« 2019年2月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年3月

2019年3月17日 (日)

だからかも。長居でああなりがちなのは。

サンフレッチェの長居スタジアムでの戦績を調べてみた。
あー、なるほど2011年のアレが酷かっただけで、戦績はいいんですね。

J1 11試合 6勝2分3敗
1998年 C大阪0-1広島◯
1999年 C大阪2-1広島●
2000年 C大阪1-0広島●
2001年 C大阪2-6広島○
2004年 C大阪1-2広島◯森崎兄弟アベックゴール(←ボクの初長居参戦です)
2005年 C大阪1-1広島△平日の試合で行けず
2010年 C大阪1-1広島△寿人負傷後の試合
2011年 C大阪5-4広島●清武・播戸・播戸キムボギョン・播戸のアレ
2014年 C大阪0-1広島○開幕戦勝利(フォルラン)
2018年 C大阪0-1広島○2018年アウェイ最後の勝利
2019年 C大阪0-1広島○シーズンリーグ戦初勝利

J2 2試合 2勝0分0敗
2008年27節 C大阪1-2広島◯陽介のJ2年間ベストゴールでの勝利
2008年38節 C大阪2-3広島◯J2優勝決定
たしかに2004年以降で9試合現地へ行ったけど2011年しか負けてない。


だからか。

この戦績も影響しているのかもな。長居で試合やるといつもC大阪のゴール裏に対して「(声)聞こえねーぞ!」、「サポーター少ねぇ!」などという対戦相手を嘲笑する声が広島のゴール裏からちらほらあがる。ちらほらだけど、十分聞こえてきてしまうのよね。

自分のサッカー観戦の考え方として、そういう声をあげることを「やめろ」と言うつもりはないんですけど、実際のとこかっこ悪いなぁって思ってる。かっこ悪いじゃ言葉が丁寧すぎるか・・・ダサいなって思ってる。うん、ああいうのはダサいと表現するのがいい。





別にボクがいいわけするする必要はないんだけど、ダサいなぁと思うついでにぐだぐだつぶやいてみる。
最大収容人数(Jリーグ公式)
・ヤンマースタジアム長居・・・・・47,853人
・エディオンスタジアム広島・・・・35,909人

最大収容人数が1万人差があって、スタジアムの造りやサポーターが配置する場所の違いもあって少なく見えてしまうのはある。
エディオンスタジアムはB6を中心にして人がいて、キャパ3.5万のうち空席になるのはバックスタンド最上段(通常時は開放されてない)やビジター寄りの席。でも、ヤンマースタジアム長居では結構均等に人がばらける(空席がばらける)みたいで。2万人くらい入らないと見栄えはよくならないのんだと思う。

3節の試合では観客数12,044人なので、J1平均で言ってもこれは確かに全体でも少ないんだけど広島もホームで12,000人とかよくあるのでこれは突っ込めない・・・悲しい。。

それと、 「サポーター少ねぇ!」とか言うけどさ、これだけ集まっている広島サポをあなたの力で集めたわけじゃないし、どっちかというとそういう嘲りの言葉をゴール裏で喚くあなたみたいな人がいるおかげで・・・分かりますか?あなたみたいな人のおかげで・・・

Photo


うう・・・やめておこうこれ以上言うのは・・・ガンダムネタを分かってもらおうとするのは・・・

でもとにかく、広島サポが大人数で長居に集結した!って見えたとしてもあなたが集めたわけじゃない。サンフレッチェの力を自分のものと勘違いして、相手を人数で圧倒した気持ちになっているとしたらそれはダサい。

ホームスタジアムの収容率でいえば、うちは下位常連なので。
エディオンスタジアムに来た対戦相手のサポーターが「広島少ないな」って思う試合もたびたびあることを想像すると、あんな風に自分を棚に上げて「サポーター少ねぇ!」って、ダサいわ。




声量のことを言うとね、我々は屋根の反響を使っている立場で「(声)聞こえねーぞ!」とか喚くのもちょっと・・・

190309
【アウェイ・セレッソ大阪戦にて、たくさんのご声援ありがとうございました!】(広島公式)
http://www.sanfrecce.co.jp/news/release/?n=12854


屋根に反響する自分らの音を聞いて「オレらの声すげぇ!」とか感じている人がああいう野次を飛ばしているとしたらダサい。
C大阪ゴール裏に広島サポの声がどれくらい聞こえるかってのを確かめたことないからオレはそういうこと言わんとくわ。向うからしたらこっちの声量もたいしたことないかもしれないし。

ホームの場合でも、エディオンスタジアムに来た対戦相手のサポーターがB6に対して「声知っちゃいな」って思っている可能性が十分あると思うよ。

B6も勝っている時の声量はすごいけど、勝ててない時は声出てないもんな。
B6も勝っている時の声量はすごいけど、勝ててない時は声出てないもんな。
B6も勝っている時の声量はすごいけど、勝ててない時は声出てないもんな。


アウェイでやるなら、相手の声量が小さいということを野次るよりも、相手のコールやチャントが途切れた瞬間にこっち側が圧倒的な大声量で雰囲気をガラッと変えるとか、相手のコールやチャントと同じリズムのものを圧倒的な声量でおもくそ被せてやるとか、そういうのをやりたい。
浦和サポくらいなら長居でもできるのかな。

たいして強くもない犬が、相手から襲いかかられることのない安全な対岸から相手をバカにする声を飛ばすとかダサすぎ。

わざわざ「聞こえないですよ」と言うよりも、こちらの声量を自信満々で聞かせられるくらいになりたい。
でも、ゴール裏でダサいことする人がいるとゴール裏にサポーターが増えないんですよね。


サッカーの楽しみ方はたくさんあって、自分のサッカーの楽しみ方がサッカーの楽しみ方のすべてではない。そういう言葉を発するのがその人のサッカーの楽しみ方なら「やめろ」とまでは言えないんですけど、ただただ、ダサいなぁと。

Photo_3

これまでの戦績が良いスタジアムなんだけど。
ボクらにはまたダサい場所でもあるんだ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月16日 (土)

広島のスポーツを観に行く(ACLGS第2節 vsメルボルンV@広域公園)

============================================================
2019  AFCチャンピオンズリーグ2019 第2節   メルボルン・ビクトリー戦
3月12日(火)19:00キックオフ(広島
広域公園陸上競技場/8,968人)
晴、無風、気温7.5℃、湿度63%
広 島 2-1 メルボルンV
得点:3'東俊希(広島)、71'本田圭佑(メルボルンV)、86'渡大生(広島)
190312acl_2
============================================================

■ケイスケ・ホンダ来広
本田圭佑選手が決めて、サンフレッチェが勝つ。
観戦に来た人の満足度は高かったのではないでしょうかw
勝てて良かった。
リーグ戦と異なるメンバー構成でACLでも勝つ。この意味は大きいですよね。
ほんと勝てて良かった。

ちなみにメインスタンドにいたんですが、本田選手のゴールの時には結構な拍手が起こってましたねw
自分はそれどころじゃなかったんだけどww

来てくれた人が「ええもん」見れて帰れるならよかった。
帰り道で「自分が見たサンフレッチェの試合で一番面白かった」って声が聞こえた。
そりゃすまんかったな。また来てな。たくさん見てたら辛いこともあるけど、それを払ってお釣りがくる楽しさもあるぞ・・・


■本田選手のこんなコメントも試合後にあったり
「空席もったいない」と本田圭佑がAFC規定に苦言。広島対メルボルン戦のチケット完売でもガラガラのワケ(金明昱) - Y!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/kimmyungwook/20190313-00118013/

「日本に来ているのに、スタジアムが満員じゃなかったのは、違和感しかありません。まずAFCのルールを変えたほうがいい」

ACLのルールにクラブや日本のサッカーが合わせていくか、出場クラブや日本のサッカーに合う規定にACLを変えていくか。
広島のスタジアム建設についてもJリーグのスタジアム基準のことは話題になってたけど、ボクはあんまりそれを話さないようにしてたんですね。サッカーに興味ない人にとってはビッグアーチがJリーグの基準にあってないというよりもJリーグの基準がおかしいと思う方が普通の感覚かもしれないなと考えていたので。
多くの人にご理解・ご賛同いただくには自分ら基準じゃダメなものよのう。
AFCの言う基準にも意味はあるのだろうけど、その見せ方や伝え方ってのは我々にはすんなり賛同しにくいのでなぁ。



■もっとたくさんの人に来てもらいたいですよねぇ
「やっぱり空いているスペースがもったいないですよ。広島はプロ野球のカープが人気があるって聞きました。サンフレッチェもいいサッカーをしているのに、今日みたいな日は、もっとたくさんの人が応援してもいいんじゃないかなと思います」

ボクの持ってる理想なんですけどね。広島県民280万人のすべてが年に1回以上、広島のスポーツクラブ・チームを観戦するってこと。
カープ(野球)、サンフレッチェ(サッカー)、ドラゴンフライズ(バスケットボール)が観戦しやすいのかな?JTサンダーズ(バレーボール)も試合会場が広島県内各地であって、そういう意味では観戦しやすさがあるのか、そもそも開催試合数の問題もあるかもしれないけど。

【トップス広島HP】
http://www.tops-h.net/

カープとサンフレッチェの「はしご観戦したい」って声も聞くことがあるけど、自分としては「はしご」よりは年1回は広島のスポーツを応援する機会ってのを持つ人が増えたらいいなぁって思ってます。



こちらのデータで見えるのは、「カープ観戦者がめちゃめちゃ多い」と思えるんだけど、カープを観に行くとか、サンフレッチェを観に行くというよりも、「広島のスポーツを観に行く」というものになっていくといいなぁって思うんですよね。


広島ってカープすごいね、って言われるのが広島ってスポーツすごいね。ってか、みんな広島が好きなんだねって言われるようになると広島人として嬉しいな~。


25歳以上スポーツ観戦人口 [ 2016年第一位 広島県 ]https://todo-ran.com/t/kiji/22079
25歳以上スポーツ観戦人口 [ 2016年第一位 広島県 ]



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月15日 (金)

選手の力を増幅させたい(第3節 vsC大阪@長居)

============================================================================
2019  明治安田生命J1リーグ 第3節   セレッソ大阪戦
3月9日(土)16:03キックオフ(ヤンマースタジアム長居/12,044人)
晴、弱風、気温13.6℃、湿度49%
C大阪 0-1 広 島
得点:19'エミル・サロモンソン(広島)
190309_2
=============================================================================

■増幅装置になれるよう
ひとまずの1勝なんだけど、ずーっと勝ってなかったから。
勝ったという意味は確実にあると思うし、この1勝の意味を、そして価値をより顕在化させていくのは選手だけじゃなくてサポーターの仕事でもあると思う。

サポーターの「行動」は、チーム・選手にとって増幅装置にもなり、冷却装置にもなるもの。
選手の力をより大きく増幅させる効果も生めるし、選手の力や気持ちを冷してしまうこともある。
いかに選手の力を増幅させるか、選手の気持ちを熱く強くさせるか、勝つためにサポーターとしての自分が何をできるか、そういうことを考えながらサポートしていこうと。



■愛の強さゆえに
広島に住んでいると、サンフレッチェのことが日常の話題になることが少なからずあって。周りの人から「サンフレッチェ勝ったね」と言われたり、「今年はどう?」と聞かれたりすることもある。
そういう時に我々ガチなサポは、普通の人よりサンフレッチェへの愛情が強いがために苦言や厳しい指摘を述べてしまいがち。
「まだまだ、攻撃パターンが無くて・・・」とか「今季はやばい。残留できるか心配だよ」とか。

苦言を述べたり、厳しい目線で指摘するのって、「自分はサンフレッチェのことを好きなんだ」とアイデンティティを感じて気持ち良くなる効果がある。気を付けないと。



■サポーターって大変そうだね⇔楽しそう、行ってみたい
持っている愛情をもっとサンフレッチェのために使うなら、「ひとつ勝ったし、徐々に良くなっていくかもね」と適当ポジティヴを返しておけばいい。「今、若い選手が台頭してきて、すごくワクワクしてるんですよー。」と自分の感想をちょい盛りするのもいい。

サンフレッチェを長くたくさん見ているぶん、我々ガチなサポにとっては、不安も不満も物足りなさもあるけどさ。そのネガティヴを広島の街や人に拡げなくてもいいじゃない。
ネガティヴまき散らすと「サポーターって大変そうだね」って思われて終わるけど、サポーターの人が楽しそうにしていると「楽しそうだね、観に行ってみたいな」に繋がるかもしれないんだしね。

深い考察や、快楽のためのネガティヴはガチなサポーター同士の間に留めて、いわゆる一般の人がサンフレッチェの話題を振ってくれた時はポジティヴに朗らかに。そういう使い分けもサポータの技能と思うんですよ。




ひとつ勝ったことをうまく利用して、ホームスタジアムの雰囲気も良くしたい。
次は、ホームリーグ戦での7試合ぶりの勝利と、J1ホーム200勝を。必ず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 9日 (土)

サポーターの世界はローカル(ACL GS第1戦 vs広州恒大@広州天河体育中心)

============================================================
2019  AFCチャンピオンズリーグ2019 第1戦   広州恒大戦
3月5日(火)20:00キックオフ(広州天河体育中心/48,216人)
広州恒大 2-0 広 島 
得点:19'ANDERSON TALISCA(広州恒大)、26'PAULINHO(広州恒大)
============================================================

英会話の勉強を始めて1カ月くらいなのに、なぜかアメリカに一人旅に来てしまったようなもんだろうか、今の広島。
でもチーム作りの最中だから勝てなくても仕方ないとは思ってなくて、この状況でどうにかして勝つことを考えたいし、勝つための行動を取っていきたいですよね。


さてさて、毎度ACLの際にも再認識するけど。
サポーターの世界というのはローカルなもので、広島のことは広島サポにしか分からない。
他サポに理解してもらえないだろうし、理解してもらわなくてもいいのだ、と。

Photo


他サポには、知らない選手が出ていて「誰?」ってなっているのかもしれないけれど。
広島サポからすれば、「あー、こういうメンバーね、おしおし」という感想だったりする。


ミズが当日の体調不良でDFに航平が入ったけど、小柄な清水航平がDFをやる時に
広島サポがテンション妙に上がっちゃうのを他サポに理解されなくても全然にいいんです。

しかし、あんたらに大切なクラブがあり、大切な選手がいるようにオレらにもあるんでね。
あんたらからどう見えようが、オレらの大切な存在なんですわ。
サポーターに対して理解してもらいたいと思うのはまずはこれくらいです。
サポーターとして理解しておこうと思うのはまずはこれくらいです。


オレらはオレらで楽しむし、オレらがクラブを盛り立てて、チーム・選手を後押しする。
オレらのクラブはオレらがどうにか勝てるように、オレらが応援する。





さて、勝てば「ACLで手を抜いてリーグ重視の広島」と批判され、負ければ「ACLで手を抜いて
リーグも負ける広島」と嘲笑される。どちらにしても批判されたり嘲笑されるなら、今日は当然のことながら、勝ちたいッッッですよね。

がんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 3日 (日)

B6の存在感<椅子の存在感(第2節 vs磐田@エスタ)

==========================================================================
2019  明治安田生命J1リーグ 第2節 日本郵便 スポンサードゲーム ジュビロ磐田戦
3月1日(金)19:03キックオフ(エスタ/7,741人)晴、無風、気温8.8℃、湿度76%
広 島 0-0 磐 田
得点:
190301_4
==========================================================================

最後のアディショナルタイムの被決定機、ああいう場面でやられちゃうのが降格するクラブの特徴なんですよね・・・あの時ほんと一秒呼吸止まったわ。タッチ、タッチ、左手でタッチ。



取れた勝ち点の意味を作っていくために、試合が終わった瞬間からまた一歩。



■B6の見え方
平日ナイトゲームって、だいたい到着が前半終了の頃かハーフタイム。
この試合はゴール裏に座って観てました。B6行ってないです。バモってないです。
なので、試合も観るけどB6やメインスタンドの雰囲気とか見たりしてました。
で、写真を撮ってみたので載せる。

バンデーラを張って、B6の見栄えが良く躍動感がある時。
アップテンポでチャントを歌って、飛び跳ねている人も多い時の見え方。
190301_2

跳ばずに手拍子の時。
190301_3
(ちょっとだけ写真の大きさ違うのごめんなさい)

上の写真みたいにバンデーラを張ってないにしても足元に落とすことなく肩にかけるなどしておくと少しはいいんじゃないかなぁとボクは思います。
チャントをアップテンポにした時にかがんでバンデーラを拾い上げる動作(の時間)がもったいない気がするんです。

サポーターがたくさんいて、躍動感を発揮している状態をピッチ上の選手やベンチの選手、メインスタンドのサポーターにも見てもらいたい感じてもらいたいって思いません?

「試合中に選手、スタンドなんか見てないだろ」と思われるかもしれませんが、選手が気にするくらいのサポーターの存在感をこちらが出せていないからで、存在感を増せば選手だって気にしてくれるし、実際に過去にも試合中にサポーターを見たというコメントをした選手もいますもんね。
「メインスタンドに応援を見せるって何?」と言う人もいるかな?サポーターの応援を引き出すのはサポーターの応援ってことはあると思う。てゆか、それができないB6ってどこを見て応援してるのでしょう?もしかして選手だけ見て応援してるんですかね?ホームスタジアムの雰囲気を作ることを意識して、選手の気持ちを動かす前にサポーターの気持ちを動かさねば、とボクは思います。
メインスタンドから試合を、B6を見てみると見え方や考え方は変わるのではないかと。


どうしても、今のエディオンスタジアムはバックスタンド(指定席)の椅子の方が存在感がある。
B6のサポーターがもっと存在感を出していけるよう、できることを増やしていきたいですね。
バンデーラの持ち方や手拍子を頭の上で打つこと、ここぞの時は飛び跳ねて躍動感を出したいし、手拍子以外にも手の動きがあるとなお良い。
ちなみに冬でもボクが半袖に拘っているのは大勢のサポーターが頭上で手拍子を打つときの見栄えが良いからなんすよね。

【サポ】サポーターが作る「人」という字、「人」のパワー(2010/2/11)
http://inhale-sanfrecce.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-0bef.html
59秒あたりの人人人人人人の見栄え、見事だなぁ。



この試合、B6から少し離れて試合を観ていた立場で言うのもなんですが。
次のホームゲーム(松本戦)はB6でがんばります。
松本のサポーターも数百人レベルで遠征してきそうだし、あの人らほんと声出すから。B6の存在感も負けじと出していかないとですよね。ホームの応援がアウェイの応援に負けるわけにはいかんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年5月 »