« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

2023年4月

2023年4月19日 (水)

ル杯GS4節 vs神戸(エスタ)

==========================================================
2023年4月19日(水)19:00キックオフ
ルヴァンカップグループステージ 第4節
広 島 2-1 神 戸
エディオンスタジアム広島 入場者数:5,877人
得点:'69リンコン(神戸)、'73佐々木翔(広島)、'82中野就斗(広島)
==========================================================

■グループステージ2位以上は確定やたー!(ですよね?)
GS突破に前進してる。残りの横浜FC戦と名古屋戦でしっかり勝点を獲ることよな。

GS第5節 5月24日(水)19:00 vs横浜FC@三ツ沢
GS第6節 6月18日(日)18:00 vs名古屋 @豊田ス

結構、間が空きますね。次節は5週間後でさらにその3週間後が最終節。
そこでまた成長したチームとサポーターで戦いたいですね。


■みんなゴール決めよ決めよ。誰が決めても嬉しいの。
今のチームには「ゴール決めて欲しい」と強く思う選手多いわ~。そりゃみんなに決めて欲しいけど、頑張ってるのが分かるのでとにかくゴール願う願うって感じ。ドグ兄とエゼ弟のコンビでゴールをたくさん獲っているのでエゼ自身にも決めて欲しいと思うし、今のチームを上手く回してくれているモリシもそう。
右WBでコッシーが特長を発揮してアシストも記録しているこの状況で、同期加入になる山﨑大地もゴール決めたしってとこでNAKANO!!!今日のゴールに気持ちが熱くなりました。なかのやったよ、なかの。やたー!!!
なんか嬉しさの種類が、2012年シーズンにノリ(石川大徳選手)がゴール決めた時の感じに似てた。はぁ、うれしい。




■もう中2日ですぐにホームFC東京戦。
以前は、FC東京戦と言えばホームで勝てずに味スタで快勝!!!という時期があって「ホームで負けても味スタで勝つ!!!」とか負け惜しみも言えたんだけど、気付けばここ10シーズンは5勝4分け11敗戦。ホームで5シーズン勝ちなしなんすよね。もうね、そんなデータ関係なくシンプルに勝ちたい。

この週末は日曜日にレジっちの試合もある!がんばりましょう~うおおおお

| | コメント (0)

2023年4月18日 (火)

第8節 vs横浜FC@三ツ沢

=============================================================
2023年4月15日(土)14:00キックオフ
明治安田生命J1リーグ 第8節
横浜FC 0-3 広 島
ニッパツ三ツ沢競技場 入場者数:3,935
得点:'49東俊希(広島)、'73:オウンゴール(広島)、'76:ドウグラス・ヴィエイラ(広島)

230415_20230418213301
※崎陽軒はじめて食べた
=============================================================

■3年ぶり雨中バモ
3年ぶりに濡れながらバモったわ。ホームでは年パス屋根下で過ごしてきたし、もう濡れ方を忘れかけてたっすよw
コロナ禍の制限下でのバモって自分は受け入れ難くてですね、制限解けないとゴール裏に戻ることはないかなーと思ってはいたけど、昨季のカップ戦決勝時期にちょっとずつゴール裏復帰しつつ徐々に徐々に。まずはアウェイゴール裏でリハビリ。この前の吹田ス、三ツ沢ときて次はどうしよう淀工桜かなぁ。また屋根が無いわw


ヘイッキさんがこんな風に言ってくれてたけど



まだ全然ウザさは出せてないからなー。自重していますよさすがに。こう見えて空気は読むつもりではいるし、読んだうえで砕けさせていきたいなーって思っているだけです。砕けさすだけではなくてコロナ禍でかなり雰囲気は変わっているのを、今の良さを活かしたり受け入れるしかないものは受け入れれたり、それでもサポーターの充実感とか勝つために良い応援の雰囲気を作りたいなーなどと思ってます。
コロナ禍のもっと気持ちが熱くなれた時に戻りたい。


■まだまだリハビリ途中だけど
雨でも広島サポーター多かった。1500人だと。雨の中みんなえらい!がんばった!選手たちがそれに応えてくれるがまたほんとうれしい!
ただ・・・自分の本音ではもっと圧倒したかった。人数が多いだけで満足できないんですよね。こんだけの人数だからできる応援もある。声量も応援の圧も。いわゆる激しい応援って意味じゃなくて。雰囲気ですよ、圧ですよ。対戦相手のサポーターや選手が「ホームゲームだけどいつものホームじゃない・・」と感じるような、たじろぐようなそんな応援の雰囲気作りたいなーって思ってます。
まだまだ満足できません!!!

ホームでもアウェイでもみんな来れる試合に集まって良い雰囲気創りましょう。
ずぶ濡れでもたくさん歌えて楽しかった。イージュー歌って広島へ帰ろう歌って。やたー。

ではまたー!!!



| | コメント (0)

2023年4月 2日 (日)

フジーはまた次の機会に(第6節vs鹿島@カシマ)

=============================================================
2023年4月2日(土)15:00キックオフ
明治安田生命J1リーグ 第6節
鹿 島 1-2 広 島
県立カシマサッカースタジアム 入場者数:15,414人
得点:'69:知念慶(鹿島)、'86:ドウグラス・ヴィエイラ(広島)、'88:ドウグラス・ヴィエイラ(広島)
=============================================================

■お、この話題ひさしぶり!
これも声出し応援が出来るからこそなんだけど。ブーイングの是非を語るとかとても懐かしい感じですね。そんな懐かしい感覚を思い出させてくれてサンキューフジー、サンキューな!
左サイドをササショと志知男で制圧していて、とても嬉しかったですな。ここはやらせねー!って。
フジーの移籍が決まった時「ブーイングするほどの対象では・・まだない」というのが残念って感じで、手に負えない脅威とは思っていなかったんですよね。というか実際にはうちの左サイドが強かったので、対戦してみてブーイングはまた次の機会にって感じでしたね。



■今回こそか次の機会か
あ、いやいや「次の機会に」ってのはブーイングの意味の持ち方で異なりますね。サポーターそれぞれ。単純に「出ていった選手にはブーイング」という考え方の人は今回こそブーイングなのかもですね。自分は本当に脅威だったり広島戦で仕事をされて相当痛い思いをした選手にしかブーイングしないので、広島を出た選手にブーイングすることがほとんど無いですねぇ。やられてないし。ほぼ。
これ、意味の持ち方なので「次の機会に」はそれボクの感想ですよねってことで。



■他者の否定より賛同者を増やすこと
フジーへの対応も、集まっているサポーターすべての人が同じ思いや考えなわけじゃないし、鹿島戦の試合後にはブーイングもあれば拍手もあるでしょう。その両方があるからそれもまたよしな部分もあるし。ゴール裏・スタジアムは社会と同じでいろんな考え方の人がいますからね。「拍手を送った方がいいだろう」と思うならまずは自分が拍手を送る。拍手を送る雰囲気を作る。拍手を送る人を増やす。それをやればいいんだろうし。自分と考え方の異なる人を否定するよりも同じ考え方の人が増えるようにすればいいんでないかなーと思います。



■粋か無粋か

自分はサポーターの行為を考える時の基準に「善か悪か」の道徳的な見方じゃなくてを「粋か無粋か」を用いることが多いので移籍していった選手へのブーイングもあれば拍手もあると思っております。なんですが、この試合のフジーはうちの左サイドで完全に制圧されちゃってたんでまったくもって微妙。粋も無粋も無い。自分としてはヌルめの拍手しかなかったかなーというふうに考えてます。
現地じゃなかったんで現地のその場の温度は感じ取れてないんですけどね。


Photo_20230402232701 
※あれっ?いたのか


拍手を送るサポーターもやさしいし、ブーイングでも反応を示すサポーターもやさしいですよね。
ホームでの対戦も楽しみ。3か月後。フジーがバージョンアップして厄介なプレーしてきたらめんどくさいわ~フジーめんどくさいわ~

あ、鹿島サポからはたくさんフジーコールされていて微妙に嬉しかったな、あれ。
自分らのとこから出た選手は行った先で愛されてほしいですもんね。

思いが濃かったり、いろんなこと考えちゃうからちょっと語り切れないですよね、こういう思い。サポーターだからだよな。応援してたからだよな。期待してたし期待しているから、かもなぁ。




 

| | コメント (0)

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »