« ホワイトモカバシャア!!!(J1・1st第6節vsFC東京@味スタ) | トップページ | その血と肉で(ナビ杯GL7節 vs甲府@エスタ) »

2015年5月27日 (水)

決勝トーナメント進出へ向けて「夜の豆腐縛り」を開始(ナビ杯GL第6節 広島-FC東京@エスタ)

冷奴はもちろん、お肉やキムチ、さらには納豆を乗せたりもするし、杏仁豆腐を晩ごはんにすることもあります。

==========================================================
Jリーグヤマザキナビスコカップ グループステージ 第6節
2015年5月27日(水)19:04キックオフ
広 島 1-1 FC東京(エスタ)
得点:79'清水航平(広島)、90+1'林容平(FC東京)
==========================================================

普段、「負けた場合のこと」を考えてから試合に臨むボクですが、この試合に関しては勝つことしか考えてなかったので・・・試合終了の笛が鳴って、負けたー。と思ってしまった。
他会場の結果も全然気にならず、ただただ 「 負 け た 」 と 。

数分経って、ようやく「あ、新潟-湘南はどうなった!!!???」と気付いてチェックしたんだけどw

そこは新潟の勝利!!!で、その結果

■Aグループ順位表( )は勝点、その右の数字は得失点差
1.東 京(11)+4
2.新 潟(8)+2
3.湘 南(8)+0
4.鳥 栖(7)-1
5.広 島(6)+1
6.松 本(4)-2
7.甲 府(2)-4
(Jリーグ公式よりナビ杯順位表)
http://www.jleague.jp/standings/ync.html


最終節は
湘 南 - FC東京
広 島 - 甲 府
松 本 - 新 潟

最終節の甲府戦@エスタで勝って、勝点「9」。あとは新潟と湘南の結果次第。
バリバリあるやんw

他力も借りねばならないとはいえ、このくらい可能性があるなら諦めるのはおかしいわな。
あっさり諦めるようなら、ボクは胸に付けてる「☆」のひとつを塗りつぶさないといけない。


2012年も2013年もゲン担ぎとしてシーズン終盤にやった「夜の豆腐縛り」を6/7(水)までやることに決めました。
2013年の32節に敗れて34節に連覇を決めるまで、胸に携えた気持ちは広島サポの宝物なのだ。

やるのだ。





以下余談w

2013年の話で思い出したけど、第33節湘南戦。
優勝を争う首位横浜F.マリノスは新潟をホームに迎えていて、広島と同時刻の試合だったんだけど。
試合の真っ最中にその試合経過を確認していたサポがいて「やった!新潟先制!!!」って、大きな声を出したわけw
その時のB6にいるサポーターの

「(うっせーな、目の前の試合に集中しろよ(イラッ))」

という空気ww
あれ、よかったなwww総員ガン無視でw
彼にとっては「みんなに朗報を届けてあげたい」という優しい気持ちだったのかもしれんけど、サポーターってそれを求めてない人も多いみたいでw


2012年の33節仙台戦、2013年の最終節カシマでもそうだったけど、
”選手が大喜びで駆け出すのを見て優勝を知る”
というシチュエーションが好き。

情報によって優勝を知るのではなく、選手が喜ぶ姿によって優勝を知るってやつね。
選手と同じ場所にいるからこその共有。


このナビ杯最終節で決まるのは、優勝じゃなくてひとまずの「決勝トーナメント進出」で、確かに他会場の経過・結果が気になる試合になるけれど、目の前に集中して、しっかりと声援を送りますかね。

最後まで勝負をかける闘いができることになってよかった。
ここまでの5試合を闘った、選手たちに感謝。
最終節はサポーターの応援で、選手たちにお返しできたらいいな。

|

« ホワイトモカバシャア!!!(J1・1st第6節vsFC東京@味スタ) | トップページ | その血と肉で(ナビ杯GL7節 vs甲府@エスタ) »

トップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 決勝トーナメント進出へ向けて「夜の豆腐縛り」を開始(ナビ杯GL第6節 広島-FC東京@エスタ):

« ホワイトモカバシャア!!!(J1・1st第6節vsFC東京@味スタ) | トップページ | その血と肉で(ナビ杯GL7節 vs甲府@エスタ) »