特別きれいじゃないし、B6裏のトイレなんていつも水浸しで、さらに虫も出るしwww女性のお客さんを呼ぶならそこも気を遣わないとねー。


女性客でビッグアーチが賑やかになればいいし、盛り上がってれば男女問わずお客さんは増やせるだろうし、ビッグアーチにサッカーを、サンフレッチェを観に来てくれる人が少しでも増えてくれればいいなーって思うんですよねー。
今回「女子会チケット」と銘打ってクラブが動いたので、自分もいろいろ妄想しちゃいましたよw他にも考えたことはあるけど、ひとまずこのくらいで!!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »