« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

【トップ】森脇良太 DF 26歳 サンフレッチェ広島(第7節 vs名古屋@広島ビ)

川崎戦後の祝勝会@溝の口で「きのりさん最近ブログの更新サボってますよね」などと突っ込まれたわw
どうせこのブログなんて読んでないくせにw読んでいたとしても流し読みのくせにwww

と、いうわけで2000年振りの等々力での勝利のあとに、名古屋戦のこと。

========================================================
4月21日(土) 2012 J1リーグ戦 第7節
広 島 1-1 名古屋 (14:05/広島ビ/11,123人)
得点者:62' 田中隼磨(名古屋)、90'+4 森脇良太(広島)
========================================================

森脇ゾーンは「強いボールを蹴るなら左足」って本人が言うから信じていたけど、リプレイを見たらただ強いだけじゃなくて技術もあるシュートだったね。すごい。

自分もそうだし、あの水戸戦(2008年J2第4節)を思い出したサポは多いと思うけど、

【第4節 水戸戦】
http://www.youtube.com/watch?v=AWsLkS07uoE

あの水戸戦と同じじゃないことに心震えた。


08
そのゴール直後の写真が広島公式HPに載ったんだけど、ゴールを決めてB6に走ってくる良太の後ろに、ゴールの中のボールを拾って、勝ちに行こうとしている寿人が写っている(上の動画でも確認できます)。まだ勝利を掴もうとしている寿人。

いや、まあ実際のところ2人退場して広島の選手は9人だったし、ロスタイムも残り少ないし、試合をすぐに再開するよりはサポーターのとこへ走って、喜んで、騒いで、水戸に対して「これで終わりね。お疲れ様!」という空気を突き付けるためにはこれで良かったと思うけどね。


シチュエーションは異なるとはいえ、名古屋戦でゴールを決めた後の良太は喜ぶそぶりも見せずに自陣に走り、他の選手を「まだだ!行こうぜ!」と鼓舞した。良太を称えてハイタッチしにくる選手にハイタッチで応えつつも追い返すw

頼もしいなって思った。
気付けばこの水戸戦での寿人が26歳で、今の良太も26歳。良太もチームの中でこういう立場なんだよなと。


森脇良太の成長と同じ歩みで、クラブもチームもサポーターもみんなで成長していきたい。
あんなに強い諦めない気持ちを選手に見せてもらったんだから、サポーターも諦めない気持ちを胸に携えていこう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

【トップ】(ナビ杯GL第3節 vs磐田@ヤマハ)

遅ればせすぎるがナビ杯磐田戦。

120418_2

========================================================
4月18日(水) 2012 ヤマザキナビスコカップ
磐 田 1-0 広 島 (19:04/ヤマハ/6,372人)
得点者:85' 山田大記(磐田)
========================================================

リーグ鳥栖戦に続いて2試合連続の「0-1の敗戦」+「無得点」。
試合内容はある程度の手応えがあったとは思うけど、試合終了後にサポーターの前に並んだ選手たちの表情は重くて。
淳矢がかなり落ち込んでいたのは決定機を決められなかったからかなぁ。あおくんに励まされながら引きあげてったんよな。

こういう時、選手に対してなにか反応できるのは現地のサポーターだけ。
厳しい声を投げつけるのも、励ましの言葉を送るのも、選手に怒るのも、選手を称えるのも、その試合終了後にタイムリーにできるのは現地のサポーターだけ。

自分の考えではね。
ナビはまだ残り4試合あって、シーズン自体が序盤戦。そして、そもそも今季は監督交代の1年目。しかも監督は新人監督。選手を叱りつけたり、不満をぶつけるようなタイミングじゃない。そう考えた。
自分は、選手のみんなにできるだけポジティヴな声をかけて、広島に帰ってもらいたいと思った。「やれてる部分は続けていこう!やれるやれる!」って。

そりゃ不満はあるけど、それよりも中2日で迎える次のホーム名古屋戦が大切だと思ったし、良い部分を発揮することは継続して欲しかった。


試合後の選手挨拶のときって、サポーターの反応を見せられるいい機会。
サポーターと選手の発信・受信の機会じゃん。
送る言葉や気持ちが全て正確に届くかどうかは定かじゃないけど、黙ってるだけよりは伝わるでしょ。
いや、伝わる伝わらんっつーか、選手やチームのために、励ましの声が必要な時はもっとね、かけてあげて欲しいなと。

その時、それができるのは現地にいるサポだけなんでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

【サポ】「完成度の高さ」は安易なほめ言葉( 第7節vs 名古屋@広島ビ)

今季の広島って「完成度が高い」とか言われるけど、まーたしかに昨年までのサッカーを継続しているわけだし、そりゃそうなんかもなと。

===============================================
4月21日(土)J1 第7節
広 島 - 名古屋(14:00KICK OFF/広島ビ)
===============================================

ただ「完成度が高い」ってのは「形ができている」ってことで、相手はその形に対応しようとしてくる。ってか予測してくる。
今日の相手、名古屋が「広島のサッカーに徹底して対応する」ようなチームだとは思わんけど、やはり去年までの広島に上積みを見せて戦いたい。守備の面では被シュート数も激減だし、失点も減らせているし、上積みが見えているから、そろそろ攻撃面でもね。

できれば新しい選手ならなおよし。
直樹の体の強さ・ボディバランスの良さを活かした「それ撃ってくるかー!!!」みたいなゴールや、ちばたんの速くて厳しいところを抜くチャレンジングパスとかで、どんどん相手の守備を広げたり崩したりずらしたりしてやりたいね。

あと、新戦力とは違うけど淳矢。淳矢も鹿島戦でゴール決めたけど、実際のところ守備ですごく頑張ってる。守備を頑張るFWにはなんとかゴールを獲らせてあげたくなります。

周りが口にする「完成度が高い」ってのは、褒めてくれとんかもしれんけど、オレはあんまり嬉しくない。例えばここに挙げた選手が活躍するとか、昨シーズンにはなかったプレーで相手を倒すことのほうが嬉しい。

「今年の広島は昨年までのサッカーに上積みしている」と言われたい。

肩デースポーツさんにそういう視点で見てもらえるよう、選手のみんなを応援しよう。

だんけつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

【サポ】(ナビ杯GL3節 vs磐田@ヤマハ)

=========================
4月18日(水)ヤマザキナビスコカップGL第3節
磐 田 ー 広 島(ヤマハ・19:00)
==========================

サポが多いだけで「オレらのホームみたいじゃー♪」
っていうアウェイよりも、サポが少ないアウェイの方が気持ち高まります。

来れなかったサポが「行って自分も闘いたかった。選手に声を届けたかった」と悔やむ敗戦にはしないように、現地のサポはは全力で闘うのです。

磐田に勝ち点を与えるとGL首位を奪うのがきつくなる。
うちにとっては、まだナビ杯は2試合目だけど、GL6試合の中でもかなり重要な試合になるよ。

みんなで勝ちましょう。
現地以外も全国各地のサポ、情報遮断+時差参戦の方も、みんなの応援で勝ちましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

【トップ】共に背負ってんだ(第6節 vs鳥栖@ベアスタ)

試合後インタビューのぽいちさんは勝っても負けても表情が険しい。

=======================================================
4月14日(土) 2012 J1リーグ戦 第6節
鳥 栖 1-0 広 島 (18:34/ベアスタ/9,735人)
得点者:39' 水沼宏太(鳥栖)
=======================================================

でも、表情が一段と険しくなったのは「ゴール裏には多くのサポーターの方も来られました」と話を振られた時。
そこを悔やみ、申し訳ないとコメントするぽいちさんの顔を見て、こっちも「勝たせられなくてすまぬ!」って気持ちになったよ。


相手がどういうクラブであろうと、攻撃的だろうが守備的だろうが、どういう闘い方をしてこようが、敵はすべて敵でしかない。全てが倒すべき敵であることに変わりは無いのだ。

鳥栖を下に見ていたわけでもないし、油断していたわけでもないし、勝てると思っていたわけでもない。そんな低い意識でオレは闘っちゃいねーよ。


ぽいちさんがあんなに悔いた表情でサポーターへ謝罪する顔、見たくない。

いいんだってば。
オレらべつに「勝ってもらう」つもりでサポやってないから。

どんなに勘違いで、どれほど傲慢な考えだと言われようが、オレらサポーターはチーム・選手を 「 勝 た せ る 」 存在なんだ。


その自負があるからこそ、勝利を我がのものと喜ぶことができる。
そして敗戦の悔しさも責任も、我がのものと捉えて共に背負えるってもんだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

【トップ】寿人のあとの若いの(第5節 vsG大阪@広島ビ)

2002年、久保竜彦を失った広島サポは不幸だったと思うんです。
そして、寿人が引退したあとの広島サポは不幸かもしれないなって以前から思ってるんです。
だって、寿人みたいなエースFWはもう現われないでしょ。FWとしての能力だけじゃなく、サポーターの心にこんなに影響できる選手はそうそう現われるもんじゃない。
「寿人が居たころはよかった・・・」と嘆く時代がくるかもしれないなと。そういう意味では、広島サポの不幸は、もうすでに始まってると思うんですよ。

=============================================================================
4月7日(土) 2012 J1リーグ戦 第5節
広 島 4−1 G大阪(19:04/広島ビ/12,318人)
得点者:9' 佐藤寿人(広島)、32' 佐藤寿人(広島)、48' 佐藤晃大(G大阪)、85' 平繁龍一(広島)、88' 平繁龍一(広島)
=============================================================================


この試合の分岐点は「周作のPK阻止」で、事実上の決勝点は「リュウのゴール」だと思う。
周作の仕事が試合の流れを引き戻したのは言うまでも無く、リュウのゴールが試合を終わらせたと言っていい。

仕事帰りに大崎にあるFootNikで観てたんだけど、周りを囲まれてました。G大阪サポにw
だから寿人のJ1通算100ゴールは控えめに喜んだんだけど、リュウのゴールの時は抑えが利かんかったわwww
寿人のは「寿人は今日決める。てゆか、今日BAに居るサポの想いで決めさせろ」って思っていたから寿人の2ゴールは想定通り。でも、リュウのゴールまでは想定してなかったんでねw

嬉しかった。リュウのゴール。
twitterでもフォロワー数人が泣いてるしwww
つかオレも泣いてたしw
G大阪サポからすれば気持ち悪いのかもしれんけど、サポはローカルな世界なのでオレらがリュウのゴールをどれだけ嬉しく思うかなんて、他サポには分からんでいいのだ。


寿人が引退する時のことを時々想像して辛い気持ちになることがある。
だから今、寿人へのサポートは全力でやりきろうっていつも心に誓っている。そして行動している。

でも、寿人が決めたPKを獲得した淳矢と、広島復帰後初ゴールでJ1初ゴールを決めて、しかも2ゴールという素晴らしい活躍をしたリュウ。
先日報道された久保の引退や、寿人が引退した後の辛さ・寂しさを、こういう次の世代の選手が和らげてくれるのかもしれんね。


そうであれば幸せだし、そんな幸せを感じられるよう彼らを応援し続けようと思うっす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

【トップ】サポーターってローカル(第4節 vsFC東京@味スタ)

Jリーグのサポーターっていうのは、極めて「ローカル」なものだと思う。
そしてそのローカルさが幸せを増幅させるエッセンスにもなるんよね。

======================================================
3月31日(土) 2012 J1リーグ戦 第4節
FC東京 0-1 広 島(14:04/味スタ/16,229人)
得点者:56' 佐藤寿人(広島)
======================================================

「広島は守備的だった」とFC東京側からは言われてるんだけど、ボクからしたらそう感じない。確かに、しっかりと守備をしたけれど、監督と選手とサポが「意図」を共有していたからだと思う。
受動的な守備じゃなく、能動的な守備。守るための守備じゃなくて、攻撃のための守備。
5-4-1にした時の2ラインでボールを跳ね返すのではなくボールを奪い取るプレーの美しさに感心したよ。

でも、それが「守備的」に見えるんだろうね、他サポからしたら。
まー、オレらにしか分からんよ。他サポに分かるわけがない。
だから、「守備的」と批判されるのも、「攻撃を放棄した」と蔑まされるのも、オレ全然気にしない・・・ってかむしろ嬉しいw

「セットプレーの守備がきちんとできれば・・・練習しないんだもんなぁ・・」
「リトリートという名のズルズル守備しかできんからなぁ・・・」
「ドン引きでサンドバック状態・・・」
「あと、5分守ればタイトルが獲れたのに・・・」

こんな風に泣いてきた広島サポにしか分からんよ。
オレらだけが分かる幸せってことが幸せの価値をあげるんだと思うよw


サポーターってローカルなもの。
守備であれだけ苦しんだ広島サポだからこそ・・・ですよ。

そうなんよ。オレらだけが感じられる。「きちんと守れる」っていう幸せをねw
他から何と言われようと、オレらが幸せを感じられるならそれでいいんです。

広島の守から攻、かなりいいです。他サポにはそれが分からんのですwww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »