« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »

2023年3月

2023年3月20日 (月)

声と言葉とガヤとポジティヴが戻ってきつつある(第5節vs柏@エスタ)

=======================================================
2023年3月19日(日)14:00キックオフ
明治安田生命J1リーグ 第5節
広 島 1-0 柏

エディオンスタジアム広島 入場者数:15,749人
得点:82’塩谷司(広島)

230319hiroshimanight
※試合後の選手挨拶、選手たちといっしょに『HIROSHIMA NIGHT』歌えた&そのあと
 「おうちへ帰ろう」も歌ってたwホームバージョンだ!
=======================================================

シオがゴール決めて1.5万人超えでのコール&レスポンス。よかったですねぇ。
今季からエディオンスタジアム全ての席で声出しできることになってはいたけど、あれだけの声をみんなで出せたの・聞けたの久し振りだわ。
コロナ禍が影響してB6・ゴール裏に限らずスタジアム全体で以前ほど声は出てなくて、それってやっぱり誰もが声を出すことを抑えて我慢してきた3年間からすぐに元の通りってわけにもいかないですよね。まだ感情を出すのが抑えられていたり喉にフタがされてるような感じ。


コロナ禍以前は、選手のいいプレーにはその選手の名前を呼ぶ声とか、シュートを打つのを求める「シュートぉぉぉ!!」とか、やたらと「勝負!勝負!」と突っかけるのを求めるおじさんとかたくさんいたんだけどな。声援がすぐには戻ってこない。ワーワーいう声も全然無いし、感情の抑えがなくなって声援が増えるのにはもう少し時間はかかるものなんだろうなぁ。今は戻ってきつつあるとこですかね。


でも・・・、ともすればネガティヴな言葉や野次・罵声、大きなため息が起こるのがサッカー観戦の常。何もしなければネガティヴな言葉の方が増えがち。だから自分はポジティヴで前向きな言葉を意識して出し続けたいタイプのウザいサポーターなんですよねー。「いけるよ!」って言いたいし「次で決めるよ!」って言いたいし「大丈夫、もう一回やったろ!」って勝つために声と言葉を遣いたいわけです。劣勢の時なんかはチョットいいプレーがあっただけでとにかくポジティヴな言葉を発したいし、優勢の時も勢いと元気を増すような言葉を発したいです。で、それをやってるときはご注意くださいウザいです。それでも応援の声と言葉を増やしたいっすわ。

注! ウザくてごめん やたらとポジティヴ ごめん
ときどき噛んじゃうごめん 耳ざわりでしょ? ばもす!(オイ!!!)


いやぁ、やっぱりスタジアムの声ってほんといいものですねぇ。



カリさんのカバーがあったわ。


【MV】可愛くてごめん//Sorry I'm so Cute!(Mori Calliope Cover)

| | コメント (0)

2023年3月14日 (火)

『イージュー☆ライダー』と『広島へ帰ろう』の両方を確実に歌う方法(第4節vsG大阪@吹田)

==========================================================
2023年3月12日(日)16:00キックオフ
明治安田生命J1リーグ 第4節
G大阪 1-2 広 島
パナソニックスタジアム吹田 入場者数:18,765人
得点:2’ナッシム・ベンカリファ(広島)、70'宇佐美貴史(G大阪)、90+4'満田誠(広島)

230312
==========================================================

■ビジター席完売してたらしいですね
ゴール裏でも端の席なら座って観られるかなぁ?と思って席を決めたけど、自分がいたブロックでは選手がウォーミングアップに出てくるとほぼみんな立ち上がって「あー、まったりするわけにもいかないかw」となってトイレでユニに着替えて来ました。サポーターが作る雰囲気に抑えはきかなかったです。声を出す応援は昨季の最終節(vs鳥栖@駅前ス)以来っす。でも、ビジター席完売でサポ多いし屋根の反響はあるしで声出しやすかったですね。広島の新スタもこんなふうに屋根の反響を感じられるかなぁ。楽しみ。




■脊髄反射の涙腺は 萎んだ脳で歌えて感謝です
いやぁ、よく歌いましたね。
マコがPK決めたあとに贈られたチャント。正直なとこ「もう出すのか!」と思ったのは寿人が久保竜彦のチャントを贈られたのは広島加入年(2005年)の17ゴール目をあげた試合、ここまで待たされたから。日本人選手での得点ランクトップに立った時ですね。その試合後だったっけ?あの演出はよかった。

20051127

寿人は17ゴールまでかかったけど、マコは通算10ゴールでうちのサポグループにしちゃ「思ってたより早いなw」って思っちゃったんですよねーww
いやでもね、みんな歌いたかったよねー。歌いたかったんだよねー。もったいぶることはないっすよね。やったー。やったよー。



■『イージュー☆ライダー』と『広島へ帰ろう』の両方を確実に歌う方法
Jリーグのアウェイゲームでは「試合後、選手がフィールドから退いたら応援を終える」という暗黙の了解ではないのに了解させられている事項があります。そういう暗黙の了解がサポーターには無いはずなのに、確かJリーグ側から「暗黙の了解があります」という公式見解が語られたのが始まりだったと記憶してます。

なのでだいたいそれを守ってるんだけど、この試合では喜びすぎ+マコのチャントを歌いすぎ時間が押してしまったのです。『イージュー』歌い始めには選手ほぼ捌けてたような気がする。で、アウェイで勝ったらさっさと撤収の原則に則り自分も帰り支度してたなか・・・・・・聞こえてきたんだよねー。聞こえてきちゃったんだよねー。


「帰ろう~帰ろう~広島へ帰ろう~♪」(どうも自然発生で、サポグループ主導ではなかったらしいですけど)。


アウェイで勝ってあんまり長いこと騒ぐと挑発・煽り行為と取られて相手サポの中にいるヤバい人たちの逆鱗に触れるので自重が必要ではあります。他クラブで乱闘になったの見たことあるし、広島サポもスタンドでビッグフラッグを畳んでいたら「挑発だぁぁぁ!!!」と相手サポを怒らせてしまいスタジアムから出られなくなったこともあったり(軟禁)。
何か事件が起きれば今後、試合後に歌うことなどを今以上に厳しく制限されることもありえるのでほんと今の楽しみを継続するにはある一定のラインで自重するか、もしくは工夫をする必要がありますね。


他クラブと比べて広島はアウェイ試合後の選手整列~サポーターへの挨拶~退場までが長めだと自分は感じてます。スキッベ監督就任前からですねこれは。特に今は試合後にフィールド上で円陣を組むのでね、長いですね。
でもアウェイ遠征の、アウェイで勝つ醍醐味と言って過言ではない『イージュー☆ライダー』を歌った後の『広島へ帰ろう』のサポーターみんなで大合唱、これはやりたいですからねー。


自分が思うにはこうですね。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
①試合後選手整列のタイミングで「GRANDE VIORA 広島」等のコールを入れる。 
 ↓
②選手がばらけて円陣を作るまで、特に活躍した選手へのコールをする。円陣が組まれている間は静観。
 ↓
③円陣が解けて、選手がゴール裏へ歩いて来るとき『イージュー☆ライダー』を歌い始める。
 ↓
④選手にサポ前整列してもらいつつ『イージュー☆ライダー』最後まで聞いてもらうよ!
 ↓
⑤『イージュー☆ライダー』歌い終わったら、選手&サポ「おおおーーーーーーうぉーい(バンザーイ)」やる。
 ↓
⑥選手が引き揚げ始める(ここでコール、個々の選手へのコールなど入れるのも可)。
 ↓
⑦『広島へ帰ろう』歌いはじめ~選手がフィールドからいなくなるまで。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

コールリーダーの後説もあるのでそれも目一杯引っ張るとアウェイでは良くないかもしれないけど。自分は後説だとしても対戦相手のサポーターにホームで長々やられるの好きじゃないですし。ただ、それが嫌ならホームで負けてはいけないって思ってるので我慢しているだけ。いつもムカついてはいます。


でも、これなら確実にその2曲両方歌えると思いません?

応援は気持ちが動いて、その動きに応じて行うものなので形式的にしてしまうのはベストじゃないと思っているけど勝利後は型を作っていいかなと思ってます。様式美というか。
こんな感じで実現して欲しいなぁ。歌いたいんだよ、2曲とも。

あと、『イージュー☆ライダー』ほんとに好きなチャントなので選手のみんなに聴いてもらいたいし、サポーターみんなでタオルマフラーを掲げて歌っている姿・景色を見て欲しいんですよねー。

| | コメント (0)

2023年3月 9日 (木)

さきざき楽しみ(ル杯GS第1節vs横浜FC@エスタ)

==========================================================
2023年3月8日(水)19:00キックオフ
ルヴァンカップグループステージ 第1節
広 島 3-1 横浜F.C.
エディオンスタジアム広島 入場者数:5,249人
得点:'59カブリーニ(横浜FC)、'75満田誠(広島)、'80佐々木翔(広島)、'88オウンゴール(広島)
==========================================================

■トイレ行ったんだよね。行っちゃったんだよねー。
試合中にトイレ行って戻ったあとに立て続けに同点・逆転ゴール決めて「あー、ここでやっちゃったかー」と思ったんだけれども。ここぞのところでトイレ神のおチカラを借りようとしてたのにシーズン初っ端にさっそく使ってしまったわ。リーグ開幕から3試合勝ててない中、今季公式戦初勝利に繋がったんだからいいかーとも思うけど。

トイレを例にするのはちょっとおかしいんだけど「自分の行動が勝利を呼び込む」という勘違いってサポーターにはある程度必要ではありますよね。声を出す、歌う、手を打ち鳴らす。旗を振ったり掲げたり、試合に行くただそれ自体も。現地じゃなくても試合の時間に配信を観ているとか観てなくても、勝利のために何か行動する勘違いができる自分のおかしさをまだ携えていきたいと思うんです。

これから身体が衰えて跳んで跳ねて声出してってできなくなったとしても、現地に行けなくなったとしても、自分がクラブ・チームの応援に関われているとか意味があるとか思えると健康寿命も延びるかなーって。あ、いやいやボク今のところ健康ですけどね。

090113
ちなみにこの決勝戦も勝ち越しゴールの時にトイレ行ってました・・・



■公式戦1勝目よかった
試合後のあおくんの笑顔見られたの嬉しかったわ。あおくんの笑顔、広島サポ圧勝大勝利ですわ。
あゆしゅん復帰だし、マコは11番付けての初ゴール。エゼは明日誕生日だし。ササショのインタビューも嬉しそうでよかったよね。
シーズン初勝利ってほんといいもんだなぁ。ちょっと焦らされるのもまたいいものだなぁぁぁ(勝ったから言えるw)



■山﨑大地は千葉ちゃんになれますか?
キャンプでのトレマ映像(youtube)見てて前方に出すパス、フィードいいなぁって思ってたけど、今日の試合ではドリブルで持ち上がる場面もあって見てみたいなって思ってたプレーがいくつも見れてやったー!って感じ。3点目(オウンゴール)でのマコに送ったフィードって、下がりながら半身で受けて体をひねり飛ばしてたよね。どのタイミングでマコ見てたんだろ。マコにぴったりのボールだったしな。



■山﨑大地でさきざき楽しみ
ところで広島の選手って「タツザキ」多すぎませんか?偶然ですませていいのだろうか。

崎 じゃなくて     のことね。たつざき。

 

・森﨑和幸(2000~2018)
・森﨑浩司(2000~2016)
・大﨑淳矢(2010~2013)
・山﨑雅人(2010~2011)
・柴﨑晃誠(2014~)
・木﨑あおい(2021~2023)
・山﨑大地(2023~)

自分が知ってるだけでも7選手おるよ?
集めてるのかな・・・

| | コメント (0)

2023年3月 5日 (日)

都合よく覚えて忘れて第3節vs横浜FM@三ツ沢

金Jの何がいいかって、試合を消化して土日まるまる休みがあるのと勝点3を確保したあと他クラブの試合を高みの見物できることだよなー(って、勝てませんでしたけどw)

========================================
2023年3月3日(金)19:00キックオフ
明治安田生命J1リーグ 第3節
横浜FM 1 - 1 広 島
ニッパツ三ツ沢球技場 入場者数:10,854人
得点:4'東俊希(広島)、64'アンデルソンロペス(横浜FM)
========================================

開幕から2試合、手応えはありながらも勝ち点1
広島の良さが表現された先制点(俊希、復帰後初ゴールおめ!)
ナッシムうまー!シュート弾かれたあああ

マコのFK!!!ポストぉぉぉ!
ピエロスもうちょいいいいい!!!
相手が退場で10人に。なかの大丈夫そうでよかったよ・・
鞠より5本多いシュート14本打ってる

この試合を経験したあとだから「勝ちたかったなー」という気持ちがすげぇ膨らむよねぇぇぇ。
現地のサポは寒かったんだろうし。



惜しい気持ちも悔しい気持ちももったいないという気持ちもあるけれど、ここはあえて試合の記憶をぼやけさせて「前年王者の横浜F.マリノスとのアウェイゲームで勝点1獲ったぞ」とだけ思うことにします。

この試合の中身を知っているからぐぎぎってなるけど太字部分だけ思えば悪くない。ぐぎぎっと引っかかった気持ちを残して次の試合まで過ごすよりもあえてぼやかして、いいところだけを記憶に残してというのもサポーターが気持ち荒立てず長いリーグ戦を戦うための技術ってことで。
自分らのクラブだけじゃなく他も見てみると思ったより苦戦と言うか1勝挙げれてないのうちだけじゃないしな。まずは5試合で勝点5。


鞠がちょっとやっぱり強かったのひとまず次の対戦の前まで忘れとくわw

Photo_20230305215501


ひとまず1勝したい。
来週のG大阪戦@吹田行こうかなー。勝ちたいッッッ



| | コメント (0)

« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »