« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

【トップ】それがミズであることが嬉しい(第27節vs鳥栖@ベアスタ)

3連敗はしたけれど、5試合勝ち無しは苦しかったし痛いけど、それが8~9月でよかった。
チームは復調しつつあるし、これなら最終盤で優勝争いをすることに間に合うはず。チーム力を増して。
ちょっとまだ噛み合わないというか難しそうなところもあるけど、きっと間に合うはず。
そうなるようボクらは後押しをしよう。

====================================================
9月28日(土) 2013 J1リーグ戦 第27節
鳥 栖 0-2 広 島 (15:04/ベアスタ/12,355人)
得点者:23' 佐藤寿人(広島)、87' 野津田岳人(広島)
====================================================

■それがミズであることが、輪をかけて嬉しい
例のPKキッカーの件です。
(J'sGOALでのぽいちコメント)http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00162334.html
ただ、野津田が蹴るとは思っていなかったので、サンフレッチェの良さだと思いますが、諸先輩方がプレッシャーのかかった中でのPKを蹴らせて経験をあげようと選んだんだと思います。実際に野津田が決めてくれたことでチームとしての経験値も上がったし、チュー無力の底上げにもなったと思います。
※「チュー無力」→「チーム力」と思われw

スカパー!の放送でもぽいちさん自らがコメントされていて、そっちのほうがぽいちさんの表情も見られるし、口調も聞けるし、ニュアンスも伝わると思うので、見てない人は見て欲しいな!

このぽいちさんのコメントが、TSSケータイ・スマホサイトで読めるミズのコメントと見事に丸被りしてるのがすごく嬉しかった。

・基本的に寿人が蹴るけど、寿人は交代後だった。
・みんな蹴りたそうでもなかったので(ナオキも蹴らないと言った)、自分が蹴ろうかなと。
・でもガクが来たので「蹴りたいか?」と聞いてみたら「蹴りたいです」と。
・自分は勝つことが大事。でもガクは勝つ中でも点を獲ることが大切。
・こういうチャンスをモノにすることで成長する。
・そういう意味を込めてガクに蹴ってもらった。
・でもホントは自分が蹴りたかった(笑)

勝つ中で、選手の成長のことも考える。それが監督だけじゃなく選手の頭にもある。
「サンフレッチェらしい」と言っていいと思う。それを「サンフレッチェの良さ」と言いたい。言い続けたい。
ぽいちさんのコメントの通りのことを選手が言ってくれていることが嬉しい。
それが、他クラブから移籍して来てくれたミズが言ってくれているのが輪をかけて嬉しい。


このPKシーンで、いつぞやの小野裕二(横浜F.M)のことが頭をよぎったのは内緒ですwww


■寿人2ヶ月振り2度目w
ですよねー♪ロングパスのバウンドに合わせて左足一閃がゴールに突き刺さるの!
今季一度目は川崎戦。アオの後方からのロングパス。
【2013.7.10 佐藤寿人の得点(3点目)】


今回は洋次郎のサイドチェンジのロングパス。
【2013.09.28 佐藤寿人の得点】

※動画の神様ありがとうございます!!!


子どもの時に見て「カッコイイ」と憧れて練習して、それをプロになって公式戦で決めるとか寿人は夢叶えすぎ。寿人こそカッコイイわ。

あと、練習に付き合ってくれるチームメイトのおかげとも言わんばかりに裕太郎の名前を出してコメントするところも惚れますなw
(J'sGOALコメント)http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00162335.html


■そして今節もナオキのこと
ちょっと古い話になるけど、お話したい。7月のこと。7/17(水)仙台戦。
この試合の1点目は前半12分という早い時間に決めたんだけど、広島のサポ席からは誰のゴールかよく見えなかった。
とにかく「うわー!やっほーい!!!♪」と歓声を上げたわけです。


誰のゴールかは、場内アナウンスで知ることになったんだけど、実際こんな、


「ただいまのゴールは、

(うんうん・・・♪)

「サンフレッチェ広島・・・

(はいはい・・・♪)

「石原直樹選手のゴー


うわぁぁぁーナオキぃぃぃぃぃーー

ー!!!!!!!!!(喜)



という感じでゴールが決まった時の歓声よりも何倍も大きかったwww
ゴールも嬉しいけど、それがナオキだからより嬉しいってw
7節磐田戦以来の今季4ゴール目だったんよね。



広島のサポーターの気持ち、みんなこんな感じなんじゃないかな?
ナオキがどれほど貢献してくれているか分かってる。ナオキを祝福したい、称えたい。
今節の鳥栖戦、ナオキはPKを獲得してくれたけど、前述の通り広島のアイデンティティを表す結果となった・・・


・・・わけですが、、、

ナ オ キ の チ ャ ン ト ま だ で す か ? ? ? w


広島のサポグループはだいたいシーズン途中に新チャントを投入することはないので、それは来季の開幕まで待たないと行けないのかもしれないけれどw
サポが選手を祝福するのも称えるのも、その手段はチャントだけではないから。
より一層、ナオキの名前を叫び、声援を送りたいね。ゲーフラ作るとかもありだなー。

ボクはサンフレッチェのゴールも嬉しいけど、ナオキのゴールがそりゃもう猛烈に嬉しいんですよ。

そろそろナオキが主人公になる勝利試合があっていいでしょ。
その時が楽しみだし、そういう試合が来るよう次も応援を頑張るわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月21日 (土)

【トップ】ごめんね、相手につまんない思いをさせるのもサッカーの一部w(第26節vs新潟@Eスタ)

===================================================
9月21日(土) 2013 J1リーグ戦 第26節
広 島 2-0 新 潟(14:04/Eスタ/16,196人)
得点者:28' ファンソッコ(広島)、36' 佐藤寿人(広島)
===================================================

広島の守備をよく分かってらっしゃらない他サポの方々が広島に負けた後に

「なんだよ!広島ドン引きじゃねーか!!!(怒)」

って怒ってるを見るのがすごく快感なんですw
「しめしめwまだ広島の守備がバレてないww」とも思う。
オレらだけが分かってて、オレらだけが味わえる広島の守備、広島のサッカー♪
「おまえらにはわかんねーよw」って、これを実感できるので、そんな風に言われるのは好きですw

もちろん、Jリーグ他クラブの監督さんとか、解説者の方とかは、分かってる人は分かってるんだけどね。



なんてことを試合中に言ってた矢先・・・

「悔しいですね。 あんなつまんないサッカーに負けたのが悔しい」
(新潟:柳下監督)


ってwww
サポーターどころか指揮官じきじきにどうもありがとうございますwwwww

きもひい~♪


ボクもつまらんと思えば「つまらんサッカー」だと言うし、とある負けた試合後に相手のサッカーを「みっともないサッカー」って言った。
でも、内容がどうであれ相手より多く点を取った方が勝ちなのがサッカー。
そして自分たちは勝ち点制のJリーグを闘っている。
そういうサッカーをやる相手に負けたとしても、(ルールの範囲内のサッカーであれば)相手に聞こえるように相手のサッカーのやり方を貶したりはしません。
それはサッカー自体を貶めることになるもん。


ま、やんつーさんが広島の守備を分かってないはずはないので、悔し紛れにどうしても言いたかったか、選手に間接的に聞かせるためか、そういうもんだろうけど。

ただですね・・・

うちこそ、そういう「つまんないサッカー」に弱いんですよねーwww



ちなみに自分の考える「つまんないサッカー」はリスクを恐れて徹底的に攻めないサッカー。
でも、それもサッカー・・・・だとは思っています。
事実として「つまんないサッカー」をねじ伏せて勝たないことには賞賛を得られないんですよね。






あと、今日はナオキのこと言っとかないと。
走る量、守備での貢献、2アシストももっと言及されるべき。
寿人のゴールの時もよくぞあそこに走ってくれた。寿人に気づいてくれた。あげたクロスも綺麗に決まったねー。

これだけの仕事をしてること、「評価してますよ」なんて言い方は上からになっちゃっておかしいんだけど、サポーターの気持ちを表したい。感謝の気持ちを伝えたい。そして来季以降も一緒に闘いたい。
ボクは常に「この選手たちとずっと一緒にはいられない」という気持ちでシーズンに臨んでいるので、1シーズンごとというか1試合ごと、全力で気持ち込める。

お別れになる前に、もっと気持ちを込めたい伝えたい。
ナオキが来季居なくなるわけじゃーないけれど、今よりもっと気持ちを伝えたい。
伝え方っていろいろあるんだけど、より多くのサポがまとまって伝える手段。
「チャント」を唄って、ナオキを称え、励まし、感謝したいんだよなー。それと同時にナオキを求めたい。

オレらの気持ちに応えて欲しいよって。
サポーターなんてウザく一方的に愛を伝えるものよ。
ここまで闘ってくれるナオキのチャントまだー?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

【トップ】(第25節vs川崎@等々力)

===================================================
9月14日(土) 2013 J1リーグ戦 第25節
川崎F 2-0 広 島(19:04/等々力/17,390人)
得点者:10' 中村憲剛(川崎F)、45'+2 レナト(川崎F)
===================================================

前半15分までに失点。前半終了間際にさらに失点。
いつもの等々力に帰ってきましたw
これまで何度も体験してきた等々力でしたねww
まぁ、今はほんとに厳しい時期。これをどれだけ早く抜けられるかどうかなんだけどねー。


勝たなくなった名古屋戦から全部の試合、現地に行ってきたんだけど。

第21節 8/17(土)▲名古屋(H)
第22節 8/24(土)▲大 分(A)
第23節 8/27(水)●甲 府(A)
第24節 8/31(土)●FC東京(H)
第25節 9/14(土)●川 崎(A)

現地に行って体感したからこそ、この期間のこの戦績には納得してる。
大分戦以降の試合を観ると、そりゃ勝てんわって思うもん。

去年も今年も選手層はそれほど厚くないし、ボールを持たせたら一人でゴール決めちゃうような選手が居るわけでもない。

ただ、Jリーグのどのクラブよりも去年の広島は粘り強くて必死だった。
優勝争いってそんな簡単じゃない。もっとギリギリ軋むような闘いだっただろ?
「立ち返る場所がある」と言うなら、まずはそれを取り戻そう。

それが出来ないなら、この先勝てなくてもオレ「しょうがないよね」って納得しちゃうよ。





去年、選手たちからもらったJ1初制覇は宝物。
あれだけ大きな歓びをもらったんだから、今 勝てないくらいで応援は止められない。
今みたいな苦しい時期だからこそ、選手のみんなにお返ししたいね。

勝ってる時だけサポーターやってるんじゃない。
どっちかというと負けてる時こそ自分たちの存在する意味を感じられて燃えてくるってもんでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

【サポ】ラスト・・・3ヶ月(第25節vs川崎@等々力)

==============================================
9月14日(土)J1 第25節
川崎F - 広 島 (19:00KICK OFF/等々力)
==============================================

ラスト10試合です。


と、言っても残りは まるまる3ヶ月あるわけです。

あんまり気持ち入れ込み過ぎると持ちませんw
いや、もちろん1試合1試合を真剣に捉えて、ひとつひとつ闘っていくんですけど。

10

1ヶ月に3試合のペースで消化していきます。

胃がギリギリするような闘いを、じっくり時間をかけて進めていく。
天皇杯や代表戦を挟むので、それらの試合がリーグ戦にも影響する。

ここまで走ってきた疲労の影響が出てくるのは終盤の時期(秋)と言われたりもする。
警告の累積で1試合や2試合の出場停止の選手も出てくるだろうし、首位争い・優勝争いもあれば残留争いもあって、残留のために戦うクラブが優勝を目指すクラブを倒すことだってある。
単純に選手・戦力の和で試合結果が導かれないのが終盤戦。
こりゃたまらんねw

苦しい8月を過ごしましたけどね、ボクら。戦績は1勝2分3敗(5試合勝ち点5)。
その8月には区切りを打って、終盤戦のスタートに意気揚々と向かおう。
中断期間の開けた7月6日の味スタみたいな「上に上がっていくぞ!」というポジティヴな雰囲気があったあの日のゴール裏みたいにサポーターの意気を揚げて揚げて。


今日もみなさんどうぞよろしく。
等々力の1階席、向こうのほうがじぇんじぇん見えんくて修行だけれどもw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

【トップ】広島のサポーターならでは、となればいいなぁ(天皇杯2回戦 vs福岡大学@竹ヶ端)

====================================================
9月8日(日) 第93回天皇杯 2回戦
広 島 1-0 福岡大学(15:00/福山/5,016人)
得点者:12' 千葉和彦(広島)
====================================================

いやしかしなんですなー。やっぱり難しいもんなんでしょうね。

試合前はこんなこと書いたけれども、

【トップ】やるべきお仕事(天皇杯2回戦vs福岡大学@竹ヶ端)
http://inhale-sanfrecce.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/2v--s-128e.html

「これがJ1のプレーレベルですよ」って教えることも簡単じゃないことなのかも。
ま、トーナメントだし、まずは勝つこと。反省と修正をして天皇杯3回戦にもリーグ戦にも繋げて欲しいですな。


ただ、応援のほう。
福岡大学には広島ユース出身の選手も多くいて、今日のベンチにはGK大森くんが入ってたんですね。
試合後、挨拶に来てくれた時に広島のサポーターはコールを贈ってくれたそうで。
https://twitter.com/KeeegoOmorigk1/status/376630509037555712

こういうのいいなぁ。
喜んでもらえて嬉しいし。
広島で育った選手に対して、エールを送れるサポーターってのを広島のアイデンティティにできたらいいなーって前から思ってるんですよ。
今回の大森くんみたいに、広島ユースを卒業して大学に進んだ選手や、広島でトップに上がらずともプロになって対戦することになった選手に対してですね。
Jリーグでの対戦だと毎回やるのがいいかどうかは考え方に個人差あるだろうけど。


それが、広島というクラブは育成型クラブと言うだけあって、サポーターも育成組織出身選手に対して暖かい対応をするというイメージを根付かせていければ。
広島で育つことの有意義さや誇らしさを増すことに繋がるなら、サポーターのその微力にも意味があるでしょう。


大学へ進学した選手が「広島に戻りたい」と思ってくれたり、他クラブに行った選手でも他クラブで広島のことを好意的に見ていてくれれば、広島への移籍を進めてくれる存在になってくれるかもしれないし。


たかがサポーターの雰囲気と言われるかもしれないけれど、クラブを創り上げていくのにサポーターの存在も必要なものだと思うから。


こういうことを今まで誰かが言ってたとか聞いたことはないけど、今日の竹ヶ端での話を聞くと、広島のサポーターはもう自然とそういう雰囲気を創れるサポーターになっていってるんだなぁと思いました。

ええじゃん、広島。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

【トップ】やるべきお仕事(天皇杯2回戦v s福岡大学@ 竹ヶ端)

プロになろうこという選手も多い、福岡大学ですから、

うちらが緩いプレーをして「あ、オレ通用するな」と思わせてはいかんのだ。

それで彼らの成長を止めたり鈍らせたりしたら、日本のサッカーにとって損害。

プロの、J1のプレーというのを感じて頂き、明日からの彼らのサッカーがまた一歩進むように。

そうなるべく、今日全力を出し切るのもプロ選手のお仕事。


ま、そんなことを意識しなくても結果的にそうなれば良いだけのことなんだけど。


あと、応援の方もプロになればあんな風にサポーターから応援されるんだな。されてみたいな。と思ってもらえるようないい応援をできたらいいねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »