« 【リーグ】声と手拍子と言葉で(第27節 vs清水@日本平) | トップページ | 【サポ】「全力で応援する」とか「共に闘う」ってのを改めて考えてみた »

2017年9月30日 (土)

【リーグ】ホームのチカラの一部になろう(9/30(土)第28節 vs札幌@エスタ)

=================================================
9月30日(土)16:00キックオフ
明治安田生命J1リーグ第28節
広 島 - 札 幌(エスタ)
14位 札幌 勝点27 7勝6分14敗 26得点 41失点 -15
15位 広島 勝点26 6勝8分13敗 27得点 39失点 -12
150918
=================================================

■両クラブ戦績
ホームで勝つことの重要さをここまでの戦績で表しているのが今季の札幌。

リーグ戦の戦績を見てみると

広島
27試合 6勝 8分 13敗 (勝点26)
ホーム  2勝 5分 6敗 (勝点11)
アウェイ 4勝 3分 7敗 (勝点15)

札幌
27試合 7勝 6分 14敗(勝点27)
ホーム  7勝 4分 3敗(勝点25)
アウェイ 0勝 2分 11敗(勝点2)


今季の7勝のすべてがホーム。ホーム勝率50%でホームでの獲得勝ち点は「25」
ホームでなかなか勝てなかった広島から見ると、「ホームで勝つ」ことの重要さを感じるし、羨ましさもある。この羨ましさというのは「アウェイで勝つ」ことで無くなりはしない。


■ここまでホーム感があまり発揮されず
監督も選手も、フォーメーションもサッカーのやり方も、ホームとアウェイでそんなに違いは無いはずなのに、なぜホームで勝てないのかって今季はずっと考えていた。

ホームとアウェイで異なるものが何かというと、スタジアムとサポーターかなと。※1
今では広島のサポーターも、全国どこのアウェイにも現地参戦する人が多くて、ホームにしかサポーターが居ないというわけではない。
けれども、ホームのサポーターの数は「万」の単位であり、エディオンスタジアムのB6エリアだけでなく、バックスタンドやメインスタンドから手拍子が鳴った時の力強さを知っているひとなら分かると思う。
もの凄いホームの雰囲気になる。



【2015.10.17 青山敏弘 観客へ煽り】
選手に煽られてからじゃなく、サポーターの方からこれをやりたい。音量が変わったのがこの動画でも分かる。



ピッチ上のサッカーがうまくいかないことや、戦績に引っ張られ、今季はエディオンスタジアムのホーム感があまり出ていない。神戸戦やG大阪戦など、ホーム感が発揮された時はあったけど、それにその時の選手たちが応えれれなかったり、ホーム感が湧き上がる時間が遅くて試合結果を動かすには間に合わなかったり。
エディオンスタジアムに紫のサポーターはたくさんいるのに、その力は発揮されていないことの方が多かった。


■アウェイの方が応援が熱い?
どこのクラブのサポーターに聞いても「アウェイの方が応援が熱い」と言う。それは当然の話。それなりの闘志や意欲を持ったサポーターがアウェイに集まるし、その土地でしか観戦・参戦できない人もいるから、そういう人の応援の熱量は高い。「ここまで来て負けて帰られるか!」という気持ちにもなりやすい。
ホームにもそういうサポーターはいるけど、割合が違う。それはそういうものだし、それでいいんだけど。

でも、エディオンスタジアムに来ている人の多くはサンフレッチェの勝利を望んでいるものだと思う。だから、ゴールを決めればあんなに大歓声が起こり、優勢時は手拍子が響くし、勝てねばならない時の後押しの手拍子もすごい。

アウェイのサポーターは「熱い」と言えばいいのかな。その日の勝利に気持ちを熱くさせている。区切られたアウェイ席に集結して、チーム・選手に対して応援の熱を送る。声や手拍子で熱線を送る感じ。
ホームのサポーターは、B6だけじゃなくバックスタンドやメインスタンドの人も含めて、「熱の厚み」がある。それはアウェイでもできることだけど、やはり「千」の単位と「万」の単位は違う。「圧」が違うとでも言えばいいのかな。


■熱の量が増えて厚みが増して、圧力になる
その熱の厚みや圧力は、サンフレッチェに対してはピッチに降りて来て自分たちを包む頼もしい力になる。対戦相手には、自分たちが劣勢なのでは、と消極さを誘発するプレッシャー。

声援、歓声、拍手、手拍子、振り回されるタオルマフラー、目に入る紫の色。ちょっとしたプレーでも、ポジティヴな声。ミスがあった後でも、それを責めることなく次へ向かうポジティヴな応援。
ホームで勝つには、エディオンスタジアムで勝つには、これがもっともっと必要だ。まだまだ必要だ。

ホームで勝ちたい。ホームで勝ちたい。
ホームで勝つために。ホームで勝つために。



試合が始まれば、サポーターができることは、声援を送り、拍手や手拍子で選手を鼓舞することくらいだ。

でも、そうやって、応援の空気を暖めて熱くして、熱を発するサポーターを増やして、その応援を拡げていく。その熱さとその熱の厚みとが、ある一定以上まで高まり増した時、エディオンスタジアムが発揮するホーム感・ホームの力はどこにも負けない。サンフレッチェは負けない。我々は勝利する。

この重要な一戦、サンフレッチェ広島のサポーターは、声で、手拍子で、エディオンスタジアムが発揮するホームの力の一部になろう。





※1.選手にとっては移動やアウェイでの宿泊、遠征のタイムスケジュールなど様々な違いはあると思います。

|

« 【リーグ】声と手拍子と言葉で(第27節 vs清水@日本平) | トップページ | 【サポ】「全力で応援する」とか「共に闘う」ってのを改めて考えてみた »

リーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224878/65854860

この記事へのトラックバック一覧です: 【リーグ】ホームのチカラの一部になろう(9/30(土)第28節 vs札幌@エスタ):

« 【リーグ】声と手拍子と言葉で(第27節 vs清水@日本平) | トップページ | 【サポ】「全力で応援する」とか「共に闘う」ってのを改めて考えてみた »