« 【ACL】僅差なのに点差が付くACL(GS第1節vs山東魯能@広島広域) | トップページ | 【ACL】ヤングソウルダイナマイト(前篇)(GS2 vsFCソウル@ソウルワールドカップスタジアム) »

2016年2月28日 (日)

【リーグ】そのタイミングを選手とサポーターのために(1st第1節(1/34)vs川崎F@エスタ)

=============================================================================
2016年2月27日(土)14:04キックオフ
明治安田生命J1リーグ1Stステージ第1節(1/34)
広 島 0-1 川 崎F(エスタ/18,120人)
得点者:'84小林悠(川崎F)

=============================================================================

■今季から10番
すみません。ジャガー(浅野拓磨)じゃなくて柏木陽介の話なんですけどね。陽介のプレーで一番好きだったのは「ボールを奪われたらすぐに切り替える」もの。取り返しに行ったり、ボールを運ばれたりパスを思い通りに出させないように邪魔をする。

このコはネガティヴっこというか、「自分はヘタクソ」という自覚でプレーしていたから、「奪われた後」の意識がきちんとあった。最低限しなきゃいけないことを必ずやる。

走ること、試合終了間際もゲームをクローズするために猟犬のように走ること、変な走り方も、長袖も、周りを活かすパスも好きだったけど、2006年にポジション掴んだ時に、「陽介、すごくいいな」と思ったのはこれでした。
考えてみれば、2004~2005年の広島ユースで見た時はボールを奪われること自体少なかったので「奪われた後の切り替え」という場面を観る機会が少なかったから気付けていなかったのかも。


■攻守の切り替え
2007年、広島がJ2に降格となってしまうシーズンは、ボールを奪われた後にすぐ切り替えられる選手が陽介しかいなかったような記憶。身体を張った守備や足や身体を投げ出してボールに触ろうとするプレーってのを見た印象が全然残ってないんだよな。
入れ替え戦で敗れ、翌日にトヨスポであったJユース杯名古屋U-18-広島ユースの応援に行ったんだけど(←新幹線で泣きながら)、広島ユースのサッカーを観て「あ、これがサッカーだ」って思ったんだよな。

でも、2008年以降は選手の多くがそういうプレーが徐々にできるようになって、そういうプレーもあって、ミシャからポイチさんと繋いできたこの広島のサッカーで結果を出している。そういう風に思っている。
攻守の切り替えのところの上手さや激しさ、徹底している度合い、しつこさ諦めなさに差はあるけど、選手それぞれやってくれていると思う。

カッシー、ミカ、航平。サイド(WB)の選手は攻撃の後でも守備では最終ラインまで戻るほど守備が大切だから、ほんと頑張ってくれていると思う。前線に入るガクジャガの二人も、攻撃でうまくいかなくても、ボールを奪われた後にきっちりファーストディフェンダーとなって相手がボールを前に出すのを抑えてくれればそこに拍手を送る。


■攻守の切り替えだけじゃなくあらゆる場面で
ボールを奪われた瞬間や攻撃を阻まれた時、攻撃が失敗に終わった時にどうするかが大切ってことはサポーターも一緒だと思ってる。
そこでため息をついて手拍子を止めるか、「切り替え!」とか「次だ!」と声を出すか。
そういう声を出すのは、実際のところ選手に向けてじゃなく、周りのサポーターへ向けてのもの。みんなで守備に切り替える意識を持つために。次のチャンスを創る意欲を持つために。

攻撃がうまくいかずにボールを奪われたりするとスタジアムってため息に包まれるもの。
でも、ため息を聞いてやる気の出る選手っていないと思う。
うまくいかせようとチャレンジして、それが相手に阻まれた時、観客の反応がため息だった場合、それを聞いて「よっしゃ!次はやるぞ!」とはならんと思うわ。何も気にならないという選手もいるだろうけど、それがプラスを生むのか?と。
頑張ったテストの結果をお母さんに観てもらったとき、ため息をつかれて次へのやる気が出るかというと、出ません。少なくとも自分は。

ただ、まぁスタジアムはね、観客はね、人間なんでね、そりゃため息もつく。そういうものだってことは分かります。ため息をつくほど試合に見入るならそれもサッカーの楽しみ方だし、感情を押し殺して観るサッカーが楽しいわけがない。たぶん声や息をはくだけでも人の体にはいいことなんだろうなと思うし。
だからそこをどうにかしなくては、とまでは思わない。


■選手のため、サポーターのために
でもサポーターはそれとちょっと違うんじゃないかなと。自分のサポートの形が「応援」であるならば、選手のやる気に繋がらない「ため息」がサポートとは思えないな。ため息なんてね、うまくいっていない象徴じゃない?できれば無い方がいい。

いや、というよりも、

ため息をつくその瞬間を、そのタイミングを、
「選手のために、サポーターのために使おう」
とボクは思うのです。

さっきも述べた「切り替え!」で守備へ切り替える意識を持ったり、「次だ!」で次への意欲を共有したり。シュートが外れても、「今の攻撃、もう一回やってやろう!」とか「チャンス創れてる。あとひと押しだよ!」と選手もサポーターもポジティヴに前に進めむための声を出したり。


この川崎戦は、ミスも多くて、決めきれなくて、ため息つきたくなる場面が山ほどあった。
でも、応援を創るのに、ため息がプラスを生まないのなら、そのタイミングに選手とサポーターにとってプラスになることをやろうと思うよ。

選手も入れ替わったし、連戦でもある。今の広島はこのやり方でいく。
この状況、この現実を受けて、考える。
うまくいかない時に自分が何をするか。負けた後、自分が何をするか。
選手だけじゃなくてサポーターだってそこは同じなので、今、そして次の試合のサポートが大切。


公式戦3試合、リーグ1試合のこの段階で、自分が今、何をするか。何をしないか。
それくらいのことは分かっております。

このあと、ソウル・豊田スタジアムは現地参戦。みなさまどうぞよろしくお願いします☆



※ちなみに今回はフットニック中野で観てました。
160227
この春、東京(首都圏)に出てくる広島サポのみなさん、よろしかったらこのお店もどうぞ♪
FOOTNIK(フットニック)中野店
http://www.footnik.net/index.php/japanese/schedule_nakano
3月1日(火)ACLのFCソウル戦の時も開店してくれるみたいですな(試合は14:00)。
フットニック大崎もやってくれるみたいですね。

|

« 【ACL】僅差なのに点差が付くACL(GS第1節vs山東魯能@広島広域) | トップページ | 【ACL】ヤングソウルダイナマイト(前篇)(GS2 vsFCソウル@ソウルワールドカップスタジアム) »

リーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224878/63277194

この記事へのトラックバック一覧です: 【リーグ】そのタイミングを選手とサポーターのために(1st第1節(1/34)vs川崎F@エスタ):

« 【ACL】僅差なのに点差が付くACL(GS第1節vs山東魯能@広島広域) | トップページ | 【ACL】ヤングソウルダイナマイト(前篇)(GS2 vsFCソウル@ソウルワールドカップスタジアム) »