« 【リーグ】ホームスアジアムの音の中で(第26節vscC大阪@エスタ) | トップページ | 【リーグ】ホームのチカラの一部になろう(9/30(土)第28節 vs札幌@エスタ) »

2017年9月28日 (木)

【リーグ】声と手拍子と言葉で(第27節 vs清水@日本平)

=============================================================================
9月23日(土)15:03キックオフ
明治安田生命J1リーグ第27節
清 水1-3広 島(日本平/14,441人)
得点者:6'水本裕貴(広島)、84'鄭大世(清水)、90+1'パトリック(広島)、'90+6フェリペ・シウバ(広島)
170923
=============================================================================

■この勝ち方!
降格するクラブの特徴のひとつに「0-1で負ける」ということが挙げられるけど、それは勝つ側から言えば「1点獲れば勝てる相手」ということ。
今季の広島は言いたくないけど見事に当てはまっていて、13敗のうち7敗が「0-1」の負け。
逆に、強いチームは「1-0」で勝つんですよね。
23節の甲府戦と26節のC大阪戦では、「1-0」で勝利。今の広島の勝ち方は「ウノゼロ」というほど格好良くもないけど、ホームで2試合続けて1-0での勝利だったので、この試合の前半6分で先制して、このところ手応えを感じつつある守備を見て、「このまま終われば、強い勝ち方だ」なんて言えるぞ・・・と思っていたのになんですかこの勝ち方は!!!

日本平で試合終盤に追いつかれて、それを突き放しダメ押しなんて普通じゃない。
(清水はホーム戦績が良くて、J1ホーム通算200勝は鹿島に次いでリーグ2番目の早さで達成したクラブ。ちなみに広島は現在J1リーグ戦ホーム190勝)
ここで、この勝ち方は勝ち点3とともに大きな意味がある。


■ガヤ芸人も喜びの渦に飲まれw
パトリックが勝ち越しゴールを決めた時、これで勝ち切るところまで持って行くぞって思ったし、周りにも「ここからサポーターで勝ち切ろう!」って声を上げたけど、広島サポーターの喜びの渦に巻き込まれたwww
選手の頑張りは伝わっていたし、おそらく疲労困憊の選手に力を届けようって、声で届けようって、周りのサポーターに言いたかったけど、周りの男どもが押し寄せて来て阻まれたのですw

■サポーターの武器は、声と手拍子と言葉
ゴール裏で応援していて、少しネガティヴな言葉が減ったかなぁという気はしている。リーグ戦5試合3勝2分0敗という状況なので、戦績に助けられてのものかもしれないけど、理由はともかく実際にそうであるならそれでいい。
パスミスやボールロストなど、そういう時のため息とか選手へのダメ出しとか、ゼロになるわけではないけれど、勝つための言葉を発することで、サポーターの集中力やポジティヴな気持ちを持続させて、勝利を手繰り寄せたい。

パスミスがあったら、「カバーしてやろう!補おう!」
ボールロストで相手の攻撃になったら、「みんなで抑えるぞ!」
シュートが相手ゴールキーパーの正面なら「ナイッシュー!まだまだ打ってくよ!次決めるよ!」
PAまで入りながらシュートが打てなければ「次はシュートまで行こう!打てば決められるよ!」
クロスが合わなくても「走り勝って、どんどんクロス入れてこう!」
チャレンジパスが引っかかっても「丁寧に通せば大チャンスだ!次も狙っていこう!!!」

サポーターの武器は、声と手拍子と言葉。

ため息やネガティヴな言葉が勝利に近づくためのものだとボクは思わない。
選手の足が一歩でも出るような言葉を。選手のシュートを打つ決断を促す言葉を。
選手が自分たちが優勢だと思えるような手拍子の響きを。

選手が積み重ねてくれた勝ち点に、見えてきた光に、サポーターの声と手拍子と言葉でお返ししていこう。

|

« 【リーグ】ホームスアジアムの音の中で(第26節vscC大阪@エスタ) | トップページ | 【リーグ】ホームのチカラの一部になろう(9/30(土)第28節 vs札幌@エスタ) »

リーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224878/65833165

この記事へのトラックバック一覧です: 【リーグ】声と手拍子と言葉で(第27節 vs清水@日本平):

« 【リーグ】ホームスアジアムの音の中で(第26節vscC大阪@エスタ) | トップページ | 【リーグ】ホームのチカラの一部になろう(9/30(土)第28節 vs札幌@エスタ) »