« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月24日 (金)

【トップ】ついていくために、ひとつずつ(第22節 vs新潟@東北電ス)

選手がどんどんすごくなる。
広島がこんな勝ち方をするのは初めて見たし、感動したし、選手たちをほんと尊敬する。
この素晴らしい選手たちに相応しい、サポーターでありたいと思った。

=======================================================
8月18日(土) 2012 J1リーグ戦 第22節
新 潟 0-2 広 島(19:03/東北電ス/32,014人)
得点者:26' 佐藤寿人(広島)、55' 石原直樹(広島)
120818
=======================================================


■夏の猛烈に蒸し暑い試合
この試合、スタンドでも湿度が高かったし、絶えず汗が噴出していた。頭上で手拍子すれば自分の汗が落ちてくるのが見える。スタジアムはすり鉢状だし、しかもビッグスワンは屋根に囲まれているので、ピッチの上はもっと蒸し暑くて風も少なかったんじゃないかな?

今のチームでスタミナがある選手の代表格が洋次郎とナオキだと思うけど、彼らも後半は歩いている時間が増えていた。ゲームが止まったにナオキが座って休んでいる場面もあって驚いた。こりゃ、相当キツイんだなと。それが後半とはいえ、試合終了までまだ15分以上残してたころだったから、かなり心配になったよ。

ただ、疲れた選手が力を振り絞り、スライディングで相手のボールタッチの邪魔をする(ところまでしかできない)。こぼれたボールを他の疲れた選手が蹴りだす(までが精いっぱい)。そして、出されたボールを相手選手と競り合い時間を創る(のを頑張る)。その選手が頑張っている間にスペースに(なんとか)走り、ボールを受けて、確かなマイボールの状態にする。

疲れてヘロヘロな選手は、ある程度のところまでが精いっぱいだとしても、その精一杯でできたプレーを繋ぐことでサッカーが繋がる。サッカーの素晴らしさを観たと思う。またひとつサッカーを学べたんだと思う。


■ミスのあとが大切
この試合、ミスが多かったと思う。でも、ミスのあと選手はすぐに切り替えて走り、体を張って、ミスをそこで食いとめた。誰かがミスをしても、それをカバーする。ミスのあとが大切なんよね。

サポーターも集中力が下がると、選手がミスした時にため息をついてしまうことがある。でも、サポーターだってミスのあとが大切。そこが声の出しどころ。すぐにコールに乗るとか、コールが出なければ「切り替えろ!」と声を上げたりする。
それは実は選手に向かって言ってるようでいて、周りのサポーターに向けて「切り替えろ!」って言っとんよね。

ミスのあと、そのミスを食い止めることにサポーターも微力ながらも力添えをしよう。


■もっと拍手が欲しい
試合終盤、明らかに選手が疲弊していた。その中でボールを回して好機を伺い、攻撃を何度も繰り出すんだけど。それで3点目が獲れれば楽になれるのに決めきれない。勝ったから言うけど、もし3点目を獲ったら逆に集中力が低下して1失点くらいしたかもしれないけどね。

その最後の時間帯。例えば75分以降とか、サポーターからの拍手がもっと欲しいと思う。
いいプレーには称賛の拍手。ミスをカバーしてくれたなら感謝の拍手。選手のプレーへの反応を、選手に届けたい。「観てるよ」と。

選手も「観られている」と思うことで疲労による集中力の低下を食い止めることができるだろうし、より頑張ろうと思えるはず。その「観られている」、さらには「応援されている」と気付いてもらうには、ただ「見ている」だけでは伝わらない。「見ている」ことも、サポーター本人の意識次第ではサポートなんだけど、伝えるために「音」が必要。

試合中のサポートは選手に伝わってこそ。もしくは周りのサポーターを鼓舞できてこそ。そのためにボクらはもっと「音」を出そう。手拍子、拍手、声、あらゆる声を。できればポジティヴなものを。


■選手の成長にサポーターも付いていけるように
試合が終わった時には、選手も疲労困ぱいという感じだった。でも、「なんとか勝った」というよりは、ボクは「完勝」だと思ったし、周りからもそういう声が聞かれた。「強い」という感想を持ったのも正直なところ。理想的なサッカーは出来ずとも、耐える時間を耐え、ミスをしても崩れず、きっちりと勝ち点3を獲ったこの日のサンフレッチェは素晴らしかった。

選手、チームは間違いなく成長している。想像以上に。
サポーターとしては、どんどん選手に置いていかれている気分。サポーターの成長よりも選手の成長の方が早すぎる。選手たちの成長に自分達も成長して付いていけるように、応援の熱さも厚さも増していきたい。サポーターひとりひとりでも、サポーター全体でも。

「ミスのあとが大切」と「もっと音を出す」こと、今はこれをゴール裏の真ん中あたりには広めていきたいなと思い、今日は新潟戦の話に織り交ぜてみました。
もちろんこれだけじゃなくて、サポーターの種類はいくらでもある。ひとりひとりができることを。自分の得意な形でやっていこう。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月21日 (火)

【サポ】18きっぷで新潟遠征(18日)+静岡遠征(19日)

新潟戦のハーフタイム、アウェイゴール裏から花火が綺麗に見えました!

120818


って、ホームゴール裏からだと見えない位置www


新潟戦後は新潟駅近くの銭湯へ!広島サポ数名が同じ銭湯にwww
まー、バモったあとはお風呂入りたいっすよ。
この日まじで蒸し暑くて、汗が噴出したしね。


そのあと、新潟駅でケイタのくされ縁TV配信をお手伝い。

【くされ縁TVのブログ】
http://kusareentv.cocolog-nifty.com/

FC東京戦の後も配信するらしいよー。次回の配信はサポのみなさん必見ですよー。


23:36発のムーンライトえちごで新宿へ。

今回は18きっぷ遠征だから実質の交通費が

 18きっぷ(往路)・・・・・2300円分
 18きっぷ(復路)・・・・・2300円分
 えちご指定席券・・・・・・  510円

合計5,110円ってお得すぎる~♪


朝5時に新宿に着いた後、東京駅まで出て、そのまま8月19日分の18きっぷを使って静岡エコパで開催していたSBS杯を観てきました。
この日は「U-19日本代表-U-19韓国代表」の日でした。広島ユースの野津田くんもスタメンでフル出場。

120819sbs

韓国が前半で退場者ひとりを出して、でも日本は得点を奪えず0-0。
PK戦での勝利でした~。

てゆか、帰りも18きっぷだったため、時間が無くてPK戦までは観れずに帰ったんだけどwww
勝って良かったですねー。


鉄道での移動距離は1144kmだったらしい。100km移動するごとに1kg痩せれたらいいのに。

120818_2

いちおう19日の内には帰宅できたよ!


写真は静岡で降りて、お昼に食べた海鮮丼。

120819


うまー!!!www
遠征グルメってサポーターにとって重要だと思います!!!w

バモっても、試合後のビールは美味いしグルメも楽しんでると痩せれませんねwww



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

【サポ】新潟戦

くっそ蒸し暑くてしんどい試合。
スタンドでも汗がどんどん噴き出す。
ピッチはもっと暑いだろうってのは容易に想像はつく
後半は選手みんな疲れてるのがありありと見えて。

寿人もナオキも洋次郎まですごく疲労してるのも分かったし。

こっちはレベル30の勇者で敵はスライムとスライムベスくらいしか出てこないと分かってはいるんだけど、HPがもう一桁しか残ってなくて、ヘロヘロの状態ながらなんとかラダトームのお城に戻ってこれた、

という感じの勝利。

それでもほんと勝ててよかったぁぁぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月17日 (金)

【サポ】首位争いのほうがシンプル(第22節 vs新潟@東北電ス)

この位置で闘うということは、相手が上位とか下位とか関係ない。

全 部 倒 す の だ 。

=================================================
8月18日(土)J1 第22節
新 潟 - 広 島(19:00KICK OFF/東北電ス)
=================================================

首位を争い、トップを狙うということはそういうこと。
優勝するクラブのメンタルはそういうものだと思う。
鹿島なんかはそういうメンタルが選手だけじゃなく、サポーターにもあるんだと思う。
明日の相手は「下位だから勝てそう」とか、「下位相手には勝たないといけない」なんて考えない。
目の前の敵は、すべて倒す。そういうもののはず。


首位を争うクラブのサポーターなら、
相手の順位なんか関係なく、相手の好不調も関係なく、敵は全て「倒すべき敵」とただ捉える。

もちろん、自分達の状況だって。
誰が怪我で離脱したとか、誰が出場停止だとかネガティヴな要素ばかり考えたり、誰が不調だとか、相性がどうだと不安を煽ったりするのでなく、どんな状況であれ勝利を掴む。


ある意味、毎試合勝利が必要なわけでもなく、そもそも毎試合勝利なんてできない状況で、勝ち点計算をしながら闘い続ける残留争いよりも、首位争いのほうがシンプルなんだ。

相手の状況じゃない。自分達の状況でもない。
ただ、勝つ。それだけ。


あと3試合を闘い抜ければ首位争いから、優勝争いに踏み込んでいく。
サポーターも、シンプルに勝利を求める頭と、精神と、体を創っていこう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

【トップ】夏場はサポも意志統一(第21節 vs大宮@NACK)

ボクの個人的な好みですけど、守備的だろうが攻撃的だろうが「チームが意図して定めた闘い方を全員が意思統一してやりぬき、目的を達成するサッカー」が好き。
だから、大宮戦みたいなサッカー・闘い方は好きなんです。

================================================================
8月11日(土) 2012 J1リーグ戦 第21節
大 宮 1-2 広 島 (19:03/NACK/11,057人)
得点者:24' オウンゴ-ル(広島)、38' ズラタン(大宮)、49' 清水航平(広島)
================================================================

おそらく夏場の間は「広島らしい攻撃」ができる試合・時間は少ない。
無理して広島らしい攻撃を出し続けるよりも、それを繰り出せる好機を伺ってここぞというところで攻め込み決めきるという闘い方になるんじゃないかな。

やはり勝つことが重要で、最低でも勝ち点を奪うこと。
内容の悪いサッカーでも勝っていれば、やるべきサッカーをする機会はまた来る。
でも、負けてしまうと心身ともに重くなってやるべきサッカーが出来なくなる。
後半開始直後のFKを獲った場面はいい攻撃だったし、そのFKを決めた勝ったんだから、意図した闘い方できっちり勝ち点3を奪う強者の闘い方だと思う。


選手たちが前節・清水戦の反省を活かして意志統一した闘い方をやりきった。前半の終了間際の時間帯も決して攻撃が上手くいってなかったけど、それを受け入れて無理して攻めずに時間を遣い、セーフティに終わらせた。

同点に追いつかれた苛立ちからか、その時間帯でもゴール裏からは「1点獲りに行け!」という声も多く聞かれたけど、選手の意図が見てとれたあの時間だからサポーターも意志統一して応援するのがいいと思った。「冷静に判断」して、「我慢し続けよう」と。
選手の意図をくみ取って、それに合わせた応援した方がサポーターとの一体感も増すしね。


チームが意図して定めた闘い方を全員が意思統一してやりぬき、目的を達成するサッカー。
その「全員」はサポーターも含めて。
選手とサポーターがしっかりと意志統一できている状況が好き。


ある意味退屈な、面白味のないサッカーになるかもしれないけど、そこはチームが意図してやっていると思うので、サポーターはチーム・選手の意図を見て、後押しし続けよう。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月12日 (日)

【トップ】こうへい2年連続ゴールw

【トップ】こうへい2年連続ゴールw
去年は剛平、今年は航平。


サッカー専用スタジアムのゴール裏、こっち側で決めるゴールっていいな!


いや、ゴールだけじゃなくて、周作と一緒にPKに立ち向かうあの感覚も。


次のサッカー専用スタジアムでの試合は9/1(土)の磐田(ヤマハ)ですな!!!

NACK5よりもさらにピッチに近いし、手すり(飛ぶクスリ)もあるし楽しみです♪


みんなが遠征したくなるように、東北電スとFC東京戦をがっちりといきたいですな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火)

【サポ】浴衣で☆応援しナイト(2012)を開催します♪

サンフレッチェ広島のホームゲームでは毎年、浴衣のイベントがあります。
今年は7月の磐田戦でした。
でも、ホームだけじゃなく ア ウ ェ イ で も 浴衣で楽しむのが広島サポ!

今回で4回目、今年の『浴衣で☆応援ナイト』は8/11(土)大宮戦@NACK5スタジアム大宮で勝手に開催します!
浴衣を着てスタジアムを華やかに彩り、夏のナイトゲームを楽しみましょう!!!



120811
※イラストも描いてもらったりしちゃいました!!!

■開催日時
8月11日(土)待機列が伸びてきたら(16時くらい?)
■場所
NACK5スタジアム大宮(ビジター席・ビジター待機列)
■参加方法
浴衣や甚平を着て、ビジター席で冷たいもの食べたり、飲んだりしながらサッカーを楽しめばオケー!!!


そしてー、さらにー、

【1】紫のシュシュプレゼント!

浴衣・甚平でビジター席に来られた女性の方には女子サポお手製の紫のシュシュをプレゼント
します☆

【2】チェキで記念写真!!
浴衣・甚平を着た方にはチェキで記念写真を撮影してその場でプレゼント♪
カメラを持った女子サポさんが撮ってくれますよ☆

【3】選手サイン(写真付き) !!!
浴衣で☆応援しナイト用に、選手からサインと写真をもらって来ました!

(1)青山敏弘選手(1枚)
120809_5

(2)石川大徳選手&清水航平選手(1枚)(写真は石川選手のみです)
120809_2

えーっと、これは浴衣や甚平で来場の方に、当日くじ引きとかなんらかの方法でプレゼントしまーす☆



※NACK5スタジアム大宮サッカーへのアクセス
http://www.ardija.co.jp/ticket/stadium.html
JR大宮駅東口から徒歩約20分
東武大宮公園駅から徒歩約10分
大宮駅東口11番乗り場「大15導守循環・寿能先回り」乗車大宮サッカー場前下車


※以上、コピペしてブログなどでのお知らせお願いしまーす♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

【トップ】(第20節 vs清水@広島ビ)

===============================================================
8月4日(土) 2012 J1リーグ戦 第20節
広 島 1-2 清 水 (19:04/広島ビ/16,448人)
得点者:2' 佐藤寿人(広島)、80' 高木俊幸(清水)、84' 大前元紀(清水)
================================================================

「勝ちたい!」という気持ちを強く持ち続けるのって、負けてる時はできるけど、勝ってる時はできなくなる。
人間だからそういうもの。空腹が満たされれば、食欲は無くなる。

でも、サポーターにとっての勝利というものはそれじゃダメなんよね。

優勝争いできるクラブのサポーターと、できないサポーターの差はそういうところで分かれるのかもなって思う。

目の前の試合をひとつひとつ勝っていく。勝ち点を積み上げる。
負けてもその経験を踏みしめて一歩を踏み出す。
それの繰り返しですね。

こんな負け方をしたのもオレたちの大切な一歩。
この負けを大切にすることで、栄光に少し近づくんだと思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

【サポ】今、捉えておくべきもうひとつの意味

ぽいちさんが「首位」ということに対していつも言ってること。

「34試合が終わってどこにいるか。それが大切。」
【J1:第18節 広島 vs 川崎F】森保一監督(広島)記者会見コメント(12.07.14)
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00140612.html



この言葉について、首位に立っている今のうちに言っておきたいことがある。


リーグ戦途中の今の段階で首位と言うだけで、最後に立っている位置が大切。
ひとつめの意味はそういうことだと思う。


でも、ふたつ目の意味があるとボクは思う。

「首位に立っていることは喜ばしいが、34節終わって最後に立っている位置が大切」

今そう言うのならば、もしこの先 首位から落ちてしまったとしても同じ言葉を言えばいいってこと。

「首位から落ちてしまったことは残念だが、34節終わって最後に立っている位置が大切」


この先ずっと首位に居続けられたらいいんだけど、それは容易なことじゃない。
もちろん、首位に居続けるために全力で必死に闘う覚悟だけれども。

「34試合が終わってどこにいるか。それが大切」と、今のような勝てている時だけ言えるのではなく、苦しい状況になった時でも言えるように。
そして、サポーターはその言葉を行動として表せるように。

ふたつめの意味でこの言葉を使う時が来るかもしれない。
もしその時が来たとしたら、強い気持ちで自信と誇りと愛情を以て言おう。

「34節終わって最後に立っている場所が大切」

それは、その時の選手とサポーターを支える言葉となるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »