« 【サポ】今季を闘いを経験したことによるモチベーション(ナビ杯決勝vsG大阪@埼玉ス) | トップページ | 【お知らせ】(ナビ杯決勝)傷口に塩か良いリハビリか?w »

2014年11月12日 (水)

【トップ】改めてサポーターを考える機会になった(ナビ杯決勝vsG大阪@埼玉ス)

=============================================================================
11月8日(土)2014ヤマザキナビスコカップ決勝
広 島 2-3 G大阪 (13:10/埼玉ス/38,126人)
得点者:20'佐藤寿人(広島)、35'佐藤寿人(広島)、38'パトリック(G大阪)、54'パトリック(G大阪)、71’大森晃太郎(G大阪)
141108
=============================================================================

ナビ杯決勝お疲れさまでした。
2010年と同じ準優勝。言いたいこと、書きたいこと、みなさんに聞いてみたいこと色々たくさんありますが、長く書いても読むのが面倒でしょうからさらっと。さらっとね。



■あー、やっぱりコレオやりたかったな~

いえ、「コレオをやらない」という判断にはボクも賛同しています。
前回2010年に決勝進出したときの国立から会場は埼スタに代わり、ゴール裏は国立よりも座席数が多い。広島からさらに遠くなる上にキックオフ時刻は1時間早い。埼スタ到着がキックオフ寸前という人も多いかもしれない。サポーターが何時の時点で、選手入場の時点でどのくらいゴール裏を埋めているのか、予測し辛いと思ったし、うまくやらないと難しいなぁとは思っていた。

あー、いやでも、やっぱりやりたかったな~。

頭を働かせて、根回しして、情報発信して、協力を呼び掛けて、例えば関東在住のサポが早朝に集まってコレオ準備を手伝うとか、到着時刻が遅くなるサポでもやり方がすぐに分かるようにしておくとか、情報発信をしっかりとやっておくことで難しさも軽減できたのかも。
これは今さら仕方ないけどね。


■次はまたコレオをやりたいから

ただ、コレオについては試合開催場所や時間などの条件もあるにはあるけど、何よりサポーターの能力と努力で「もうちょいなんとかなる」はずだなと思った。
言い訳する材料もはいくつかあるけど、G大阪のサポとサポの能力差があるのかもなと、それは思ったよ。次はやりたいな!
そのためにまず、単純なこと言うとサポもっと増やしたい!今いるサポには定着してもらいたい!!そんな感じ!!!

※G大阪のコレオはこちら
http://www.jsgoal.jp/photo/00138500/00138514.html
中央部にコレオの柄を集中させてたわけよね。
これ、事前に広報してサポに呼びかければうちでも協力は得られたんじゃないかなー。
情報発信が足らないのが、普段から足らないのがやはり問題なんだわ。

2010年のナビ杯決勝の記事を読み返してみたけど、やっぱりコレオやってよかったなと思う。選手も広島サポが創った国立の雰囲気を感じてくれていたようだし。
それを先導するのはだいたいサポグループの人たちだから、個サポの自分があーだこーだ言ってもダメなんだけど、広島サポーターの中で自分も戦力の一人でありたい。サポグループの人たちから「協力してね!」と声をかけられて頼まれる存在でありたい。



■ところで相手のサポを見てますか?
コレオだけじゃなくて試合中の応援でも、「まだまだやらんとな」と思った。
埼スタゴール裏でバモっていて、対面のG大阪サポが常に視界に入っていた。

みなさんは試合中、相手のサポーターを見ますか?
ボクはぶちくそ見てますw

「いま、あいつらの応援は盛り上がってるか?」
「いまはうちが優勢だけど、あいつらの応援はどうだ?」
「寿人のゴール決まったけど、あいつらの心を折ることできたかな?」
「アップテンポのチャント歌って、勢いを増してるな」
「スローテンポのチャント歌って、チームを落ち着かせているな」

そんなこと考えたり感じたりしながら。自分はそれに負けずアゲるのか、我慢して落ち着いたサポートに徹するのか、そういうことも考えてます。
もちろん、そんなのはコールリーダーがやってることなんだけど、自分としても自分の頭と心で考えてますよ。

前半で2-0となったけど、時間も十分あるし、その点差だからこそ、応援を増したよねG大阪サポの人たちは。
自分も「2-0」になって、その時点で「勝てる」だなんて思えなくて、「あー、珍しい展開になったもんだな~」という感覚だった。
このまま試合を殺して(面白くない試合にして)2-0か悪くても2-1で試合を終えたいんだけど・・・なんてことくらいは考えたけど。
そのために前半は無失点で終えることが最低条件で、できるだけ2-0のまま時計を進めることだと考えた。でも2点差だからG大阪もガンガン来るし、うちは苦しいし、うまくはいかなかったね。



■跳べ。頭上で手拍子打ち鳴らせ。

しかしまー、G大阪のサポの方が躍動感も存在感もあった。声量もデカかったんじゃないかね?ゴール裏の広範囲のサポが跳んでた。手拍子も頭の上だった。それにより見た目で躍動感と存在感が増すんですよね。
「跳んだり頭上で手拍子をすることで躍動感を出す」それがサポートの全てではない。しかし、見せるサポートとしてはまず個人レベルでもやれることですよね。
広島はそういうスタイルのサポーターが多くはない。サポーターに対してそういうスタイルになってくれとは言いませんが、そういうスタイルのサポーターがもっと増えて欲しいな~とはずっと思ってる。

「躍動感や存在感って、選手が試合中にサポーターなんか見るかよ(笑)」
そんな風に思う人もいるでしょう。でも、それはサポーターの躍動感や存在感が無いから選手に見てもらえない、気にしてもらえないってことじゃないですかね?
選手が「うちのサポーターは凄い。試合中、あんなに大勢があんなに応援してくれている」と知っていてくれたら、試合中に気にしてくれるかもしれない。事実、選手によっては試合中にサポーターを見てくれているのだ。
今季だってミナがコメントしていたでしょ?ミナはサポを見てくれる人なんだって嬉しくなったよ。



■勝ってくれるのを待つのでなく、のめり込んでいこう
跳んでね、頭の上で手拍子してね、それで勝てるだなんて言わない。
ただ、サポーターとしてできること、やりきりたいねと。そういう気持ちで言ってます。
サポーターの存在感という意味ならば、選手がアップに出てきた時や、選手入場時にゲートフラッグを掲げるというサポートだっていい。
自分は跳んだり跳ねたりって応援はできない。けど、こんなサポートをやります、やってます!というのがあればいいと思うんですよ。

なんかね、この前の名古屋戦の記事でも書いたけど、広島のサポーターって「勝ってくれるのを待っている、見ている」って感じがするんよね。「勝たせる」という気持ちののめり込みを感じない。

選手に勝ってもらって何がサポーターだよと。
勝利した後に「オレらの応援で勝たせた」とおこがましい勘違いをみんなでしちゃうくらい、応援にのめり込もう。



■できることくらいはやりきりたい
のめり込む。サポーターとして闘いに入る。我がこととして。選手とサポーター、みんなで勝つ。もし負けたら、選手も自分らも負けたと思う。そのくらいのめり込む。
G大阪のサポーターを見て、広島のサポーターもまだまだできるんじゃないかな?って自分は感じた。人数だって、応援の声量だって、声援の厚みも、応援の躍動感、サポーターの存在感も。フラッグやゲーフラの数も。実際のところコレオだってそうだわ。
チームがどんな状態だろうが、選手のプレーがどうだろうが、サポーター自体はそこに関わらずまだできるんじゃないかと。
試合が始まると、サポーターができることなんて大したことないんだけど、サポーターができることくらいやりきりたい。

ただ、サポーターのサポート行為ってのは試合中よりも試合前や試合のない日の方がまた重要なんだけど。

ここ数年、サポーターとして自分もいろいろやってきたけど。
G大阪に負けてね、サポーターの差もひしひし感じて、改めて自分たちのサポート活動のことや広島サポーターがこれから何をやっていきべきかなんてこと感じたり考えたりした。



■彼らにふさわしいサポーターに
今季のサンフレッチェ広島はここまで、Jリーグのクラブで一番多くの公式戦をこなし(ここまで48試合)、その日程は過密であり、移動も過酷。あまり言いたいくないけど去年までのサッカーの肝を引き抜かれていて。

それでも、いくつもの困難に正しく向き合い、正しく闘ってきたクラブ・チーム・選手が誇らしい。

ナビ杯決勝を終えて、それは準優勝という悔しい結果だったけど、ボクはそういうことをまず言いたいのです。

それについて考えれば自ずと、残りのリーグ3試合の期間でサポーターがやるべきことは分かると思う。選手を賞賛し、称えたい。選手に最大の感謝の意を表したい。選手に誇らしい気持ちになってもらいたい。
「タイトル」という明確な強さの証は得られなかった。
それでも自分はそういう気持ちです。


そして、このクラブ、このチーム、この選手たちにふさわしいサポーターになりたい。


|

« 【サポ】今季を闘いを経験したことによるモチベーション(ナビ杯決勝vsG大阪@埼玉ス) | トップページ | 【お知らせ】(ナビ杯決勝)傷口に塩か良いリハビリか?w »

トップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【トップ】改めてサポーターを考える機会になった(ナビ杯決勝vsG大阪@埼玉ス):

« 【サポ】今季を闘いを経験したことによるモチベーション(ナビ杯決勝vsG大阪@埼玉ス) | トップページ | 【お知らせ】(ナビ杯決勝)傷口に塩か良いリハビリか?w »