« 2023年5月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月

2024年2月26日 (月)

やっと来るんだって 第1節 vs浦和@エディピ2024,02.23

待望の新スタジアムでのリーグ開幕戦おめでとうございます。
初勝利もあげられておめでとうございます。
これから我らのホームスタジアムを作り上げていきましょう。

======================================
明治安田J1リーグ 第1節 2024年2月23日(金・祝)
エディオンピースウイング広島(27,545人)
広 島 2-0 浦 和
得点:45’大橋祐紀(広島)、55'大橋祐紀(広島)
240223
======================================

■大迫敬介が人間をやめた日
人間ってあんな反応できるん?
前半6分のプレー凄くて、それ以降も止めまくってた。



走行距離だけじゃなくてその他のデータもすごくて球際に攻守の切り替えもすごいハイテンションでした。ボールを奪われても即時に奪い返しにいくからボールを奪われたからってサポーターがため息ついている暇もないですほんとに。





広島で、新しいスタジアムで戦うということを力にしてくれている選手が揃ってるんだって捉えています。みんな頼もしかった!試合後の大橋選手のコメントも嬉しかったです。あんなん好きになっちゃうでしょ!!


totoGOAL2で「広島3-0浦和」「名古屋0-1or3鹿島」を買っていたのでだいぶ惜しかった。敬介もすごかったけど周作もすごかったんだわ。しゅうさくとめすぎ。
西川周作。このスタジアムが実現するのに、先に靄がかかっている中で一歩を踏み出させてくれた選手の一人。早々にここのピッチに立ってもらえてよかった。
なんて思ってたら広島の『INSIDE SANFRECCE』にも出てきてくれた!収録中の敬介に絡んで来てくれて。感謝の気持ちが消えることは無いね。


ポンチョが絶大な力を発揮。来場者プレゼントのポンチョが優秀でした。暖かさに加え、スタジアムを紫に染めあげることもできて素晴らしかったです。

240216
2/23(金・祝) vs.浦和《ホーム開幕戦》エディオンプレゼンツ『オリジナルフリースポンチョ』来場者プレゼントのお知らせ | サンフレッチェ広島 オフィシャルサイト (sanfrecce.co.jp)

試合後の広島の街にもポンチョ姿の人たちが行き交ってて、PSMのG大阪戦の試合後同様に広島の街に紫が溢れていることに感動していました。入ったお店の先客に試合帰りの人がいて今日のことを話していたり。ポンチョは経済効果の可視化もしてくれてた。すごくいい。


サンフレッチェが話題になり、メディアでも発信され、日常の会話にのぼる。試合があればアウェイサポーターが広島に来て観光してくれたり、試合の日は広島の街に多くの人が行き交う。ずーーーーーーーーっと妄想していた景色が今、見られ始めた。

それを実際に見ることができたことでボクは思うんですよ。
広島において、サンフレッチェが正当な評価を得られる時がやっと来るんだって。
ほんとにありがとうございます。ますますがんばらねば。

| | コメント (0)

2024年2月22日 (木)

応援の形は多種多様で(大旗の話)

2402102

当面の間とはいえ大旗が使用できないということで。

詳細とかその理由などはサンフレッチェ広島公式のこちらをご覧ください。

エディオンピースウイング広島 観戦ルール&マナー変更(大旗禁止)のお知らせ | サンフレッチェ広島 オフィシャルサイト (sanfrecce.co.jp)


自分は大旗振らないし、自分個人としてはこれによってスタジアムでの応援行動がマイナス方向に変わるわけではない。でも応援の文化になっていると思っていたし、応援における大旗の良さもある程度知っているつもり。

我々の応援が力となってゴールを生んだその瞬間に、スタジアムの新鮮な生命を吹き込まれたかのように舞う大旗。その生命が自分と一体であると感じられる感覚。それが自分は好きなんだ。


大旗は自分の応援行動・スタイルではないけれどその存在には敬意を持っている。大旗自体もそれを活用する人のことも。自分がやらない・できない応援行動を取る人にはみんな敬意を持ちますよ、そりゃ。どんな応援行動もそれぞれ労力やお金がかかるものだしね。


応援の形は多種多様で幅広く奥深い。それを大切にするサポーターでありたいし、我がクラブ・サンフレッチェ広島はそういうクラブだった。これからもそうあって欲しいと願ってる。

誰もがクラブ・チーム・選手の力になりたいと自分なりの応援をしていると思う。声出す、旗振る、グッズ買う、練習見学行く、DAZN観る、マスコット愛でる、クラブに利がある行動はみんなサポートだと思うし、各々の応援行動がスタジアム他いろんな場所で行われてその力が発揮されたらいいなと。
大旗は調整が付くまでしばらくお休みかもしれないけれど全ての旗(フラッグ)が使用できないわけではないから他の旗での応援もがんばればいいし、旗以外の応援だってみんなでがんばる。


旗の応援について不要だというご意見もあるようだけど、自分は様々な応援行動を肯定的に見るようにしている。自分とは異なる応援行動を否定していくと、いつか自分の応援行動が否定される時が来るかもしれない。
いろんな応援の形があることで、我々サポーターの応援の総量・総力は大きくなっていくものなので。そういう未来をつくっていきたいなと思います。

| | コメント (0)

2024年2月12日 (月)

「なんで登里享平の話をしているのか」PSM vsG大阪@エディピ

==================================================
プレシーズンマッチ 2024年2月10日(土)14:00
広 島 1-2 G大阪
得点:48'ピエロス・ソティリウ(広島)、58'岸本武流(G大阪)、88'倉田秋(G大阪)

240210psmg 
==================================================


■生命を吹き込みに

【新スタさんぽ】と称してエディオンピースウイング広島の建設地を散歩し続けていました。ついにこの日を迎えたので新スタさんぽで何度も通った横川駅からのルート(このたびビクトリーロードという名前が付いた)でエディピへ。

画像
JR横川駅(山陽本線・可部線)赤いのは反対側から見てみてね
画像
横川から来るとこの見え方
画像
新スタさんぽいつもの位置から

いよいよスタジアムに生命を吹き込みに行く。そういう気分で歩きました。



■写真撮ってない
開門した後もスタジアム内を眺めたりうろうろしていましたけど、写真全然撮ってないんですよ。目の前が素晴らしすぎて直肉眼で見ているばかり。

画像
オープニングイベント

試合前にアオ・シオがゴール裏に来てくれたの嬉しかったねぇ。
開幕戦は周作が来ると思うけど、周作も2012年の初優勝・2013年の連覇メンバーでスタジアム建設に繋がる活動と活躍をしてくれた選手。ゴール裏まで来てくれたらなぁ。この試合みたいにアオやシオと一緒ならとてもいい。



■新スタジアム初ゴール
初ゴール決めたぞという喜び <<< 奪われないで良かったという安堵。
ピエたんさすがだわ。弓矢パフォが美しすぎてまた撃ち抜かれました。

(誰か写真もらえませんか!)

初ゴールは陸次樹を予想していたけどちがったー。
リーグ開幕戦のほうこそ陸次樹で予想。相手が浦和だし。

 

■そのあとは逆転負け
試合結果は残念。試合結果だけに意味があると考えなくていいとも思うけど、やっぱりね。このスタジアムが多くの人の支援やご協力、長く望んでいた人も多くて色々なタイミングもありつつ実現したものなので「感謝」の気持ちを示すというか・・現地にいた人その他多くの人が喜べる結果であればもっとよかったなと。

ま、スタジアム初ゴールは獲れたしそれだけでも最悪ではないと思えるくらいに安堵したし、いつここで初黒星を喫するかと怯える気持ちももう持たなくていい。リーグ開幕すればなるべく平常心でいつものように一戦必勝でやっていけばいいかなと思います。



■宇佐美貴史選手の話
試合後のツイートや動画も見られたけど、G大阪勝った時にやるガンバクラップは無しということで。「相手(広島)のこけら落としで招待された試合だから」という宇佐美キャプテンの提案(判断?)のようです。
「とりあえず有名な選手にブーイングする」輩もうちのサポーターにも多くて試合前は宇佐美選手に対するブーイングも多かったのよね。でも宇佐美キャプテン粋じゃん。ちゃんとしてる。自分なんて「べつに宇佐美にやられたことなんか無いのにブーイングとかwやられてすらないわwww」などと言ってたのに・・すみません!

この日「何もしない」をしてくれた宇佐美貴史選手。敬意を感じちゃったりして来月の対戦時にはわたくし小さく拍手しちゃうかも。



■岸本武流選手と登里享平選(川崎フロンターレ⇒C大阪)の話
何もされてない選手にはブーイングする気も起きないですが、エディピの北側のゴールを最初に決めた岸本武流選手については根に持ちますのでよろしく。今後もたくさん対戦しましょう。こういう選手がまた広島相手にゴールを決めるとそれも面白いのでね。いやまて面白くないって。

セレッソで育って水戸や徳島にも期限付き移籍して清水へ完全移籍、徳島の絡みでポヤトス監督呼ばれて今季からG大阪と。なるほど面白い経歴。え、今季からってことはG大阪での初ゴール、サポーターへの挨拶代わりのゴールじゃないですか!!なんだよ、喜ばしいじゃんかクソぅ・・・


なんか思い出したわ2009年の広島。等々力で0-7で負けたことあってその時に登里享平選手にJリーグ初ゴールを奪われているのですが、7失点もくらったメタメタな試合だったので「どさくさに紛れて初ゴール奪っていった登里」みたいに今でも言うくらい根に持ってますw

あー、でも分かってくれるサポーターの人もいるとは思いますがこれは敬意。自分たちに対して初ゴールを奪った選手が長く活躍するとか嬉しいっていうかなんというか、あーあの選手にやられたよねって思い出語るのもサポーター人生の楽しみ方なので。敬意を持ちますよ、そりゃね。ほんとそう。ほんで有名な選手相手だとしたら「あー、あの選手良い選手だよね。でもオレたち別にやられてないし」と鼻にかけられるのもまた楽しいのです。サポーターやっててそんな楽しみ方もあると思っております。


あ、そうそう登里選手は今季からC大阪に移籍。また対戦するだろうね。楽しみですね。
って、なんでG大阪戦でC大阪の話してんだって。なんだこの文字数。記事の中でバランス悪すぎて恥ずかしいわ!

このへんにしときます。では!!!!

| | コメント (0)

2024年2月 9日 (金)

新スタ・最初の声(PSM vsG大阪@エディピ) 

エディオンピースウイング広島でのプレシーズンマッチG大阪。

広島のサポーターがそこで何に驚くか。


ピッチの近さか
240203_20240208233801


スタンドからの眺めか・・
240203_20240208233901


屋根と空の美しさか・・・
240203_20240208234201



ボクの想像では




「自分たちの声」




だと思う。

これまでの広島サポーターが敵地や中立地で屋根に反響する自分たちの声援を聞いたことがあっても、ホームスタジアムでのそれはまだ無い。誰もが未経験なんですよね。

でも、ついに来た。やっと来た。いよいよ明日。

楽しみすぎる・・・




あ、でも、、

エディピで最初に響き渡る声が



「ガンバ!ガンバ!

 おおさかガンバ!!!」



だったらすごい嫌だなw

先を越されないように早めに準備して整えてワクワクして待つことにしよ~











スタグルも魅力的で食べに行きたいけどファーストコールに乗り遅れないように気を付けなくては!!!w

・・・楽しみすぎる

 

 

| | コメント (0)

2024年2月 4日 (日)

エディオンピースウイング広島内覧会(2月3日(土))

今までたくさんサッカースタジアムを見てきたので、ピッチが近くてスタンドの勾配が良くて屋根もあって、そういうのは多数経験済みなので驚きはないんですよ。
ただ、目の前のここが自分たちのホームスタジアムになるんだと思うと・・・それは感覚が追いつかなかったっすよ。。




でも、同じような感想の人もいて自分だけじゃないようで安心したw
これからホームスタジアムにしていく。自分たちで、ってことですよね。これからです。これからです。


今週末、2月10日(土)にはプレシーズンマッチG大阪戦。
そこでたくさんのサポーターに会えるだろうし、それが楽しみ。
新しいスタジアムでのスタートをお祝いしましょう。

あ、ところでこのスタジアム「エディオンピースウイング広島」を通称としみんななんて呼んでます?w

| | コメント (0)

« 2023年5月 | トップページ | 2024年3月 »