« 2017年10月 | トップページ

2018年1月

2018年1月20日 (土)

1年に1回くらいのチャンスのために「選手紹介文」を作っておくと

「サンフレッチェって今、誰がおるんか分からん」と言われたのもあって、前から手を付けたかったこと、やっぱりやりたいやりたいやりたいなーと。


サンフレッチェにはこんな選手がいるよ!

そんな話をして、ちょっとでも興味を持ってもらって、それだけですぐに「サンフレッチェのその選手見に行ってみたい!」とはならないかもしれない。でも、頭の片隅にその記憶を残してもらいたい。知らないと知っているの差、「0」と「1」の差は、生み出す可能性に大きな差があるのだ。



なので、


選手一人につき、紹介文を2~3パターン作成する。

twitterの1ツイート分(140文字)~200文字くらいを目安にしたらいいかも。
「誰がおるんか分からん」って言われたからといって、いきなり選手紹介するのはドン引きされるかもしれないけど、もし「例えばどんな選手がいるか教えて?」と頼まれた時に、ほどよくさらりと説明できる準備をしておいたほうがいいと思うんですよね。

「どんな選手がいるか教えて?」なんて、広島に住んでいても1年に1回聞かれるかどうかというような光る言葉なんだけどねw
ま、練習でできないプレーが試合でできるわけがないのと一緒で、準備していない選手紹介が、1年に1回の奇跡的な場面でさらりとはなせるわけないのだww




というわけで、例えばカッシーの場合を考えみた。

柏好文(かしわ・よしふみ)選手

①プレースタイル
攻撃にも守備にもすっごい走る、背番号18のサイドプレイヤー。
ドリブルや切り替えしもめまぐるしいほど速くて、
相手のディフェンダーを翻弄してくいくいっと抜き去って
クロスを入れたりシュートを打つプレーは
見ていてすっごいワクワクします!


②キャラクター
おしゃべりが得意で、
たびたびHFM(広島FM)のサンフレッチェ応援番組『GOA~L』に出演するよ。
今年のお正月にはカッシー自身がメインDJをやる番組もあったよ。
ちなみに、試合会場で「かしわもちふみ」って柏餅や、
「カッシーの菓子パン」っていう八天堂さんとコラボしたクリームパンも販売したよ。


③エピソード
2014年にヴァンフォーレ甲府から移籍加入してきて、その翌年にJ1優勝したけど、
優勝を決めるチャンピオンシップ第一戦で勝利を逆転ゴールを決めたのが柏選手。
試合後に「こういう想いをしたくて移籍してきたので。」ってコメントしてくれたけど、
カッシーが広島に来てくれたからサンフレッチェサポーターはすっごい想いをさせてもらったんだよぉぉぉぉぉ!!!
トークは軽妙だけどコメントが熱いよ!


このくらいのさらっとしたやつね。
③のエピソードがちょっと熱くなりかけたけどw
サンフレッチェのことあまりよく知らない人に話す想定で作ってみた。

あえて、この紹介文のところには画像・動画は貼らずにおきました。
言葉と文章だけで相手にイメージしてもらうのが理想なので。
「見て見て~」と画像や動画を見てもらうのも、有効な時とそうじゃない時があるから。
ヲタクって自分の好きなものを見てもらいたくてしょうがないから、相手の興味の度合いを測り間違えてガンガン突っ込んでいってドン引きされるものよw


いやしかしね、これを2018年シーズン在籍選手全員分作りたいんだよねー。
これを題材に『サポ☆トーク』を開催したい!
数人で集まって作ればいいんじゃないかな。

もちろんみんなで作った後、それを自分が使いやすいようにアレンジしたり、話す相手に合わせて紹介の仕方を作り替えたりしていいと思うので!!!

な、なんか楽しそうじゃないですか?うひひw











(参考資料)


【5月4日(水・祝)FCソウル戦にて「端午の節句」特別コラボレーション「かしわもちふみ」限定販売】(広島公式・2016/04/27)
http://www.sanfrecce.co.jp/news/release/?n=9431
160427

【くりーむパンの八天堂×柏好文選手スペシャルコラボレーション商品「カッシーの菓子パン」セット 限定販売のお知らせ】(広島公式・2017/10/17)
http://www.sanfrecce.co.jp/news/release/?n=11147
171017


【広島】劇的決勝弾でヒーローの柏好文が待ち望んでいた優勝争い「俺はこういう想いをするために広島に来た」(サッカーダイジェストweb・2015/12/03)
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=12878







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月18日 (木)

【サポ】26-22=4

「サンフレッチェって今、誰がおるんか分からん」なんて言われて、しょんぼり(´・ω・`)な気分にもなったわけですけど。

確かに2012年の初優勝のメンバーで今季もいる選手が何人いるのかって考えてみると、

121124number


DF4 水本裕貴選手


DF5 千葉和彦選手


MF6 青山敏弘選手


MF8 森崎和幸選手

えーっと、あとは・・・


あとは・・・


???



以上???



以上!!!



ですわ。。。

プロサッカーってそういうもの、選手の入れ替わりも多いものってことは知っているけど、思った以上だなと。
で、サポーター自身でも「え?」って思うくらいだから、ファンやサポーターじゃない人にとっては「サンフレッチェの選手知らん。誰がおるん?」と言われるのも現実としてありうることだなーと。

他のクラブでは5シーズン前から在籍している選手が何人いるかって、きちんと比べては無いけど、4選手ってのは自分でも驚いたのですよ。


これは、クラブとしてもサポーターとしても、「今いる選手のことを知ってもらう」というアクション。工夫と仕掛けがもっともっと必要ですね。

微力だろうけど、自分もちょいと考えてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

「残留おめでとう!」という言葉に思ったこと

■おまえらも広島人じゃん?
昨年は「絶対残留しろよ!がんばれよ!」って友達から励まされたり、新年は年賀状で「サンフレチェJ1残留おめでとう」って書いてくれる友達がいたり。
思い返せば、初優勝した2012年の同期会でも「サンフレッチェ優勝おめでとう!」なんて言われたけど。

そんなふうに励まされたり、祝ってくれたりというのはありがたいことなんですけど、広島の友達からそう言われると、ちょっとだけ思うんですよ。ありがたいんですよ!でも、ちょっとだけ思うんですよ。

いや、おまえらも広島人じゃん?
「がんばれよ」じゃなくて、一緒に応援しようよ!
「おめでとう」って、おまえも広島人なんだからおまえもおめでとうだよ!

と。


■みんなサンフレッチェには好意的ですよね
広島の人にとって、まだまだサンフレッチェが「我がこと」とはなってないということかな。
ただ、広島で暮らしていて、やはり再認識するのが「サンフレッチェを嫌いな広島人っていない」ということ。
いるのかもしれないけど、ボクはまだ会ったことがない。
(そもそもサッカーが嫌いというひとはいるかもしれないけど)


だいたいの人がサンフレッチェに好意的なんですよね。だから優勝したことも、残留したことも、知ってくれてる。郷土愛があるから地元のチームは好きなんですよ、みんな。
ただ、「我がこと」のように思うまでではない、という感じ。
サンフレッチェが広島の人の大半にそんな風に思ってもらえるようになるには、まだまだ時間(歴史)や応援する機会(体験)が必要なんでしょうね。



■ちいさなことからコツコツと
なんて言って手をこまねいているわけにもいきません!
「我がこと」と思ってもらうには確かに時間もかかりそうだけど、そのための地道な小さな活動として


「広島における、サンフレッチェの価値を高めたい。知ってもらいたい。」

とボクは考えてるんです。

有っても無くても、広島にとって影響ないとか、自分にとって損も得も無いというのでなく、広島や自分にとって価値があって無くてはならないものと、広島の人に思ってもらうこと。
そのための、小さな活動を焦らず地道にコツコツとやっていこうと。

できること、やるべきことはたーくさんあるけど、その話もこのブログでぶつくさ書いてみようと思ってますよー。


■例えば開幕までにやりたいこと
このお正月に広島に帰省してきた人から「サンフレッチェって今、誰がおるんか分からん」と言われたのに、どう対応するといいのかってこと・・・これは1年くらい前から考えていて手が付いていなかったことなんですよね。
小さなことだけど、ひとつひとつ対応していきたいんでねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

じゃあ、サポーターの反省って何だったかなと

TSSサンフレッチェ広島公式モバイルサイトでぽいちさんのインタビュー記事が掲載されてますね。

インタビューの最初に、2017年のサンフレッチェを振り返るお話があって、2016年からあった危機感や2017年プレシーズンから取り組んだ守備のこと、チームの変化やそれへの働きかけ、などなどぽいちさんが語ってくれてる。
苦戦の要因とか、サンフレッチェに必要な考え方などにも触れられているけど、これってぽいちさんの反省に留めず、クラブとしてそれを分析し、財産として残し、これからに活かさないといけないことだよなーと思ったのであります。

ぜひ広島サポすべてのひとに読んでもらいたい内容です。
TSSサンフレッチェ広島公式モバイルサイト
http://www.sanfrecce.co.jp/community/mobile/index.html



ぽいちさんやクラブが、2017年の苦戦の要因を財産として残し、これからに活かすというのがそれぞれのお仕事だとすると、サポーターもなんですよね。
サポーターも2017年の苦戦の要因や、改善点を考えてこれからに活かせるようにしとかないといけない。


ボクが思う反省というか失敗は、広島のサポーターは2015年の応援を2016年も続けてしまったこと。

2015年は、難しい試合展開でも諦めずに選手を信じて、頑張って応援すれば選手がゴールを決めてくれたんですよね。勝ってくれたんですよね。
6節のFC東京戦@味スタ以降は本当にそんな感じで、先制されても、ゴールが奪えなくても、自分たちは応援を続ければ良いんだという空気になっていた。
チャンピオンシップ第一戦@万博がいい例で、サポーターがその空気を創り、選手のゴールによってその空気をサンフレッチェの情熱として爆発させた試合なんじゃないかな。


でも、2016年からそういう応援を続けたとしても選手が応えてくれない。
応えてくれないから、頑張れないサポーターも多くなる。

2016年は「選手を信じて最後まで頑張って応援する」という応援では足りなかったんですよ。
サポーターの声を持続させるため、サポーターの声を引き出すため、サポーターがサポーターを鼓舞する声や言葉が必要だったと思う。

「ここ、頑張ろう!」
「今、声出そう!」
「ここ守るぞ!」
「絶対ゴール決めよう!」
「この試合勝ち切るぞ!」


サポーター同士でこういった声をかけあうことなく、2015年と同じようにただただ”黙々と”応援を続けていただけ。そして2015年とは違って、選手がサポーターの応援に応えられずに試合が終わる。サポーター自身も応援を頑張った、やり切ったという感覚も得られないから不完全燃焼でその試合は終わっていく。
自分たちの存在意義も薄らいでいく。淡々と負ける試合が多かったから。

その”淡々と”がサポーターの応援する意欲をより奪ってしまうんだなぁと、ボクが気付いたのは2017年の3月かな。「2015年の応援を2016年もやっちゃってたわ・・・」と。
もっとサポーター同士で鼓舞する声が必要だし、コールやチャントだけじゃなくサポーター各々が自発的な声や言葉を出していかないと応援の熱さも厚さも生まれないんですよね。


選手に、ゴールを決めてもらう、応援に応えてもらうなんていう、もらう側なサポーターは卒業して、選手は選手の仕事をする。ならば、我々サポーターは選手が前向きに闘いやすい雰囲気を創れるように応援の熱や厚みを創るんだと、自発的で能動的なサポーターになっていかなきゃならない。

2017年早々とそれに気付いたので、自発的な声を増やしたし、夏からはガヤ芸人もやったけど、改めて2年分の反省をして、今季はそれを改善できるようやっていきますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

2018年ごあいさつ

2018年がスタートしております。
みなさま、今季もどうぞよろしくお願いいたします。


【サンフレッチェ広島「2018スローガン」決定のお知らせ】2018/01/06(広島公式)
http://www.sanfrecce.co.jp/news/release/?n=11368
クラブの2018グローガンも発表されてましたね。

180106ichigan
確かに、フロント・チーム・選手・サポーターが「一丸」とならなくてはいけないと改めて感じているところでもありますし、去年どころかそれより前からサンフレッチェへもやもやっとした気持ちとか、なんか違うんじゃない?なんて気持ちがあったサポーターも多かったかも。
なので、その「IWAKAN」を、改めここで「ICHIGAN」となれますように。


【2018シーズン 新ユニフォーム発表記者会見のお知らせ】2018/01/05(広島公式)
http://www.sanfrecce.co.jp/news/release/?n=11366

今週は新ユニフォームもお披露目(記者会見に一般の人も観覧可能)ですと。
このお披露目の日時は1月11日(木)正午から。行ける人はぜひ現物を見てきていただきたい。

まず、ソックスの色を確認して頂きたい!!!

このお披露目のあとでV-POINTに展示されてるんじゃないかと思うので、学校帰り・仕事帰りに通ってみるといいのでは~(たぶんだけれども!)



2018年始まってますなぁ~。正直なところ自分もそれほど元気は出ていないけど、応援するのが仕事なんでね、元気の無い人の応援は誰にも響かないし届かないので、そろそろ上げていきますよー。


今季もやり続けること。

試合では充実感を持てる応援をやりたいですね。毎試合。勝敗や勝ち点に関わらず充実感とかやり切った感を持って帰路につける応援をしたい。

あとは、この街におけるサンフレッチェの価値をもっと高めたいですね。
これは、自分一人では力が弱いので、多くの人とアイデア出し合いながらやりたいなぁ。
「サポ☆トーク」もちょいちょいやろう。

twitterでは書ききれないことがやっぱり多いので、ここでも気持ちを漏らしていかないと溜まっていってしまうのだよなー。
書くことで自分の考えも整理できるので、また書いてみようと。モリモリ漏らすぞう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ