« 【サポ】予想とサポートはべつもの(ナビ杯GL第5節 vs仙台@広島ビ) | トップページ | 【サポ】「育成」を本当に理解し、重要視する人は(ナビ杯GL第6節 vs鳥栖@広島ビ) »

2012年6月 7日 (木)

【トップ】忘れるのではなく乗り越える(ナビ杯GL第5節 vs仙台@広島ビ)

選手もサポも気持ちがギリギリするような試合を、せめてあと2試合だけでも選手に与えたかった。悔しい。まじ悔しい。

=============================================================================
6月6日(水) 2012 ヤマザキナビスコカップ
広 島 1-3 仙 台(19:04/広島ビ/7,234人)
得点者:24' 清水航平(広島)、56' 中原貴之(仙台)、65' ウイルソン(仙台)、76' 中原貴之(仙台)
=============================================================================

今季のナビ杯は敗退が決まってしまったけど、それで「切り替えて、リーグ戦優勝を目指す!」とか「これでリーグ戦に専念」だとか簡単には言えないもんなんじゃないかな。

この試合を見たら「こんなやられ方してたらリーグ戦でもやられる」って危機感高まるわ。
主力選手の欠場があったとはいえ、それは相手も同じ。あんな負け方をするクラブが「リーグ優勝」だとか軽々しく言っちゃいけんのんじゃないかと思うよ。
それを口にする前にやることあるだろ。厳しい夏がやってくるぞ。



以前、広島ユースの練習を観に行った時。
観始めた時は練習試合を終えたあとで、何人かの選手だけが残り、ミニゲームをやっていた。
人数は少ないけど、攻撃と守備が入れ替わっても切れ間なく続く形式。ボールを取ったらすぐ攻撃、ボールを奪われたらすぐに奪い返しに行く激しいバトル。
選手も激しいが、ゴリさんもさらに激しい。休みなく声を上げ続ける。もう、オレ釘づけになって見てたわ。

何分続けたかなんて覚えてないけど(てゆか時間も忘れるほどだった)、ようやくバトルを終えて選手とゴリさんが円になり、ゴリさんは選手たちに語った。
今日の練習試合について、改善すべき点を指摘。どうも良くない結果だったみたいで、やらなければならないことをゴリさんが徹底してじっくりと話す。
そして、練習試合後になぜこの練習をやったかを語った。

「今日は”感じろ”ということを意識して欲しくてこの練習をやった。この練習をやったから、これで自分達は次へ行けるんだ。おまえら自分を信じろ。・・・・・・オレは信じとるぞ」と。



ああ、「切り替える」ってこういうことか。
またユースから、ゴリさんから学んだ。

負けて悔しがり、それを乗り越えるためにトレーニングをする。それを経て切り替えられるんだな、と。

「切り替える」というのは「忘れる」ことじゃなく「乗り越える」こと。

だ か ら 力 が 付 く 。 



選手だけじゃなく、サポーターだって同じだ。
「切り替える」という便利な言葉で悔しさを忘れていてはずっと強くなれない。
「切り替える」という便利な言葉でやるべきことをやらずにいてはずっと強くなれない。

どういうサポートをすれば選手に影響できるか、サポーターに影響できるか考え実践する。
なにか選手に、サポーターの気持ちを高ぶらせる行動を増やしてみる。

大切なのは「切り替えること」じゃなく「切り替えるためにどう行動するか」なんだ。
その行動によって力が生み出されるんだから。
悔しさから、サポーターも行動を変えねばならん。そうでなければ強くなれんわ。

忘れるのではなく、乗り越えて力をつけよう。

|

« 【サポ】予想とサポートはべつもの(ナビ杯GL第5節 vs仙台@広島ビ) | トップページ | 【サポ】「育成」を本当に理解し、重要視する人は(ナビ杯GL第6節 vs鳥栖@広島ビ) »

トップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【トップ】忘れるのではなく乗り越える(ナビ杯GL第5節 vs仙台@広島ビ):

« 【サポ】予想とサポートはべつもの(ナビ杯GL第5節 vs仙台@広島ビ) | トップページ | 【サポ】「育成」を本当に理解し、重要視する人は(ナビ杯GL第6節 vs鳥栖@広島ビ) »