« 【トップ】広島の未来そのもの(ACL GL5節 vsブニョドコル@ブニョドコルスタジアム) | トップページ | 【トップ】サンフレッチェ広島と森保一の稀有な関係(vs北京国安@広島広域) »

2013年4月29日 (月)

【トップ】慌てず騒がず狼狽えず(第8節 vs名古屋@瑞穂陸)

=========================================================
4月27日(土) 2013 J1リーグ戦 第8節
名古屋 1-1 広 島 (14:04/瑞穂陸/13,004人)
得点者:48' 小川佳純(名古屋)、67' 青山敏弘(広島)
130427
=========================================================


そりゃ勝ち点3獲りたかったけど、だいたい計算通り。
ACLと並行した日程をなんとか凌いで上位をキープしつつ、若手も育っている。
クラブの状況と意図をサポーターも理解して、一緒に歩んでる感覚。

今、あるね。


(まー、他サポから言わせたらACLでなんたらかんたら言われるんだろうけど、オレら必死なんで)




ひとまず勝ち点1を持って帰れるのはよかったよ。
あとは周作が無事であれば。脳震盪みたいになってるだろうけど。
帰りにはチームと一緒に帰ったようなので、様子見+後から検査かもしれんけど、ひとまず大丈夫なんかな。

失点した後もサポーターがしっかり声を出して継続したサポートをできてよかったなと。
失点の時間がまだ浅かったのもあるけど、慌てず狼狽えずやれたと思うよ。

ACLに出るシーズンが厳しくなるのは、出場が決まった時点で分かっていること。
しかも今年は若手育成も同時にやらないといけないというミッションが加わってんだ。
しかもミカとソッコが離脱していて、1節で洋次郎も怪我をした。
トレーニングの時間もあんまり無いから、チームとしての戦い方がまだ作ってる途中という感じもある。
でもサポだって、心の準備して臨んだから無駄に騒がないし、今の状況を冷静に受け止めてしっかりサポートできていると思う。そういうのがサポーターの勤め。


ACLのGL最終節を、若手交えたチームで勝って、リーグ戦中断までしっかりと闘い抜こう。
成長見せている若手が6月のキャンプ(室蘭?)でこれまでの主力とバチバチやり合えば、うちは面白いチームになると思うよ。まー、実際のところそれからだろ。うちは。
それまでもうちょいキツイ試合が続くだろうけど、サポも気持ち強く保って、選手たちを支えていこう。

|

« 【トップ】広島の未来そのもの(ACL GL5節 vsブニョドコル@ブニョドコルスタジアム) | トップページ | 【トップ】サンフレッチェ広島と森保一の稀有な関係(vs北京国安@広島広域) »

トップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【トップ】慌てず騒がず狼狽えず(第8節 vs名古屋@瑞穂陸):

« 【トップ】広島の未来そのもの(ACL GL5節 vsブニョドコル@ブニョドコルスタジアム) | トップページ | 【トップ】サンフレッチェ広島と森保一の稀有な関係(vs北京国安@広島広域) »