« 【サポ】18きっぷで新潟遠征(18日)+静岡遠征(19日) | トップページ | 【トップ】この一歩を踏みしめて(第24節 vs磐田@ヤマハ) »

2012年8月24日 (金)

【トップ】ついていくために、ひとつずつ(第22節 vs新潟@東北電ス)

選手がどんどんすごくなる。
広島がこんな勝ち方をするのは初めて見たし、感動したし、選手たちをほんと尊敬する。
この素晴らしい選手たちに相応しい、サポーターでありたいと思った。

=======================================================
8月18日(土) 2012 J1リーグ戦 第22節
新 潟 0-2 広 島(19:03/東北電ス/32,014人)
得点者:26' 佐藤寿人(広島)、55' 石原直樹(広島)
120818
=======================================================


■夏の猛烈に蒸し暑い試合
この試合、スタンドでも湿度が高かったし、絶えず汗が噴出していた。頭上で手拍子すれば自分の汗が落ちてくるのが見える。スタジアムはすり鉢状だし、しかもビッグスワンは屋根に囲まれているので、ピッチの上はもっと蒸し暑くて風も少なかったんじゃないかな?

今のチームでスタミナがある選手の代表格が洋次郎とナオキだと思うけど、彼らも後半は歩いている時間が増えていた。ゲームが止まったにナオキが座って休んでいる場面もあって驚いた。こりゃ、相当キツイんだなと。それが後半とはいえ、試合終了までまだ15分以上残してたころだったから、かなり心配になったよ。

ただ、疲れた選手が力を振り絞り、スライディングで相手のボールタッチの邪魔をする(ところまでしかできない)。こぼれたボールを他の疲れた選手が蹴りだす(までが精いっぱい)。そして、出されたボールを相手選手と競り合い時間を創る(のを頑張る)。その選手が頑張っている間にスペースに(なんとか)走り、ボールを受けて、確かなマイボールの状態にする。

疲れてヘロヘロな選手は、ある程度のところまでが精いっぱいだとしても、その精一杯でできたプレーを繋ぐことでサッカーが繋がる。サッカーの素晴らしさを観たと思う。またひとつサッカーを学べたんだと思う。


■ミスのあとが大切
この試合、ミスが多かったと思う。でも、ミスのあと選手はすぐに切り替えて走り、体を張って、ミスをそこで食いとめた。誰かがミスをしても、それをカバーする。ミスのあとが大切なんよね。

サポーターも集中力が下がると、選手がミスした時にため息をついてしまうことがある。でも、サポーターだってミスのあとが大切。そこが声の出しどころ。すぐにコールに乗るとか、コールが出なければ「切り替えろ!」と声を上げたりする。
それは実は選手に向かって言ってるようでいて、周りのサポーターに向けて「切り替えろ!」って言っとんよね。

ミスのあと、そのミスを食い止めることにサポーターも微力ながらも力添えをしよう。


■もっと拍手が欲しい
試合終盤、明らかに選手が疲弊していた。その中でボールを回して好機を伺い、攻撃を何度も繰り出すんだけど。それで3点目が獲れれば楽になれるのに決めきれない。勝ったから言うけど、もし3点目を獲ったら逆に集中力が低下して1失点くらいしたかもしれないけどね。

その最後の時間帯。例えば75分以降とか、サポーターからの拍手がもっと欲しいと思う。
いいプレーには称賛の拍手。ミスをカバーしてくれたなら感謝の拍手。選手のプレーへの反応を、選手に届けたい。「観てるよ」と。

選手も「観られている」と思うことで疲労による集中力の低下を食い止めることができるだろうし、より頑張ろうと思えるはず。その「観られている」、さらには「応援されている」と気付いてもらうには、ただ「見ている」だけでは伝わらない。「見ている」ことも、サポーター本人の意識次第ではサポートなんだけど、伝えるために「音」が必要。

試合中のサポートは選手に伝わってこそ。もしくは周りのサポーターを鼓舞できてこそ。そのためにボクらはもっと「音」を出そう。手拍子、拍手、声、あらゆる声を。できればポジティヴなものを。


■選手の成長にサポーターも付いていけるように
試合が終わった時には、選手も疲労困ぱいという感じだった。でも、「なんとか勝った」というよりは、ボクは「完勝」だと思ったし、周りからもそういう声が聞かれた。「強い」という感想を持ったのも正直なところ。理想的なサッカーは出来ずとも、耐える時間を耐え、ミスをしても崩れず、きっちりと勝ち点3を獲ったこの日のサンフレッチェは素晴らしかった。

選手、チームは間違いなく成長している。想像以上に。
サポーターとしては、どんどん選手に置いていかれている気分。サポーターの成長よりも選手の成長の方が早すぎる。選手たちの成長に自分達も成長して付いていけるように、応援の熱さも厚さも増していきたい。サポーターひとりひとりでも、サポーター全体でも。

「ミスのあとが大切」と「もっと音を出す」こと、今はこれをゴール裏の真ん中あたりには広めていきたいなと思い、今日は新潟戦の話に織り交ぜてみました。
もちろんこれだけじゃなくて、サポーターの種類はいくらでもある。ひとりひとりができることを。自分の得意な形でやっていこう。






|

« 【サポ】18きっぷで新潟遠征(18日)+静岡遠征(19日) | トップページ | 【トップ】この一歩を踏みしめて(第24節 vs磐田@ヤマハ) »

トップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【トップ】ついていくために、ひとつずつ(第22節 vs新潟@東北電ス):

« 【サポ】18きっぷで新潟遠征(18日)+静岡遠征(19日) | トップページ | 【トップ】この一歩を踏みしめて(第24節 vs磐田@ヤマハ) »