« 【槙野】Jクラブのサポはそれを踏まえて踏み込まない | トップページ | 【トップ】シオ・ミカ・ニク・コメ・サポ・ユカタ(第13節vs湘南@BMW) »

2013年5月19日 (日)

【トップ】花を咲かせるお手伝い(第12節vs甲府@エスタ)

=============================================================================
5月18日(土) 2013 J1リーグ戦 第12節
広 島 5-1 甲 府 (14:04/Eスタ/10,550人)
得点者:4' オルティゴサ(甲府)、5' 佐藤寿人(広島)、44' 水本裕貴(広島)、75' 佐藤寿人(広島)、82' 佐藤寿人(広島)、86' 野津田岳人(広島)
=============================================================================

膠着した試合をヒョンジンとミズの左サイドからぶち破ったのが嬉しかったなー。

前節大分戦でヒョンジンがJリーグ初先発&初アシスト。この甲府戦でもいいタイミングの上がりからミズへボールを渡してそれが貴重なゴールに繋がったわけだ。

シオの攻撃参加、前線への駆け上がりも良くなってきた。中央をドリブルで上がっていったシーン。 ” シ オ ヤ ノ フ ” ここに誕生か?w

洋次郎の胸トラで落とされたボールは「ほら、(さっさと初ゴール)決めな」って書いてあったよね。ガクト初ゴルおめ!!!あんなに洋次郎の胸に飛び込み、洋次郎の胸に顔をうずめることができるなんて見てる側はちょっとやばい気持ちになってしまいます!

そして、そのゴールシーンには靖奈の攻め上がりがあったわけで、靖奈が出場機会を増やしつつあるうえに得点に絡んでいるのはポジティヴだなぁと。




彼らがACLを闘い持ち帰ったもの。悔しさ、不甲斐なさ、闘志の燃えカス、やれた実感、見えた課題、明日へ意欲。そこで得たもの全ての意味が、いま見えつつある。
ACLの闘いはぶちくそ悔しかったし、その意味を創るためほんとこの先みんなで頑張らないと、と思っていたけど、オレらサポーターにとっても、クラブの意図に添って声援を送った意味を、少しずつ感じ始めたよ。


ACLグループリーグ最終節のホーム北京国安戦(広島0-0北京)のあと、コールリーダーが若い選手たちに向けて、コールを送ったらしい。彼らに対してこの先の期待を込めたものだったのだろう。彼らの成長(戦力化)なくして広島の未来は無いわけだし。
もちろん厳しい声もあったと聞いた。対戦相手がACLに6年連続出場しているブニョドコルや、優勝経験もある浦項などで、広島の主力選手と比較しても経験値・実績ともに格上・・・だとしても1勝もできなかった選手たちに「それでいいよ」と手放しでは言えないよね。
期待を込めて支えること、そして厳しい声、両方が大切な声。



ただ、ボクが大切に思っているのは、「サポーターの厳しい声は、普段の支援があってこそ」。ということ。
選手たちに「サポーターが応援してくれている」というものがまず伝わっていることが前提。それが伝わってないのに、ただ厳しく求めても「怒ってる人がいる」としか伝わらない。
サポーターが怒りの感情を選手に伝えるには「普段あんなに応援してくれているサポーターが、今こんなに怒っている」と感じてもらえるだけの人間関係が無ければ、サポーターの感情は選手にとってマイナス方向にしか働かない。

ましてや、今回のACLは若い選手が多く出場していて、そのホーム北京国安戦のメンバーはほとんどが若い選手。その選手たちとサポーターの人間関係を考えれば、その築き始めの選手が多いわけだから。
厳しく言うことも必要だけど、同時に彼らの成長を援ける声を届けることが存在することが必要で、どちらかというと後者の声が今の段階ではまず必要だろうね。

ただ、若い選手だろうがなんだろうが「広島のエムブレムを付けて闘ってることを意識しろ」と突きつけたいけど。



支え援ける声と、厳しく求める声、サポーターの声は肥料のようなもの。肥料の種類もあるし、どのタイミングでどの肥料を与えるかも大切。順番に与えたり、2種類同時投入することもあるだろう。その選択・決定はサポーターのセンスによるから自分たちでしっかり考えて行うもの。そして、肥料だけじゃなく、普段からの水遣り、声かけ、細かな手入れで愛情を注ぐことが大切。
今季のリーグとACL、ここまでの闘いの中で、それらが彼らの胸にも効いてるんだと思う。サポーターの声、サポーターの想い、伝わってると思うよ。ACLに出ていた選手が昨季までよりも試合に絡み、得点に絡んでるんだから、信じていいと思うんよね。

|

« 【槙野】Jクラブのサポはそれを踏まえて踏み込まない | トップページ | 【トップ】シオ・ミカ・ニク・コメ・サポ・ユカタ(第13節vs湘南@BMW) »

トップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【トップ】花を咲かせるお手伝い(第12節vs甲府@エスタ):

« 【槙野】Jクラブのサポはそれを踏まえて踏み込まない | トップページ | 【トップ】シオ・ミカ・ニク・コメ・サポ・ユカタ(第13節vs湘南@BMW) »