« 【トップ】(第29節 vsFC東京@味スタ) | トップページ | 【サポ】今季を闘いを経験したことによるモチベーション(ナビ杯決勝vsG大阪@埼玉ス) »

2014年11月 7日 (金)

【サポ】これがボクの”ぶっ倒せチャント”

賛否両論ある、通称『ぶっ倒せチャント』ですがw
そもそも「否」ばっかり目にするのですけれどもwww

バッモ バーモス サンフレッチェー

バッモ バーモース ひろっしまー
●●●● ぶッッッ倒ッせー(●●●●は対戦相手の名前が入る)
オレたちがついてるからー


■広島らしいのか、らしくないのかw

ボクが最初思ったのは「このタイミングで新チャント出して、これぇぇぇーーー???」
でした。今、うちのサポや選手へ向けて歌うのに必要なチャントがこの手のヤツだと思ってなかったのですよボクは。

「俺たちがついている」みたいな歌詞の入るチャントって、

例えば【横浜F.マリノス】の
「どんな時でも 俺たちがそばにいる 共に戦え 愛するマリノスのため
俺らヨコハマ 俺らだけがヨコハマ 気持ち見せろよ 愛するマリノスのため」
(この続きもありますが、すみません省略させていただきます)
※動画は歌詞そのまんまで検索できます


とか、

【松本山雅F.C.】の
「どんな時でも 俺たちは ここにいる 愛を込めて叫ぶ 山雅が好きだから」
※これも歌詞+松本山雅で検索できます

みたいに、「愛」とか「どんな時でも」というワードがセットで、苦しい時でも一緒にいるよ的なチャントの印象がボクは持っておりまして。
広島もこういうのあったら、苦しい時に選手に「大丈夫だよ!オレらいるから!」って伝えたるために使えるなーと思ってはいました。

ただ、広島の場合は「オレたちがついているから、あいつらぶっ倒せ」になるとw・・・勇ましいww

これ、広島らしさなんかね?サンフレッチェらしくないとは思うけどwww
いや、「ぶっ倒せ」という言葉は、まぁ荒々しいけど悪くないとボクは思ってますけどね。

ま、とにかく、いま新たに出すチャントがこれぇぇぇー?とボクは思ったということ。



■それじゃ歌えないチャントばかりになっちゃうw
客観的に考えてみて、この歌詞のような気持ちは広島サポ全体では共有しづらいかな~と感じたんだけど、チャント発表された直後から不満の声が多くみられて・・・
どんな不満の声があるかは「ぶったおせ チャント」でtwitter検索するといくつか出てくるw
で、歌いたくなければ歌わなくてもいいんじゃない?と、思ってましたが。

ちょっと考えてみたら歌詞が好きじゃないチャントはボクにもいくつかあって。

例えば、
ラーララララララーララ 紫の 勇者よー
オレらーのハートを狂わせる ゴールーを見ッせてくれー


も、そのひとつ。「ゴールは見せてもらうものじゃない。選手とオレたちで決めるものだ!!!」という考えにこの歌詞は合わないというイチャモンに近い理由ですけどw
でも、そんなこと言ってたらねぇ・・・歌えないチャントばっかりになるんですよwww
だから、「気に入らないから歌わない」という選択はボクはしませんでした。



■どこまでセーフでどこからアウトなんて決めれんじゃん
ネット上では(多くはtwitteだと思う)まー、このチャントが批判されてましてw
サポグループも意外だったでしょうねwここまで不評とはww
で、次の試合のカシマでコールリーダーから説明がありました。

「いわゆる ” 打 倒 ” 鹿島」みたいなもんです」 と。

ボクはその説明がしっくりきたし、わざわざコルリがこういう説明してくれるなんて、有り難いなと。ま、それでええかーと思ったのですが。受け入れてくれないサポも多いだろうことは理解できたし(そもそもカシマにサポちょっとしか来てない)、自分もこのチャントに気持ちが入るようになったかというとまだそこまでじゃなかったのは確か。
しかしまー、他のクラブだって、こういう荒い言葉とか対戦相手に失礼では・・・という言葉が入っているチャントもあったりする(例は挙げないけど)w
そしてどういう言葉までがセーフで、どこからがアウトなんて感じ方には個人差あって決められないもんな。



■VIVA HIROSHIMA
ちょっと別のチャントの話になるけど、『VIVA HIROSHIMA』なんですけどね、

俺らのひろしま 勝利めざし 走れ 俺らもひろしま 共に戦おう
ラーラララー 立ち上がり歌を歌い ラーラララー 勝利を呼び込もう


こんな歌詞だけど、聞いた話だとこのチャントを作ったころは、まだ広島のサポーターには「立って応援するスタイル」の人が少なかったんですね。
そこで「立ち上がり歌を歌い」という歌詞の状態になることを願ってこの歌詞になったという話。

自分の想像だけど、いま広島サポは人数は増えたけど、激しく闘志剥き出しで闘ってる(応援している)人ってのがまだまだ少ないかなと。この「●●●●ぶっ倒せ」みたいなちょっと荒々しい歌詞を入れて、そういう熱の高めのサポーターを増やしたいという意図もあるのかなと。想像しています。



■いや浦和戦専用ではないです
そんな印象を持っていたわけですが、気持ち入れて歌える機会がやってきたのですw
「9/7(日)ナビ杯準々決勝vs浦和@埼玉ス」
終盤、2-2で逃げ切れば勝ち抜けるけど、1失点すら許されない状況で浦和の攻撃を凌ぎ続け、森脇・槙野と洋次郎がコーナー付近でコントを演じる状況。
この時の「浦和をぶっ倒せ!」って歌うのは気持ち入ったねw
気持ちこめて歌えてこそ、歌って気持ちいいもんじゃねww

その試合後にtwitter見てたら「浦和戦専用のチャントがあるんですね!」なんていうつぶやきがあってワロタwww
その日の広島サポの「浦和をぶっ倒せ」という言葉にマジで気持ちが籠ってたってことでしょww



■トーナメント向き
で、気付いたんですけど、これは「トーナメント向きのチャント」だなと。
ナビ杯柏戦で歌った時も、ボクは気持ち入ったっすね。カッシーいるのでそこは引っかかったけどw
リーグ戦だと、相手を倒すということよりもそもそもうちは「一戦一戦大切に闘って勝ち点を積み上げるクラブ」なので、普段は「ぶっ倒せ!」という気持ちになりにくい気がする。相手を倒すよりも「広島のサッカーをする」ということに意識が向いている。
そして、リーグ戦だとその時点の順位があるから、相手と順位によっては「ぶっ倒せ」というよりは「自分たちが持てる力を発揮すれば良い」と思えたり、相手を意識するより自分たちがどれだけできるかと、自分たちの側を意識することの方が多いように思う。

例えば、この前の日本平でも「3-0」とリードして「清水をぶっ倒せ」って歌ってたけど、それよりも「どんどん広島のサッカーを出していこう!」って気持ちだったですよ、ボクは。
清水のみなさんには悪いけど、あの状態の清水を「ぶっ倒す」なんて気持ち入らないし、なんか怪我している相手をいたぶるようで嫌だわw

でもトーナメント戦で、目の前のクラブを倒してのし上がっていく感覚を持っているときに「●●●●ぶっ倒せ!」と歌うとボクは気持ちが確かに入るw
極論を言えば、自分たちのサッカーが出来ようが負けたらダメで、内容よりも結果。勝ち進むことが重要なの闘いだから。
目の前の倒すべき相手に打ち勝つんだって気持ちが必要なトーナメント戦には気持ち入りやすくて、その時の気持ちの入り具合そのものは良いものだなーと今は思ってます。



■明日はトーナメント戦の一番上
ヤマザキナビスコ杯決勝戦です。相手はG大阪。自分たちのサッカーをなかなかさせてくれない強豪。
チャントが気に入らない、歌詞が、言葉が気に入らないってのはある人にはあるし、それは個人の感じ方や考え方だからそれで良い。
ボク自身もこのチャント好きかって聞かれたらそうでもないwでもこのチャントで気持ちが入る場面は確かにある。

ただ、それでも選手のために大きな声援を送れるなら、「トーナメント向け」と割り切って思いっきり、いつもよりさらに大きな声で、歌って頂ければなぁと。
ボクがここまで書いてきたこのチャントへの想いや考え方は、すべてのサポーターにとって正しいものではないと思います。でも、もやもやを晴らすための「 割 り 切 り 方 の ひ と つ 」ではあると思います。

すっきりはしないかもしれないけど、声を出さないのもすっきりしないのでw
ボクは腹くくって全力でいきたいです。いきます。






余談ですが、「バッモ バーモース」のところ。「バ」って破裂音だから、チャントで歌うときのテンション、好きなんですよね。
ここをかっこよく歌いたい♪
余談です。すみません。ではー!!!

|

« 【トップ】(第29節 vsFC東京@味スタ) | トップページ | 【サポ】今季を闘いを経験したことによるモチベーション(ナビ杯決勝vsG大阪@埼玉ス) »

サポ」カテゴリの記事

コメント

素晴らしいですね☆彡
ありがとうございます!

投稿: | 2014年11月 7日 (金) 16時02分

割り切り方のひとつでしかないんですけど、
まぁ、応援は楽しくないより楽しいほうがいいので、
こんな気持ちで出来たらいいかなーと♪

投稿: きのり | 2014年11月 7日 (金) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【サポ】これがボクの”ぶっ倒せチャント”:

« 【トップ】(第29節 vsFC東京@味スタ) | トップページ | 【サポ】今季を闘いを経験したことによるモチベーション(ナビ杯決勝vsG大阪@埼玉ス) »