« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月28日 (火)

【サポ】Jリーグ苗場支部(FUJI ROCK FESTIVAL)へ行ってきました☆(後編)

続きです!

【サポ】Jリーグ苗場支部(FUJI ROCK FESTIVAL)へ行ってきました☆(前篇)
http://inhale-sanfrecce.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/12-6581.html


10回目の開催で、ようやく参加の「Jリーグ苗場支部」。フジロックグルメ食べて、少し休憩して、いよいよ始まるのです。
【FUJI ROCK FESTIVAL】
http://www.fujirockfestival.com/
【Jリーグ苗場支部】

http://j-naeba.tumblr.com/


■見慣れたユニフォーム、初めて見るユニフォームも一堂に会して
7月25日(土)AM11:00、いよいよ始まる!
各クラブサポがわらわらと櫓前に。広島から苗場は遠いし、毎年誰だか広島サポが参加しているのは写真で確認してはいるけど、他のクラブサポに比べて少なく感じてドキドキ。
首都圏の試合ではビジター席も結構紫に染めることが出来てるけど、広島サポはまだまだマイノリティなのかーとか考えたり。まぁ、関東在住サポじゃないとここはなかなか来づらいよなー。だからこそ自分も広島に帰ってしまう前に来ておきたいって考えたわけだし。

150725

とはいえ、広島サポも最終的には初参加複数名を含め6人集まったんよー。


■始まりはいつもフェアプレーフラッグw
まずはフェアプレーフラッグを持って新潟サポが入場してくるところから始まった!
なぜ新潟サポなのか・・・
去年は「浦和サポ&清水サポ」だったことを考えると、その選定は例のアレ絡みか?w
150725_12
広島はこれをやる(やらされる?)ことの無きよう、今後は気を付けましょうww


■みんなで乾杯するのだ!
あれ?乾杯とフェアプレーフラッグってどっちが先だったっけ?
まー、とにかくビールを買って準備して、参加者みんなで乾杯するのです。
これだけの人数が一気にビールを買いに行くと時間がかかるのでは?と思ったけど、ビールを売っているお店が多いので、そんな問題ではなかったみたい。
あと、自分もそうだけどソフトドリンクや持参した飲み物で乾杯しているひともいるしねー。


■各クラブ紹介始まるー(地域・JFL・J3・J2・J1順位順、プロ野球も間に挟みw)
150725
サポがひとりのクラブもあれば、大人数のクラブもあり(名古屋が今年も最多だったみたい)、でも人数なんて小さな要素で、誰もがみんな自分のクラブが好きで、Jリーグや国内サッカーが好きなんだなーって思った。
アイゴッソ高知「天皇杯出たいけど、高知大学が強すぎて出れません!!!(叫)」がウケたw
横竹翔選手のいるとこね!たしかにインカレも天皇杯も高知大学出てくる!

150725_2

プロ野球を挟むのもウェルカム感あるでしょ。
そして、西武の人、この人か!!!wwwwwいつからだったか、乱入参加してきたひとよね?
うざい感満載だったw最高!!!


■「Jリーグ苗場支部は”撒き芸”を応援しています(ヘイッキさん)」
150725_3
元祖撒き芸・アルビレックス新潟サポさん(2015年)

去年、新潟サポさんがハッピーターンを撒いているのを見たけど、今年はそれが発展w
各クラブのサポが撒きもの(お土産)を用意してたww

やはり先週TAUに行ったときに仕入れておくべきだった!!!
広島からだと何がいいか考えよう。撒いても大丈夫な包装をされたもので、個数や単価も考えて。
この撒きもの、中には多くの人に行きわたるように「配りもの」になるものもあり、サポさんの気遣いが感じられます♪


■いじり、いじられJリーグ”仲良くケンカ”が出来る環境は、幸せだ。
「ダービー」と呼ばれる対戦のあるクラブのサポ同士は、茶々の入れ合いも面白いw
磐田サポが清水サポに対して「待ってます!!!(←自虐が過ぎるw)」とか、「入れ替わり」のジェスチャーで煽ったりしてw
長野サポの「スタジアムが出来ました!」に松本サポが「ハコだけ!ハコだけ!(笑)」とか。
ダービーじゃなくても、
神戸サポ「お金の力っていいですね(←素晴らしい開き直りw)」にレアンドロユニを着た柏サポさんが怒る!!!とかwww
仙台サポ「(浦和・武藤選手の活躍について)驚いてるかもしれませんが一番驚いてるのはボクらですよ!!!」という移籍に関する遺恨とかもあったりw

150725_9
本日直接対決の甲府-松本があったりな。これ「残留直接対決」だと。あー、たしかに・・・(ゴクリ)

「ダービーってめんどくさい」って思っているけど、そういう関係があるのって、こういう時に使えるなとw

他にも玉田選手のチャントを歌うC大阪サポに、名古屋サポも乗っかったと思ったら、柏サポは柏時代の玉田チャントを被せやがるwww

柏の連中がいちばん悪いヤツらだったなw

柏サポさんと千葉サポさんの絡みがおもしろかったー。
千葉の「ネイツ選手」のコール「ネイツ!ネイツ!」に「J2!J2!」と被せるとか、おまえらwいいぞもっとやれwww


改めて思う。「仲良くケンカしな♪」が出来る環境は、幸せだ。


■広島サポ、来年またがんばりましょう
ところで、広島サポ。ほとんどが初参加のため場を読み切れず、スベりましたねw
恥ずかしいので詳細は割愛www
(去年は「ナイト」を歌ったらしいので、今年は寿人のチャントを歌いました)

いやしかしあかんかったわー。と、反省していますが、ここに参加しているサポさんはみんな暖かくて、拾いようのないボケにも寛容で、滑っていてもそれを引きずらせない空気の切り替えをしてくれましたw
なんて優しいのみなさんw

いま思えば、この場だと「浦和」をいじるのもありだったのかなー。ボク自身は過剰に浦和浦和を言うのは好きじゃないけど、「この場」に合わせたら、「この場」を楽しむ・楽しんでもらうならそれで良かったのかも。せっかく直接対戦で勝った(しかも無敗記録を止めた)タイミングだったし!!!!!!www
ただ、そういうのができるように、浦和サポさんと事前にもっと絡んでおく必要もあるね。事前準備と打ち合わせはいるでしょw

広島をどうネタ化していくか、我々のクラブの特徴を客観的に見たり、他サポに聞いたりして楽しめるようにしなくては!w
あと、毎年参加してこそもっと良くなるんだろうなと。すべての人が毎年行けるわけじゃないとしても、受け継がれて行くといいなぁ。来年、関東在住の広島サポはがんばろうw


■レーヴェン最高!!!
あと、おまけどころじゃない話題なんだけど、フジロック参加アーティストの『Räfven(レーヴェン)』さんが来てくれたー。11:00からのステージが終わったあとに来てくれたようなんだけど、何やら磐田サポさんが話を付けてくれた?よーわからんけどとにかくすごいことだと。

デカイ紳士がふくらはぎのタトゥー(クラブエムブレム?)を見せつつチャント歌いだして、みんなそれに乗っかって、さらにコールしたりとにかく大騒ぎして賑やかにして記念に写真撮って盛り上がった♪

150725_6

150725_8


【にぎやかしバンド、Räfven(レーヴェン)のおさらい】
http://fujirockers.org/?p=8301

素敵!この人たちのパフォーマンス、観に行きたいー。


■他を知り、そして自らを知る。
150725_10
苗場支部に参加するサポさんって、ほんと自分のクラブが好き、サッカーが好きって感じで。それぞれがクラブへの熱くウザい想いを持っていて、それを表現する。
1年にこの日だけ、試合に行けないとしてもこの場所に価値があるし、意味があるってことなんだろうなぁ。

選手に対して、自分の想いを届けることは年に何度かあるとしても、Jリーグ苗場支部は年1回の他サポの前で自分のクラブへの愛情を叫べる機会なんだと思う。また、他のクラブのサポがそれぞれのクラブへの愛を叫ぶのを見て聞ける貴重な機会。複数の他サポといっぺんに交流できるってのもいいよなーと♪

他のクラブのサポを見て、話をして、自分たちと同じであることや、自分たちと似ているようで異なるところなどに気付く。他を知ることで、自らを知ることができるんだなぁ。


■ガチ臭いwそして幸せな気持ち
参加クラブは地域リーグのクラブからあるけど、参加者のみなさんって、詳しいよねw
湧き起る爆笑も、Jリーグや国内サッカーを知っているからこそ笑えるものも多い。
ただ、Jリーグのユニフォームを着て集まって、騒いでるだけじゃない。
ガチでみんな国内サッカーヲタクだわw
おそらく、この日は苗場だけど、普段はかなりスタジアムに通ってるサポも多いのでは。
そう思うほどみんなガチ臭かったwww

あとね、参加しているサポたちはその人が自分のクラブをどんだけ好きかってことのほうを見ているんじゃないだろうか。
少なくとも自分はそう。そういうところを見ちゃう。気になっちゃう。
自分のクラブを幸せそうに喋る姿って、見ていて幸せな気持ちになるんよねw


■Jリーグをもっと楽しむのだ(Jリーグ以外、国内サッカー含む)
サッカーの楽しみ方ってたくさんあって、自分のサッカーの楽しみ方がサッカーの全てじゃないんだぜ?
現地(試合)に行くのが全てじゃない。そりゃ、現地は大切だけど、そこが全てじゃないんだよ。

ピッチ上だけじゃなくて、戦術や選手のプレーの他にも楽しみはいっぱいある。応援すること自体の楽しみも当然あるけど、その前にスタジアムグルメを楽しんだり、開門前からスタジアムに行ってサポ仲間とだらだら過ごすのとか、応援で歌ったり体を動かすのが楽しかったり、ゲーフラ掲げることにやりがい感じてたり。練習場に行って練習を見たり、選手に声をかけたり、新たなファンを増やすために地道な活動することだってサッカーの楽しみのひとつだろう。自分のクラブから移籍していった選手のことを気にかけたり、ユースを応援するのもそう。同じ職場に他サポがいれば、その人のクラブの試合結果を気にしたり、直接対決でもあれば煽りあったり(笑)サポとして、少し誇らしくなるようなグッズをさりげなく身に着けてアピッてみたりとかもあるよね。

楽しみ方は色々あるのだ。サッカーはね、その可能性はすげぇんだよ。
楽しみ方を拡げていきたいですね。そして発信もして楽しさを伝えていきたいです。


はい。まー、とにかくJリーグ苗場支部。愛と笑いと撒きものでいっぱいのポジティヴな場所でした。みんな気持ちがポジティヴでおおらかで気持ちの良いひとたちでした。

絡んでくれたみなさん、写真撮ってくれたみなさん、撮らせてくれたみなさん、ほんとにどうもありがとうございます。
そして10回目おめでとうございます。
今まで参加せずにいてすみませんヘイッキさんw


さあ、さあ、楽しみ方はいろいろだけど、とにかくみなさん、

Jリーグを、もっと楽しむのだ☆

150725_12





まだこの続きもあるので、「延長戦」書きます。
苗場支部のことだけじゃなく、フジロックのことも書いておきたいので。ゲーフラネタもあとちょっとな。



次の記事・・・
【サポ】Jリーグ苗場支部(FUJI ROCK FESTIVAL)へ行ってきました☆(延長戦)
(もうちょい書くよ。書かせてよ。我慢できないw)
http://inhale-sanfrecce.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/fuji-rock-festi.html


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月27日 (月)

【サポ】Jリーグ苗場支部(FUJI ROCK FESTIVAL)へ行ってきました☆(前篇)

10回目の開催に、ようやく参加してきました!
『FUJI ROCK FESTIVAL』に来るJリーグクラブ、その他国内クラブサポーターが一堂に会する「Jリーグ苗場支部」。楽しすぎたw

【FUJI ROCK FESTIVAL】
http://www.fujirockfestival.com/
【Jリーグ苗場支部】

http://j-naeba.tumblr.com/
150725

ロックとはほぼ無縁、洋楽全然知らない、そもそも音楽詳しくないしフェスも行ったことないというボクですが、苗場支部には1回目から興味あったし、「広島へ帰る前に片付けておくべき100のこと」のひとつが「Jリーグ苗場支部への参加」だったのです。
※記事内の写真で、人が写っていないものは別ウィンドウで拡大画像が見られます。


■日本代表とクラブと
苗場支部参加への準備を進めながら「苗場支部へ行く」という表現をしていたのですが、苗場支部の楽しさや価値を表現したい気持ちと自己肯定だったんだなと。「フジロックは分からん。オレは苗場支部へ行くんだよ」という。出発前の晩に「Jリーグ苗場支部ゲーフラ」を作りながら、なんかそんな風に思って反省しました。すみません。
よく、自分の応援するクラブへの愛を表現するために日本代表を貶める方法ってのがあるじゃん?「代表には興味ねーよ。オレはクラブの方が大切なんだよ」みたいな。
それと似てるなとw
フジロック大好きな人に失礼な表現をしちゃってたのかもなと、まず最初にお詫びから。


■それが祭りだ!
「フジロックは過酷を楽しみに行くんですよ(笑)」とピエール瀧さんがTBSラジオで言っておりましてw
まー、それは想像していたので事前準備はネットで検索したり、毎年参加している友達に聞いたりして準備してきたんだけど、準備も楽しかった♪

それを「苗場支部散財」と呼んだのだがw

普段はガラガラ鞄のオレですが、さすがにここはリュックでしょと、リュックを買ったり、長靴買ったり。折りたたみ椅子や冷たくなるタオル。荷物が多いのがデフォですが、荷物を減らす努力をした。
そして、試合の日でも家からユニ着たりしないボクが、家からユニを着てるってことが祭りですよw
一日ずっとユニ着用って「クラブユース選手権」が夏のJヴィレッジでやっていた時以来のことですww

ただね、散財するにも「今後のサッカー参戦・観戦でも使えるもの」という基準で買い物しましたよ。賢い!


■初体験とは「挑戦」のことである
しかし、越後湯沢駅でビビってきた・・・。始発の新幹線だったけど、駅を降りるとフジロック参加者が波のように!初めてだし、そもそも音楽分かんないし、場違いな気がして。「シェレメチェボくらい不安」と弱音が・・・
※シェレメチェボ:2013ACLウズベキスタン遠征で乗り換えしたモスクワの空港

ただ、友達からのご指導のおかげで装備だけは「初参加には見えない(笑)」と言われるくらいには備えていたので。

なんか、
初めてスタジアムに来た時、ユニ着てタオマフ持って来たけど、ひとりだと不安で周りの人がみんなコアサポとかベテランサポに見えたり、自分以外のみんなはすごく楽しんでいるように見えてきて、
自分なんか帰ったほうがいいんじゃないかって気持ちになるのに似てると思ったw
この感覚を思い出せたのはサポーターとして収穫ですねww

150725_2
フジロッッック初体験!!!(この歳で)


■Jリーグクラブのユニを見て少し安心するw
150725_3
ついに来たよー。前述の反省と、チケットが思っていたより高かった(1万円くらいかと思ったら1日券が16,800円)ことで、「苗場支部」以外もできるだけ楽しもう(元を取ろう)と思えてきていて、気持ちが高まってきましたよ!
入場証代わりにチケットとリストバンドを交換する頃にはちらほらJクラブサポが。川崎、名古屋・・・「苗場支部参加されますか?」と声をかけてくれたのは新潟サポの方でした!
リストバンドをゲットの後、フジロックの準備でいろいろ教えてくれたのりこさん(奈良サポ)と合流して入場♪


■この人たち、たぶん普段は・・・
涼しいし、気持ちいいし、参加者みんなが楽しんでるなぁと感じ、入場してすぐ「これは幸せな空間だ」と思った。でも、それと同時に思ったのは

「この人たちのほとんどは普段社畜なんだろうな・・・」

ということwまぁ、そうじゃない人もいるんだろうけど・・・

150725_4

まぁ、ここまで来る交通費とか装備とか、チケット代を考えたら、それなりの収入が必要なはず。1年に1回、このフジロックを楽しみに仕事してお金を貯めてって頑張ってる人もいるだろうし、それ相応な我慢も必要なもののひとつか~。でも、ここにその価値は確かにある!


■まず食べる。Jリーグの試合と同じw
そして・・・まずはグルメ(笑)
1日しか参加しないので、たくさん食べるためには早いうちに食べて、お昼も食べて、帰る前にも食べる。そういうお腹のスケジュール管理が大切なのだw


150725_5

150725_8
・もち豚丼(700円)
・生ビール(600円)
「豚肉が美味しい!!!」

150725_9
・ベリーミックスけずり(600円)

これを手にして、写真に撮りながら自然と口から出た言葉。

「幸せってのは、いかにして感じるか?なんだよ」

この大自然に包まれ、なぜか哲学的になってしまいましたw
だって美味しいもの大好きなんじゃもん。


ちなみに時系列では先の話だけど、Jリーグ苗場支部が終わってから食べたのが

150725_11
・海老の油そば・玉子入り(800円)

油そばって、なんか好みの感じがしなくて食べたことなかったけど、初めて食べた。
フジロックのせいか、大自然のせいか、思ったより高かったチケットのせいか、今までの自分のこだわりを緩めたり、新しいことを試してみようかなって気持ちになったんよね。
頑ななことに良いことも良くないことも両方あるんだろうけど、普段の自分を見つめてみると良くないことの方が多いかもなって思った。

つまり、これ美味しかったということです♪

人生観変わるとかいうと大げさだけど、普段の自分じゃない自分が引き出されたかも。
フジロックは、大自然は、素晴らしい。



さて、このあといよいよ「Jリーグ苗場支部」始まります!
記事が長いので次の記事にw


【サポ】Jリーグ苗場支部(FUJI ROCK FESTIVAL)へ行ってきました☆(後編)
http://inhale-sanfrecce.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/fuji-rock-festi.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月25日 (土)

Jリーグ苗場支部へ行ってきます!

これから「Jリーグ苗場支部(FUJI ROCK FESTIVAL)へ行ってきます!

2006年から始まって、行ってみたいなーと思ってました、ついに初参加。

暑さにも寒さにも弱く、日差しも苦手、虫も嫌い、汗をかきたくないし、なによりお腹も弱い。

不安でいっぱいですが、楽しんできます。

ビニテゲーフラも昨晩作りましたw


広島サポのみなさんも、その他のクラブのみなさんも、どうぞよろしくお願いします。



■フジロック’14 Jリーグ苗場支部

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月21日 (火)

【トップ】虹のち雷のちサポーター(2nd-3(20)節 vs浦和@埼玉ス)

=============================================================================
2015年7月19日(土)19:05キックオフ
明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第3(20/34)節
浦 和 1-2 広 島(埼玉ス/41,492人)
得点者:35'関根貴大(浦和)、67'浅野拓磨(広島)、84'青山敏弘(広島)
150719
=============================================================================

■虹と雷
試合前、広島サポーターの右後方に虹がかかった。当然湧き立つ広島サポw
2012年のJ1初優勝を決めた第33節C大阪戦で虹がかかっていて、その時から広島サポにとって虹は吉兆。

でも、ハーフタイムにはぽいちさんの雷が落とされたらしい。
「僕は言葉で雷を落として、怒りを向ける形で選手を奮い立たせようとは思っていません(『プロサッカー監督の仕事(2014)』」というぽいちさんがハーフタイムに雷を落とすということは、監督就任から4シーズン目でもあまりないことのようだけど。

確かに、前半はパスを奪われたり、ボールを持っても前にボールが入らなかった。
PKはタクトが止めてくれたけど、浦和のやりたい形で先制を許した。関根選手のクロスが、ディフェンスに行ったカッシーに当たってゴールとなったとはいえ。

そして、これで改善したかというと後半に入ってもそうじゃなかったわけで。
それでも、そんな状況から逆転勝ちしたことの凄さ。ほんと選手たちは凄い。


■そして最後にようやくサポーター
正直なところ、うちのサポーターが試合を通して活力あったとはボクは思えてなくて。
選手が良いプレーをしてくれるのを、ゴールを決めてくれるのを「待っている」感じだった。
ただ、うちの選手たちは凄いので、「決めてくれた」ということ。そういう風に思っている。

しかし、きっかけと言っていいのだろうか。
広島が逆転した後の88分、埼玉スタジアムが起こした「We are Reds!」のコール。
それに広島もサンフレッチェコールで応戦した。負けてなるものか!勝つんだ!と。
この試合、スタンドの最前列にいたんだけど、広島サポーターを見上げると中野さんが言う「声が降る」というのが少し分かった気がした。
これだけの人が広島の勝利を求めて声を出してるんだと。凄いなと。いや、自分もその中の一人なんだけど、アウェイゴール裏に広島サポがまばらだった時代から考えると、凄いことだと思える。

しかしまぁ、とにかく最後の時間にようやく来た。サポーターの応援がようやく来た。
もう少しで勝てる、という時間にようやく来た。


■広島サポーターの応援の現状に思う
そういう応援の活力を、圧力を、優勢時も劣勢時も出せるようになりたい。
優勢時と劣勢時で出せる声の質や勢いは異なるとは思うけど、

勝っている時にはできて、負けている時にはできないものか?
応援ってそういうものだろうか?

勝っている時は勝っている時に適した応援があり、負けている時は負けている時に必要な応援がある。
どちらの時もその場面に適した応援、その場面に必要な応援ができるサポーターになっていきたい。選手にゴール決めてもらう。勝ってもらう。優勝してもらうんじゃない。サポーターと選手が一緒になってゴールを決めて、勝つんだ。

そういう応援が出来たなら、さらに凄い応援、強い応援ができたなら、サンフレッチェ広島はまだまだ先へ進めると、ボクは思うのです。


■広島のサポーターを好きになっていくこの感じ
選手は確実に前進していていて、そしてサポーターだってもっと成長していける。
以前は紫色のまばらだった、関東アウェイゲームも最近では紫に染まる。
これからは数だけでなく、もっと選手の聴覚にも視覚にも心にも、しっかり届く応援を。

ガクジャガの2人が試合後にツイートしてくれていたように、サポーターへの感謝を述べてくれていることが示すように、サポーターの応援は選手に届いていて、意味があると言える。
選手たちに自分たちの応援が届いていると知ることで、またさらに応援を頑張ろうと思えてくる。幸せな感覚だなあと。

この試合後は、広島サポ同士、握手やハイタッチを交わしまくった。喜び合い、ねぎらい合った。久しぶりに会ったサポーターと話をしたり、一緒に写真を撮ったりもした。同じ想いの仲間たちと喜び合う。気持ちを共にする。ほんといい感じ!!!やっほーい!!!

選手のことはもちろん好きだけど、広島のサポーターを好きになっていくこの感じ。
ほんとにね、幸せだなぁと思ったよ。

この幸せな感覚を、何度も何度も何度でも。
そして、この感覚をもっともっと多くの広島サポーターと共有したい。
その希望と欲求をモチベーションにして、また次の試合へ向かおう。






(合わせてこの記事)
【トップ】選手:伝説の勇者 サポ:銅の剣と皮の鎧(第14節 vsC大阪@キンチョウ)
http://inhale-sanfrecce.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/14vs-593b.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月15日 (水)

【トップ】そういう仕事なのだ(2nd-2(19/34)節 vs松本@エスタ)

=============================================================================
2015年7月15日(水)19:04キックオフ
、明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第2(19/34)節
広 島 6-0 松 本(エスタ/7,966人)
得点者:3'オウンゴール(広島)、6'オウンゴール(広島)、19'柏好文(広島)、69'ドウグラス(広島)、
76'柴崎晃誠(広島)、87'柴崎晃誠(広島)
=============================================================================

投げ出せないんですよ。そういう仕事なので。サポーターは。

負けていても最後まで応援することが美しいからじゃなくて、そうするべきだからそうする。
選手にとってそれが必要だと考えるからそうする。自分はただ、そういうもんなんだと思う。


サポーターのやることって、「伝える」ってことだと。
大量失点する中でも、歌を唄い、手を叩き、声援を送る。
その最中で、選手を厳しく鼓舞したり、責めることだって、応援と言えることもあるとボクは思う。
負けた試合後に選手にブーイングしたり、厳しい言葉をかけることも応援のひとつの形と言えることもあると思っている。
そこに正の想いと覚悟が備わっていれば。


どの形であれ「伝える」ってこと。サポーターである自分の気持ちを伝えるってこと。

現地じゃなかったので、スカパー!映像でしか見れてないけど、現地にいた松本山雅サポーターの「伝える」っていう行為は最後まで応援し、試合後の選手には何らかの声をかけたり手を叩いたりするようなことだったのかな。

同じサポーターという人種として、松本山雅のサポーターの気持ちが、松本山雅の選手たちに伝わっていたらいいなと思う。


我々サポーターは選手に気持ちを伝えるのが仕事であり、それに応えるのが選手の仕事。





※これを思い出した
2009年10月25日(土)J1 第30節 川崎7-0広島@等々力
【トップ】サポーターが動かすのはボールじゃない(第30節 vs川崎@等々力)
http://inhale-sanfrecce.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/30vs-befe.html
こっちのがキツイ言い方してますなw


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »