« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

【トップ】2011年のサンフレッチェを漢字で表す

今年もこの僻地ブログへお越しいただいた皆様へお礼申し上げます。
さてさて、年越し恒例ですが、今年のサンフレッチェを漢字で表したいと思います。

J'sGOALではなかのさんがこのとおり。
[ ゆく年くる年:今年の漢字 広島 ]
http://www.jsgoal.jp/photo/00087300/00087398.html
もうほんと、いろいろありましたね…



ちなみにボクが選んだ過去2年はこちら。
【トップ】2010年のサンフレッチェを漢字で表す
http://inhale-sanfrecce.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/2010-e8e7.html
【トップ】2009年のサンフレッチェを漢字で表す
http://inhale-sanfrecce.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/2009-21db.html


さて、2011年ですが、ボクはこの漢字を選びました。



Photo
■惑わされた
今季は2010年に獲り逃した「タイトル」を奪取することを目標にスタートした。でも実際はチームもサポーターも力不足だったと言わざるを得ない結果。
思うに、「奪取」という目標に伴うプレーも、サポートもできないのに、「奪取」というお題目に惑わされたまま応援していた感じがしていたんだよな。


■戸惑った
結局のところ「奪取」に伴う行動を継続できる力を、選手もサポも持っていなかったので、勝てなくなると「こんなはずではなかったのに…」と、シーズン序盤の予測と現実の剥離に戸惑った。その剥がれ隔たれた「差」に対していかに行動するかが大切なのに、落ち始めるとズルズルと落ちていったと思う。


■困惑するだけ
シーズン半ばを過ぎると目標とする位置が個々人バラバラだったように思う。強く印象に残っているのは8月の名古屋・鹿島の2試合。あの辺りで多くのサポは何かを諦めたように思う。J1優勝は確かに厳しくなったし、ナビ杯は敗退していた。でも、上位に喰らいついていけば、そこからでも復調していけば「天皇杯」というシーズン最後のタイトル奪取に間に合うはずだったんだけど。
あの頃は本当に上手くいかなかったけど、だからこそあの頃がまさに踏ん張りどころだった。あの時期をいかに過ごし、どれだけ早く抜け出すかでシーズン終盤の闘いは違うものになったはず。
あの頃のサポーターは困惑し、戦意喪失し、沈黙していたように思う。

 

過去2年は「越」と「踏」という感じを選んで、前向きに捉えたけど今季は違う。今季はネガティヴな漢字になっちゃった。
でも、こういった惑わされて、戸惑い、困惑する中でこそサポーターはより考える。考えて、いかに行動するか?という問いに対する答えを探す。その答えがすぐに見つかるとは限らないけど、見つけることができて行動を起こすサポもいれば、見つからなくともひとまず自分ができるサポ活動を続けならがら、いつかその答えを見つける人もいると思う。

今季のようなネガティヴなシーズンの中でもサポーターは成長できると思うんです。

「タイトル奪取」は目標だったのか?ただの「お題目」だったんじゃないのか?それに相応しい力をサポーターは持っていたのか?持てる力を発揮したのか?
自分自身、惑わされ、戸惑い困惑したシーズンだったと捉えて、来季の活動へ活かします。



来季へ向けて、まず2011年シーズンのことをまだまだ語りたいので、年が明けても”去年”のことを書くとは思います。
こんな僻地の気持ち悪いブログに来てくれるみなさんはほんとにお気の毒だと思いますが、自分は自分の信念を持って発信し続けますので、来てくれる方は来年もよろしくお願いいたします!!!

みなさん、1年ありがとうございました!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

【槙野】槙野って、自分のことを好きな人が大好きじゃん?www

このくらいじゃーうろたえませんよw


【ケルンDF槙野智章が今冬にレンタル移籍か?浦和が有力との報道も】(ドメサカ板まとめブログ)
http://blog.livedoor.jp/domesoccer/archives/51836794.html


・読んだ時はおもろかわいい3バック左に槙野、右に峻希くん かwとか思ったんりしたw
・そして「補強のための資金が不足」って、金を出せば浦和の可能性もあるー!?とか思ったりもしたwww
・翻訳を信じてみるけどさ
・槙野を売るとしても試合出場の少ない欧州では売れないだろうし。
・試合経験を与えるために半年の期限付き移籍を検討してるなら、半年後の戦力にしたい考えはあるわけじゃん?
・もちろん、試合にいっぱい出て半年後に売れるなら・・・ってものあるかもしれんけど。
・よく考えたらケルンのフィンケさんと浦和ってケンカ別れ みたいなもんなんでしょ?
・槙野を戦力にしたいなら、フィンケさんも浦和に槙野を貸さないでしょ。
・浦和のサポは広島から選手を盗ることよりもね
・ミシャが指揮を執ることで、愛しい自前の選手が干されたりお別れになったりする心の準備をしろとw
・陽介の軽率なコメントは今に始まったことじゃないw記事にイラつくのもあほらしい。
101106
unkomonogatari




・広島が浦和の植民地だと?www
・逆どころか、Jリーグが広島に支配されつつあることに気づけとw
・J1昇格の札幌に一誠とか俊介とか。そもそも石崎さんは県工だし。
・広島ユースの森山監督のもとから巣立った選手はいろんなクラブにいっぱいいるし!!!
・影山監督の岡山にも、ますます広島の選手が送り込まれて。
・栃木には広島でプレーした松田監督。
・熊本はアジアの大砲じゃし。
・そして来季は徳島も広島の傘下なのにwww
・横浜FMの木村監督も石崎さんと同じ県工出身。
・しかも横浜FMといえば、浩吉は広島の織田強化部長に瓜二つwww
0908

・浩吉っつぁんって今も横浜FMにいるんだっけ?
111221


・あとは槙野のキャラクターを考える。
・他人の評価をすっごく気にする槙野が、今ここで日本に帰ってくるなどwww
・「売られる」なら話は別だが、「売られる」なら自分の意志での移籍ではないわけだし。
・将来の帰国時に、広島が下手しなければ槙野は広島に帰ってプレーするだろ。
・その時の槙野に相応しいクラブになろうと広島サポは頑張らないとね!
・つーか、槙野って「自分のことを好きな人が大好き」じゃん???www
・槙野のことを好きな人・・・それってやっぱり広島の人なんだよ。
『広島満点ママ』に出演したいアピールもしてたしなw

111221_2
・広島ローカル局なら自分のことをチヤホヤしてくれるし。
・自分のことをチヤホヤしてくれる存在はキープしたうえで・・・
・代表に入り続けて全国区へ進出!!!!!という計算をしているはず。
・あと、今年の鹿島戦でサンフレッチェ劇場に出た時のことを思い出してよ。
・「僕はもう戻って来なくていいですよねー!!!?」
・サポからの「いやー!帰ってきて~♪」という声を聞く為のこの投げかけ・・・
自分が気持ち良くなりたいがための劇場出演だぞ、あれは。

・ほんと槙野って真性の調子乗りだわ・・・。おもくそ頭ひっぱたきたかった。こん時。
・オレは槙野ことは好きだが、こん時は・・・こん時だけは イ ラ ッ としたぞ、本気で。
・でもね、槙野のこれまでの言動、行動・・・
・槙野ほど、サンフレッチェや広島のことを考えて行動してるヤツはいないよ。
・そこらのサポーターよりも、広島を愛してるし行動してる。

111205_3
・オレ、これは槙野本人の書きこみかと思ったもんwww
http://blog.livedoor.jp/domesoccer/archives/51829888.html#more

・ま、槙野を信じてやってよ。
・信じて応援してやってよ。
・仮に、槙野が浦和でプレーするにしても、オレはニヤニヤしながら槙野を見るつもりwww
・つーか槙野のことで気を揉むのは時間がもったいない気がするんよねw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

【トップ】Jリーグ ベストファーザー賞(第33節 vs大宮@広島ビ・第34節 vs山形@NDスタ)

最後の2試合は望んだ通りになりました。
試合結果だけじゃなく、サンフレッチェ広島に関わる人たちが創った雰囲気も含めて。

手前味噌ながら、うちっていいクラブですね。

=============================================================================
11月26日(土) 2011 J1リーグ戦 第33節(ホーム最終節)
広 島 4-2 大 宮 (17:34/広島ビ/16,779人)
得点者:41' トミッチ(広島)、45'+1 佐藤寿人(広島)、56' 金澤慎(大宮)、64' 李忠成(広島)、71' 青山敏弘(広島)、88' 李天秀(大宮)
=============================================================================
12月3日(土) 2011 J1リーグ戦 第34節
山 形 1-3 広 島 (15:34/NDスタ/7,016人)
得点者:11' 宮崎光平(山形)、54' 森脇良太(広島)、76' 佐藤寿人(広島)、88' 山岸智(広島)
=============================================================================

ホーム最終節の前に書いたことは、ボクが主張しなくてもクラブは分かってたって感じで、ほんといい2試合を体験させてもらえました。また、自分もその場の雰囲気を創ったひとりとして幸せに思います。

11/26【サポ】幸せのあるクラブ(第33節 vs大宮@広島ビ)
http://inhale-sanfrecce.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/33vs-02f4.html

ホーム最終節ではミシャの挨拶はもちろんだけど、退団選手全員の挨拶もあり。ひとりずつきちんと挨拶を聞けて、サポーターからもコールを贈れてほんとよかった。
サンフレッチェチャンネルで見られるのもほんとありがたいです。期待をしていたけど期待通りの対応をしてもらえました。ありがとうございます。
http://www.youtube.com/user/sanfreccechannel



B6前ではミシャも選手たちもサポの真ん前まで来てくれて、寿人が公太のチャントを起こしてみんなで唄いだし、選手が集まって輪になって回るとかwキャプテンやってる選手がそんなだから、そりゃチームの雰囲気もいいよね。ほんといい。

今季で退団する公太さん、盛田さん、ムっさん、アンテ、一誠、別れは悲しいし、涙も浮かんでくるんだけど、同時に笑みも出る。それはみんな素晴らしい選手だし、「彼らなら大丈夫」って思えるから。そんないい選手が揃ってんだ、うちは。

111126thanksforall
http://www.sanfrecce.co.jp/(広島公式)

B6から湧く「ミシャコール」。
入れ替え戦で負けてJ2降格した時に、ビッグアーチの負の歴史だと思った。そして、それを浄化するには、ここ(ビッグアーチ)で優勝するしかないと思った。
でも、この日の雰囲気を感じて、ある程度は浄化できたかなーと思えたんだよな。



ミシャとの最後の試合になる最終節アウェイ山形戦。
広島からは行きづらい山形だけど、例年よりも多くのサポが集まった。この試合の意味みんな分かってる。退団する5選手も全てメンバー入り。
今季、逆転勝ちが無かったけど良太で追いつき、寿人で逆転、サトルのダメ押しw
サトルのゴールよかったなー。ミシャのサッカーらしさ全快です。今季はケガで苦しんだサトルも1ゴール獲れて良かった…



あ、動画ネ申のひと、今季もありがとうございました!!!(あとはユースw)

サトルのゴールがあって、アオがミシャに「公太さん出してアピール」!!!ほんとアオGJ!!!!!アオのそういう優しさと熱さはもっと評価されるべき。ゴール裏には柵が設けてあったけど「くそ、なんだよ、この柵。邪魔!!!(イラッ!)」って顔しながら柵をくぐり、サポーターにユニフォームを渡しに来たのはいいヤツだなぁと思ったし、今思えばウケるwwwアオまじで柵に対して不機嫌そうな顔だったしwww


試合後の選手挨拶には選手全員にミシャ、大輔さんも来てくれた。

そしてみんな泣いてる・・・




サンフレッチェ広島のサポーターって、「強さ」に惹かれてサポを続けているんじゃない人が多いんだと思う。「勝つこと」や「強いこと」じゃないところに価値を見つけたり、親しみを感じたり、選手がサポーターやファン、観客を見てくれていることや、選手たち自身が楽しんでいることに対して、チームや選手に愛情を注いでくれる人が多いんじゃないかなって思う。
「ファミリー」な雰囲気や、選手たちが創る連帯感、サポも一緒になって闘えて、一緒に楽しもうとする感覚。それが広島の大切なアイデンティティなんだろうなーと、この2試合は特に思った。

そうであれば、最後の2試合でそこは守れたと思う。
ホーム最終節での演出や、退団する選手の挨拶も、その選手の送り出し方もサポーターが創った雰囲気も。最後の最後の試合、山形での選手の涙も、チーム全員が揃ってサポーターのところへ挨拶に来てくれたのも。

悲しい悲しい別れなのに、その悲しみの中でさえ・・・、いや、

こんな悲しみ方ができるサンフレッチェ広島は幸せなクラブだ

ってボクは心底思えたんです。

この幸せな雰囲気を創ったサポーターみんなで讃え合いたいです。
そして、社長をはじめ、クラブのみなさんに感謝。そして選手のみんなと、このクラブの雰囲気と色を幸せに染めてくれたミシャに大感謝です。
ミシャありがとう。





余談ですが、

最終節の試合後の挨拶の時にミシャにカップを渡しました。
ミシャには天皇杯と、そのサポーターからのカップの両方を掲げてもらいたかったけど残念ながらひとつだけ。
でも、大切な大切なボクらサポーターの気持ちを込めて贈ったつもりです。
渡す時にご協力頂いたみなさん、ありがとうございました。

111203


ミシャがカップを持って、掲げてくれたし、ミシャコールに対して何度も何度も振り返ってお辞儀してくれた。手を挙げて応えるだけじゃなくて「お辞儀」。日本風にお辞儀をしてくれたことで、ボクらの気持ちがミシャに伝わっているんだって思えました。


ちなみにカップに刻んだのは

111203_2


「Jリーグ ベストファーザー賞 ミハイロ・ペトロヴィッチ監督」でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »